top of page

Google広告キーワード攻略!リサーチから最適化までを解説!

更新日:6月24日




Google広告とは


Google広告の基礎

Google広告は、企業や個人がインターネット上で広告を配信するためのプラットフォームです。

広告主は、特定のキーワードを設定することで、ユーザーがそのキーワードで検索した際に広告を表示させることができます。

この仕組みによって、ターゲットとするユーザーに対して効果的にアプローチすることが可能です。


Google広告には以下のような特徴があります。

  • ターゲティングの精度:ユーザーの検索意図に基づいて広告を表示するため、高いターゲティング精度を実現できます。

  • 費用対効果の高さ:広告費はクリックごとに支払う形式(CPC)であるため、無駄な広告費を抑えられます。

  • 詳細なデータ分析:広告のパフォーマンスを詳細に分析できるツールが豊富に揃っており、効果測定が容易です。


Google広告を効果的に活用するためには、まずその基本的な仕組みを理解することが重要です。


キーワードの重要性

Google広告において、キーワードは広告キャンペーンの成功を左右する重要な要素です。

適切なキーワードを選定することで、ターゲットユーザーに効率よくリーチでき、広告の効果を最大化できます。


キーワードの重要性には以下の点が挙げられます。

  • ターゲティング精度の向上:適切なキーワードを設定することで、広告を表示するユーザーを正確に絞り込むことができます。これにより、広告の表示回数は少なくても、高いコンバージョン率を期待できます。

  • 広告の関連性向上:ユーザーの検索クエリと広告のキーワードが一致することで、広告の関連性が高まり、クリック率(CTR)が向上します。CTRの向上は広告の品質スコアにも良い影響を与えます。

  • コストの最適化:キーワード選定が適切であれば、無駄なクリックを防ぎ、広告費用を効率的に使用できます。また、キーワードの入札価格を最適化することで、広告費用を抑えつつ効果を上げることが可能です。


キーワードの選定は広告キャンペーンの最初のステップであり、最も重要なステップでもあります。


適切なキーワード選定の方法

適切なキーワードを選定することは、Google広告キャンペーンの成功に直結します。

キーワード選定の基本的な方法とポイントを理解することで、広告の効果を最大限に引き出すことができます。


以下は、適切なキーワードを選定するための方法とポイントです。


ターゲットユーザーの理解

ターゲットユーザーのニーズや行動パターンを把握し、彼らがどのようなキーワードで検索するかを予測します。

ペルソナを作成し、具体的なユーザー像をイメージすることで、適切なキーワードの選定がしやすくなります。


関連キーワードのリストアップ

メインキーワードを決定した後、それに関連するキーワードをリストアップします。

Googleの「キーワードプランナー」や「サジェスト機能」を活用すると便利です。

リストアップしたキーワードは、ユーザーの検索意図や広告の目的に応じて分類します。


検索ボリュームと競合分析

各キーワードの検索ボリュームを確認し、どれだけのユーザーがそのキーワードで検索しているかを把握します。

同時に競合の状況も分析し、競合が多いキーワードは避け、競合が少なく、ニッチなキーワードを狙うことも重要です。


キーワードの精査と選定

リストアップしたキーワードの中から、最も効果が期待できるキーワードを選定します。

この際、キーワードの検索意図が明確で、ターゲットユーザーにマッチするものを優先します。


定期的な見直しと最適化

キャンペーンの実施後も定期的にキーワードのパフォーマンスを見直し、必要に応じてキーワードを追加・削除します。


常に最新のトレンドやユーザーの検索意図に合わせて最適化を行うことが重要です。



キーワードリサーチの方法


キーワードプランナーの使い方

Google広告のキーワードリサーチにおいて、Googleキーワードプランナーは非常に有用なツールです。

このツールを使いこなすことで、効果的なキーワードを見つけ、広告キャンペーンの成功率を高めることができます。


キーワードプランナーの基本的な使い方は以下の通りです。


ツールへのアクセス

Google広告アカウントにログインし、画面上部の「ツールと設定」メニューから「キーワードプランナー」を選択します。

「新しいキーワードを見つける」または「キーワードの検索ボリュームと予測を取得」のどちらかを選びます。

新しいキーワードを見つける場合は、ビジネスに関連する単語やフレーズを入力します。


キーワードのアイデアを得る

入力したキーワードに関連するキーワードのリストが表示されます。

これにより、新しいキーワードのアイデアを得ることができます。

各キーワードの月間検索ボリューム、競合の強さ、提案される入札価格などのデータを確認できます。


キーワードの選定と絞り込み

表示されたキーワードのリストから、広告キャンペーンに適したキーワードを選定します。

フィルター機能を使って、検索ボリュームや競合の強さに応じてキーワードを絞り込みます。

たとえば、検索ボリュームが多く競合が少ないキーワードを優先的に選ぶと効果的です。


キーワードプランの作成

選定したキーワードを基にキーワードプランを作成します。

このプランは、後で広告グループに追加する際の参考になります。

キーワードプランナーでは、選定したキーワードの予測データ(クリック数、表示回数、費用など)を確認できるため、広告キャンペーンの見通しを立てやすくなります。


キーワードの追加と管理

作成したキーワードプランを基に、広告キャンペーンにキーワードを追加します。

キーワードプランナーを定期的に使用し、新しいキーワードの発見や既存キーワードの見直しを行うことで、常に最適なキーワードを維持します。


競合分析の重要性

競合分析は、Google広告のキーワードリサーチにおいて欠かせないステップです。

競合他社の広告戦略を把握することで、自社の広告キャンペーンをより効果的に展開するための貴重な情報を得ることができます。


競合分析の重要性には以下の点が挙げられます。


市場の理解

競合他社のキーワード戦略を分析することで、自社が参入している市場の状況を把握できます。

市場のトレンドや競争の激しさを理解することで、より効果的なキーワード選定が可能になります。


競合の強みと弱みの把握

競合他社がどのキーワードに注力しているかを分析することで、彼らの強みや弱みを見極められます。

競合が強いキーワードを避け、ニッチなキーワードにフォーカスする戦略を立てることができます。


差別化ポイントの発見

競合他社の広告内容やランディングページを調査することで、自社広告との差別化ポイントを見つけることができます。

独自の強みやユニークなセールスポイントを強調することで、ユーザーに選ばれる広告を作成できます。


ベンチマーク設定

競合他社の広告パフォーマンスを参考に、自社広告のベンチマークを設定します。

クリック率(CTR)やコンバージョン率などの指標を競合と比較することで、自社広告の改善点を明確にできます。


新しいキーワードの発見

競合が使用しているキーワードを調査することで、新しいキーワードのアイデアを得られます。

特に、自社がまだカバーしていないキーワードを見つけることで、広告キャンペーンの幅を広げられます。


競合分析を効果的に行うためには、以下の方法があります。

  • キーワードツールの活用:SEM RushやAhrefsなどのキーワードツールを使って競合のキーワード戦略を調査します。

  • 広告ライブラリの確認:Google広告の広告ライブラリやFacebookの広告ライブラリを活用し、競合の広告内容や戦略をチェックします。

  • 定期的なモニタリング:競合分析は一度だけではなく、定期的に行うことで常に最新の情報を把握し、柔軟な戦略を立てることが重要です。


ロングテールキーワードの活用

ロングテールキーワードは、検索ボリュームが少ないものの、特定のニーズを持つユーザーにリーチするために非常に効果的なキーワードです。

ロングテールキーワードを活用することで、競争が少ない領域で高いコンバージョン率を狙うことができます。


ロングテールキーワードの活用方法には以下のポイントがあります。


具体的なニーズに応える

ロングテールキーワードは、一般的なキーワードに比べて具体的な検索クエリを含むことが多いです。

例えば、「ランニングシューズ」ではなく、「女性用ランニングシューズクッション性」など、具体的なニーズに対して応えるキーワードを選定します。

このようなキーワードを使用することで、特定の問題を解決したいユーザーに対して効果的にアプローチできます。


競争の少ない市場を狙う

一般的なキーワードに比べて、ロングテールキーワードは競争が少ないため、入札コストを抑えることができます。

検索ボリュームは少ないですが、クリック単価(CPC)が低いため、費用対効果の高い広告運用が可能です。


高いコンバージョン率

ロングテールキーワードを使用するユーザーは、特定の商品やサービスを探していることが多いため、コンバージョン率が高い傾向があります。

具体的なキーワードを設定することで、購入意欲の高いユーザーをターゲットにすることができます。


キーワードの組み合わせ

複数のロングテールキーワードを組み合わせることで、幅広いユーザーにリーチできるようになります。

例えば、「安い」「高品質」「初心者向け」などの形容詞を組み合わせることで、ニッチな市場を効果的に狙えます。


コンテンツの最適化

ロングテールキーワードを含むコンテンツを作成することで、SEO対策にも効果があります。

ブログ記事やランディングページにロングテールキーワードを盛り込むことで、検索エンジンからの評価が高まり、オーガニック検索流入も増加します。


ロングテールキーワードを活用することで、限られた広告予算でも高い成果を得ることが可能です。



効果的なキーワードの設定


マッチタイプの設定

Google広告におけるキーワードのマッチタイプは、広告がどのような検索クエリに対して表示されるかを制御する重要な設定です。

適切なマッチタイプを設定することで、ターゲットユーザーに対して効率的に広告を表示することができます。


マッチタイプには以下の4つの種類があります。


完全一致(Exact Match)

ユーザーが検索するクエリがキーワードと完全に一致する場合にのみ広告が表示されます。

例:キーワードが「ランニングシューズ」の場合、「ランニングシューズ」と検索したときにのみ広告が表示されます。

完全一致は、最も精度の高いターゲティングが可能ですが、検索ボリュームが少なくなる傾向があります。


フレーズ一致(Phrase Match)

キーワードを含むフレーズが検索クエリに含まれる場合に広告が表示されます。

例:キーワードが「ランニングシューズ」の場合、「女性用ランニングシューズ」や「ランニングシューズ通販」など、キーワードを含む検索クエリに対して広告が表示されます。

フレーズ一致は、完全一致よりも柔軟性があり、関連性の高い検索クエリに広告を表示できます。


部分一致(Broad Match)

キーワードの一部が検索クエリに含まれる場合に広告が表示されます。

例:キーワードが「ランニングシューズ」の場合、「ジョギングシューズ」や「マラソンシューズ」など、広義の関連キーワードに対しても広告が表示されます。

部分一致は、最も多くの検索クエリに対応できますが、関連性が低い検索クエリにも広告が表示される可能性があります。


部分一致修正(Broad Match Modifier)

キーワードの前に「+」を付けることで、キーワードが検索クエリに含まれる場合に広告が表示されます。

例:キーワードが「+ランニング +シューズ」の場合、「安いランニングシューズ」や「ランニングシューズの選び方」など、指定したキーワードを含む検索クエリに対して広告が表示されます。

部分一致修正は、部分一致よりもターゲティング精度が高く、関連性の高い検索クエリに広告を表示できます。


各マッチタイプの特性を理解し、キャンペーンの目的に応じて適切なマッチタイプを設定することが重要です。


ネガティブキーワードの活用

ネガティブキーワードは、広告が表示されないようにするためのキーワードです。

ネガティブキーワードを適切に設定することで、無駄なクリックを防ぎ、広告費用を効率的に使用することができます。


ネガティブキーワードの活用方法には以下のポイントがあります。


無関係な検索クエリの排除

広告を表示したくない検索クエリをネガティブキーワードとして設定することで、無関係なユーザーに対する広告表示を防ぎます。

例えば、「無料」「求人」「レビュー」など、購入意欲の低いユーザーが検索しそうなキーワードをネガティブキーワードに設定します。


費用の最適化

無駄なクリックを減らすことで、広告費用を効果的に使うことができます。

ネガティブキーワードを適切に設定することで、予算を有効に活用し、コンバージョン率の向上を図ります。

ネガティブキーワードを使用することで、広告費用の無駄を防ぎ、ROI(投資対効果)を最大化できます。


ターゲティング精度の向上

ネガティブキーワードを設定することで、よりターゲットに合ったユーザーに広告を表示できます。

これにより、クリック率(CTR)やコンバージョン率が向上します。

例えば、特定の商品やサービスを扱っていない場合、その関連キーワードをネガティブキーワードに設定することで、関連性の低い検索クエリを排除します。


継続的な見直し

ネガティブキーワードは一度設定して終わりではなく、定期的に見直すことが重要です。

検索クエリレポートを分析し、無駄なクリックを防ぐための新しいネガティブキーワードを追加します。

広告キャンペーンのパフォーマンスを常に最適化するために、ネガティブキーワードの設定を定期的に更新します。


具体例の設定

具体的な例として、オンラインショップを運営している場合、「返品」「クーポン」「中古」などのネガティブキーワードを設定することで、購入意欲の低いユーザーを避けることができます。

また、B2Bビジネスの場合、「個人」「家庭用」などのキーワードをネガティブ設定することで、ビジネスユーザーにフォーカスできます。


ネガティブキーワードを効果的に活用することで、広告のパフォーマンスを向上させ、費用対効果を最大化することが可能です。


キーワードの品質スコア改善

Google広告における品質スコアは、キーワードのパフォーマンスを評価する指標であり、広告ランクやクリック単価(CPC)に大きな影響を与えます。

品質スコアを改善することで、広告の効果を最大化し、費用対効果を高めることができます。


品質スコアを改善するための方法には以下のポイントがあります。


クリック率(CTR)の向上

高いクリック率は品質スコアの向上に直結します。

魅力的な広告文を作成し、ユーザーの関心を引くことでクリック率を高めます。

広告文に強力なコールトゥアクション(CTA)を含めることで、ユーザーの行動を促すことができます。


広告の関連性の向上

広告文とキーワードの関連性を高めることが重要です。

ユーザーが検索したキーワードに対して、広告文が適切に対応しているか確認します。

広告グループを細分化し、特定のキーワードに対してカスタマイズされた広告文を作成することで、関連性を高めます。


ランディングページの品質改善

広告をクリックしたユーザーが訪れるランディングページの品質も重要です。

ランディングページがキーワードと広告文に一致しているか確認し、ユーザーの期待に応える内容になっているかをチェックします。

ランディングページの読み込み速度やモバイル対応も重要な要素であり、これらを最適化することでユーザー体験を向上させ、品質スコアの改善に寄与します。


関連キーワードの追加

関連性の高いキーワードを追加することで、広告の表示機会を増やし、品質スコアを向上させることができます。

キーワードプランナーやサジェスト機能を活用し、新しい関連キーワードを定期的に見つけて追加します。


広告の定期的なテストと最適化

複数の広告文を作成し、A/Bテストを実施することで、どの広告文が最も効果的かを確認します。

効果の高い広告文を見つけ出し、最適化を繰り返すことが重要です。

テスト結果をもとに、広告文やランディングページの改善点を見つけ出し、常に最適な状態を維持します。


品質スコアの改善は、広告キャンペーン全体のパフォーマンスを向上させるために不可欠です。



キーワードのパフォーマンス測定


コンバージョントラッキング

コンバージョントラッキングは、広告キャンペーンの効果を測定するための重要な手段です。

コンバージョントラッキングを正しく設定することで、ユーザーが広告をクリックしてから最終的に目的を達成するまでの過程を把握することができます。


コンバージョントラッキングの設定と活用方法には以下のステップがあります。


コンバージョンの定義

まず、何をコンバージョンとするかを明確に定義します。

コンバージョンは、購入、問い合わせ、ニュースレターの登録、ダウンロードなど、ビジネスの目的に応じてさまざまです。

明確なコンバージョンの定義により、広告キャンペーンの成功を正確に評価できます。


コンバージョントラッキングの設定

Google広告アカウントにログインし、「ツールと設定」から「コンバージョントラッキング」を選択します。

新しいコンバージョンアクションを作成し、コンバージョンの種類(ウェブサイト、アプリ、電話、インポート)を選択します。

例えば、ウェブサイトのコンバージョンを追跡する場合、特定のページに到達したときにコンバージョンが記録されるように設定します。


トラッキングコードの設置

設定したコンバージョンアクションに基づいて生成されたトラッキングコード(コンバージョンタグ)を取得します。

このコードをウェブサイトの適切なページに設置します。

例えば、購入完了ページや問い合わせ完了ページに設置することで、ユーザーが特定のアクションを完了した際にコンバージョンが記録されます。


データのモニタリングと分析

コンバージョンデータを定期的にモニタリングし、広告キャンペーンのパフォーマンスを評価します。

コンバージョン数、コンバージョン率、コストパーコンバージョン(CPA)などの指標を確認します。

データ分析を通じて、どのキーワードや広告が最も効果的かを把握し、キャンペーンの改善点を見つけます。


最適化の実施

コンバージョントラッキングの結果をもとに、広告キャンペーンを最適化します。

効果の高いキーワードや広告に予算を集中させ、効果の低いものを見直します。

トラッキングデータを活用して、ランディングページの改善や広告文の最適化を行い、コンバージョン率の向上を目指します。


コンバージョントラッキングは、広告キャンペーンの成果を可視化し、データに基づいた意思決定を可能にする重要なツールです。


A/Bテストの実施

A/Bテストは、広告キャンペーンの要素を比較検証するための手法で、最も効果的なバージョンを特定するのに役立ちます。

A/Bテストを実施することで、広告のパフォーマンスを継続的に向上させることができます。


A/Bテストの実施方法には以下のステップがあります。


テストの目的を設定

まず、A/Bテストの目的を明確にします。

クリック率(CTR)を向上させたいのか、コンバージョン率を上げたいのかなど、具体的な目標を設定します。

明確な目的を持つことで、テスト結果を評価しやすくなります。


テストする要素の選定

広告キャンペーンの中でテストする要素を選びます。

例えば、広告文、ランディングページ、キーワード、画像、CTA(コールトゥアクション)などです。

一度に複数の要素を変更せず、1つの要素に絞ってテストすることで、どの変更が結果に影響を与えたかを正確に判断できます。


バリエーションの作成

テスト対象の要素に対して、異なるバリエーションを作成します。例えば、広告文の場合、異なる見出しや説明文を用意します。

バリエーションAとバリエーションBを用意し、ユーザーにランダムに表示されるように設定します。


テストの実施

A/Bテストを開始し、一定期間実施します。期間中は、テストの公平性を保つために、他の変更は加えないようにします。

広告の表示回数やクリック数、コンバージョン数などのデータを収集します。


データの分析と結果の評価

テスト期間が終了したら、収集したデータを分析し、どちらのバリエーションが目標に対してより効果的であったかを評価します。

例えば、クリック率が高いバリエーションが見つかった場合、そのバリエーションを採用し、さらに改善点を見つけていきます。


最適化の実施

テスト結果をもとに、広告キャンペーンの要素を最適化します。

効果の高いバリエーションを採用し、次のA/Bテストに向けて新しい要素を選定します。

継続的にA/Bテストを実施することで、広告キャンペーンのパフォーマンスを常に最適な状態に保つことができます。


A/Bテストを効果的に実施することで、広告キャンペーンの成果を最大化し、より高いコンバージョン率を達成することが可能です。


レポート分析と改善

広告キャンペーンの成功には、定期的なレポート分析と継続的な改善が欠かせません。

レポートを正確に分析し、データに基づいた改善を行うことで、広告の効果を最大化することができます。


レポート分析と改善のステップには以下のポイントがあります。


定期的なレポートの確認

広告キャンペーンのレポートを定期的に確認し、主要な指標(KPI)をモニタリングします。

これには、クリック率(CTR)、コンバージョン率、コストパーコンバージョン(CPA)、インプレッション数などが含まれます。

定期的なレポート確認により、キャンペーンの現状を把握し、早期に問題を発見できます。


データの深堀り

レポートのデータを詳細に分析し、トレンドやパターンを把握します。

例えば、特定のキーワードが高いコンバージョン率を示している場合、そのキーワードに注力することが考えられます。

問題点や改善点を特定するために、各指標を細かく分析します。


問題の特定と仮説の立て方

分析結果から問題点を特定し、その原因を考えます。

例えば、クリック率が低い場合、広告文がユーザーの関心を引いていない可能性があります。

仮説を立て、どの要因が問題を引き起こしているかを考えます。仮説に基づいて改善策を検討します。


改善策の実施

立てた仮説に基づいて、具体的な改善策を実施します。

例えば、広告文の変更、ランディングページの最適化、ネガティブキーワードの追加などです。

改善策は小規模な変更から始め、効果を確認しながら段階的に進めます。


効果の測定

改善策を実施した後、その効果を測定します。

再度レポートを確認し、主要な指標にどのような変化があったかを評価します。

成果が確認できた場合、その改善策を継続し、さらなる最適化を行います。効果がなかった場合は、新たな仮説を立て、再度改善策を実施します。


継続的な改善

広告キャンペーンの改善は一度きりではなく、継続的に行うことが重要です。

定期的なレポート分析と改善策の実施を繰り返すことで、キャンペーンのパフォーマンスを常に最適な状態に保つことができます。


レポート分析と継続的な改善を通じて、広告キャンペーンの成果を最大化し、ビジネスの成長を支援することが可能です。



まとめ


効果的なキーワード管理のポイント

Google広告キャンペーンの成功には、効果的なキーワード管理が不可欠です。

ここでは、これまで解説した内容を踏まえて、キーワード管理の重要なポイントをまとめます。


キーワード選定の重要性

キーワードは広告のターゲティング精度を左右する重要な要素です。

ターゲットユーザーの検索意図に合った適切なキーワードを選定することが、広告の成功に直結します。

キーワードの選定には、ターゲットユーザーの理解、関連キーワードのリストアップ、検索ボリュームと競合分析が重要です。


キーワードリサーチの活用

キーワードプランナーや競合分析を活用して、効果的なキーワードを見つけることが重要です。

また、ロングテールキーワードを活用することで、競争の少ない領域で高いコンバージョン率を狙うことができます。

キーワードリサーチは継続的に行い、常に最新のトレンドやユーザーの検索意図を反映させます。


マッチタイプとネガティブキーワードの設定

キーワードのマッチタイプを適切に設定し、ターゲットユーザーに効果的にリーチします。

完全一致、フレーズ一致、部分一致、部分一致修正の各マッチタイプの特性を理解し、キャンペーンの目的に応じて使い分けます。

ネガティブキーワードを設定することで、無駄なクリックを防ぎ、広告費用を効率的に使用します。


キーワードの品質スコア改善

品質スコアを改善することで、広告ランクを向上させ、クリック単価(CPC)を最適化します。

クリック率(CTR)の向上、広告の関連性の向上、ランディングページの品質改善が重要です。

継続的にキーワードのパフォーマンスを見直し、最適化を行います。


パフォーマンス測定と改善

コンバージョントラッキングを設定し、広告キャンペーンの効果を正確に測定します。

A/Bテストを実施し、効果的な広告文やランディングページを特定します。

レポート分析を通じて、広告キャンペーンのパフォーマンスを評価し、継続的な改善を行います。


継続的なキーワード最適化の重要性

Google広告キャンペーンの成功には、継続的なキーワード最適化が重要です。

市場の変化やユーザーの検索行動に対応し、常に最適なキーワードを維持することで、広告の効果を最大化できます。


  • 定期的なキーワードリサーチ:新しいキーワードを発見し、既存のキーワードを見直すことで、広告キャンペーンを最新のトレンドに適応させます。

  • パフォーマンスデータの活用:コンバージョントラッキングやレポート分析を通じて得られたデータを活用し、広告キャンペーンを最適化します。


柔軟な戦略の実施:市場の変化や競合の動向に対応し、柔軟な広告戦略を実施します。

継続的な最適化を通じて、広告キャンペーンの成果を最大化し、ビジネスの成長を支援することが可能です。



Web広告運用でお悩みの方株式会社プロパゲートにご連絡を


「Web広告を活用して集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。

ホームページ制作会社だからこそ、ホームページやランディングページのご相談も可能で、WEB広告の成果を最大化することができます。

広告運用を含むWEBマーケティングを総合的に相談できるところが弊社の強みです。


自社サービスの集客に特化した広告運用ならプロパゲートにお任せください。


【URL】

【TEL】

03-6824-7712

【会社所在地】

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目5−6 H¹O 渋谷神南 702

【制作実績】




Comments


bottom of page