top of page

TikTok広告フォーマット完全ガイド!各種類とその活用法

更新日:1月6日




TikTok広告の基本フォーマットの紹介


TikTokの登場以来、このプラットフォームは一気に若者の間で大ヒットし、マーケティングの世界に新たな風を吹き込みました。

その鍵となるのが、TikTok独自の広告フォーマットです。


本記事では、広告運用代行を検討している事業主やマーケティング担当者が、TikTok広告の基本を理解し、それぞれのビジネスに最適な広告手法を見極められるようガイドします。


TikTok広告は大きく分けて、インフィード広告、ブランドテイクオーバー、トップビュー広告、ブランドハッシュタグチャレンジ、ブランドエフェクトの5つの主要フォーマットがあります。

これらは各々異なる目的とユーザー体験を提供し、ブランドの目的に応じた多様な戦略を可能にします。


インフィード広告

TikTokユーザーが最も頻繁に目にするのがこの形式です。

ユーザーの「For You」ページに自然に挿入され、ストーリー形式で表示されるため、ユーザーの没入感を妨げることなく、広告メッセージを伝えることができます。

15秒から60秒の短い動画で構成され、ユーザーがスクロールする中で自然に視聴されるため、クリエイティブな内容が求められます。


ブランドテイクオーバー

この広告フォーマットは、TikTokを開いた瞬間に表示される全画面広告で、ブランドの強いインパクトをユーザーに残すことができます。

3秒の画像や3-5秒の短い動画で構成され、ユーザーの注意を一瞬で捉えることが重要です。


トップビュー広告

トップビュー広告は、ブランドテイクオーバー広告に似ていますが、より長い動画(最大60秒)を使用して、より深いストーリーテリングが可能です。

このフォーマットは、ユーザーがアプリを開いた後最初のインフィードポストとして表示されます。


ブランドハッシュタグチャレンジ

この形式は、ユーザー参加型のキャンペーンを作成するために使用されます。

ユーザーは指定されたハッシュタグを使って自らの動画を投稿し、ブランドのキャンペーンに参加できます。

これにより、ユーザー生成コンテンツの創出とバイラル拡散が期待できます。


ブランドエフェクト

ブランドエフェクトは、ARフィルターやステッカーなどを通じて、ユーザーがブランドとのインタラクティブな体験を持つことができる広告形式です。

ユーザーが自分自身の動画の中でブランドのエフェクトを使用することにより、自然な形でブランド露出が得られます。


これらのフォーマットは、それぞれ異なる目的とターゲットに適しています。

インフィード広告は一般的なプロモーションに、ブランドテイクオーバーは即時的なブランド認知の増加に、トップビューはストーリーテリングを重視したキャンペーンに、ブランドハッシュタグチャレンジはユーザー参加型のキャンペーンに、そしてブランドエフェクトはブランドとユーザーとのインタラクションを深めるために有効です。


次のセクションでは、これらのフォーマットについてさらに詳しく掘り下げていきます。

それぞれの利点を理解し、貴社のマーケティング戦略にどのように取り入れることができるかを見ていきましょう。




ブランドハッシュタグ、インフィード広告、ブランドテイクオーバーのフォーマット解説


TikTok広告の世界へようこそ。

ここでは、その中心となるいくつかの広告フォーマットに焦点を当て、それぞれがいかにして貴社のブランドメッセージを伝え、目標オーディエンスとの関係を築くのに役立つかを探ります。


ブランドハッシュタグチャレンジ

ユーザーの創造性を促し、コミュニティの一員になるように動機づけるのがブランドハッシュタグチャレンジの魅力です。

企業は特定のハッシュタグを作り、ユーザーがそのハッシュタグを使って自分たちのコンテンツを作成し、共有するよう奨励します。

このフォーマットは、ユーザー参加型のキャンペーンを推進し、ブランドのバイラル展開を促進するのに理想的です。


インフィード広告

インフィード広告は、ユーザーの「For You」ページに自然に組み込まれる広告です。

動画は通常、15秒から60秒の範囲で、ストリーミング中に自然な形でユーザーの視界に入ります。

このフォーマットは、ストーリーテリングとブランドの魅力を短時間で伝える必要があり、クリエイティブなコンテンツが成功の鍵となります。


ブランドテイクオーバー

一日一度、ユーザーがアプリを開いた瞬間に表示される全画面広告であるブランドテイクオーバーは、即座に目を引くインパクトがあります。

3秒の静止画または3〜5秒の動画で、短いながらも強いブランドメッセージを発信できるため、新製品の発売や大きなキャンペーンの開始に最適です。


これらのフォーマットは、ターゲットオーディエンスの関心を引き、エンゲージメントを生み出すためにデザインされています。

ブランドハッシュタグはコミュニティのビルディングに、インフィード広告はストーリーテリングに、ブランドテイクオーバーは瞬間的な注意喚起に最も効果的です。


しかし、これらの広告が成功するためには、明確な戦略と目的、そして創造的な実行が必要です。

次のセクションでは、各フォーマットを最適に活用するための戦略とシナリオについて詳しく見ていきましょう。




各広告フォーマットの目的と最適な使用シナリオ


TikTok広告のフォーマットは多岐にわたり、それぞれ特定の目的とシナリオに最適化されています。

ここでは、主要な広告フォーマットの目標とその活用法に焦点を当て、ビジネスの目標達成にどう繋げるかを解説します。


ブランドハッシュタグチャレンジの目的

このフォーマットの主な目的は、ブランド認知度の拡大とユーザー参加型のキャンペーンを通じたコミュニティの活性化です。

特に新製品の発売やイベントのプロモーションに有効で、ユーザーが自らのコンテンツでブランドメッセージを拡散することを促します。


インフィード広告の使用シナリオ

インフィード広告は、ユーザーのフィードに自然に溶け込むため、ストーリーテリングや商品紹介に適しています。

短い動画でユーザーの興味を引き、詳細な情報へと導くことができるため、新商品の魅力を簡潔に伝えたい時に最適です。


ブランドテイクオーバーの最適なシナリオ

ブランドテイクオーバーは、インパクトのあるビジュアルで一瞬にして注目を集めることができます。

このフォーマットは、大規模なキャンペーンの開始や重要なアナウンスメントに最適で、ユーザーに強い第一印象を与えます。


各フォーマットの最適な使用シナリオ

ブランドハッシュタグチャレンジ: ブランドのコミュニティビルディングとエンゲージメントを高めたい場合や、UGC(ユーザージェネレーテッドコンテンツ)を増やしたい時に有効です。

インフィード広告: ユーザーの関心を短時間で捉え、ブランドストーリーや製品情報を伝えたい時に使用します。

ブランドテイクオーバー: 新製品の発表や特別なプロモーションを大々的に打ち出したい場合に効果的です。


広告の目的とシナリオを理解することは、キャンペーンの成功に不可欠です。

次のセクションでは、弊社が提供するTikTok広告運用代行サービスの紹介と、成功事例を通じて、なぜ弊社サービスを選ぶべきかの理由をご紹介します。



弊社が提供するTikTok広告運用代行サービスの紹介と、選ぶべき理由


デジタル広告の世界では、単に広告を出稿するだけでは不十分です。

ターゲットオーディエンスとの接点を最大化し、ブランドメッセージを効果的に伝えるためには、専門的な知識と経験が必要となります。

ここでは、弊社が提供するTikTok広告運用代行サービス「SPARK BUZZ」の特徴と、なぜ多くの事業者が弊社のサービスを信頼し選んでいるのかを紹介します。


SPARK BUZZの特徴

・低価格で全面的なサポート: SPARK BUZZは市場の中でも特に低価格で全面的なサポートを提供しています。プランは249,800円からとなっており、企画・設計から広告運用、レポーティングまで一貫してサポートします。


・経験を活かした企画コンテンツ設計: 500社以上の広告運用経験を活かし、貴社に最適な広告コンテンツの企画と設計を行います。動画編集からキャスティングまで、効果的な広告制作を支援します。


・集客ノウハウを基にしたサポート: 自社アカウントで月間300件以上のお問い合わせを獲得するなど、実績に基づいた運用ノウハウをもって広告運用を支援します。


なぜ弊社サービスを選ぶべきか

コストパフォーマンスの高さ: 定額制であるため、広告費用の増減にかかわらず、予算内で最大限の広告効果を追求することができます。


・専門知識による広告運用: TikTok特有のトレンドやユーザー行動を深く理解し、それを広告運用に活かすことで、貴社のビジネス成長を加速させます。


・フルサポートでの安心感: お客様との密なコミュニケーションを重視し、定期的なレポーティングと改善提案を通じて、透明性の高い広告運用を実施します。


・成功事例に基づく信頼性: 株式会社たれ屋のように、実際に成功を収めたクライアントの事例を基にした提案が可能です。


成功事例: 株式会社たれ屋

自社ECサイトの主力商品販売数の減少に直面した株式会社たれ屋は、弊社の「SPARK BUZZ」を採用しました。

人気TikTokerとのコラボレーションによる動画企画と広告運用の全面監修を実施。

その結果、動画再生数440万回超、購入者数3,000人超という成果を達成しました。

この事例は、費用対効果の高い広告運用が可能であることを証明しています。


弊社のTikTok広告運用代行サービスは、お客様のビジネスに新しい風を吹き込み、TikTokというダイナミックなプラットフォーム上での成功を実現するための強力なパートナーとなります。

お気軽にお問い合わせください。



TikTokの広告運用でお悩みの方株式会社プロパゲートにご連絡を


「TikTokで集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


企画/動画編集/広告運用まで一気通貫でサポート。

1動画当たりの再生回数10万回を保証させて頂きます。

ただの運用ではなく、結果にコミットするTikTok運用をご提案します。


気になる方は「TikTok広告運用で本気でおススメできるサービス『SPARKBUZZ』」の記事も併せてご覧ください。



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。


500社以上の集客支援をしてきた自社の強みを活かし、一つの動画で価値を伝えきる企画設計・動画編集・キャスティングを実行させて頂きます。

月間300件以上の問い合わせ(1件あたり1,059円)実績や、再生数300万など実績多数。


自社サービスの集客に特化したTikTok広告運用ならプロパゲートにお任せください。



ความคิดเห็น


bottom of page