top of page

TikTok広告とInstagram広告:2024年の最新比較ガイド




両プラットフォームの基本情報と現在のトレンド


1. TikTok広告とInstagram広告の基本

SNSプラットフォームの急成長とともに、ビジネス戦略の中核として広告運用が求められるようになりました。

特にTikTokとInstagramは、現代のオンラインマーケティングにおいて不可欠な存在となっています。


・TikTok

2016年に登場し、ショートムービーコンテンツの共有を中心としたプラットフォーム。

若者を中心に爆発的な人気を誇る。


・Instagram

2010年にスタートし、写真とビデオのシェアリングに特化。様々な年齢層に広く利用されている。


2. 2024年の最新トレンド

・TikTokのトレンド

UGC (User Generated Content):ブランドのファンがオリジナルのコンテンツを生成し、それをブランドが共有するスタイルが注目を集めている。

バーチャルイベント: 特定の時間帯に開催されるライブ配信やイベントが人気。リアルタイムのインタラクションを楽しむユーザーが増加中。


・Instagramのトレンド

ショッピング機能の強化:Instagram内での商品購入がさらに簡単に。"ショップ"タブを使用した直接の商品販売が主流となりつつある。

リールの普及:TikTokのようなショートビデオコンテンツをInstagram内で楽しむことが可能に。ブランドの露出拡大の一助となる。


3. ユーザー特徴

両プラットフォームは異なるユーザーベースを持っています。TikTokは主に10代から20代前半のユーザーが中心。

一方で、Instagramは幅広い年齢層、特に20代後半から40代までのユーザーが多いのが特徴です。


4. 広告の形式

・TikTok

TopView、インフィード、ハッシュタグチャレンジなど、多彩な広告フォーマットを提供。


・Instagram

ストーリーズ広告、フィード広告、IGTV広告など、ビジュアルコンテンツを前面に出した広告形式が中心。


両プラットフォームともに、さらなる進化と変化が予想されます。

そのため、ビジネスオーナーやマーケターは、時代のトレンドをしっかりと把握し、効果的な広告戦略を立てることが求められます。


次のセクションでは、どちらのプラットフォームが特定の目的に適しているかについて詳しく探ることにしましょう。




どちらのプラットフォームが特定の目的に適しているかの比較


1. ブランド認知の向上

TikTok広告:TikTokの主要なユーザーベースは10代から20代前半。ショートムービー形式の広告は、瞬時にインパクトを与えることが可能。新規ブランドや製品のローンチに適している。


Instagram広告:幅広い年齢層が利用しており、フィードやストーリーズを通じてブランドストーリーをじっくりと伝えることができる。既存のブランドのリブランディングや新商品の紹介に最適。


2. ターゲットとのエンゲージメントを高める

TikTok広告:ユーザー参加型のキャンペーンやハッシュタグチャレンジを通じて、ブランドとのインタラクティブな関係性を築くことが可能。若年層とのエンゲージメントを深める目的に最適。


Instagram広告:投稿の「いいね」やコメント、シェアなど、多様な方法でユーザーとの関わりを深めることができる。幅広い年齢層とのエンゲージメントを求める際に適している。


3. 商品購入を促進する

TikTok広告:動的なコンテンツを利用して商品の特長や使用方法を魅力的に紹介することで、直接的な商品購入を促すことが可能。


Instagram広告:ショッピング機能を組み込んだ広告により、商品ページへの直接の導線を設けることができる。商品の詳細や購入を簡単に進めることができるため、ダイレクトセールスを目指すブランドに最適。


4. コンテンツの広がりを促す

TikTok広告:UGCやユーザー参加型のキャンペーンが盛ん。

コンテンツのバイラル性が高いため、急速に拡散する可能性がある。


Instagram広告:投稿のシェアや保存機能を活用して、広告コンテンツのリーチを拡大することができる。

継続的なフォロワーの増加やブランドファンの獲得を目指す際に有効。


5. キャンペーンの展開期間

TikTok広告:短期間のキャンペーンやフラッシュセールなど、瞬時に反応を得たい場合に適している。


Instagram広告:長期間にわたるキャンペーンやシーズンごとのプロモーションを計画的に展開する際に有効。


TikTokとInstagram、それぞれに独自の強みと特色があります。

目的やターゲットに応じて、最適なプラットフォームを選択することが成功への鍵となります。

次のセクションでは、広告コンテンツ制作時の注意点と推奨事項について詳しく比較します。




広告コンテンツ制作時の注意点と推奨事項の比較


コンテンツのクオリティは、広告の成功を左右する重要な要素です。

TikTokとInstagramでは、その特性やユーザーベースの違いにより、コンテンツ制作時のアプローチが異なります。本セクションでは、それぞれのプラットフォームでの注意点と推奨事項を詳しく比較します。


1. コンテンツのフォーマット

・TikTok広告

注意点:縦型の動画フォーマットが主流。15秒から60秒の範囲で効果的なメッセージを伝える必要がある。

推奨事項:動的でエンターテインメント性の高いコンテンツを制作。音楽やエフェクトを活用して、視聴者の注目を引く。


・Instagram広告

注意点:フィード、ストーリーズ、IGTVなど、多様なフォーマットに対応する必要がある。

推奨事項:ブランドのコンセプトやカラーを統一したビジュアルを展開。ハイクオリティな写真や動画で信頼感をアップさせる。


2. ターゲットへのアプローチ

・TikTok広告

注意点:若年層が中心のため、流行や文化を理解したコンテンツ制作が求められる。

推奨事項:ユーザー参加型のキャンペーンやチャレンジを活用して、コミュニティとのエンゲージメントを高める。


・Instagram広告

注意点:広範な年齢層が利用しているため、多様なニーズに応えるコンテンツが必要。

推奨事項:ターゲット層を明確に定義し、そのニーズや興味に合わせた広告コンテンツを制作。


3. ストーリーテリング

・TikTok広告

注意点:限られた時間内でのインパクト作りが必須。

推奨事項:シンプルかつ明確なメッセージを伝えるストーリーを構築。視聴者の感情に訴える要素を取り入れる。


・Instagram広告

注意点:情報過多にならないよう、適切な情報量を保つこと。

推奨事項:長期的なブランドストーリーを展開する中で、各広告コンテンツが一貫性を持つよう心がける。


4. CTA(コールトゥアクション)の活用

・TikTok広告

注意点:強制的な販売促進よりも、ユーザーの参加や共感を促すアクションを推奨。

推奨事項:「今すぐ参加!」や「チャレンジに参加しよう!」など、動的なCTAを活用。


・Instagram広告

注意点:明確なアクションを求めるCTAが効果的。

推奨事項:「詳しくはこちら」や「ショップで購入」など、具体的なアクションを促すCTAを設定。


コンテンツ制作は、ブランドや商品の魅力を最大限に伝えるためのキーとなります。

TikTokとInstagramそれぞれの特性を理解し、効果的な広告コンテンツを制作することで、ターゲットとのエンゲージメントを高めることが可能です。


次のセクションでは、KPIの平均値についての詳細な比較を行います。



コンバージョン率、CTRなどのKPIの平均値の比較


広告の運用を行う際、その効果を評価する指標としてKPI(Key Performance Indicator)が用いられます。

特に、コンバージョン率やCTR(Click Through Rate)は広告の効果測定において重要なKPIとされています。

本セクションでは、TikTok広告とInstagram広告のそれぞれのKPIの平均値を2024年の最新データに基づいて比較します。


1. CTR(クリックスルーレート)

・TikTok広告

平均CTR: 1.8%

TikTokの動画コンテンツはエンターテインメント性が高く、ユーザーの関心を引きやすいため、CTRが比較的高いと言われています。


・Instagram広告

平均CTR: 0.9%

Instagramの広告は多種多様なフォーマットが存在するため、CTRのバリエーションも豊富です。特にストーリーズ広告のCTRは高めです。


2. コンバージョン率


・TikTok広告

平均コンバージョン率: 2.6%

若年層を中心としたユーザーベースのため、特定の製品やサービスに対してアクティブな反応を見せることが多いです。


・Instagram広告

平均コンバージョン率: 1.4%

Instagramユーザーはブランドや商品情報を求めてプラットフォームを利用する傾向があるため、意識的な購入行動をとることが期待できます。


3. 広告の平均コスト

・TikTok広告

ターゲットや広告の種類にもよりますが、平均CPC(コストパークリック)は約0.5ドル、CPM(コストパーマイル)は約10ドルとなっています。

若いユーザー層をターゲットとするブランドには特にコストパフォーマンスが良いとされます。


・Instagram広告

セグメントや業界によって異なるものの、平均CPCは約0.8ドル、CPMは約12ドル程度です。

高級感やブランドイメージを重視する広告に適しており、広範なターゲット層をカバーできるのが特長です。


4. ユーザーエンゲージメント

・TikTok広告

ユーザーの平均エンゲージメント率は高く、コメントやシェア、いいね!などのアクションが頻繁に行われます。

ブランドや製品への興味を強化するためのコンテンツ制作が鍵となります。


・Instagram広告

エンゲージメントは高いものの、TikTokに比べると若干控えめな傾向にあります。

しかし、ブランドの認知度向上やリピート購入を促進するための施策が成果を上げやすいです。


KPIは広告運用の成功を測るうえで不可欠な要素です。

TikTokとInstagram、それぞれの特性を理解し、目的やターゲットに合わせた運用を行うことで、最大限の効果を引き出すことができます。


次のセクションでは、弊社サービスにおけるTikTok広告とInstagram広告の運用のメリットと実績を紹介します。



弊社サービスでのTikTok広告とInstagram広告の運用のメリットと実績紹介

TikTok広告とInstagram広告は、現代のマーケティング手段として非常に重要な役割を果たしています。

そこで、弊社のサービス「SPARK BUZZ」及び「サブスクad」の運用のメリットと実績をそれぞれのサービスに分けて紹介いたします。


「SPARK BUZZ」:TikTok広告の運用


・独自のノウハウを活かした一貫サポート

企画・設計から実際の広告配信まで一貫してサポート。

自社アカウントでのノウハウを活かし、月間300件以上のお問い合わせを受けています。


・高い実績と信頼性

TikTokでCPA1500円以下の実績。

豊富な広告運用実績を持つ。


・低価格での全面サポート

249,800円からのプランを提供。

質の高い広告運用を低コストで利用可能。


・豊富な企画・コンテンツ設計

独自の企画やコンテンツ設計。

SNS総フォロワー数が100万人を超える人気TikToker“ハシダ”とのコラボレーションなど独自の企画提案。

着実な成果を上げる実績事例


・株式会社たれ屋の運用事例により、総再生数440万回を超える成果。


気になる方は「TikTok広告運用で本気でおススメできるサービス『SPARKBUZZ』」の記事も併せてご覧ください。


「サブスクad」:Instagram広告の運用

・特定のターゲット層へのピンポイントアプローチ

Instagram広告に特化したサービス提供。


・高いCTRやインプレッション数の運用実績

Instagramでの効果的な広告制作・運用実績が豊富。


・リーズナブルな価格帯でのサポート

お客様のニーズに合わせた運用を低コストでサポート。



弊社のTikTok広告企画・運用サービス「SPARK BUZZ」とInstagramなどの幅広い広告運用サービス「サブスクad」は、それぞれのプラットフォームに特化したサービスを提供しています。

どちらのプラットフォームも、その特性を最大限に活かすことで、ターゲットとするオーディエンスに確実にリーチすることが可能です。

広告運用代行を検討されている方は、弊社サービスの詳細や、これまでの実績をぜひご参照ください。




TikTokの広告運用でお悩みの方株式会社プロパゲートにご連絡を


「TikTokで集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


企画/動画編集/広告運用まで一気通貫でサポート。

1動画当たりの再生回数10万回を保証させて頂きます。

ただの運用ではなく、結果にコミットするTikTok運用をご提案します。



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。


500社以上の集客支援をしてきた自社の強みを活かし、一つの動画で価値を伝えきる企画設計・動画編集・キャスティングを実行させて頂きます。

月間300件以上の問い合わせ(1件あたり1,059円)実績や、再生数300万など実績多数。


自社サービスの集客に特化したTikTok広告運用ならプロパゲートにお任せください。



Comments


bottom of page