top of page

TikTok広告でのターゲティングのコツ。効率的な集客アップを叶えるポイントを解説

更新日:2023年5月2日

_


「TikTokを活用したターゲティングを行いたい」「効果的に集客するコツやポイントを教えてほしい」と悩んでいる方も多いですよね。


本記事ではTikTok広告でのターゲティングのコツや、効果的な集客アップを行うポイントを解説します。

近年、TikTokの需要は増加しており、今後もさらに伸びていくと考えられます。

自社のビジネスや、個人での活動でTikTok広告を活用したい方は、是非参考にしてください。



TikTokとは


ここでは、TikTokとは何かを、今一度確認していきます。

TikTokは中国の「ByteDance」が運営しており、2018年には世界ダウンロード数1位、日本国内のユーザー数は2021年時点で1500万人を超えました。

TikTokでは、15秒~60秒の短い動画を作成し、投稿することが可能です。

TikTokが人気な理由としては、参入障壁が低いことと、短い尺でスムーズに動画を視聴できる点であると考えられます。


企業や個人でも簡単に動画の編集ができ、動画投稿を初めて行う人でも多くのユーザーに見てもらえる可能性があるのが特徴です。

また、おすすめ動画ではユーザーの特性に合った動画が流れてくるため、どんどん見進めてしまうため、SNSのなかでも視聴時間が長いとされています。

上記のような理由から、TikTokは人気のSNSです。



TikTok広告とは


TikTok広告とは、TikTok内のコンテンツとして出稿できる広告です。

通常の広告のように、画像やテキストでコンテンツを作るだけでなく、BGMやクリエイターなどを活用して作成します。

よりクリエイティブであれば、広告ではなく1つの動画コンテンツとして認識されるため、最後まで広告を見てくれる可能性も高くなります。

以下からは、TikTok広告の種類を解説します。


インフィード広告

まずは、インフィード広告を紹介します。

インフィード広告は、通常の投稿に紛れて表示できる広告です。

おすすめのフィードに表示されるため、通常の投稿のように「いいね」や「コメント」もできます。

上記のように、通常の投稿のように溶け込めるので、広告っぽさが薄く、ユーザーは違和感なく動画を見ることが可能です。

その分、ユーザーの目を引くクリエイティブなコンテンツ作成が必須になります。


起動画面型広告

起動画面型広告は、TikTokアプリを開いた際に表示される広告です。

TikTokを起動した際に表示されるため、表示回数の上昇や認知に効果が期待できます。

また、広告枠が1日1枠であるため、多くのユーザーの目に留まる特徴があります。

しかし、1日1枠という狭き枠であるため、広告費は高くなってしまうデメリットもあります。

予算に余裕があり、多くのユーザーに興味を持ってほしい方におすすめです。


ハッシュタグチャレンジ広告

ハッシュタグチャレンジ広告とは、「#」を活用してユーザーを巻き込みながら運用する広告です。

多くのユーザーがチャレンジに参加すれば、商品やサービスの拡散が見込めます。

広告費は高額で、スタンダードな広告でも1,500万円ほどなので、予算は多く見積もる必要があるでしょう。

ハッシュタグを用いて「バズらせる」技量が必要です。



TikTok広告で設定可能なターゲティングを紹介


ここでは、TikTok広告で設定可能なターゲティングを紹介します。

TikTok広告で設定可能なターゲティングは以下のとおりです。

  • デモグラフィック

  • 興味関心

  • デバイス

一つひとつ紹介します。


デモグラフィック

デモグラフィックでは、ユーザーの属性を見ることができます。

デモグラフィックで確認できる項目は以下のとおりです。

  • 性別:男性・女性・無制限

  • 年齢:13~17歳・18~24歳・25~34歳・35~44歳・45~54歳・55歳以上・無制限

  • 地域・住所:国・都道府県

  • 言語:アプリの設定に基づく

デモグラフィックのターゲティングは上記のような項目から可能です。

年齢においては「若者」と一括りにしても、17歳と18歳では異なるターゲットとなるので注意しましょう。

正確にターゲティングを行い、アプローチをかけることもできますよ。


興味関心

興味関心では、TikTokユーザーがどんな動画を好んで見ているのかをターゲティングすることが可能です。

例えば、興味関心の中でも「ゲーム」「勉強」「スポーツ」などのカテゴリーに分かれており、カテゴリーに関連する興味を持つユーザーに広告が配信されます。

カテゴリーを1つ選択すると、それに関連するカテゴリーの選択も可能です。

例えば、「スポーツ」のカテゴリーを選択すると「スポーツ用品」「スポーツブランド」なども、含まれるようになります。

ユーザーの興味関心も把握し、カテゴリーの選択を行いましょう。


デバイス

デバイスでは、通信環境などからターゲティングが可能です。

具体的には以下のように設定ができます。

  • 通信環境:Wi-Fi・2G・3G・4G・5G・無制限から1つ以上選択可能

  • システムバージョン:IOS(バージョン指定可)・Android・無制限から選択可能

  • デバイスのキャリア:日本に限っては、au・docomo・Softbankから選択可能

  • デバイスのモデル:iPhone11など、機種を指定してターゲティングできる

上記の項目を、是非参考にしてください。



TikTok広告のターゲティングを成功させるコツ


TikTok広告のターゲティングを成功させるコツを紹介します。

TikTok広告のターゲティングを成功させるコツは、以下のとおりです。

  • ターゲットを絞りすぎない

  • 定期的に改善を行う

  • ユーザーの共感を得る動画を作成する

それでは見ていきましょう。


ターゲットを絞りすぎない

1つ目のコツは、ターゲットを絞りすぎないことです。

理由としては、ターゲットを絞りすぎると、ユーザーに届く範囲が狭まってしまうからです。

ターゲットを絞りすぎたせいで、本当は商品やサービスに興味があるユーザーに動画が届かない可能性もあります。

とくに、ターゲティングを始めたばかりの場合は、すこし範囲を広くしてターゲットを絞りましょう。


定期的に改善を行う

2つ目のコツは、定期的に改善を行うことです。

TikTok広告のダッシュボードから、データでユーザーの興味関心を見ることができます。

データをもとに、改善するべきはどこなのかを見つけることもできます。

データの解析から動画の見直しを行い、改善を行うことで、多くのユーザーへのアプローチをかけることが可能です。

定期的に改善を行い、アカウントを更に良くしましょう。


ユーザーの共感を得る動画を作成する

3つ目は、ユーザーの共感を得る動画を作成することです。

理由は、ユーザーの心をつかむと、長期的に動画を見てもらえる可能性が高くなるからです。

例えば、商品の「かわいさ」や「便利さ」をしっかりと伝えることで、関心を抱いてくれる可能性もあります。

関心を抱いてもらえれば、商品やサービスを手に取ってくれる機会が増えたり、シェアされる可能性も高くなります。

上記のような理由から、ユーザーの共感を得ることは重要です。



TikTok広告の成功事例を紹介


ここでは、TikTok広告の成功事例を紹介します。

今回紹介する事例は以下のとおりです。

  • コカ・コーラ

  • キレイモ

  • ユニクロ

それでは紹介していきます。


コカ・コーラ

コカ・コーラも、TikTok広告を活用したプロモーション活動を行っています。

販売促進を目的として、ラベルを引っ張るとリボンの形になるコカ・コーラを活用し、

「#リボンでありがとうチャレンジ」を実施しました。

「#リボンでありがとうチャレンジ」は、ハッシュタグをつけてリボンボトルの投稿をする と、抽選でクオカードがもらえるイベントです。

「#リボンでありがとうチャレンジ」の参加条件は、コカ・コーラの購入が必須なので、購買の促進にも繋がっています。

ハッシュタグを活用して認知拡大を行いつつ、販売の促進にもつなげられる一例です。


キレイモ

人気脱毛サロンであるキレイモは、「#キレイモいいね割チャレンジ」を実施し、参加人数約8万人、視聴回数は2億回以上を達成しています。

「#キレイモいいねチャレンジ」のほかには、「#指ハートチャレンジ」というキャンペーンを行いました。

「#指ハートチャレンジ」では、渡辺直美さんを起用し、広告を配信しました。

インフルエンサーマーケティングと呼ばれる、有名人を活用した方法で話題となりました。

インフルエンサーを起用したTikTok運営が可能な代理店を知りたい方は「【2022最新】TikTok広告代理店10社を徹底比較」を参考にしてください。


ユニクロ

ユニクロは、日本の代表的なファッションブランドです。

ユニクロは、「UTme!」というオリジナルTシャツを作成できるスマートフォンアプリを活用し、TikTokとのコラボプロジェクトを行いました。

コラボでは、TikTokオリジナルロゴをプリントできるなど、オリジナルのシャツを作成できます。

その他、日本・フランス・アメリカ・台湾で「#UTPlayYourWorld」を開催し、世界的にも成功したプロジェクトです。

「#UTPlayYourWorld」は、ユニクロの商品を着るのが条件で、5名がグランプリに選出されます。

このように、ユーザーも巻き込むことで、多くのユーザーが参加してくれますよ。



TikTok広告運用代行サービス「SPARK BUZZ」の紹介

広告運用を考えている方向けに、「SPARK BUZZ」を紹介いたします。

「SPARK BUZZ」は弊社が提供している、TikTok広告運用代行サービスです。


相場よりも低価格で、企画からTikTokerのキャスティングやクリエイティブ制作などを担当させていただきます。

実際に、「SPARK BUZZ」を利用した方の実績は以下のとおりです。

企業/インフルエンサー

成果

・再生数:300万

・いいね数:2.5万

・保存数:1071

・カートへのCPA:85円

・再生数:47万

・いいね数:1.4万

・保存数:1542

人材派遣会社の求職者獲得

・自社モデルを活用し、CM動画を企画

・1CPA1500円以下で集客

・他SNSと比較しても費用対効果抜群

更に詳しく知りたい方は、「TikTok広告運用で本気でおススメできるサービス『SPARKBUZZ』」の記事がおすすめです。

無料相談も受け付けておりますので、TikTok広告運用で悩む企業・個人の方々は、お気軽にご連絡ください。




TikTokの広告運用でお悩みの方株式会社プロパゲートにご連絡を


「TikTokで集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


企画/動画編集/広告運用まで一気通貫でサポート。

1動画当たりの再生回数10万回を保証させて頂きます。

ただの運用ではなく、結果にコミットするTikTok運用をご提案します。



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。


500社以上の集客支援をしてきた自社の強みを活かし、一つの動画で価値を伝えきる企画設計・動画編集・キャスティングを実行させて頂きます。

月間300件以上の問い合わせ(1件あたり1,059円)実績や、再生数300万など実績多数。


自社サービスの集客に特化したTikTok広告運用ならプロパゲートにお任せください。




Opmerkingen


bottom of page