top of page

個人事業主が自分でホームページを作る際の注意点・デメリットを解説

更新日:2023年8月10日



「個人事業を始めるためにホームページを作りたい」「自分でホームページを作る際の注意点を教えてほしい」と悩んでいる方も多いですよね。


本記事では、個人事業主が自分でホームページを作る際の注意点やデメリットを解説します。

ホームページは、多くのユーザーの目に留まるので、できるだけ完成度の高いものを作成したいですよね。

本記事を参考にして、どのようなことに注意すればいいのか、ホームページ作成で意識することは何かを参考にしてください。



個人事業主でもホームページは作れる?


そもそも、個人事業主でもホームページは作れるのか、疑問に思う方もいると思います。

結論からいうと、個人事業主でも自分でホームページを作ることは可能です。


ただし、個人でホームページを作るのは、かなり難易度が高いと言えます。

理由としては、ホームページを作るためには、Web言語などの専門知識が必要だからです。


そのため、自分自身でホームページの作成することが不安な方は、プロに任せるのもおすすめです。

ただし、費用がかかるので、まとまった予算を集める必要があります。





個人事業主におすすめのホームページ作成方法


ここでは、個人事業主におすすめの、ホームページ作成方法を紹介します。

個人事業主におすすめの作成方法は以下のとおりです。

  • WordPressでホームページを作成する

  • ノーコードツールを活用する

それでは見ていきましょう。


WordPressでホームページを作成する

1つ目は、WordPressでホームページを作成することです。

WordPressは、ブログで多く使われていますが、ホームページの作成にも活用できます。

WordPressもWeb言語が必要な場面がありますが、基礎的なものが多いので、初心者でも運用が可能です。

また、様々なプラグインをインストールでき、以下のような機能を追加できます。

  • お問い合わせフォームの作成

  • サイトマップの自動生成

  • 画像の自動軽量化

  • 文字化けの防止

  • 自動バックアップ

プラグインを活用することで、簡単にホームページの質を高くできるのでおすすめです。


ノーコードツールを活用する

2つ目は、ノーコードツールを活用することです。

ノーコードツールとは、プログラミングを書かずに、ホームページ作成を行えるツールを指します。

ノーコードツールを活用すれば、プログラミングが出来ない方でも、ホームページ作成が可能です。

ノーコードでサイト作成ができる「Wix」というツールを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

Wixって正直どうなの?評判・長所・短所をプロが徹底解説」で、ノーコードツールの長所や短所を解説しているので、参考にしてください。

初めてホームページを作る方や、専門知識がなく不安な方は、ノーコードツールを活用してみましょう。





個人事業主が自分でホームページを作る際の注意点


ここでは、個人事業主が自分でホームページを作る際の注意点を紹介します。

個人事業主が自分でホームページを作る際の注意点は以下のとおりです。

  • 無料のレンタルサーバーは使わない

  • ページの表示速度を上げる

  • 読みやすいフォントを利用する

  • 文章のコピペは絶対にしない

  • 画像の著作権に注意する

  • 不適切なSEO対策は行わない

一つひとつ見ていきましょう。


無料のレンタルサーバーは使わない

1つ目は、無料のレンタルサーバーは使わないことです。

無料で使えるのが魅力ではありますが、以下のようなデメリットがあります。

  • 独自ドメインを取得できないケースもある

  • 容量が小さいサーバーが多い

  • 自動で広告が表示される

  • 表示速度が遅い

上記のように、多くのデメリットがありますし、ホームページの運営にも影響が出てしまいます。

有料サーバーはランニングコストが掛かりますが、無料サーバーのデメリットを解消できるのでおすすめです。


ページの表示速度を上げる

ホームページを作る際は、ページの表示速度を上げることも重要です。

ページの表示速度が遅いと、ユーザーの離脱などが懸念され、良い評価を得られなくなってしまいます。

表示速度を上げることで、離脱率やCVRが改善され、パフォーマンスが向上し、検索順位向上にも期待できます。

ページの表示速度を改善する方法は、画像を圧縮して軽量化したり、ソースコードを最適化することが挙げられます。

ホームページを作る際は、ページの表示速度を上げられるように、工夫をすることが重要です。


読みやすいフォントを利用する

3つ目は、読みやすいフォントを利用することです。

読みにくいフォントを利用してしまうと、ユーザビリティが低下してしまうので、良い評価を得られなくなってしまいます。

フォントだけでなく、フォントサイズにも気を配るようにしましょう。

文字の大きさは、12px〜16px程度にすると、幅広い年齢層でも見やすくなります。

ホームページを訪れたユーザーに、内容までしっかりと読んでもらいたい方は、フォントやフォントサイズにもこだわりましょう。


文章のコピペは絶対にしない

ホームページを作成する際は、文章のコピペは絶対に避けましょう。

なぜかというと、文章にも著作権が存在するので、無断の転載は原則禁止とされているからです。


記事の全てをコピペするのはNGですが、一部抜粋する形で「引用」する場合は問題ありません。

ただし、引用を行う場合は、出典元を必ず明記しましょう。

また、引用する際は、自分の文章と関連性があることや、引用先の文章に手を加えてはいけないなどのルールもあります。

引用を行う際は、今一度ルールを確認しましょう。


画像の著作権に注意する

画像を利用する際は、著作権に注意しましょう。

ホームページを作成する際、背景などに画像を使いたい方も多いと思います。

しかし、ネット上にある画像には、著作権に注意しなければならないものも多々存在します。

誤って使用することを防ぐには、著作権フリーの画像サイトを利用することをおすすめします。

また、サイトによっては著作権フリーではあるものの、商用利用不可の画像もあるので注意しましょう。

ホームページでアフィリエイトなどの商用目的がある場合に使えません。


不適切なSEO対策は行わない

自身でホームページを作る際は、不適切なSEO対策を行わないように注意しましょう。

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、日本語では検索エンジン最適化と呼ばれています。

SEOについては「SEOとWeb広告のメリット・デメリットを解説【弊社サービスも紹介】」で詳しく解説しているので、気になる方は是非参考にしてください。

不適切なSEO対策を行ってしまうと、ホームページにユーザーが訪れ無くなったり、Googleからの評価が落ちることもあります。

具体的には、以下のような不適切なSEO対策が挙げられます。

  • 不正なリダイレクト

  • 隠しテキスト・隠しリンクを入れる

  • 被リンクの購入

  • 他のサイトのコンテンツを無断転載

上記のようなSEOには注意しましょう。





ホームページを自作するデメリット


ここでは、ホームページを自作するデメリットを4つ紹介します。

ホームページを自作するデメリットは以下のとおりです。

  • 自分でSEO対策をしなければならない

  • 時間と手間がかかる

  • トラブルの対処が難しい

  • デザインの幅が狭くなる可能性がある

デメリットを把握して、自作する方が良いのか、外注すべきなのかを見極めてみてください。

それでは見ていきましょう。


自分でSEO対策をしなければならない

1つ目のデメリットは、自分でSEO対策をしなければならないことです。

SEO対策は、ホームページを運用するうえで欠かせません。

いくつか例を挙げると、以下のようなSEO対策を行う必要があります。

  • 自社に関連するキーワードの選定

  • ホームページに内部リンクを設定する

  • 被リンクを貼ってもらう

  • パンくずリストの設定などでクロールを最適化する

  • ページの表示速度を早くする

ホームページを作成する際は、上記以外にも様々なSEO対策を行う必要があります。

このように、SEO対策を自分で行うのは時間も労力もかかるので、デメリットと言えるでしょう。


時間と手間がかかる

2つ目のデメリットは、自分でホームページを作ると時間と手間がかかることです。

初めて作る方ほど、時間も手間も多くかかります。


自分でコードを書いてホームページを作る場合、プログラミングの勉強を行う必要があります。

簡単なプログラムを作るのに、約200時間程度かかるそうです。


また、SEO対策やサーバーの管理、コンテンツの作成などを行います。

自分でホームページ運用するにはマルチタスクをこなす必要があるので、時間と手間がかかってしまいます。


トラブルの対処が難しい

3つ目のデメリットは、トラブルの対処が難しいことです。

ホームページを作る際にはトラブルが発生する場合もあります。

例えば、サーバーに問題が生じたり、お問い合わせフォームが正しく機能しないなどの問題です。

上記のような問題が発生した際も、自分自身で問題解決しなければなりません。


ホームページの運用は、専門知識も多いため、自分自身で問題解決するのは難易度が高いと言えるでしょう。

トラブルの対処が難しいと感じる方は、ホームページの制作を委託することも視野に入れるといいですよ。


デザインの幅が狭くなる可能性がある

4つ目のデメリットはデザインの幅が狭くなる可能性があることです。

自分で作るホームページなので、自分の納得のいくデザインで作成したいですよね。

しかし、プログラミングの知識が少ないと、納得のいくデザインは難しいかもしれません。


また、初心者で行える技術は限られるので、他のサイトと似たようなホームページができる場合もあります。

ボタンの配置やバナーのデザイン、SNSの連携など、細かい部分までこだわりたい方は、

プロに任せるのもおすすめです。



ホームページの作成はプロに任せるのがおすすめ

ここまで見れば、個人事業主が自分でホームページを作る際の注意点やデメリットが分かったと思います。

自分自身でホームページを作るのは難易度が高いため、プロに任せるのがおすすめです。

株式会社プロパゲートでは、月額9,800円からプロに任せてホームページの作成が可能です。

弊社のマーケティングブログで、ホームページ制作に関する記事が読めるので、是非チェックしてみてください。





ホームページ制作でお悩みの方は株式会社プロパゲートご連絡を

「ホームページを作りたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


制作費無料・月々9800円の定額ホームページ。LINEで専属サポート!全国対応!

月5回まで無料で修正可能、追加料金無し。最短2週間で納品可能。年間制作実績1,000社超。

株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行する会社です。

ホームページの制作費用は基本無料。月額9,800円〜で運用も代行します。

ホームページ制作においては取材・撮影・デザイン・文章作りなど、必要な全てをお任せ頂け、全て無料です。

更新も、メール・電話・LINEを頂ければ即対応。制作後のマーケティング運用まで行います。


【URL】

【TEL】

090-3552-3949

【会社所在地】

〒150-0045 東京都渋谷区神泉町20−21 クロスシー渋谷神泉ビル 7F

【制作実績】



Comments


bottom of page