【受け手の理解が深まる】文章作りの3フレーム

文章は既知→未知の情報を展開することにより、読み手の負担が減ります。

なぜなら、読み手が情報処理をする中で自分なりの解釈をしやすくなるためです。

今回は覚えておくべき3つの型を説明します。



➀統一型:文頭にくる主語を、キーワードで統一

例)野球は日本で人気のスポーツである。ここ数年、プロ野球は観客動員数を伸ばし続けている。その背景には、野球が世界一に3回なっている世界的強さもあるだろう。

②引継型:前から後ろへ既知の情報をつないでいく

例)これまでは野球やサッカーが日本の人気スポーツ筆頭であった。しかし、日本の人気スポーツにはラグビーが加わりつつある。ラグビー人気は昨年のラグビーワールドカップの影響だろう。

③展開型:羅列した情報→文頭に既知の情報+並列に形成

例)世界の3大スポーツイベントはサッカーワールドカップ、ラグビーワールドカップ、オリンピックの3つである。 

サッカーワールドカップ:○○○○ 

ラグビーワールドカップ:○○○○ 

オリンピック:○○○○

既知→未知の情報展開によって、読み手の理解度は上がり、論理の飛躍を防止になります。また、文頭を決めて書けるので素早く書けることにもつながります。

■ホームページ→https://www.propagateinc.com/

■NEXT BLOG→言葉の浸透率を上げる「1S1Pの法則」

■参考動画→文章で人を動かす方法 byマナブ氏



26回の閲覧
  • Instagram

TEL 090-3552-3949 / info@propagateinc.com​

©2020 Propagate.inc