top of page

TikTok広告で成果を出す!効果的なフォーマットとクリエイティブ戦略




TikTok広告の基本


TikTok広告とは

TikTok広告は、急速に成長しているソーシャルメディアプラットフォーム、TikTokを活用したデジタルマーケティングの手法です。

このプラットフォームは特に若年層に人気があり、短い動画を中心にコンテンツが展開されています。

TikTok広告は、企業やブランドが自らの製品やサービスを宣伝し、広範囲なユーザーにリーチする手段を提供します。


広告の種類と目的

TikTok広告には、さまざまな形式が存在し、それぞれ異なるマーケティング目的に応じて設計されています。

例えば、インフィード広告、TopView広告、ブランドエフェクト広告、ブランドミッション広告などがあります。

これらの広告はユーザーのエンゲージメントを高めるために、視覚的に魅力的でインタラクティブな要素が含まれています。


ユーザーエンゲージメントと広告効果

TikTokの広告システムは、ユーザーが自然にコンテンツと対話することを促し、ブランドの認知度向上や製品の購入へと導きます。

広告はユーザーの興味や行動パターンに基づいてカスタマイズされ、ターゲットとする顧客に合わせたメッセージを伝えることが可能です。


管理と最適化

TikTok広告プラットフォームは、広告のパフォーマンスをリアルタイムで分析し、最適化するためのツールを提供しています。

これにより、企業は広告戦略を柔軟に調整し、投資対効果を最大限に高めることができます。


TikTok広告はそのユニークな形式と広範なリーチにより、多くの企業にとって魅力的な広告オプションとなっています。

若年層をターゲットにしたキャンペーンに特に効果的で、クリエイティブなコンテンツを通じてブランドのメッセージを効果的に伝えることができます。


TikTok広告の主な目的とターゲット

TikTok広告は、ブランドが特定のビジネス目標を達成するために設計されています。

これには、ブランド認知の向上、トラフィックの増加、リードの生成、商品販売の促進、アプリインストールの増加などが含まれます。

これらの広告目的は、TikTokの多様なユーザーベースとその活動的な参加を活用して達成されます。


広告の目的

  • ブランド認知度の向上: TikTok広告はブランドの可視性を高め、新しい顧客に到達するのに役立ちます。特に、視覚的に魅力的な動画コンテンツは、ユーザーの記憶に残りやすいです。

  • トラフィックの増加: Webサイトへの訪問者数を増やすことも主要な目的の一つです。インフィード広告やTopView広告は、クリックを促すよう設計されており、直接的なトラフィック増加に貢献します。

  • リード獲得: 企業はTikTokを利用して潜在的な顧客情報を収集し、将来のマーケティング活動のためのリードとして活用することができます。

  • 商品販売の促進: 直接的な商品販売を目指す広告もあり、特に新製品のローンチや特定のキャンペーンを支援することが目的です。

  • アプリインストール: アプリプロモーションに特化した広告は、ダウンロード数を増やすことを目的としています。


ターゲットオーディエンス

TikTokのユーザーベースは主に若年層で、特に10代から30代前半の間で高い人気があります。

この年齢層は、トレンドに敏感で、新しいもの好きで、デジタルネイティブであることが多いため、TikTokの広告は特にこのセグメントに効果的です。

また、地理的なターゲティングや興味・行動ベースのターゲティングを通じて、さらに具体的なユーザーグループにリーチすることが可能です。


これらの広告目的とターゲットは、TikTokが提供する豊富なクリエイティブツールとデータ分析機能を活用することで、より効率的に達成することができます。

企業はこれらのツールを用いて、キャンペーンのパフォーマンスを最適化し、最終的なROIを向上させることが可能です。





主要な広告フォーマット


インフィード広告

インフィード広告は、TikTokで最も一般的に使用される広告フォーマットの一つで、ユーザーが日常的にスクロールするフィードに自然に組み込まれる形式です。

このタイプの広告は、アプリの使用体験を損なうことなく、効果的にユーザーの注目を引くことができます。


特徴とメリット

  • 自然な統合: インフィード広告はユーザーの自然なコンテンツ体験の一部として表示されるため、広告への抵抗感が少なく、高いエンゲージメントが期待できます。

  • フルスクリーン表示: 広告はフルスクリーンで表示されるため、ユーザーの注意を完全に引きつけることができます。これにより、ブランドメッセージが直接的に伝えられ、強い印象を与えることが可能です。

  • サウンドオン: TikTokは音楽やサウンドエフェクトが重要な役割を果たすプラットフォームであるため、インフィード広告でもサウンドオンでの再生が基本となります。これにより、視覚的な要素と合わせて、より魅力的な広告体験を提供することができます。

  • ユーザーインタラクション: インフィード広告は「いいね」や「コメント」、「シェア」などのユーザーインタラクションを促進する設計になっており、これにより広告のバイラル効果が期待できます。また、ユーザーが広告に対してポジティブな反応を示すことで、その効果を自然に拡散することが可能です。

  • ターゲティング: TikTokの広告システムは、ユーザーの行動や興味に基づいてターゲティングを行い、関連性の高い広告を適切なユーザーに表示します。これにより、広告のリーチと効果を最大化することができます。


インフィード広告は、特にブランド認知度の向上や特定のアクション(ウェブサイト訪問、アプリダウンロード、商品購入)を促すキャンペーンに適しています。

また、動画のクリエイティブな要素を最大限に活用することで、ユーザーの関心を引き、エンゲージメントを高めることが可能です。


TopView広告

TopView広告は、TikTokのプレミアム広告フォーマットの一つで、ユーザーがアプリを開いた瞬間に表示される広告です。

この広告形式は、最大の視覚的インパクトを提供し、ユーザーの注意を即座に引きつけることが特徴です。


特徴とメリット

  • 最初の視覚接触: TopView広告は、アプリ起動直後にフルスクリーンで表示されるため、ユーザーの最初の印象を強く占めます。これにより、高いブランド認知度と記憶に残る体験を提供します。

  • 長い視聴時間: この広告形式は最大60秒までの動画をサポートしており、通常のインフィード広告よりも長いコンテンツを提供することができます。この長さは、ストーリーを語るには理想的な時間であり、ユーザーに深い印象を与えることが可能です。

  • サウンドと視覚の組み合わせ: TopView広告はサウンドオンで再生されることが多く、視覚的なインパクトとともに音響効果もフルに活用して、ユーザーの感情に訴えかけることができます。

  • エクスクルーシブなプレースメント: この広告は一日のうちで限定された回数しか表示されないため、エクスクルーシブな広告スペースとしての価値があります。これにより、他の広告よりも競争が少なく、ユーザーの注意を独占しやすくなります。

  • 高いエンゲージメント率: TopView広告はその目立つ配置とインパクトのある内容で、高いクリックスルーレート(CTR)とエンゲージメントを達成することが報告されています。ブランドはこの特性を利用して、効果的なコール・トゥ・アクション(CTA)を設計し、具体的なビジネス成果を目指すことができます。


TopView広告は、新製品の発表、大規模なキャンペーンの推進、特別なイベントの告知など、大きなインパクトを必要とするマーケティング活動に特に適しています。

その目立つ性質と広告効果の高さから、多くの大手ブランドに採用されている人気の広告オプションです。


ブランドエフェクト広告

ブランドエフェクト広告は、TikTokの創造性とユーザーのインタラクティブ性を活用する広告フォーマットです。

この広告は、ブランド固有のカスタムエフェクトを使用して、ユーザーに自らの動画でそのエフェクトを使うことを促します。

この参加型のアプローチは、ブランドエンゲージメントを深め、広告キャンペーンのリーチと影響力を自然に拡大します。


特徴とメリット

  • ユーザー参加の促進: ブランドエフェクト広告は、ユーザーが自分のコンテンツを作成する過程でブランドのエフェクトを使用することを奨励します。これにより、ユーザーはブランドメッセージの拡散に直接的に関与し、そのプロセス自体が楽しくなります。

  • 高いバイラルポテンシャル: エフェクトが面白く、参加を促す内容である場合、ユーザーによるシェアが自然に増え、広告のバイラル効果が期待できます。これは、ブランドの認知度とエンゲージメントの両方を大幅に高める可能性があります。

  • クリエイティブな自由度: ブランドは独自のカスタムエフェクトを作成することで、創造性を発揮し、キャンペーンに独自性を加えることができます。これにより、他の広告と差別化を図り、より強い印象をユーザーに残すことが可能です。

  • 深いブランド体験: エフェクトを使ってユーザーが自分自身のストーリーを語ることで、ブランドとユーザーとの間により深い感情的なつながりが生まれます。これは、長期的なブランドロイヤリティにつながる重要な要素です。

  • 広範なターゲット層へのアプローチ: 特定のデモグラフィックに限定されず、幅広い年齢層や興味を持つユーザーにリーチできるのが特徴です。特に若年層や創造的なコンテンツを好むユーザーに効果的です。


ブランドエフェクト広告は、ユーザーが主体となってブランドコンテンツを作成し、共有することを促すため、エンゲージメントとブランドへの親しみやすさを高める効果があります。

企業はこれを利用して、消費者との新しいやり取りの形を創出し、デジタルマーケティングの新たな可能性を探ることができます。


ブランドミッション広告

ブランドミッション広告は、TikTokの新しい広告フォーマットで、クリエイター主導のコンテンツを活用してブランドのメッセージを広めることを目的としています。

この広告戦略は、ブランドが定めたミッションに基づいてユーザーとクリエイターがコンテンツを作成し、そのプロセスを通じて自然な形でブランドの魅力を伝えます。


特徴とメリット

  • クリエイター主導のエンゲージメント: ブランドミッション広告は、TikTokのクリエイターが中心となってブランドのキャンペーンに参加することを奨励します。 クリエイターは自らのフォロワーに合わせたオリジナルのコンテンツを作成し、ブランドのメッセージを自然かつ効果的に伝えることができます。

  • ユーザー生成コンテンツの活用: このフォーマットは、ユーザー生成コンテンツ(UGC)を活用することに重点を置いています。UGCは通常、高い信頼性とエンゲージメントを持ち、消費者により親しみやすく感じられます。

  • 高いカスタマイズ性と柔軟性: ブランドは独自のミッションを設定し、参加するクリエイターに対して具体的なガイドラインを提供することができます。これにより、キャンペーンの目的やブランドのイメージにぴったり合ったコンテンツの製作が可能です。

  • 広範囲にわたるリーチ: クリエイターが自分のネットワーク内でコンテンツを共有することにより、ブランドのリーチは自然と拡大します。特に人気のあるクリエイターが関与することで、その効果はさらに増します。

  • 測定可能な結果: ブランドミッション広告は、参加クリエイターのパフォーマンスを追跡し、具体的なメトリクスを通じてキャンペーンの成功を測定することができます。これにより、ROIを正確に評価し、将来のキャンペーンでの改善点を見極めることが可能になります。


ブランドミッション広告は、特にブランドがクリエイティブなコミュニティとの連携を深めたい場合や、新しい顧客層にリーチしたい場合に効果的です。

クリエイターのオリジナリティと創造性を生かしたキャンペーンは、ブランドのイメージを強化し、広告の伝統的な枠を超えた影響力を持つことができます。



広告クリエイティブの作成


効果的なクリエイティブの要素

TikTok広告で成功を収めるためには、クリエイティブな要素を効果的に取り入れることが非常に重要です。

以下に、効果的な広告クリエイティブを構築するための主要な要素を挙げます。


1. 目を引くビジュアル

最初の数秒でユーザーの注意を引くことが重要です。

鮮やかな色使い、動きのあるアニメーション、興味をそそるビジュアルは、ユーザーが動画をスキップしないように促します。


2. 魅力的な音楽とサウンド

TikTokは音楽中心のプラットフォームであり、サウンドトラックはユーザーの感情に訴えかける重要な要素です。

適切な音楽やサウンドエフェクトは、視覚的な要素を強化し、広告の全体的な魅力を高めます。


3. 明確で簡潔なメッセージ

広告メッセージは簡潔で理解しやすいものであるべきです。

何を伝えたいのか、どのような行動を期待しているのかを明確にすることで、ユーザーの混乱を避け、具体的なアクションへと導きます。


4. ストーリーテリング

エモーショナルまたは興味深いストーリーは、視聴者との共感を生み出し、記憶に残りやすくします。

ストーリーがあることで、広告は単なる商品紹介からユーザーの心に残る体験へと変わります。


5. キャッチーなハッシュタグとチャレンジ

TikTokはユーザー参加型のコンテンツが強みです。

ハッシュタグチャレンジやインタラクティブな要素を取り入れることで、ユーザーの参加を促し、広告の自然な拡散を促進します。


6. クリエイティブなフック

広告の初めにクリエイティブなフック(興味を引く要素)を設定することで、ユーザーの注意を引きつけ、最後まで視聴させる可能性を高めます。

面白い問いかけや驚きの要素が効果的です。


7. ターゲットオーディエンスの理解

広告のターゲットとなるオーディエンスの興味やニーズを深く理解することは、関連性の高いコンテンツを制作する上で不可欠です。

この理解に基づいて、よりパーソナライズされたメッセージを作成することができます。


これらの要素を組み合わせることで、TikTok内で目立つだけでなく、効果的なエンゲージメントを生み出す広告を作成することができます。


クリエイティブ例と事例分析

TikTok広告の効果を最大限に引き出すためのクリエイティブなアプローチを紹介します。

以下は、実際に成功を収めた広告キャンペーンの例とその事例分析です。


1. 美容ブランドのインタラクティブキャンペーン

美容ブランドが新しい化粧品ラインを紹介するために実施したキャンペーンでは、特定のハッシュタグとフィルターを組み合わせたチャレンジを提供しました。

ユーザーは自身のビフォーアフターを撮影し、ブランドのフィルターを使用して結果を共有することが encouragedされました。

このアプローチは、ユーザーエンゲージメントを促進し、製品の認知度を高めるのに効果的でした。


2. ファストフードチェーンのTopView広告

あるファストフードチェーンは、新メニューの発売を告知するためにTopView広告を使用しました。

この広告はアプリの起動時に表示され、楽しい音楽と鮮やかなビジュアルで新商品を紹介。

広告は視覚的に魅力的で、見る者の食欲をそそる内容で、効果的に製品の魅力を伝えることができました。


3. 旅行会社のインフィード広告

旅行会社が目的地の美しい景色と現地のアクティビティをフィーチャーしたインフィード広告を展開。

この広告は、冒険心を刺激する内容で設計され、視聴者に直接的な行動を促す強いコール・トゥ・アクションを含んでいました。

キャンペーンは、ターゲットとなる若年層に大きな反響を呼び、予約率の向上に寄与しました。


4. アパレルブランドのUGCキャンペーン

アパレルブランドが実施したハッシュタグチャレンジでは、ユーザーに自社製品を着用したスタイリングの動画を投稿させ、最もクリエイティブな投稿を表彰するコンテストが開催されました。

このキャンペーンは社会的証明とユーザーの参加を促す要素をうまく活用し、ブランドへの忠誠心とエンゲージメントを高める効果がありました。


これらの事例からわかるように、効果的な広告クリエイティブはターゲットオーディエンスの関心を引き、彼らの参加を促す要素を持っています。

また、視覚的な魅力だけでなく、感情に訴えるストーリーテリングやインタラクティブなコンポーネントを取り入れることで、さらに大きな成功を収めることが可能です。





ターゲティングとオーディエンス


カスタムオーディエンスとその活用

カスタムオーディエンスは、既存の顧客や関係者に焦点を当てたマーケティング戦略を可能にする、非常に効果的なターゲティングツールです。

このアプローチにより、企業は既にブランドと何らかの形で関わりを持っているユーザー群に特化して広告を展開することができます。


カスタムオーディエンスの作成方法

カスタムオーディエンスは通常、以下のデータソースから作成されます。


  • 顧客リスト: 企業は、購入履歴、ニュースレター登録、またはその他の顧客エンゲージメントから得られたデータを使用して、特定の顧客リストを作成します。

  • ウェブサイトトラフィック: ウェブサイト訪問者の行動を追跡することで、特定の行動(例:特定のページの閲覧、購入の完了)を行ったユーザーに基づいてオーディエンスを構築します。

  • アプリの活動: アプリ内でのユーザーの行動データを利用して、特定のアクションを行ったユーザーをターゲットにすることができます。


カスタムオーディエンスの活用

  • リマーケティング: 既存の顧客に対して新製品やオファーを宣伝するためにカスタムオーディエンスを使用します。この戦略は、既にブランドに興味を持っている顧客への影響が高いため、コンバージョン率を向上させることができます。

  • 顧客ロイヤルティの強化: カスタムオーディエンスを用いて、特定の顧客グループに感謝の意を示すキャンペーンやロイヤルティプログラムを展開することができます。これにより顧客満足度が向上し、リピート購入が促進されます。

  • 類似オーディエンスの拡張:

  • カスタムオーディエンスのデータを基にして、「類似オーディエンス」を作成し、類似の特性や興味を持つ新しい潜在顧客にリーチすることができます。これにより、マーケティングのリーチが拡大し、新規顧客獲得の機会が増えます。


カスタムオーディエンスの活用は、データ駆動型のアプローチを取ることで、マーケティング効果を最大化し、企業のリソースをより効率的に使用することを可能にします。

正確なターゲティングにより、広告の適切なメッセージングとタイミングで顧客エンゲージメントを最大化し、長期的なビジネス成果に貢献します。


類似拡張オーディエンスの生成と活用

類似拡張オーディエンス(Lookalike Audiences)は、既存のカスタムオーディエンスの特性を基にして、新しい潜在顧客を見つけ出すための強力なツールです。

この手法は、既知の顧客の属性(興味、行動、デモグラフィック情報など)を分析し、これに類似する特性を持つ新しいユーザーをターゲットにします。


類似拡張オーディエンスの生成

  • データソースの選定: 生成する類似オーディエンスの基となるデータソースを選定します。これには、高いエンゲージメントを示すユーザーや最近購入した顧客など、特定の行動を基にしたカスタムオーディエンスが適しています。

  • 類似性の度合いの設定: どれくらい類似したオーディエンスをターゲットにするかを決定します。一般的には、類似性が高いほどターゲットの精度は上がりますが、オーディエンスのサイズは小さくなります。

  • 市場の選定: どの地域や市場で類似オーディエンスを展開するかを選びます。これにより、地域に応じたマーケティング戦略を取り入れることができます。


類似拡張オーディエンスの活用

  • リーチの拡大: 類似オーディエンスを利用して、既存のカスタムオーディエンスと同様の特性を持つ新しいユーザーにリーチします。これは、特に新市場への進出や新製品の導入時に有効です。

  • コンバージョンの最適化: 類似オーディエンスは、似た傾向や興味を持つユーザーへのアプローチを可能にするため、広告のコンバージョン率を向上させることが期待できます。

  • 効率的な広告支出: ターゲティングが改善されることにより、広告支出の効率が向上します。広告が関心のあるユーザーにのみ表示されるため、無駄な広告支出を削減できます。

  • マーケティング戦略の洗練: 類似オーディエンスを活用することで、どの広告がどのターゲットに効果的であるかのデータが蓄積され、マーケティング戦略をさらに洗練させることができます。


類似拡張オーディエンスを利用することで、企業はターゲットオーディエンスの質を向上させ、マーケティングキャンペーンの全体的な効果を高めることができます。


ターゲティングの最適化

デジタル広告において、ターゲティングの最適化は広告キャンペーンの成功に不可欠な要素です。

TikTokを含む各プラットフォームは、高度なアルゴリズムを利用してユーザーの興味や行動に基づいて広告を配信します。

このセクションでは、ターゲティングの効果を最大化するための戦略について詳しく見ていきます。


1. データに基づくインサイトの活用

ターゲティングを最適化するためには、まずユーザーのデータを収集し分析することが重要です。

ウェブサイトやアプリ内でのユーザーの行動、過去の広告キャンペーンのパフォーマンス、デモグラフィック情報などがデータ分析の基本となります。


2. セグメント化とパーソナライゼーション

効果的なターゲティングには、広告の受け手を正確にセグメント化し、それぞれのニーズや興味に合わせて広告内容をパーソナライズすることが求められます。

例えば、年齢、性別、興味、地理的な位置などに基づいてユーザーグループを細分化します。


3. 動的ターゲティングの採用

リアルタイムデータを活用して、ユーザーの最新の行動や変化する興味に基づいてターゲティングを調整することができます。

これにより、広告の関連性が向上し、ユーザーのエンゲージメントが高まります。


4. A/Bテストの実施

複数の広告バリエーションをテストし、どのセグメントが最も効果的に反応するかを確認します。

このアプローチにより、最適な広告素材、コピー、CTA(コール・トゥ・アクション)が特定され、ROIの向上につながります。


5. アルゴリズムとの連携

TikTokのようなプラットフォームでは、広告配信のアルゴリズムが常に更新されています。

最新のトレンドやアルゴリズムの変更に適応し、それに合わせてターゲティング戦略を調整することが重要です。


ターゲティングの最適化は、広告キャンペーンの各段階で継続的な分析と調整を要求します。

これにより、広告のパフォーマンスが向上し、無駄な広告支出を削減しながら、より多くの潜在顧客に効果的にリーチすることが可能になります。





まとめ


TikTok広告のメリットと成功のポイント

TikTok広告は、そのユニークなフォーマットと広範囲なリーチにより、多くの企業にとって魅力的な広告手法となっています。

ここでは、TikTok広告の主なメリットと、広告キャンペーンを成功に導くための重要なポイントを解説します。


メリット

  • 広範なリーチ: TikTokは世界中で数億人のアクティブユーザーを持ち、特に若年層に人気があります。この広範なリーチは、ブランドが大規模なオーディエンスに迅速にアプローチできる機会を提供します。

  • 高いエンゲージメント: TikTokのコンテンツは視聴者のエンゲージメントが非常に高いことで知られています。動画のインタラクティブな性質とクリエイティブな表現が、視聴者の注意を引き、感情に訴えかけることができます。

  • ターゲットの精度: 豊富なユーザーデータと洗練されたターゲティングオプションにより、特定のデモグラフィックや興味を持つユーザーに狙いを定めて広告を配信することが可能です。

  • 創造性の表現: TikTokはユーザー自身がコンテンツのクリエイターとなる文化を持っているため、広告もまた創造的であることが求められます。これにより、ブランドは独自性を際立たせることができます。


成功のポイント

  • コンテンツの質: エンターテイメント性が高く、視聴者の興味を引くクリエイティブなコンテンツを作成することが、成功の鍵です。視聴者が自然と関与したくなるようなコンテンツでなければなりません。

  • 適切なタイミングでの配信: キャンペーンのタイミングが重要です。イベントやトレンドを活用して、その瞬間最も関連性の高いコンテンツを提供することが成功につながります。

  • 継続的な最適化: 広告のパフォーマンスをリアルタイムで監視し、必要に応じて調整を加えることで、キャンペーンの効果を最大化します。A/Bテストを活用して最適な広告要素を見極めることも重要です。

  • インサイトの活用: キャンペーンから得られるデータとフィードバックを分析し、それを基に戦略を磨き上げることが、長期的な成功に繋がります。


TikTok広告はそのダイナミックなプラットフォームの特性上、創造性とフレキシビリティを持ってアプローチすることが成功の秘訣です。


将来の広告トレンド予測

デジタルマーケティングの世界では常に進化が求められています。

特にTikTokのようなプラットフォームでは、新しい技術の導入やユーザー行動の変化が迅速に広告トレンドに反映されます。

以下は、将来のTikTok広告トレンドの予測です。


1. 拡張現実(AR)の更なる統合

AR技術はすでに多くのTikTok広告で利用されていますが、これがさらに進化し、ユーザーの日常とより密接に結びつく形で広告に取り入れられることが予想されます。

これにより、ユーザー体験はさらにリッチで没入感のあるものになるでしょう。


2. AIによるコンテンツ生成の増加

人工知能(AI)の進化により、個々のユーザーの興味や過去の行動に基づいてカスタマイズされた広告コンテンツの自動生成が可能になります。

AIはクリエイティブプロセスを助け、よりパーソナライズされた広告体験を提供することで、エンゲージメントを高めるでしょう。


3. ユーザー生成コンテンツ(UGC)の活用拡大

ブランドと消費者の関係性がより対等なものになる中で、ユーザー自身が作成したコンテンツの価値がさらに増すと考えられます。

UGCは信頼性が高く、共感を呼びやすいため、その活用はさらに拡大するでしょう。


4. データプライバシーへの対応強化

ユーザーのデータプライバシーに対する関心が高まる中、透明性とユーザーのプライバシーを尊重する広告が求められます。

企業はプライバシーファーストのアプローチを取ることで、ユーザーの信頼を得ることがますます重要になるでしょう。


5. ショッピング機能の統合

オンラインショッピングとソーシャルメディアの統合は進み、TikTokでも直接商品を購入できる「ショッピング機能」が広告に組み込まれることが増えると予測されます。

これにより、広告から直接の売上へとつながるパスが強化されるでしょう。


これらのトレンドは、ブランドが消費者との関係を強化し、より効果的な広告戦略を構築するための新たな機会を提供します。

デジタルマーケティングの未来に向けて、革新的なアプローチが常に求められることに変わりはありません。



TikTokの広告運用でお悩みの方株式会社プロパゲートにご連絡を


「TikTokで集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


企画/動画編集/広告運用まで一気通貫でサポート。

1動画当たりの再生回数10万回を保証させて頂きます。

ただの運用ではなく、結果にコミットするTikTok運用をご提案します。



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。


500社以上の集客支援をしてきた自社の強みを活かし、一つの動画で価値を伝えきる企画設計・動画編集・キャスティングを実行させて頂きます。

月間300件以上の問い合わせ(1件あたり1,059円)実績や、再生数300万など実績多数。


自社サービスの集客に特化したTikTok広告運用ならプロパゲートにお任せください。


【URL】

【TEL】

03-6824-7712

【会社所在地】

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目5−6 H¹O 渋谷神南 702

【取り組み実績】



Comments


bottom of page