知るだけで差がつく、文章の構成

文章は総論→各論という順に書くことが大切です。

総論作成時のPOINTは以下の3つになります。

①各論の説明順と一致させる

総論の後に続く段落が各論➀→各論②→各論③の順で構成される場合、

総論=各論①→各論②→各論③で構成してください。

総論から各論の展開が予測できなければ読み手に負担がかかるためです。

②簡潔に書く

正式なレポートや長い文章の場合総論は7文前後で構成します。7文前後なら30秒ぐらいで読み切れるためです。メールのような簡易な文章の総論なら、1~4文を目安とします。

③結論と内容を一致させる(総論=結論)

各論の後に書く結論やまとめは、総論と内容を合わせます。文章の最初と最後で重要な情報が食い違うことはありません。

以上3つを意識して総論を構成することで、読み手は全体概要を冒頭でしっかり把握することができます。また、総論以降の各論も読み手はスムーズに話を理解できるのです。

■ホームページ→https://www.propagateinc.com/

■NEXT BLOG→【受け手の理解が深まる】文章作りの3フレーム

■参考動画→文章で人を動かす方法 byマナブ氏


0回の閲覧

Propagate.inc/株式会社プロパゲート

​法人番号:1011001133489

東京都目黒区下目黒 3-7-8

TEL 090-3552-3949

info@propagateinc.com​

 
  • Instagram