top of page

【2024年最新版】WixでSSL証明書を設定する方法:安全なサイトの作り方




WixとSSL証明書の基本


SSL証明書とは何か?

SSL証明書(Secure Sockets Layer certificate)は、インターネット上でデータが安全に送受信されることを保証するための技術です。

具体的には、ウェブサーバーとブラウザ間の通信を暗号化し、第三者によるデータの盗聴や改ざんを防ぎます。

これにより、個人情報やクレジットカード情報などの機密データを含む通信が保護されます。


SSL証明書は、そのサイトが実際に申請者が運営するものであることを証明する役割も持ちます。

証明書は、信頼できる第三者機関(Certificate Authority, CA)によって発行され、サイトの公開鍵と合わせてデジタル署名されます。

ユーザーがウェブサイトにアクセスした時、ブラウザはこの証明書を用いてサイトの身元を認証し、安全な接続を確立します。


HTTPS(Hyper Text Transfer Protocol Secure)はSSL証明書を使用したプロトコルで、URLが「https://」で始まるサイトは、SSL証明書を用いて通信が暗号化されていることを示します。

この「https」の存在は、サイトがセキュリティに配慮している証拠であり、Googleなどの検索エンジンもこれを評価基準の一つとしています。


Wixでは、すべてのサイトに無料でSSL証明書を提供し、自動的にHTTPSを有効にしています。

これにより、サイト訪問者との間で交換されるすべてのデータが暗号化され、セキュアな環境が保たれます​。


HTTPSとは何か?

HTTPS(Hyper Text Transfer Protocol Secure)は、インターネット上でデータを安全に送受信するために設計されたプロトコルです。

HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)の安全なバージョンであり、SSL(Secure Sockets Layer)またはTLS(Transport Layer Security)と呼ばれるプロトコルを使用して通信を暗号化します。


この暗号化プロセスは、ユーザーのブラウザとウェブサーバー間で交換される情報を保護します。

これにより、データが第三者によって読まれることや改ざんされるリスクが大幅に減少し、オンラインでの取引や個人情報の送信がより安全になります。


HTTPSは、URLの始まりが「https://」で表され、通常、ブラウザのアドレスバーに鍵のアイコンが表示されることで認識できます。

このアイコンはサイトが安全であることを示し、訪問者に安心感を提供します。

また、Googleを含む多くの検索エンジンは、HTTPSを使用するサイトを優先してランキング付けするため、SEO(検索エンジン最適化)においても重要な要素です​。


特に、オンラインでの購入やログイン情報の交換など、機密性の高い情報を扱う場合、HTTPSはほぼ必須とされています。

サイトオーナーとしては、訪問者に対して信頼性とセキュリティの保証を提供することで、サイトの信頼性を高めることができます。


Wixが自動でSSL証明書を提供する理由

Wixが自動でSSL証明書を提供する主な理由は、ユーザーに安全で信頼性の高いオンライン体験を提供することにあります。

SSL証明書はサイトの安全性を保証し、訪問者のデータを保護するため、この自動化されたプロセスによって、サイトオーナーが技術的な詳細に深入りすることなく、簡単にセキュリティを確保できます。


利便性の向上

Wixはユーザーフレンドリーなウェブサイトビルダーとして知られています。

SSL証明書を自動で組み込むことで、ユーザーは複雑な設定プロセスを省略でき、すぐに安全なサイトを立ち上げることが可能です。

これにより、技術的な専門知識がないユーザーでも、プロフェッショナルなサイトを簡単に構築できます。


信頼性の確保

オンラインでの信頼性は極めて重要です。SSL証明書を用いることで、サイトは安全な通信を保証し、ユーザーに対して信頼できるプラットフォームであることをアピールできます。

特にEコマースサイトや個人情報を扱うサイトにおいては、SSLは不可欠です。


SEOの強化

Googleを含む多くの検索エンジンは、HTTPSを使用するサイトを優先して評価します。

WixがSSL証明書を自動で提供することにより、すべてのWixサイトは検索結果でより高くランクされる可能性が高まります。

これは、サイトの可視性を高め、より多くのトラフィックを引き寄せる効果があります。


規制への対応

インターネットのセキュリティ基準は厳しさを増しており、多くの国でデータ保護規制が強化されています。

Wixはこれらの規制に対応するため、SSL証明書を自動で組み込むことで、ユーザーサイトがこれらの法的要件を満たすのを支援しています。


Wixのこの方針は、サイトの信頼性、安全性、およびSEOの向上を実現し、ユーザーにとって価値あるものとなっています。

これにより、ユーザーは技術的な詳細に気を取られることなく、コンテンツの作成やビジネスの運営に集中できます。





SSL証明書の設定方法


DNS設定の確認

DNS(ドメインネームシステム)設定は、あなたのウェブサイトがインターネット上でどのように見つけられるかを制御する重要な要素です。

特にSSL証明書を有効にする際、正確なDNS設定が必要になります。ここでは、Wixを使用してSSL証明書を有効にするためのDNS設定の確認方法について解説します。


ドメインの接続確認

最初に、あなたのドメインがWixサイトに正しく接続されているかを確認する必要があります。

ドメインがWixに接続されていない場合、SSL証明書は適切に機能しません。

Wixの管理画面からドメイン設定にアクセスし、以下のステップに従って接続状態をチェックします。


  1. Wixアカウントにログインし、ダッシュボードから「ドメイン」セクションを選択します。

  2. 接続したいドメイン名をクリックし、「詳細設定」または「DNS設定の管理」に進みます。

  3. ドメインがWixの名前サーバー(例:ns1.wixdns.netとns2.wixdns.net)に正しく設定されているか確認します。


AレコードとCNAMEレコードの設定

SSL証明書の正常な動作を保証するためには、AレコードとCNAMEレコードが正しく設定されている必要があります。

具体的な設定値は次のとおりです。


  • Aレコード:あなたのドメイン名(例:yourdomain.com)が指すIPアドレスを指定します。Wixの場合、通常は特定のWix IPアドレス(例:185.230.63.107)に設定されます。

  • CNAMEレコード:サブドメイン(通常はwww)が指すアドレスを指定します。これは、あなたのWixサイトのURL(例:www.yourdomain.com)を正しく指すように設定されます。


DNS伝播の確認

DNS設定を変更した後、全世界のDNSサーバーにその変更が反映されるまでには最大48時間かかることがあります。

この伝播時間中は、サイトが一時的にアクセス不可能になることがあります。

DNS設定の変更が完全に反映されたかどうかを確認するには、オンラインのDNSチェックツール(例:DNS Checker)を使用して、世界中の異なる場所からあなたのドメイン名が正しく解決されているかを確認します。


これらのステップに従ってDNS設定を正しく行い、設定が適切に伝播されていることを確認すれば、SSL証明書の有効化とサイトのセキュリティ強化に大きく貢献します。


SSL証明書の有効化プロセス

Wixプラットフォーム上でSSL証明書を有効にするプロセスは、ユーザーフレンドリーで自動的に設定されるため、技術的な知識がなくても簡単に行えます。

以下に、WixでSSL証明書を有効化するステップを詳しく説明します。


自動SSL証明書の有効化

Wixでは、すべての新規サイトに対して自動的にSSL証明書が有効化されます。

このプロセスはユーザーが特別な操作をする必要はなく、ドメインをWixに接続するだけでHTTPSが自動的に設定されます。


  1. ドメインの接続: SSL証明書を有効にするためには、まずWixにドメインを接続します。これはWixの管理画面からドメイン設定にアクセスし、「ドメインを追加」を選択し、指示に従ってドメインを接続することで行えます。

  2. SSLが自動で有効化: ドメインがWixに正しく接続されると、Wixのシステムが自動的にSSL証明書をサイトに適用し、HTTPSが有効になります。


HTTPSの強制

セキュリティをさらに強化するために、Wixでは「HTTPSを強制する」設定を推奨しています。

これにより、すべての訪問者が自動的にHTTPSバージョンのサイトにリダイレクトされ、データの安全が保証されます。


  1. ドメイン設定へのアクセス: Wixダッシュボードから「ドメイン」セクションを選択し、対象のドメインをクリックします。

  2. HTTPSを強制するオプションの有効化: ドメイン設定内で「HTTPSを強制する」オプションを見つけ、これを有効にします。


証明書の確認

SSL証明書が正しく機能しているかを確認するために、ブラウザのアドレスバーでロックアイコンを確認することができます。

また、WixサポートセンターではSSL証明書のステータスを確認するためのツールを提供しており、問題がある場合は迅速に対応することが可能です。


このように、WixではSSL証明書の設定と管理が自動化されているため、ユーザーはセキュアなサイトを容易に運営できるようになっています。


HTTPSを強制する設定

HTTPSを強制する設定は、ウェブサイトのセキュリティを強化し、全てのユーザーが暗号化された接続を経由してサイトにアクセスすることを保証する重要な機能です。

この設定を有効にすることで、サイト訪問者が安全でないHTTPを介してサイトにアクセスするのを防ぎ、データの漏洩リスクを減少させます。

以下に、WixでHTTPSを強制する方法を詳しく説明します。


HTTPS強制オプションの有効化

Wixでは、サイトの全ページでHTTPSを強制するための簡単な手順を用意しています。

これにより、訪問者がHTTPSを使用しないURLでサイトにアクセスした場合、自動的にHTTPSバージョンにリダイレクトされます。


  1. ダッシュボードへのアクセス: Wixアカウントにログインし、ダッシュボードから「設定」を選択します。

  2. セキュリティ設定の管理: 「セキュリティ」セクションを開き、「HTTPS設定」を見つけます。

  3. HTTPSを強制するを選択: 「HTTPSを強制する」スイッチをオンに切り替えます。これにより、すべてのHTTPアクセスがHTTPSに自動的にリダイレクトされるようになります。


設定の確認

設定を変更した後は、その効果を確認することが重要です。

ブラウザを使用してサイトの異なるURLにアクセスし、HTTPバージョンでもHTTPSへのリダイレクトが行われるかをテストします。

また、サイトのSSLステータスが「安全」であることを示すロックアイコンがブラウザのアドレスバーに表示されていることを確認してください。


利点

  • セキュリティの向上: すべてのデータが暗号化されるため、情報漏洩のリスクが著しく低下します。

  • SEOの改善: Googleを含む多くの検索エンジンは、セキュリティが向上したサイトを優遇するため、検索結果のランキングが向上する可能性があります。

  • ユーザー信頼の向上: サイトが安全であることをユーザーに保証することで、信頼性が高まり、訪問者のエンゲージメントが改善されます。


このように、HTTPSを強制する設定は、サイトの安全性を高めるだけでなく、SEOの視点からも大変有効な手段です。



SSL証明書のトラブルシューティング


一般的な問題とその解決策

SSL証明書とHTTPSの実装においては、いくつかの一般的な問題が発生することがあります。

ここでは、それらの問題とその解決策を詳しく説明します。


問題1: SSL証明書がブラウザによって信頼されていない

  • 原因: SSL証明書が正しくインストールされていない、または証明書が無効である(期限切れ、取り消し等)。

  • 解決策: 証明書のインストール状況を再確認し、必要に応じて新しい証明書を発行して再インストールします。Wixでは、証明書の状況を「ドメイン管理」セクションから確認できます。


問題2: HTTPSページが表示されない、またはコンテンツの読み込みエラーが発生する

  • 原因: 混在コンテンツの問題が発生している可能性があります。これは、HTTPSページ上にHTTPを介して読み込まれるリソース(画像、スクリプトなど)がある場合に起こります。

  • 解決策: ページの全てのリソースがHTTPSを介して提供されていることを確認してください。具体的には、ページ内のすべてのリンクが「https://」で始まることを確認し、必要に応じて修正します。


問題3: HTTPSリダイレクトループ

  • 原因: サーバー設定に誤りがあることが多く、特に「HTTPSを強制する」設定が不適切に設定されている場合に発生します。

  • 解決策: サーバーの設定を検証し、HTTPSリダイレクトのループが発生していないか確認します。Wixで設定された「HTTPSを強制する」が適切に機能しているかを確認し、問題が続く場合はサポートに問い合わせます。


問題4: DNS設定の誤りによるサイトの非表示

  • 原因: DNS設定が不正確であるか、DNSの伝播が完了していない場合。

  • 解決策: DNS設定を再確認し、正しい情報に基づいて設定を更新します。また、DNS設定変更後は、変更が全世界のDNSサーバーに反映されるまで最大48時間を要することがありますので、その間は耐性を持って待つ必要があります。


これらはSSL証明書とHTTPS設定に関連する一般的な問題のいくつかとその解決策です。

問題が解決しない場合や、より具体的なケースについては、WixのサポートセンターやIT専門家に相談することをお勧めします。


DNS伝播の待ち時間

DNS伝播は、ドメイン名システム(DNS)の設定変更が全世界のDNSサーバーに反映されるプロセスです。

このプロセスは、新しいドメインを登録したり、既存のドメインに対する重要な変更(例えば、ホストされているサーバーのIPアドレスを変更する場合)を行った後に発生します。

以下では、DNS伝播の待ち時間について説明し、その影響を最小限に抑える方法についても触れます。


DNS伝播のプロセス

  • 設定変更の実行: ドメインのDNS設定を変更すると、その情報はまず最初にドメインの登録者が利用しているDNSサーバーに更新されます。

  • 情報の伝播: 変更されたDNS情報は、インターネット上の他のDNSサーバーへと徐々に広がっていきます。この伝播プロセスには時間がかかるため、全世界のユーザーが新しい設定を反映したサイトにアクセスできるようになるまでに時間が必要です。


待ち時間の期間

DNS伝播の完了には通常24~48時間かかることが一般的ですが、この時間はDNSプロバイダーや地理的な位置、DNSキャッシュポリシーによって異なる場合があります。

大部分のユーザーは24時間以内に新しい設定を見ることができるようになりますが、全てのユーザーに反映されるまでには最大48時間を要することを覚えておくことが重要です。


伝播の影響を最小限に抑える方法

  • 事前の通知: DNS設定を変更する予定がある場合は、事前に関連するユーザーや顧客に通知することが助けになります。

  • 変更を段階的に実行: 大きな変更を一度に行うのではなく、小さなステップで徐々に実施することで、問題が発生した場合に迅速に対処しやすくなります。

  • TTL(生存時間)の調整: DNSレコードのTTLを事前に短く設定しておくことで、DNSの変更が早く伝播するように促すことができます。TTLは、特定のDNS情報がキャッシュされる期間を定義します。


DNS伝播の遅延は避けられない要素ですが、これらの準備と戦略を使用することで、その影響を管理し、スムーズな遷移を実現することが可能です。


HTTPSコードのエラーとその対処法

HTTPSの導入においては、さまざまなエラーが発生する可能性があります。

これらのエラーは訪問者の安全を確保し、サイトの信頼性を維持するために迅速に対処する必要があります。

以下に、一般的なHTTPSエラーとその解決策を紹介します。


エラー1: 不完全なセキュリティ(混在コンテンツエラー)

  • 原因: HTTPSページ上にHTTPを通じて読み込まれるコンテンツ(画像、スクリプト、スタイルシートなど)が存在する場合に発生します。

  • 解決策: ページのHTMLコードを確認し、すべてのリソースがHTTPSを介して読み込まれていることを保証する必要があります。具体的には、リンクが「http://」から始まるものを「https://」に更新します。


エラー2: SSL証明書エラー

  • 原因: 証明書が期限切れである、ドメイン名が一致しない、証明書が信頼できる認証局によって発行されていない、または証明書のチェーンが破損している場合に発生します。

  • 解決策: SSL証明書の有効期限を確認し、必要に応じて更新または再発行を行います。また、証明書が正しいドメイン名で発行されているかも確認が必要です。証明書の問題を診断するために、オンラインのSSL検証ツールを使用することが推奨されます。


エラー3: HTTPSリダイレクトエラー

  • 原因: サーバーの設定ミスにより、リダイレクトループが発生するか、HTTPSページが正しくリダイレクトされないことが原因で起こります。

  • 解決策: ウェブサーバーの設定ファイル(例えば、Apacheの.htaccessファイル)を確認し、HTTPSへのリダイレクトが正しく設定されているかを検証します。リダイレクトループの問題がある場合は、リダイレクト条件を見直すことが必要です。


エラー4: SSLプロトコルエラー

  • 原因: クライアント(ブラウザ)とサーバー間でSSL/TLSのバージョンまたは暗号スイートが一致しない場合に発生します。

  • 解決策: サーバーのSSL/TLS設定を確認し、古いプロトコルを無効にし、推奨される設定に更新します。また、クライアント側でも最新のブラウザを使用していることを確認します。


これらの一般的なHTTPSエラーと解決策を適用することで、サイトのセキュリティを確保し、訪問者に安全な閲覧環境を提供することができます。





SSL証明書のセキュリティ強化


HSTSの設定とその重要性

HSTS(HTTP Strict Transport Security)はウェブサイトのセキュリティを強化するための重要なメカニズムです。

この設定を行うことで、ウェブサイトへの訪問者がデータを暗号化されたHTTPS接続を通じてのみサイトにアクセスするよう強制することができます。

HSTSの設定とその重要性について詳しく説明します。


HSTSの基本

HSTSは、ウェブサーバーからブラウザへ特定のHTTPヘッダーを送信することで機能します。

このヘッダー(Strict-Transport-Security)により、ブラウザは指定された期間、サイトへのアクセスをHTTPSを通じてのみ行うように設定されます。

つまり、ユーザーがHTTP URLを入力しても、自動的にHTTPS URLへとリダイレクトされます。


設定方法

  1. ウェブサーバーの設定: HSTSを有効にするには、ウェブサーバー(Apache, Nginx, etc.)の設定ファイルにHSTSヘッダーを追加します。例えば、Apacheサーバーでは.htaccessファイルに以下の行を追加することが一般的です:

  2. vbnet

  3. Copy code Header set Strict-Transport-Security "max-age=31536000; includeSubDomains; preload"

  4. ここでmax-age=31536000はヘッダーの有効期限が1年間であることを示し、includeSubDomainsはすべてのサブドメインに対してもHSTSが適用されることを意味します。

  5. プリロードリストへの登録: セキュリティをさらに強化するために、HSTSプリロードリストにサイトを登録することが推奨されます。これは、ブラウザが事前にHSTSを有効にしているサイトのリストを持っていることを意味し、ユーザーが初めてサイトを訪れた際にも保護を提供します。


重要性

  • 保護の向上: HSTSは、中間者攻撃によるリスクを軽減します。これは、攻撃者がユーザーとサーバー間の通信を傍受し、データを盗聴するのを防ぐためです。

  • 信頼性の強化: セキュリティが強化されたサイトは、ユーザーからの信頼を得やすく、特にEコマースサイトにおいてはその重要性が高まります。

  • SEOの改善: Googleを含む検索エンジンはセキュリティが強化されたサイトを好むため、HSTSを利用することで検索エンジンの評価が向上する可能性があります。


HSTSの設定は技術的な側面が強いため、設定には注意が必要です。

特に、HSTSヘッダーを設定した後は、HTTPSを正しく維持管理する必要があります。

不適切な設定はサイトアクセスに影響を与える可能性があるため、設定変更時には専門知識を持つ技術者のアドバイスを求めることが賢明です。


SSLの更新と管理

SSL証明書の更新と管理は、ウェブサイトのセキュリティを維持するために極めて重要です。

証明書が期限切れになると、サイトは不安全な状態になり、信頼性が損なわれる可能性があります。

ここでは、SSL証明書の適切な更新と管理方法について説明します。


SSL証明書の更新プロセス

  1. 更新のタイミング: SSL証明書には有効期限があります。多くの証明書は1年間有効ですが、証明書の種類によっては最大2年間有効なものもあります。証明書の有効期限が近づいたら、更新プロセスを始めることが重要です。

  2. 更新手順: 証明書の発行者(CA)から証明書の更新を申し込む必要があります。更新プロセスは通常、以下のステップを含みます:

  3. ドメイン所有権の再確認: CAはドメイン所有権の確認を要求する場合があります。

  4. CSRの生成と提出: 証明書署名要求(CSR)を生成し、CAに提出します。

  5. 証明書の受領とインストール: 新しいSSL証明書を受け取った後、サーバーにインストールします。

  6. 自動更新の設定: 手動での更新プロセスを避けるために、多くのホスティングプロバイダーは自動更新のオプションを提供しています。このオプションを利用すると、証明書の有効期限が切れる前に自動的に更新され、サイトのダウンタイムを防ぐことができます。


SSL証明書の管理

  • 証明書の監視: SSL証明書の有効期限や設定の監視を定期的に行うことが重要です。これには、証明書の有効期限だけでなく、使用されている暗号化プロトコルや鍵の強度など、セキュリティに関連する要素も含まれます。

  • セキュリティの監査: 定期的なセキュリティ監査を通じて、SSL証明書とその他のセキュリティ設定が最新のセキュリティ基準に従っていることを確認します。これには外部のセキュリティ専門家による監査を依頼することも含まれます。

  • 脆弱性の対応: SSL/TLSには時折脆弱性が発見されます。これらの脆弱性が発表された際には、迅速に対処し、必要に応じて証明書を更新または再配置することが求められます。


SSL証明書の適切な更新と管理を行うことで、サイトの安全性を保ち、訪問者に対して信頼できる環境を提供することが可能です。





まとめ


SSL証明書の利点

SSL証明書(Secure Sockets Layer certificate)は、オンラインセキュリティを強化し、ウェブサイトとそのユーザー間の信頼を築くための重要なツールです。

SSL証明書が提供する主な利点を以下にまとめます。


データの暗号化

  • 通信の保護: SSL証明書は、インターネット経由で送信されるデータを暗号化します。これにより、ユーザー名、パスワード、クレジットカード情報などの機密情報が第三者によって読み取られることを防ぎます。暗号化は、データが盗聴や改ざんから保護されることを意味し、安全なオンライン取引を可能にします。


信頼性の向上

  • 信頼の象徴: SSL証明書をインストールしたウェブサイトは、ブラウザのアドレスバーにセキュリティロックアイコンが表示されます。これは訪問者に対してサイトが安全であることを示し、ウェブサイトへの信頼を大幅に高めます。特に、Eコマースサイトにおいては顧客の信頼が直接的な売上につながるため、SSL証明書は不可欠です。


SEOの改善

  • 検索エンジンランキングの向上: Googleをはじめとする検索エンジンは、SSL証明書を使用してHTTPSで保護されたサイトを評価します。HTTPSは検索ランキングの要因の一つとされており、SSLを導入することで検索結果におけるサイトの位置が向上する可能性があります。


コンプライアンスの遵守

  • 法規制への対応: 多くの国でデータ保護に関する法律が施行されており、特定の業界ではデータを暗号化することが法的要求となっています。SSL証明書は、これらの規制に対応し、GDPR(一般データ保護規則)などの法律に準拠する手助けをします。


フィッシング対策

  • フィッシング詐欺の防止: 認証されたSSL証明書を持つサイトは、フィッシング詐欺のターゲットになりにくいです。詐欺師が正規のSSL証明書を不正に取得することは難しく、ユーザーは安心してサイトを利用できます。


SL証明書は、これらの利点を通じて、サイトの全体的なセキュリティと信頼性を向上させる重要な役割を果たします。

適切なSSL証明書の選択と管理は、オンラインプレゼンスの成功に不可欠です。


今後のSSL関連の更新予定

SSL(Secure Sockets Layer)およびTLS(Transport Layer Security)は、ウェブセキュリティの基盤技術として進化を続けています。

これらの技術に関する今後の更新は、セキュリティを更に強化し、新たな脅威に対応するためのものです。

以下に、今後のSSL/TLSの重要な更新点をまとめます。


TLS 1.3の普及

  • 強化されたセキュリティとパフォーマンス: 最新のTLSプロトコルであるTLS 1.3は、以前のバージョンよりもセキュリティが向上しています。これには、接続のセットアップ時間の短縮と暗号化プロセスの強化が含まれます。TLS 1.3の採用は、今後も増加すると見られ、ウェブサイトやオンラインサービスはこの新しいプロトコルへの更新を進めることが推奨されます。


廃止される古いプロトコル

  • 古いプロトコルの段階的廃止: セキュリティの弱い古いSSLプロトコル(例えば、SSL 3.0やTLS 1.0)は、徐々に廃止されています。これらのプロトコルは脆弱性が指摘されており、現代のセキュリティ基準には不適合です。今後、これらの古いプロトコルをサポートするウェブサーバーやブラウザは減少し、より安全なTLSバージョンへの移行が加速されるでしょう。


量子コンピューティングへの対応

  • 量子耐性暗号への移行: 量子コンピューティング技術の発展により、現在の暗号技術が破られる可能性が出てきています。そのため、量子コンピュータに耐えうる新しい暗号化技術の開発が進められています。今後のSSL/TLSは、量子耐性がある暗号化技術を取り入れることが予測されます。


自動化と管理の向上

  • 証明書の自動化: Let's Encryptのようなサービスは、SSL証明書の発行と更新を自動化することで、SSL/TLSの導入を容易にしています。このような自動化の流れは、さらに進化し、より多くのウェブサイトでの導入が進むでしょう。


規制とコンプライアンスの更新

  • 新しい法規制の適用: データ保護規制(例えば、GDPRやCCPA)は、SSL/TLSの導入を事実上義務付けています。今後も新しい規制が導入されることにより、セキュアな通信がさらに重視されるようになるでしょう。


これらの更新は、オンラインのセキュリティ環境を向上させるために非常に重要です。

適切な準備と知識に基づいた対策により、ウェブサイトやオンラインサービスを保護することができます。



月額制ホームページ制作は株式会社プロパゲートにご連絡を

「月額制ホームページ制作を利用したいけど、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


制作費無料・月々9800円の定額ホームページ。LINEで専属サポート!全国対応!

月5回まで無料で修正可能、追加料金無し。最短2週間で納品可能。年間制作実績1,000社超。

株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行する会社です。

ホームページの制作費用は基本無料。月額9,800円〜で運用も代行します。

ホームページ制作においては取材・撮影・デザイン・文章作りなど、必要な全てをお任せ頂け、全て無料です。

更新も、メール・電話・LINEを頂ければ即対応。制作後のマーケティング運用まで行います。


【URL】

【TEL】

03-6824-7712

【会社所在地】

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目5−6 H¹O 渋谷神南 702

【制作実績】



Comments


bottom of page