top of page

2024年最新!TikTok広告の達人が選ぶ、信頼できる代理店トップリスト




TikTok広告の基本概念


TikTok広告の定義

TikTok広告とは、短編動画プラットフォーム「TikTok」において配信されるデジタル広告の一形態です。

ユーザーがアプリを使用中に見ることができる広告で、ブランドの認知度向上、商品の販売促進、ウェブサイトへの誘導など多岐にわたる目的で使用されます。


広告の種類と特性

TikTok広告は大きく分けて次の四種類があります。


  • 起動画面広告(Brand Takeover): アプリ起動時に表示される全画面の広告で、ユーザーの注目を一瞬で引きつけることができます。高い視認性を誇りますが、配信枠が限られており、費用も高額です。

  • インフィード広告(In-Feed Ads): ユーザーの「フォーユー」ページに流れる動画形式の広告です。自然な形でフィードに溶け込むため、ユーザーのエンゲージメントを高めやすいです。

  • ハッシュタグチャレンジ(Hashtag Challenge): ユーザー参加型のキャンペーンで、特定のハッシュタグを使って動画を投稿してもらうことで、ブランドの認知度を拡散させます。

  • ブランドエフェクト(Branded Effects): 独自のARフィルターやエフェクトを作成し、ユーザーが自分の動画で使うことができる広告です。クリエイティブなコンテンツ作成を促し、ブランドの魅力を伝えます。


これらの広告は、ターゲットとするユーザー層やキャンペーンの目的に応じて選択され、適切な戦略と組み合わせることで、その効果を最大限に発揮することが可能です。


TikTok広告の種類と特徴

TikTok広告には、それぞれ異なる形式と機能を持つ複数の種類が存在します。

これらの広告形式は、目的やターゲットに合わせて選択され、最適なユーザーエクスペリエンスと成果を生み出すよう設計されています。


起動画面広告(Brand Takeover)

起動画面広告は、TikTokアプリを開いた瞬間に表示される広告で、ユーザーの完全な注意を一時的に引きつけることができます。

この広告は24時間にわたり、一日一枠のみ提供されるため、独占性が高く目立つ位置に配置されます。

そのため、ブランド認知度の向上に特に効果的ですが、高い費用がかかる点がデメリットです。


インフィード広告

インフィード広告は、ユーザーの動画フィードに自然に流れ込む形式の広告です。

視聴者は動画をスクロールしながら視聴するため、通常の投稿と同様に「いいね」やコメントが可能です。

これにより、より高いユーザー参加を促すことができ、エンゲージメントの向上が見込まれます。


ハッシュタグチャレンジ

ハッシュタグチャレンジは、特定のハッシュタグを使用してユーザーに特定のアクションを促すキャンペーン型の広告です。

公式のチャレンジページが設けられ、参加者の動画が集約されることで、コミュニティを形成しブランドのバイラル拡散を促進します。

参加型の広告として非常に人気があり、広範囲のユーザーにリーチすることが可能です。


ブランドエフェクト

ブランドエフェクトは、カスタマイズ可能なARフィルターやステッカーなど、独自のビジュアルエフェクトを用いた広告です。

これにより、ユーザー自身がブランド固有のエフェクトを使ってオリジナルコンテンツを作成し、自発的なブランド露出を促すことができます。

クリエイティブなエンゲージメントを通じて、ブランド認知度と好感度の向上を目指します。


これらの広告形式は、それぞれ異なる目的とターゲットに最適化されており、適切に選択し組み合わせることで、マーケティングの効果を大幅に高めることができます。





TikTok広告代理店の選び方


何を基準に代理店を選ぶべきか

TikTok広告を成功させるためには、適切な広告代理店の選定が非常に重要です。

ここでは、代理店を選ぶ際の主な基準について詳しく解説します。


実績と信頼性

広告代理店を選ぶ最も基本的な基準は、その代理店が持つ実績です。

過去の成功事例や取り扱ったブランドの種類、業界での評価を確認することで、その代理店が自社のニーズに合致するかどうかを判断できます。

また、透明性が高く、実績に基づく具体的なデータを提供できる代理店は、より信頼性が高いと言えます。


専門知識と経験

TikTok特有の広告戦略やユーザー行動の理解があるかどうかも重要です。

特に、TikTokは若年層が主なターゲットであり、トレンドに敏感なため、これらの要素を理解し、活用できる代理店を選ぶことが望ましいです。

専門的な知識を持つスタッフや、特定の業界に特化した経験が豊富な代理店は、効果的な広告キャンペーンを展開できる可能性が高まります。


サービスの全体的な提供範囲

広告代理店が提供するサービスの範囲を確認することも重要です。

一部の代理店は単に広告の出稿のみを扱い、他の代理店は戦略立案からコンテンツ制作、データ分析、最適化まで一貫してサービスを提供しています。

自社のリソースや必要とするサポートのレベルに応じて、最適な代理店を選択することが重要です。


コミュニケーションとサポート

代理店とのコミュニケーション能力も選定基準として重要です。

定期的な更新、透明性のあるコミュニケーション、問題発生時の迅速な対応など、スムーズなやり取りが可能な代理店は、広告キャンペーンの成功に不可欠です。

また、クライアントサポートの質や対応の速さも、長期的な関係性構築において重要な要素です。


これらの基準を参考にしながら、自社の目的や予算に合ったTikTok広告代理店を選定することが、成功への第一歩となります。


代理店選定時の注意点

TikTok広告代理店を選ぶ際には、ただ適切な代理店を見つけるだけでなく、いくつかの重要な注意点を理解しておく必要があります。

これらの点を把握しておくことで、将来的なトラブルを避け、より効果的な広告キャンペーンを実施することができます。


1. 透明性の確保

代理店が提供するサービスの内容と費用の内訳を明確にしておくことは非常に重要です。

契約前には、どのようなサービスがどの程度の費用で提供されるのか、具体的な成果物は何か、期限はどう設定されているかなど、詳細を確認しましょう。

隠れたコストが後から発生しないよう、事前に全ての料金を明確にすることが推奨されます。


2. 実績の詳細確認

代理店が過去にどのようなクライアントとどの程度成功を収めたのか、具体的な数字や事例をもとに確認しましょう。

特に、同業界や類似の商品を扱っていた経験があるかどうかは、その代理店が自社のニーズに合っているかを判断する上で重要なポイントです。


3. カスタマイズの可否

一部の代理店では標準化されたパッケージを提供しているため、自社の特定の要求に柔軟に対応できないことがあります。

自社のマーケティング戦略やキャンペーンの目的に合わせてカスタマイズ可能なサービスを提供している代理店を選ぶことが望ましいです。


4. コミュニケーションとサポート

定期的なレポーティング、進捗の確認が容易であること、そして発生した問題に対して迅速かつ効果的に対応できるサポート体制が整っているかどうかもチェックしましょう。

良好なコミュニケーションは代理店との関係を長く持続させる上で不可欠です。


これらの注意点を基に適切な代理店を選定することで、TikTok広告の効果を最大限に引き出し、目的に合った成功を収めることができるでしょう。



おすすめのTikTok広告代理店


各代理店の特徴と強み

TikTok広告の代理店はそれぞれ異なる強みや特色を持っています。

ここでは、代表的な代理店の特徴と強みを紹介します。これらの情報は代理店選びの参考にしてください。


株式会社プロパゲート

  • 特徴: 株式会社プロパゲートは、デジタルマーケティング全般にわたる広範なサービスを提供しています。特に、TikTok広告においては、「SPARK BUZZ」というサービスを通じて、動画1本あたりの再生回数10万回を保証するなど、成果ベースのアプローチを取っています。

  • 強み: 高いクリエイティブ力と分析能力を生かした広告キャンペーンの設計が可能であり、特に動画コンテンツの制作において高い評価を受けています。また、広告の成果を明確にするための詳細なレポーティングも強みの一つです。


株式会社セプテーニ

  • 特徴: 株式会社セプテーニは、デジタル広告分野での豊富な経験と実績を持ち、特に複数のSNSを横断した広告キャンペーンの運営に強みを持っています。

  • 強み: 「TikTok LAB」という独自のプログラムを通じて、TikTok広告の専門知識を活用したキャンペーンを提供しています。データ駆動型のアプローチと、詳細なユーザー分析により、効果的な広告戦略を展開できることが特徴です。


株式会社グラッドキューブ

  • 特徴: 中小企業向けに特化した広告サービスを提供し、手頃な価格で質の高い広告運用が可能です。

  • 強み: 費用対効果が高く、特に限られた予算内で最大限の成果を引き出すための戦略設計に定評があります。小規模ながらも専門的なサービスを提供し、顧客に寄り添ったサポートが強みです。


これらの代理店はそれぞれ独自の戦略とサービスでTikTok広告の運用をサポートしており、自社のニーズに合わせた選定が可能です。


代表的なサービスと料金体系

各TikTok広告代理店は独自のサービスや料金体系を設定しており、クライアントのニーズに応じた様々なオプションを提供しています。

ここでは、上記で紹介した代理店の代表的なサービスとそれに伴う料金体系について解説します。


株式会社プロパゲートの「SPARK BUZZ」

  • サービス内容: SPARK BUZZは、1動画あたりの再生回数10万回を保証するサービスです。動画企画、コンテンツ設計、原稿作成、動画編集、広告運用代行をトータルで提供し、高いエンゲージメントとブランド認知の向上を目指します。

  • 料金体系: 基本的なパッケージは約34万9800円からスタートし、さらに詳細なカスタマイズや追加サービスによって料金は変動します。料金には動画制作から運用までの全てが含まれており、クライアントの要望に応じてさまざまな追加オプションが選べます。


株式会社セプテーニの「TikTok LAB」

  • サービス内容: TikTok LABは、セプテーニが提供する総合的なTikTok広告サービスです。データ駆動型のアプローチを利用し、ターゲットユーザーの詳細な分析と効果的な広告戦略を提供します。

  • 料金体系: 具体的な料金はプロジェクトの規模や要件に基づいて個別に設定されます。通常、初期設定費用と月額の管理費用が含まれることが多く、さらに成果に応じたインセンティブが設定される場合もあります。


株式会社グラッドキューブ

  • サービス内容: 特に中小企業向けに最適化されたサービスを提供しており、限られた予算内で最大の成果を目指す広告戦略が特徴です。広告運用だけでなく、クリエイティブ制作からデータ分析まで、一貫したサポートを行います。

  • 料金体系: グラッドキューブでは、予算に応じたフレキシブルな料金プランが用意されています。小規模なテストキャンペーンが可能で、実績に基づいた料金設定を行っているため、初期投資を抑えつつ効果的な広告運用が可能です。


これらの代理店では、サービスの範囲、料金の透明性、クライアントとの連携方法に大きな違いがあります。

自社のニーズと予算に最も適した代理店を選ぶことが、TikTok広告での成功には欠かせません。

次に、TikTok広告の具体的な成功事例を見ていくことで、これらのサービスが実際にどのように効果を発揮しているのかを詳しく理解しましょう。





TikTok広告の成功事例


国内外の成功事例

TikTok広告の成功事例を見ることで、どのような戦略やアプローチが効果的であるかを理解する手助けとなります。

以下に、国内外での注目すべき事例をいくつか紹介します。


国内事例:資生堂「#おうちでエクボ」キャンペーン

資生堂が実施した「#おうちでエクボ」キャンペーンは、COVID-19による外出自粛中に自宅で楽しめるコンテンツを提供しました。

このキャンペーンでは、ユーザーが資生堂の化粧品を使って笑顔を作り、その「エクボ(笑いジワ)」をTikTok上で共有することを促しました。

この戦略は大きな話題を呼び、参加型の広告として高いエンゲージメントを記録しました。


海外事例:チップトップ(Chipotle)の「#Boorito」チャレンジ

アメリカのファーストフードチェーン、チップトップは毎年ハロウィンに「#Boorito」チャレンジをTikTokで実施しています。

このキャンペーンでは、ユーザーにハロウィンのコスチュームを着て、特定のサウンドトラックに合わせてダンスする動画を投稿してもらいます。

投稿者には割引クーポンが提供されるなどのインセンティブが用意されており、毎年大きな成功を収めています。


国内事例:エアアジア「#FlyWithAirAsia」キャンペーン

エアアジアは、「#FlyWithAirAsia」キャンペーンを通じて、TikTokユーザーに飛行機内での楽しい体験を再現してもらうことを促しました。

参加者はエアアジアの機内で楽しめる様々なアクティビティを自宅で模倣するクリエイティブな動画を投稿。

このキャンペーンは、航空会社としてのブランドイメージ向上に貢献し、特に若年層からの関心を集めました。


これらの事例から、TikTok広告が持つ「ユーザー参加型コンテンツ」という特性を活かしたキャンペーンが特に成功を収めやすいことがわかります。


事例から学ぶポイント

TikTok広告の成功事例を分析することで、効果的な広告戦略を設計する上での重要なポイントが見えてきます。

ここでは、特に成功している事例から得られる学びをいくつか紹介します。


1. ユーザー参加を促すインタラクティブな要素

多くの成功事例では、視聴者が直接参加できる「コール・トゥ・アクション」が設けられています。

ハッシュタグチャレンジなど、ユーザーが自分の動画を投稿することでキャンペーンに参加できる形式は、特にTikTokのプラットフォームで効果を発揮します。

参加しやすい内容と、クリアな指示がユーザーのエンゲージメントを高め、広告の拡散効果を最大化します。


2. 目を引くクリエイティブな内容

TikTokは視覚的なインパクトが非常に重要なプラットフォームです。

成功事例を見ると、斬新なビジュアルや独特の音楽、魅力的なダンスなど、目を引くクリエイティブな要素が多用されていることがわかります。

これにより、広告の記憶に残りやすくなり、ブランドのイメージ向上につながります。


3. ターゲットオーディエンスの精密な分析

効果的なTikTok広告キャンペーンでは、ターゲットとするオーディエンスの詳細な分析が行われています。

年齢、性別、興味・関心、地域など、様々なデータを基に広告が設計されることで、より高いリーチとエンゲージメントが得られます。

広告代理店はこの点で特に強みを持っており、データを基にした戦略提案が可能です。


4. 時間帯と投稿頻度の最適化

TikTok上でのコンテンツの消費パターンは他のソーシャルメディアと異なる場合が多いため、投稿する時間帯や頻度の最適化も重要です。

アクティブなユーザーが多い時間帯に投稿することで、視聴率を高めることが可能です。

また、一定のリズムで投稿を続けることで、ユーザーの期待感を高め、継続的なエンゲージメントを促進します。


これらのポイントは、TikTok広告のキャンペーンを計画する際に役立つ洞察です。

特に、ユーザー参加型のアプローチとターゲット分析に重点を置くことが、成功への鍵と言えるでしょう。





まとめと今後の展望


TikTok広告の将来性

TikTok広告は、デジタルマーケティング業界において急速に成長している分野の一つです。

独自のフォーマットと広告展開方法により、特に若年層を中心に広いリーチを持っています。

以下は、TikTok広告の将来性についての主要な点です。


市場の拡大

TikTokは全世界でダウンロード数が増加しており、特にアジア、アメリカ、ヨーロッパの市場でその存在感を強めています。

このユーザーベースの拡大は、ブランドにとって新たな顧客層へのリーチを意味し、広告主にとって魅力的な投資先となっています。

プラットフォームが成長するにつれて、広告商品も進化し、より多様な広告オプションが提供されることが予想されます。


テクノロジーの進化

人工知能(AI)と機械学習の進化により、広告のパーソナライゼーションと効率性が向上しています。

TikTokはユーザーの行動パターンを学習し、より関連性の高い広告を個々のユーザーに提供できるようになると考えられます。

これにより、広告のクリックスルーレートやコンバージョン率の向上が期待できます。


新しい広告形式の開発

TikTokは革新的な広告形式を取り入れており、その動向は業界に新しい潮流をもたらしています。

例えば、ARフィルターやインタラクティブなコンテンツを活用した広告が、ユーザー体験の向上に寄与しています。

今後もTikTokはユーザーのエンゲージメントを高めるために、新しいタイプの広告モデルを開発していくと予測されます。


競争と規制の増加

TikTok広告の市場拡大に伴い、競争も激化しています。

これにより、広告料金の上昇や、より効果的な広告戦略の必要性が高まるでしょう。

また、データプライバシーやユーザー保護の観点から、新たな規制が設けられる可能性もあります。

これらの規制は、広告戦略や内容に影響を与える可能性があるため、注意が必要です。


これらの点を踏まえると、TikTok広告は今後もデジタルマーケティングの重要な要素としての地位を不動のものとしつつ、さらなる成長と変化を遂げると予測されます。

企業や広告主は、この変動する市場環境に適応し、革新的な広告アプローチを追求することが求められます。


広告戦略の立て方と効果的な運用

TikTok広告を効果的に運用するためには、戦略的な計画が必要です。

ここでは、成功に導く広告戦略の立て方とその運用方法について解説します。


ターゲットオーディエンスの特定

  • オーディエンスの理解:TikTok広告キャンペーンを開始する前に、誰をターゲットにするのかを明確にします。年齢層、性別、興味・関心、地理的位置など、具体的なユーザープロファイルを作成しましょう。

  • ニーズの特定:ターゲットオーディエンスのニーズや問題点を理解し、それを解決する方法を広告で提案します。


戦略的なコンテンツの作成

  • 魅力的なコンテンツ:TikTokは視覚的なメディアであるため、創造的で目を引くコンテンツが必要です。ユニークな視覚効果、魅力的な音楽、インパクトのある開始2秒を意識しましょう。

  • ストーリーテリング:エモーショナルまたは説得力のあるストーリーを通じて、ブランドと視聴者との関係を築きます。


最適なタイミングでの投稿

  • ピークタイムの把握:TikTokのアナリティクスを利用して、ターゲットオーディエンスが最も活動的な時間帯を特定し、そのタイミングで広告を投稿します。

  • 頻度の調整:一貫した投稿スケジュールを保ちながら、オーバーエクスポージャーを避けるバランスを見つけます。


効果測定と最適化

  • パフォーマンスの追跡:エンゲージメント、クリック数、コンバージョン率など、重要な指標を定期的にチェックします。

  • A/Bテストの実施:異なる広告コピー、画像、コールトゥアクションをテストして、最も効果的な要素を見つけ出します。


継続的な学習と調整

  • トレンドの追跡:TikTokのトレンドは迅速に変化します。流行を取り入れた広告はユーザーの関心を引きやすいです。

  • フィードバックの活用:ユーザーからの直接的なフィードバックや行動データを基に、戦略を継続的に調整します。


これらの戦略を駆使してTikTok広告を計画し、運用することで、ブランドの認知度を高め、最終的には売上の向上につながる可能性が高まります。

また、常に市場の動向を分析し、新しいアプローチを試みる柔軟性も重要です。



TikTokの広告運用でお悩みの方株式会社プロパゲートにご連絡を


「TikTokで集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


企画/動画編集/広告運用まで一気通貫でサポート。

1動画当たりの再生回数10万回を保証させて頂きます。

ただの運用ではなく、結果にコミットするTikTok運用をご提案します。



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。


500社以上の集客支援をしてきた自社の強みを活かし、一つの動画で価値を伝えきる企画設計・動画編集・キャスティングを実行させて頂きます。

月間300件以上の問い合わせ(1件あたり1,059円)実績や、再生数300万など実績多数。


自社サービスの集客に特化したTikTok広告運用ならプロパゲートにお任せください。


【URL】

【TEL】

03-6824-7712

【会社所在地】

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目5−6 H¹O 渋谷神南 702

【取り組み実績】



Comments


bottom of page