【見やすい・読みやすい文章を作る】4つの思考法

無駄なく、端的に文章を作成するためには4つの考え方が大切です。

①読み手のニーズは何か

読み手のニーズを意識して情報を展開するという意識だけで文章は変化します。読み手は何を求めているのかを今一度考えてから文章作成に入ります。

②読み手の前提知識は何か

読み手の前提知識を意識して情報の取捨選択をします。

悪い例:テレワーク推奨により全スタッフにPCを貸与する。現在は多くのスタッフが在宅勤務をしている。そこで、在宅で使用するのに最適なモデルを選んだ。

良い例:テレワーク推奨により全スタッフにPCを貸与する。そこで、在宅で使用するのに最適なモデルを選んだ。

③類語はなくす

1つの文中に同じ言葉や類似の言葉がある場合はどちらかが削除できる可能性があります。

悪い例:一番最初に営業をしかけたので受注にこぎつけることができた。

良い例: 最初に営業をしかけたので受注できた。

④文末の冗長表現をやめる

例:「~ことができる」→「~られる」 「~と思われる」→「~である」

世の中の文章は不要な情報と冗長な表現に溢れています。

読み手の前提知識への配慮や類語の繰り返し、文末表現に注意することで読み手の負担は劇的に変化します。実践あるのみです!


■ホームページTOP

■SEO Blog「SEOについて分かり易く解説」

■ライティングBlog「伝わる言葉選びについて解説」

■ECサイトBlog「ECサイトの選び方・参考事例を解説」

26回の閲覧
  • Instagram

TEL 090-3552-3949 / info@propagateinc.com​

©2020 Propagate.inc