top of page

広告運用のインハウス化解説!コスト削減と効果向上の戦略

更新日:2 日前


広告運用のインハウス化解説


広告運用のインハウス化とは?

デジタルマーケティング

広告運用のインハウス化は、企業が外部の広告代理店やサービスプロバイダーに依存せず、自社内で直接広告キャンペーンの計画、実施、管理を行うプロセスを指します。このアプローチは、マーケティング戦略のより深いコントロールと透明性を求める企業にとって魅力的です。




インハウス広告運用のメリットとデメリット

メリットとデメリット

インハウス化のメリット


データとノウハウの蓄積

インハウス広告運用の最大のメリットの一つは、自社での広告データとノウハウの蓄積です。広告運用を社内で行うことで、広告のパフォーマンスや成果に関する貴重なデータが社内に留まり、継続的な改善に活用できます。このデータを用いて、より効果的な広告戦略を立てることが可能になり、最終的にはROI(投資収益率)の向上につながる可能性があります。さらに、自社で広告運用の経験を積むことで、業界のトレンドや新しい広告技術についても迅速に対応できるようになります​​​​。


スピード感を持った施策の進行

インハウス化によって、広告運用の意思決定プロセスが迅速化します。外部の広告代理店に依存することなく、自社内でのコミュニケーションだけで運用戦略の調整や変更が行えるため、市場の変動や競合の動向に対して素早く反応できるようになります。この迅速性は、特にデジタル広告のような変動が激しい分野において、大きなアドバンテージとなります。緊急時の対応や予算の調整、キャンペーンの最適化なども、社内でスムーズに行えます​​​​。


自社データとの連携のしやすさ

インハウスでの広告運用を行うことにより、自社が所有するファーストパーティデータとの連携が容易になります。これにより、顧客情報やサービスの詳細など、対外的に公開できない情報を効果的に広告戦略に活用できます。自社のデータを深く理解していることで、よりターゲットに合った精度の高い広告運用が実現し、広告の効果を最大化できる可能性が高まります。また、外部に情報を漏洩するリスクも低減されます​​​​。



インハウス化のデメリット


各媒体社とのやり取りが煩雑になる

広告運用のインハウス化に伴い、各媒体社との直接的なやり取りが必要になります。これは、通常広告代理店が担っていた業務であり、契約手続きや個人情報の取り扱い、広告掲載の調整など、多岐にわたる作業を内部で管理する必要が出てきます。これらの作業は煩雑であり、特に多数の媒体を扱う場合、その管理は複雑になりがちです。また、特定の広告媒体には、代理店を通じてしか出稿できない場合もあり、その際は代理店を挟む必要があります。これにより、インハウス化しても一部の業務においてはスピード感が必ずしも向上しない場合があります​​。


人材の確保が必要

インハウスでの広告運用には、専門知識を持った人材が必要です。運用型広告を効果的に管理するためには、広告媒体の知識、データ分析スキル、マーケティングの専門知識が求められます。しかし、これらのスキルを持つ人材は常に市場で高い需要があり、確保するのが困難な場合があります。また、専門人材が限られている場合、その人物に依存する形になり、組織としての広告運用が属人化してしまうリスクもあります​​​​。


マーケティング施策の孤立化

インハウス化すると、外部の視点が欠けることがあります。特に、広告運用に関する最新のトレンドや業界の動向を把握するのが難しくなる可能性があります。代理店などの外部パートナーと協力することで、異なる視点や新たなアイデアが得られる場合もありますが、インハウス化によりこれらの情報やインサイトが得にくくなる場合があります。また、外部の専門家の助言や支援を受ける機会も減るため、マーケティング施策が内向きになり、孤立化するリスクも考慮する必要があります​​​​。



インハウス化前の重要な準備項目

準備項目

広告アカウントの移管

広告運用をインハウス化する際、広告アカウントの移管は重要な初期ステップです。このプロセスは、以前外部の代理店やパートナーが管理していた広告アカウントを自社の管理下に置くことを意味します。正確かつ効率的な移管は、インハウス運用の基盤を固める上で不可欠です。以下は、広告アカウント移管における主なステップと注意点です。


現在配信中の広告プラットフォームの確認

移管の第一歩として、現在利用している広告プラットフォームやメディアを確認します。これにはGoogle Ads、Facebook Ads、LinkedIn Adsなどが含まれる可能性があります。それぞれのプラットフォームでのアカウント状況を把握し、移管に必要な情報を集めることが重要です。


広告アカウントの所有者の特定

広告アカウントの所有権を明確にする必要があります。代理店や外部パートナーがアカウントを管理していた場合、アカウントの所有権を自社に移す手続きを行う必要があります。この過程では、アカウントへのアクセス権限の変更や、管理者の更新が含まれます。


インハウス化する広告プラットフォームの選定

自社で管理することになる広告プラットフォームを選定します。すべてのプラットフォームをインハウス化するのではなく、自社のニーズ、リソース、目標に合ったプラットフォームを選ぶことが重要です。また、将来的に運用を拡大する可能性も考慮に入れると良いでしょう。


移管プロセスの計画と実行

移管のプロセスは慎重に計画し、段階的に実行する必要があります。急激な移管は混乱を招き、広告運用に支障をきたす可能性があるため、段階を追って丁寧に進めることが望ましいです。プロセスには、アカウントのデータバックアップ、重要なキャンペーン設定の確認、移管後のアカウント管理者の設定などが含まれます。


移管後のフォローアップ

アカウントの移管が完了した後も、継続的なモニタリングと評価が必要です。移管による影響を最小限に抑えるためには、広告キャンペーンのパフォーマンスを定期的にチェックし、必要に応じて迅速に調整を行うことが重要です。また、社内の関係者に対する適切なトレーニングと情報共有も、スムーズな移行を支援します。



支払い条件の確認

インハウス広告運用を成功させるためには、支払い条件の確認と整理が不可欠です。これは、広告費の管理と予算配分の効率化に直接関わる重要な要素です。以下は、支払い条件確認の際に注目すべきポイントです。


広告媒体費用の支払い方法の確認

各広告プラットフォームでの支払い方法を確認し、自社の会計処理と整合性を取る必要があります。支払い方法には、クレジットカード、銀行振込、PayPalなど多様なオプションがあります。また、各プラットフォームごとに異なる支払い条件や手数料が適用される可能性もあるため、これらの詳細を把握し、最適な支払い方法を選定することが重要です。


請求サイクルへの対応

広告媒体ごとの請求サイクルを理解し、自社の財務計画に合わせることが必要です。一部のプラットフォームでは月末締めの翌月払いが基本ですが、利用するプラットフォームによっては異なる請求サイクルが採用されている場合があります。これらのサイクルを把握し、資金流動性の管理に影響がないように計画することが重要です。


予算管理とレポーティング

広告予算の管理とレポーティングシステムの整備も重要な要素です。インハウス運用では、広告費用の使用状況をリアルタイムで把握し、効果的な予算配分を行う必要があります。また、定期的なレポーティングを通じて、予算の使用状況と広告のパフォーマンスを評価し、予算の最適化に役立てることが重要です。


内部承認プロセスの確立

広告費用の支払いに関する内部承認プロセスを確立することも、支払い条件の確認には欠かせません。これには、予算の承認、支払いの承認、緊急時の予算超過対応などが含まれます。明確なガイドラインとプロセスを設けることで、支払い関連の誤解やミスを防ぎ、スムーズな財務運営を支援します。



インハウス体制で必要な運用リソース

広告運用をインハウス化する際、適切な運用リソースの確保は成功の鍵です。運用リソースには、人材、ツール、知識、プロセスなどが含まれ、これらはインハウス運用の効率と効果を大きく左右します。以下では、インハウス運用に必要な主要なリソースについて説明します。


専門知識を持つ人材

広告運用の成功には、専門知識を持った人材が不可欠です。これには、デジタルマーケティング、データ分析、広告プラットフォームの運用、コンテンツ制作など、広告運用に関連する多岐にわたるスキルが含まれます。社内に適切なスキルを持つ人材がいない場合は、新たに採用するか、既存のスタッフのスキルアップを図る必要があります。


効果的な広告ツールの選定と活用

広告運用には、効果的なツールやソフトウェアの選定が重要です。これには、広告管理ツール、分析ツール、レポーティングツール、クリエイティブ作成ツールなどが含まれます。これらのツールは、広告運用の効率化、データ分析の精度向上、レポーティングの自動化など、様々な面で支援を提供します。


運用プロセスの確立

インハウス運用では、効率的で一貫した広告運用プロセスの確立が必要です。これには、キャンペーンの立案、実施、分析、最適化の各ステージにおけるプロセスの明確化が含まれます。また、予算管理、パフォーマンスモニタリング、PDCAサイクルの実施など、運用の全体的なフレームワークを確立することも重要です。


継続的な教育とスキルアップ

広告業界は常に進化しており、最新のトレンドや技術に追いつくためには、継続的な学習とスキルアップが不可欠です。社内での定期的な研修、オンラインコースの受講、業界イベントへの参加などを通じて、チームの知識とスキルを常に最新の状態に保つことが重要です。



広告運用のための具体的なアプローチ

アプローチしている男性

ターゲットの選定

広告運用において、ターゲットの選定は成功の鍵を握るプロセスです。正確なターゲット層を特定し、彼らのニーズと興味に合わせて広告を配置することで、効果的な広告キャンペーンを実行できます。以下では、インハウス広告運用におけるターゲットの選定プロセスについて説明します。


ターゲット層の理解

ターゲットの選定は、まずターゲット層の特性を理解することから始まります。これには、年齢、性別、地域、職業、興味・関心などの基本的なデモグラフィック情報に加え、オンラインでの行動パターン、購買履歴、ライフスタイルなど、より詳細な情報の収集と分析が含まれます。また、既存顧客のデータや市場調査を活用することで、より具体的なターゲット層のプロファイルを作成できます。


ターゲットに合わせた広告メッセージの設計

ターゲット層が明確になったら、その層に響く広告メッセージを設計します。これは、ターゲットの興味やニーズに基づいて、広告コピー、ビジュアル、キャンペーンのコンセプトを作成するプロセスです。ターゲット層が感じる課題や欲求を理解し、それに応える形で広告を構築することが重要です。


ターゲットに基づいた配信チャネルの選択

ターゲット層に最も効果的にリーチするために、最適な配信チャネルを選択することも重要です。たとえば、若年層にリーチしたい場合は、ソーシャルメディアプラットフォームが適している可能性があります。一方、ビジネス関連のターゲット層には、LinkedInのようなプロフェッショナル向けのプラットフォームが適しているかもしれません。また、ターゲット層のオンラインでの行動を分析し、彼らが頻繁に訪れるウェブサイトやアプリに広告を配置することも効果的です。


A/Bテストによるターゲット戦略の最適化

ターゲットの選定と広告メッセージの設計が完了したら、A/Bテストを通じてその効果を検証します。異なるターゲット層や広告メッセージ、配信チャネルを試し、どの組み合わせが最も高い反応を得られるかを分析します。このプロセスを繰り返すことで、ターゲット戦略を徐々に洗練させ、広告運用の効果を最大化できます。



運用手法の選定

広告運用において、適切な運用手法の選定は、キャンペーンの成功を大きく左右します。ターゲット層やビジネス目標に合わせた戦略的な広告手法の選択が求められます。以下では、インハウス広告運用における主要な運用手法の選定について解説します。


様々な広告プラットフォームの選択

デジタル広告には様々なプラットフォームが存在します。Google Ads、Facebook Ads、Instagram Ads、LinkedIn Ads、Twitter Adsなど、各プラットフォームは異なる特性と強みを持っています。自社のターゲット層が最も活動しているプラットフォームを選定し、それぞれのプラットフォームに適した広告形式と戦略を採用することが重要です。


広告フォーマットの選択

ディスプレイ広告、ビデオ広告、検索広告、ソーシャルメディア広告など、利用可能な広告フォーマットは多岐にわたります。これらのフォーマットは、ターゲット層の関心や行動によって異なる効果を発揮します。例えば、視覚的に魅力的な商品を宣伝する場合はビデオ広告やディスプレイ広告が有効ですが、具体的な製品やサービスを検索するユーザーにリーチするためには検索広告が適している場合があります。


広告予算の配分と管理

適切な運用手法を選定するには、広告予算の配分と管理も重要です。各プラットフォームや広告フォーマットに割り当てる予算を決定し、キャンペーンのパフォーマンスに応じて柔軟に予算を調整することが求められます。また、広告運用の成果を最大化するために、コストパフォーマンスが高い手法に予算を重点的に配分する戦略も有効です。


データ駆動型の意思決定

デジタル広告の強みは、その測定可能性とデータ駆動型の意思決定にあります。広告運用においては、リアルタイムのデータ分析を活用して、キャンペーンの最適化を行うことが重要です。クリック率(CTR)、コンバージョン率、広告支出対効果(ROAS)などの指標を監視し、これらのデータに基づいて運用手法を調整します。



配信セグメントの選定

広告キャンペーンの成功には、ターゲット層をさらに細分化して、適切な配信セグメントを選定することが重要です。これにより、広告のメッセージが特定のニーズや興味を持つユーザーに届き、高いエンゲージメントとコンバージョン率を実現できます。以下では、インハウス広告運用における配信セグメントの選定について解説します。


ユーザーの行動に基づくセグメント

ユーザーのオンライン行動は、配信セグメントの選定において重要な基準の一つです。ウェブサイトでの閲覧履歴、購入履歴、検索キーワードなどの行動データを分析し、関心の高いユーザー層を特定します。例えば、特定の商品カテゴリーを頻繁に閲覧するユーザーに対して、関連商品の広告を配信することが効果的です。


デモグラフィックに基づくセグメント

年齢、性別、地域、職業などのデモグラフィック情報は、ターゲット層を細分化するための別の方法です。この情報を活用して、特定の年代や性別、地理的な位置に合わせたカスタマイズされた広告メッセージを配信することができます。


興味・関心に基づくセグメント

ユーザーの興味や関心を反映したセグメントは、エンゲージメントの高い広告を作成するのに役立ちます。ソーシャルメディアプラットフォームや検索エンジンは、ユーザーの興味・関心に基づいた広告ターゲティングオプションを提供しています。これらの情報を活用して、ユーザーの関心に合致する広告を作成し、よりパーソナライズされたアプローチを行うことができます。


カスタムオーディエンスとルックアライクオーディエンス

カスタムオーディエンスは、既存の顧客リストやウェブサイトの訪問者など、特定のデータソースに基づいて作成されるセグメントです。また、ルックアライクオーディエンスは、既存の顧客や高価値ユーザーに似た特性を持つ新たなオーディエンスをターゲットにする方法です。これらのアプローチは、特定の特性を持つユーザーを効果的にターゲットにするのに役立ちます。



アカウント構成の作成

インハウス広告運用におけるアカウント構成は、広告キャンペーンの管理と最適化の基礎を築きます。効果的なアカウント構成により、キャンペーンのパフォーマンスを正確に追跡し、予算を適切に配分し、目標に合わせた戦略を実行できます。以下では、アカウント構成の主要な要素について解説します。


キャンペーンの階層化

広告アカウントは、キャンペーン、広告グループ、広告の階層で構成されます。各キャンペーンは特定のビジネス目標やターゲットに対応し、広告グループはさらにその中で細分化されたターゲットやテーマに分けられます。この階層的な構造により、キャンペーンのパフォーマンスを明確に把握し、必要に応じて調整を行いやすくなります。


広告予算の設定

キャンペーンごとに予算を設定し、広告運用の資金を管理します。予算設定には、日次予算や総予算など、さまざまなオプションがあります。適切な予算設定は、広告運用の成果を最大化し、無駄な広告支出を防ぐために重要です。


ターゲティングオプションの最適化

ターゲティングオプションを適切に設定することで、広告が正確なターゲット層に届きます。地理的ターゲティング、デモグラフィックターゲティング、興味・関心ベースのターゲティングなど、各広告プラットフォームが提供する多様なターゲティングオプションを活用して、広告のリーチと関連性を最適化します。


広告クリエイティブとコピーの管理

広告アカウント内で、各広告グループやキャンペーンに適した広告クリエイティブとコピーを管理します。これには、ビジュアル素材、テキスト、コールトゥアクション(CTA)などが含まれます。効果的な広告素材は、ユーザーの注意を引き、エンゲージメントを促進し、最終的なコンバージョンに貢献します。


トラッキングと分析の設定

広告キャンペーンの効果を正確に測定するためには、適切なトラッキング設定が不可欠です。コンバージョントラッキング、クリックスルーレート(CTR)、インプレッション数などの重要なメトリクスを追跡し、データに基づいてキャンペーンの最適化を行います。このためには、Google Analyticsや広告プラットフォームの内蔵分析ツールを活用することが一般的です。



広告運用に必要な組織体制を確認する

組織体制

戦略・プランニング

インハウス広告運用における戦略・プランニングは、キャンペーンの全体的な方向性と成功を定義します。ここでは、目標設定、市場分析、予算計画、および期待される成果の概要を決定します。以下では、インハウス広告運用における戦略・プランニングの主要な要素について説明します。


目標の明確化

成功する広告戦略の出発点は、明確かつ測定可能な目標を設定することです。これには、ブランド認知度の向上、ウェブサイトへのトラフィック増加、リードの獲得、売上の増加などが含まれます。SMART(具体的、測定可能、達成可能、関連性、時間的)目標を設定することで、キャンペーンの進捗を効果的に測定し、必要に応じて戦略を調整できます。


市場と競合の分析

ターゲット市場の深い理解と、競合他社の活動に対する洞察は、効果的な戦略を構築する上で重要です。市場の傾向、顧客のニーズ、競合他社の戦略などを分析し、自社の広告戦略を差別化し、ターゲット顧客にアピールする方法を特定します。


予算の計画と配分

広告予算は、キャンペーンの目標と期待されるROIに基づいて計画されるべきです。予算の大部分を高いリターンが期待できる活動に配分し、低リターンの活動には最小限の予算を割り当てます。また、キャンペーンの進行に合わせて予算を再分配し、最も効果的なエリアに資源を集中させることが重要です。


成果指標の設定

キャンペーンの成功を測定するためのKPI(主要業績評価指標)を設定します。これには、クリックスルーレート(CTR)、コンバージョン率、リード獲得コスト(CPL)、広告支出対効果(ROAS)などが含まれます。定期的にこれらの指標を追跡し、キャンペーンの成果を評価することで、継続的な改善と最適化が可能になります。



クリエイティブ

インハウス広告運用におけるクリエイティブの開発は、キャンペーンの魅力を高め、ターゲットオーディエンスとのつながりを強化する重要な要素です。広告のデザイン、コピー、コンテンツなどは、ブランドのメッセージを伝え、視聴者の関心を引きつけるために慎重に検討される必要があります。以下では、インハウス広告運用におけるクリエイティブの要点について解説します。


広告デザインの重要性

広告のビジュアル要素は、ユーザーの注意を引き、印象を与えるための鍵です。色使い、フォント、画像、レイアウトなどの要素が、ブランドのアイデンティティを反映し、ターゲットオーディエンスに響くメッセージを伝えることが重要です。また、異なるプラットフォームやデバイスで効果的に表示されるよう、レスポンシブデザインを採用することも考慮する必要があります。


効果的なコピーの作成

広告のコピーは、メッセージを明確かつ説得力を持って伝えるために重要です。ターゲットオーディエンスに共感を呼び起こし、行動を促すようなコピーを作成することが求められます。ブランドのトーンと声を一貫させ、明瞭で簡潔な表現を用いることで、メッセージの効果を高めます。


マルチメディアコンテンツの活用

ビデオ、アニメーション、インフォグラフィックなどのマルチメディアコンテンツを活用することで、広告の魅力とエンゲージメントを高めることができます。特にビデオコンテンツは、ストーリーテリングや複雑な情報の伝達に効果的です。マルチメディアコンテンツの制作には、専門的なスキルとリソースが必要になることもあるため、計画にはそれらの考慮が必要です。


クリエイティブのテストと最適化

広告のクリエイティブは、一度作成したら終わりではありません。A/Bテストを実施し、異なるデザインやコピー、フォーマットの効果を比較します。データに基づいてクリエイティブを定期的に見直し、最適化することで、キャンペーンのパフォーマンスを向上させることが可能です。



配信オペレーション

インハウス広告運用における配信オペレーションは、広告キャンペーンを効果的に管理し、目標を達成するための重要なプロセスです。ここでは、広告のセットアップ、実行、監視、そして最適化を行います。以下では、インハウス広告運用における配信オペレーションの主要な要素について解説します。


広告セットアップの管理

広告キャンペーンの成功は、正確なセットアップから始まります。これには、ターゲットオーディエンスの選定、予算の設定、広告のスケジューリング、クリエイティブとコピーの配置などが含まれます。各広告プラットフォームのガイドラインに従い、キャンペーンが最適な方法で実行されるようにすることが重要です。


実行と監視

キャンペーンがライブになった後は、そのパフォーマンスを継続的に監視し、予期しない問題や機会を特定します。リアルタイムのデータと分析を利用して、トラフィック、エンゲージメント、コンバージョンなどの重要なメトリクスを追跡します。また、市場の変動や競合他社の活動に応じて、迅速に対応することが求められます。


広告の最適化

データ駆動型のアプローチに基づき、キャンペーンの最適化を実施します。これには、ターゲティングの精度を高める、クリエイティブを調整する、予算配分を見直すなどの活動が含まれます。キャンペーンのパフォーマンスデータを分析し、継続的な改善を図ることで、ROIの最大化を目指します。


コンプライアンスと品質管理

広告のコンプライアンス(法令遵守)と品質管理は、配信オペレーションの重要な側面です。特にプライバシーに関する規制、広告内容のガイドライン、ブランドイメージの維持など、広告が法的および倫理的な基準を満たしていることを確認する必要があります。これには、社内のガイドラインとポリシーを確立し、定期的な監査と評価を行うことが含まれます。



PDCA

インハウス広告運用におけるPDCA(Plan-Do-Check-Act)サイクルは、広告キャンペーンの継続的な改善と効果最大化のために重要です。このアプローチにより、戦略の計画、実行、評価、改善を体系的に行い、キャンペーンの成果を段階的に高めていきます。以下では、インハウス広告運用におけるPDCAサイクルの主要な要素について説明します。


計画(Plan)

PDCAサイクルの最初のステップは、目標設定と戦略の策定です。ここでは、市場分析、ターゲットオーディエンスの特定、広告メッセージとクリエイティブの開発、予算配分など、キャンペーン全体の青写真を作成します。計画段階では、目標を達成するための具体的な手順と期待される成果を明確に定義します。


実行(Do)

計画に基づいて、キャンペーンを実行します。これには、広告のセットアップ、ターゲティングの調整、予算の管理、コンテンツの配信などが含まれます。実行中は、計画通りに活動が進んでいるかを監視し、必要に応じて迅速に調整を行います。


チェック(Check)

キャンペーンの進行と成果を定期的に評価します。ここでは、パフォーマンスデータ、目標達成度、予算の使用状況などを分析し、キャンペーンの効果を検証します。このステップでは、成果指標(KPI)を用いてキャンペーンの成功を測定し、計画と実際の結果とのギャップを特定します。


行動(Act)

最後のステップでは、チェックの段階で得た知見をもとに、キャンペーンの改善と最適化を行います。これには、ターゲティングの調整、クリエイティブの更新、予算再配分などが含まれます。また、得られた学びを次のキャンペーン計画に活かし、継続的な成長と改善を目指します。



広告運用のインハウス化でお悩みの方はプロパゲートにお任せください

サブスクad

お客様の商品・サービスに最適な広告運用を月額定額でご提案させていただきます。

「商品にあったWEB広告を活用して、売上を上げたい。SNS広告・Googleリスティング広告にチャレンジしたいが、やり方がわからない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!

Webマーケティングのプロフェッショナルが最適なプランを提案させて頂きます。




参考文献

"運用型広告のインハウス化とは?始める時の注意点やよくある相談事例をご紹介!" - Digital Identity​​

"広告運用のインハウスとは?特徴やメリット・デメリット、導入時の注意点などを詳しく解説" - アドレポ​​

"広告運用のインハウス化には何が必要? 最低限知っておきたい16の準備項目" - Web担当者Forum​​

"デジタル広告の「インハウス運用(インハウス化)」「代理店運用」どちらがいいの?導入検討時に判断する4つのステップとそれぞれのメリット・デメリット" - Webbu​​

"WEB広告のインハウス運用とは?メリット・デメリットや成功のポイントまで詳しく解説" - Databeat Marketing Magazine​​


bottom of page