top of page

SEOに効果的なブログ記事の書き方を初心者向けに解説



「SEOに効果的なブログの書き方を知りたい」「初心者にもわかるように解説してほしい」と悩んでいる方も多いですよね。

本記事では、SEOに効果的なブログ記事の書き方を、初心者向けに解説します。

これからサイトの運営を考えている方、SEOの効果を最大限発揮したい方は、是非参考にしてください。



SEOとは


ここでは、SEOについて解説します。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略であり、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれています。

SEO対策を行うことで、GoogleやYahooなどの検索エンジンの上位に表示し、検索流入の獲得を狙うことが可能です。


SEO対策は、Webサイトの運営をするうえで、非常に重要になります。

SEOを無視してしまうと、良い評価を得られなくなり、あなたのサイトに訪れるユーザーが減少してしまいます。

サイトに訪れるユーザーが減るということや、コンバージョンや申し込みなども少なくなるので、SEOの知識はしっかりと身に付けておきましょう。



なぜブログがSEO対策になるのか


ここでは、なぜブログがSEO対策になるのかを解説していきます。

ブログを書くことで、特定のキーワードを含めた記事を作成し、ユーザーの悩みを解決できるからです。

現在のネットでは、検索をかけたら知りたい情報が出てきますよね。

なぜ知りたい情報が出てくるのかというと、ブログを書く人がユーザーの悩みを解決する有益な記事を書いているからです。


特定のキーワードでブログを書き、ユーザーの悩みを解決することがSEO対策となります。

そのため、ブログのSEO対策は、キーワードの選定が非常に重要です。

例えば、アパレルのサイトにも関わらず、料理のブログを書いてしまうと、Googleから良い評価は得られません。

ブログを書く際には、自社の商品やサービスに関わる内容を記事にしましょう。



ブログ記事を書くうえで最も大事なこと

ブログ記事を書くうえで最も大事なことが1つだけあるので、確認しましょう。


ブログ記事を書くうえで最も大事なことは「読者目線で書くこと」です。

自分の書きたいことを書くのではなく、読者が知りたいことは何か、どうすれば解決できるかを意識して書くのが重要です。


本記事で解説していくブログ記事の書き方も、読者目線で書くために必要な知識の1つであることを忘れずに読んでいただければ幸いです。

とにかく、ブログ記事で大切なのは「読者目線で書くこと」ということを覚えておきましょう。



ブログを書く前の準備


ブログを書き始める前に、いくつか準備をしておきましょう。

以下のような準備をしておくことをおすすめします。

  • ブログ記事のテーマ決め

  • 競合調査

  • キーワードの選定

一つひとつ解説します。


ブログ記事のテーマ決め

ブログを書き始める前に、ブログ記事のテーマを決めましょう。

企業であれば、自社の商品やサービスに関連する内容などを記事のテーマにできます。

個人であれば、自身の強みやキャリアを活かせる内容を書くのが良いでしょう。


例えば、過去にWebマーケティング企業にいたのであれば、Web関連のブログ記事の執筆が可能です。

「ブログのテーマは複数でもいいの?」と思った方もいると思います。

ブログは「雑記ブログ」と「特化ブログ」に分けられ、それぞれ特徴があります。


以下からは、それぞれの特徴を解説します。


雑記ブログ

雑記ブログは、1つのブログの中で、複数のテーマを扱うブログです。

複数のテーマを扱えるので、初心者でも気軽に広く浅く情報を提供できます。

しかし、その反面内容が薄くなってしまうので、SEOで評価されにくくなります。

1つにテーマを絞れない方や、多くの情報を扱いたい方におすすめです。


特化ブログ

特化ブログは、1つのテーマを扱うブログです。

特化ブログのため、専門知識が必要になり、良い記事を書くと検索上位を確保しやすくなります。

その分、知識の習得や深い理解が必要です。

稼ぐことを目的とした場合、テーマ選びを誤ってしまうと稼げなくなってしまうので、慎重に選びましょう。


競合調査

続いて、競合調査を行いましょう。

競合調査の目的は、競合がどのくらいの文字数で書いているか、記事の方向性はどうなっているかを確認するためです。

競合の多いキーワードでは、ドメインの強弱によって上位表示が難しい場合があります。

しかし、競合調査によりユーザーの検索意図を抑えられるので、有益な記事を作成できます。


競合調査を行う際は、あくまで参考にする程度にとどめておきましょう。

検索上位の記事をすべて真似するのは絶対にNGです。

他の記事を真似してしまうと、Googleからペナルティをもらう可能性があります。


SEOでは、記事のオリジナリティを重視しています。

そのため、競合調査で傾向を抑え、競合よりも詳しくユーザーを満足させる記事を作成しましょう。


キーワードの選定

次に、キーワードの選定を行いましょう。

キーワードの選定を行うことで、狙いたいユーザーに的確にアプローチできます。

逆に言えば、キーワード選定を行わないと、どれだけ良い記事を書いても、正しくユーザーに届かなくなってしまいます。


また、キーワードはリストアップしていくことがおすすめです。

ブログでよくある悩みですが「記事のネタがなくて書くことがない」となってしまうことがよくあります。

そのため、キーワードをリストアップしておくと、安心して記事を書けますよ。

キーワードの選定方法は、まず1つのキーワードを決めましょう。

例えば、「キャンプ」のように一つに絞ると良いでしょう。


このとき、「アウトドア」のように範囲を広くしてしまうと、記事の量が膨大になり、記事の質も下がってしまいます。

さらに「キャンプ」からカテゴリーを分け、「キャンプ 便利グッズ」「キャンプ 朝ごはん」などのキーワードに細分化が可能です。

キーワードを選定する際は「ラッコキーワード」というツールがおすすめです。

1つの単語を入力すると、サジェストキーワードを表示してくれます。

無料で使えますので、ぜひ活用してください。



効果的なブログ記事の書き方を解説


それでは、効果的なブログ記事の書き方を解説します。

今回紹介する書き方は以下のとおりです。

  • タイトルにキーワードを含める

  • 見出しを使って書き始める

  • 理解しやすい表現を使う

  • 曖昧な表現をできるだけ避ける

  • 結論を最初に書く

  • メタディスクリプションを設置する

一つひとつ解説します。


タイトルにキーワードを含める

タイトルにキーワードを入れることで、SEOに効果があると言われています。

狙いたいキーワードを含めなければ、ユーザーが何の記事なのか理解するのが難しくなってしまいます。

そのため、SEOキーワードを入力し、不自然ではないタイトルをつけましょう。


また、タイトルにキーワードを入れる際は、左側に寄せるのがおすすめですよ。

なぜかというと、ユーザーは左から右に文章を読むので、気になるキーワードを見つけやすくなり、SEOで評価されやすくなるからです。


もちろん、無理やりキーワードを右に寄せると不自然になる場合は、位置を調節するべきです。

上記の2つを意識して取り組むと、SEOで効果を発揮しますよ。


理解しやすい表現を使う

2つ目は、理解しやすい表現を使う点です。

おおよそですが、中学生でもわかる表現で書くと、分かりやすく伝えられますよ。

ブログを書くうちに、専門用語を使うケースも増えてくると思います。


しかし、初心者向けの記事では、専門用語を多用してしまうと読む気が無くなってしまいます。

一方で、経験者や専門用語が分かるユーザーに向けた記事では、簡単な表現にするとうんざりしてしまう可能性があります。

自社サイトに訪れるユーザーを理解し、悩みを解決する記事を書きましょう。


曖昧な表現をできるだけ避ける

曖昧な表現をできるだけ避けることも効果的です。

例えば、語尾に「〜と思います」「〜な気がします」など、曖昧な表現をしてしまうと、少々信頼性にかけてしまいます。

しかし、「全部が全部言い切るべき」というわけではありません。

なぜかというと、確定していない物事であるにもかかわらず、「これは絶対に〇〇です」と断言してしまうと、少しおかしいと感じますよね。

大事なのは「事実」ですので、曖昧な表現をできるだけ控え、素直な文章で伝えましょう。


結論を最初に書く

最後に、結論を最初に書くことです。

その理由は、結論を書くことで、文章の始まりで悩みを解決できるからです。

ときどき、長ったらしい文章を書き、最後にユーザーの最も知りたい情報(結論)を伝える記事を見かけます。


しかし、Webの記事において、長すぎる文章はあまり良い印象を与えません。

そのため、結論を最初に伝え、その理由を述べておく方がユーザーに良い印象を与えます。

ユーザーの疑問を解決していく記事を量産していくことで、SEOでも評価されていきますよ。


メタディスクリプションを設置する

メタディスクリプションを設置することも重要です。

メタディスクリプションは、Google検索をした際にタイトルの下に表示される説明文を指します。

ブログ記事には表示されませんが、設置したほうがユーザビリティの向上を図れ、クリック率の向上が狙えます。

メタディスクリプションを設置することで、記事で解決できる悩みをユーザーに伝えることが可能です。

ユーザーのことを考えて、メタディスクリプションを設置しましょう。



ブログ記事を書く際の注意点


ここでは、ブログ記事を書く際の注意点を解説します。

ブログ記事を書く際の注意点は以下のとおりです。

  • 著作権に注意

  • スパム行為は絶対にNG

  • 記事内の画像は慎重に選ぶ

一つひとつ解説します。


著作権に注意

ブログを書く際は、著作権に注意しましょう。

ブログを書いていくうちに、「あの文章を引用したいな」と感じることもあると思います。

どんな場合であれば問題ないのかというと「真っ当な目的」がある場合になります。

例えば、解説をわかりやすくするために文章の一部を引用するケースです。


しかし、文章すべてをコピペしてしまうと、違反になってしまうので注意が必要です。

文化庁の「著作権が自由に使える場合」というページに詳しく書かれているので、参考にしてください。


SEOスパムはペナルティ対象

SEOスパムを行うと、Googleからペナルティを受けてしまいます。

なぜペナルティを受けるかというと、SEOスパムを行うとユーザーの利便性を書いてしまうからです。

ペナルティの対象になる行為を、一部紹介します。

  • 他サイトのコピーコンテンツの作成

  • 隠しリンクや隠しテキスト

  • 関係のないキーワードを大量に使用する

  • フィッシングやウイルスにつながるページの作成

上記のような行為に注意して、記事の作成・サイトの運営に力を入れましょう。


記事内の画像は慎重に選ぶ

記事内の画像は慎重に選びましょう。

なぜかというと、Web上の画像の中には、商用利用禁止の画像や転載を禁じているものがあるからです。

ブログに画像を利用する場合はフリー素材、または、予算に余裕がある方は有料の画像サイトを利用するのも良いでしょう。

ただし、利用する条件や事項は必ずチェックしてください。



読者目線で記事を作成しよう

ここまで、SEOに効果的なブログ記事の書き方を解説しました。

再度お話しますが、大切なのは「読者の目線になって記事を作成すること」です。


読者の気持ちになり、悩みを解決していくことで、SEOでも評価されるようになります。

弊社のブログでも、SEOやWeb関連の記事を解説していきますので、是非参考にしてください。



ホームページでお悩みの方は株式会社プロパゲートご連絡を

「ホームページを作りたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


制作費無料・月々9800円の定額ホームページ。LINEで専属サポート!全国対応!

月5回まで無料で修正可能、追加料金無し。最短2週間で納品可能。年間制作実績1,000社超。

株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行する会社です。

ホームページの制作費用は基本無料。月額9,800円〜で運用も代行します。

ホームページ制作においては取材・撮影・デザイン・文章作りなど、必要な全てをお任せ頂け、全て無料です。

更新も、メール・電話・LINEを頂ければ即対応。制作後のマーケティング運用まで行います。


【URL】

【TEL】

090-3552-3949

【会社所在地】

〒150-0045 東京都渋谷区神泉町20−21 クロスシー渋谷神泉ビル 7F

【制作実績】



Comentários


bottom of page