top of page

【個人事業主・小規模事業者必見】Googleリスティング広告で効果を出すポイントを解説



「リスティング広告について知りたい」「メリットやターゲティングについて解説してほしい」と悩んでいる方も多いですよね。

本記事では、リスティング広告について、メリットやターゲティング、代理店などを個人事業主や小規模事業者向けに解説します。

リスティング広告を使うことで、ウェブサイトに良い影響をもたらすことも可能です。

リスティング広告を小規模から使いたい方は、是非参考にしてください。



リスティング広告とは


まずは、リスティング広告とは何かを解説します。

リスティング広告は、日本語に訳すと「検索連動型広告」で、Googleなどの検索エンジンに掲載できるテキスト広告のことです。


例えば、何かのキーワードで検索した際、検索上位に表示された結果の左上に「広告」と書かれているものがリスティング広告になります。

検索上位に表示されるので、認知拡大や集客などの効果を発揮します。


また、リスティング広告の特徴で、特定のキーワードを検索したユーザーに広告が表示されるので、興味関心のある方にアプローチすることが可能です。



リスティング広告のメリット4つ


ここでは、リスティング広告のメリットを4つ紹介します。

リスティング広告のメリットは以下のとおりです。

  • 少額で始められる

  • 顕在層へのアプローチができる

  • クリエイティブスキルが必要ない

  • 小規模でも始められる

一つひとつ見ていきましょう。


少額で始められる

1つ目のメリットは、少額でリスティング広告を始められる点です。

個人事業主や小規模事業の方は、資金が整っていない方も多いですよね。

リスティング広告なら、少額から始めることができるので、個人事業主でも安心して始められます。

リスティング広告の課金形態は、クリック課金型なので、クリックされるごとに費用がかかっていきます。

そのため、クリック数が少なければ、予算を抑えることも可能です。

自社の予算と照らし合わせて考えてみましょう。


顕在客へのアプローチができる

2つ目のメリットは、顕在客へのアプローチができる点です。

顕在客とは、自分のニーズを理解しており、欲しい商品などを具体的にイメージできている客層を指します。

リスティング広告は、ユーザーが検索をかけたタイミングで表示されるので、顕在客へのアプローチが効果的ということです。

とくに、「商品やサービスをユーザーに購入してほしい」と考えている方は、よりリスティング広告の効果を実感できるでしょう。


クリエイティブスキルが必要ない

3つ目は、クリエイティブスキルが必要ない点です。

リスティング広告は、テキスト文を主に使用します。

そのため、従来の広告のように、画像の編集や動画の作成などのクリエイティブスキルは必要ありません。

リスティング広告は、クリエイティブスキルよりも、ユーザー理解やターゲティングが重要です。

自社の商品を売りたいがためにアピールするのではなく、どんな情報がユーザーにとって有益なのかを考えましょう。

クリエイティブスキルに自信がない人でも、リスティング広告ならテキスト文のスキルを高めることでカバー出来ますよ。


小規模でも始められる

4つ目のメリットは、小規模でも始められる点です。

広告と聞くと、大規模に進めるイメージがあるかもしれません。

しかし、リスティング広告は、小規模で簡単に始めることができます。

リスティング広告は、検索エンジンに掲載するだけでなく、チラシの代わりとしても活用できます。

「まずは色々な施策を試してみたい」と考える方におすすめです。


広告運用のインハウス化について詳しく知りたい方はこちらの関連記事もぜひご覧ください。


リスティング広告のターゲティングについて解説


ここでは、リスティング広告のターゲティングについて解説します。

リスティング広告のターゲティングは以下のとおりです。

  • 検索キーワード

  • ユーザー属性

  • オーディエンスカテゴリ

  • 曜日・時間帯

  • 地域

  • プレースメント

  • デバイス

一つひとつ見ていきましょう。


検索キーワード

検索キーワードでは、特定のキーワードを指定し、ターゲティングを行うことが可能です。

検索キーワードは「部分一致」「フレーズ一致」「完全一致」の3つから選択できます。

検索キーワードを選択する際は、できるだけ自社商品やサービスと関連するキーワードを選びましょう。

例えば、サッカー商品を扱っているのであれば「サッカー ウェア メンズ」などのキーワードを選択すると良いでしょう。

また、キーワードを選ぶ際は、Googleキーワードプランナーというツールがおすすめです。

Googleキーワードプランナーでは、検索ボリュームを調べることができ、キーワードに関する情報から選択できます。

キーワードの取捨選択にも活用できるので、ぜひ試してみてください。


ユーザー属性

ユーザー属性は、ユーザーの年齢や性別からターゲティングを行うことが可能です。

ユーザー属性からターゲットを絞ることで、的確に商品やサービスの情報を与えることができます。

商品やサービスの利用者の年齢層が、10代から20代にもかかわらず、中年層に向けて広告を出稿しても効果は得られませんよね。

そのため、ユーザー属性から、ターゲットの年齢層や性別を選択することは重要です。


オーディエンスカテゴリ

オーディエンスカテゴリでは、ユーザー属性よりも更に詳しくターゲットの細分化が可能です。

具体的には以下のような項目から、ターゲティングができます。

  • 子どもの有無

  • 配偶者の有無

  • 就業状況

また、購買意識の強さからも、ターゲティングを行うことも可能です。

オーディエンスカテゴリを活用することで、ターゲティングを行いたい範囲を広げることもできますし、より精密にターゲティングを行い、特定のユーザーに絞り込むことも可能です。

ユーザー属性及び、オーディエンスカテゴリについてさらに詳しく知りたい方は、Googleヘルプの「ユーザー属性ターゲティングについて」を参考にしてください。


曜日・時間帯

リスティング広告では、曜日・時間帯を指定して広告を出稿することも可能です。

ユーザーが広告を見てくれる時間を予測し、ターゲティングを行います。

リスティング広告の最終目的は、ユーザーにアクションをしてもらい、申し込みや予約などにつなげることです。

そのため、店舗のある方は、営業時間外に出稿するよりも、電話などに反応できる営業時間内に広告を出稿したほうが良いと考えられます。

上記のように、曜日・時間帯を考え、最も効果を得られるタイミングで広告を出稿してみましょう。


地域

地域では、自身のビジネスに関連する特定の地域のユーザーに対して広告を出稿する設定を行えます。

そのため、地域のターゲティングを行うのは、実店舗を持っている方におすすめです。

例えば、東京都に店舗を抱えている企業であれば、東京在住のユーザーに絞り、広告を出稿することもできます。

どの地域に対して広告を出稿すれば、コンバージョンにつなげられるのかを考えましょう。


プレースメント

プレースメントでは、特定のウェブサイトやアプリに絞って広告を出稿できる広告です。

商品やサービスと相性の良さそうなサイトやアプリに訪れているユーザーに絞り、広告を出稿できます。

プレースメントで配信する広告の出稿先としては、相性の良いユーザーが良く見ているメディアや、検索上位を獲得しているサイトに出稿するのがおすすめです。

先程紹介したユーザー属性と組み合わせると、ユーザーの特性に合わせつつ、興味のあるサイトに広告を出稿し、効果を高めることもできます。


デバイス

デバイスでは、スマートフォンやパソコンなど、デバイスの種類を指定して広告を出稿することが可能です。

「スマートフォンとパソコンはどちらのほうがいいの?」と思う方も多いかもしれません。

上記のような悩みがある方は、一度どちらかに絞り、効果を分析してみると良いでしょう。

昨今はスマートフォンが普及していますが、場合によってはパソコンの方が効果を得られる場合もあります。

商品やサービスにあったデバイス設定を行いましょう。



リスティング広告で効果を出すポイント


ここでは、リスティング広告で効果を出すポイントを紹介します。

リスティング広告で効果を出すポイントは以下のとおりです。

  • キーワード選定に注力する

  • 広告文に力を入れる

  • ランディングページの改善

  • 分析と改善を行う

一つひとつ見ていきましょう。


キーワード選定に注力する

1つ目のポイントはキーワード選定に注力することです。

選択するキーワードによって、検索される回数やクリック率が上下します。

検索回数が多いキーワード(ビッグキーワード)は多くのユーザーに見られる可能性がありますが、その分競合が多くなります。

また、検索が少ないキーワード(スモールキーワード)は、競合が少なくなりますが、検索するユーザーも減ってしまいます。

Googleキーワードプランナーというツールを活用し、入念にキーワード選定をするのがおすすめです。


広告文に力を入れる

2つ目は、広告文に力を入れる点です。

リスティング広告は、画像や動画ではなくテキスト広告なので、文章に力を入れる必要があります。

広告文には、キーワードを含めつつ、自社サービスの強みや特徴を伝えるようにしましょう。

ユーザーに興味を持ってもらうために、簡潔で分かりやすい文章で伝えることが重要です。


ランディングページの改善

3つ目は、ランディングページの改善です。

リスティング広告の改善だけでなく、リンク先のランディングページの改善も行いましょう。

例えば、広告を見て商品の購入を検討したにもかかわらず、購入ページにエラーが出ていると、不安になってしまいますよね。

そのため、ランディングページを改善し、質を高めることも重要です。


分析と改善を行う

4つ目のポイントは、分析と改善を行う点です。

リスティング広告を出稿した後は、定期的に分析と改善を行いましょう。

分析を行うことで、なぜクリック数が増加しないのか、もっとコンバージョン率を上げられるのではないかと、気付くことができます。

改善点が見つかり次第、修正を行い、再度分析を行うと、少しづつ効果が表れますよ。



広告運用は代行会社に依頼するのもおすすめ

広告運用に自信がなく、成果に繋がるか不安な方は、広告運用代行会社に依頼するのもおすすめです。

そこで、弊社の広告運用サービス「サブスクAd」を紹介します。


弊社サービス「サブスクAd」の紹介

弊社のサブスクAdは、定額制の運用代行サービスであり、個人事業主や小規模事業の方でも少額から利用可能です。

弊社サービスでは、月5万円以下で、専門スタッフの広告運用代行や、レポートの作成などをサポートさせていただきます。

無料相談も受け付けておりますので、気になる方はお気軽にご連絡ください。


Web広告運用でお悩みの方は株式会社プロパゲートにご連絡を


「Web広告を活用して集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。

ホームページ制作会社だからこそ、ホームページやランディングページのご相談も可能で、WEB広告の成果を最大化することができます。

広告運用を含むWEBマーケティングを総合的に相談できるところが弊社の強みです。


自社サービスの集客に特化した広告運用ならプロパゲートにお任せください。





Comments


bottom of page