top of page

SEOとWeb広告のメリット・デメリットを解説【弊社サービスも紹介】



「SEO集客とWeb広告はどっちが良いのか知りたい」「メリットやデメリットを教えてほしい」と悩んでいる方も多いですよね。

本記事では、SEOとWeb広告について解説し、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

記事の後半では、弊社が提供している広告運用のサービスを紹介します。

これから、SEOやWeb広告運用に力を入れたい方は、ぜひ参考にしてください。



SEOとWeb広告について解説


ここでは、SEOとWeb広告について解説します。

どちらも集客をしていく上で重要な項目なので、しっかり解説します。

それでは見ていきましょう。


SEOとは

SEO(エス・イー・オー)とは「Search Engine Optimization」の略であり、日本語では検索エンジン最適化という名前です。

更に詳しく説明すると、Googleが設けている評価基準でもあり、高く評価されるほど、検索順位で上位に表示されます。


SEOを強化することで、検索上位に表示され、認知の拡大や集客につなげられます。

SEOには流行や対策方法が変わることも多いため、その時に合わせて対策を練る必要があります。


また、近年は企業の参入も増えており、難易度は高い傾向です。


Web広告とは

Web広告とは、Web上に出稿できる広告であり、インターネット広告やデジタル広告などと呼ばれています。

Web広告の種類は多く、以下のような項目があります。

  • リスティング広告

  • ディスプレイ広告

  • SNS広告

  • 動画広告

  • アフィリエイト広告

一例を挙げただけでも、上記のWeb広告があります。

Web広告を出稿することで、より多くのユーザーに認知をしてもらえます。

インターネットを利用する人が年々増えているため、Web広告の需要もさらに増加していくと考えられます。



SEOのメリットとデメリットを3つ紹介

ここでは、SEOのメリットとデメリットを3つずつ紹介します。

SEOのメリットは以下のとおりです。

  • 費用対効果が高い

  • ユーザーからの信頼を得られる

  • 継続的に集客ができる

SEOのデメリットは以下のとおりです。

  • 効果が出るまで時間がかかる

  • 検索上位に表示されるとは限らない

  • アップデートに影響される

それでは見ていきましょう。


メリット①:費用対効果が高い

Web広告と比べて、費用対効果が高いのが特徴です。

Web広告を使って検索上位に表示し、1クリックされるごとに定額料金が発生します。

一方で、SEOはどれだけクリックされても料金は発生しません。


ただし、SEOで上位表示させるには、ユーザーのことを第一に考えたサイト作りを心がける必要があります。

そのためには、サイト設計や、記事作成、編集などの細部までこだわらなければなりません。

そのため、初心者には難易度が高いため、委託することもおすすめですよ。


メリット②:ユーザーからの信頼を得られる

SEOで上位表示されると、ユーザーからの信頼を得られます。

なぜかというと、検索上位に表示されているサイトは、Googleのアルゴリズムにも認められているからです。

SEOで上位表示するためには、Googleのロボットに認知されたり評価されたりして決まるので、難易度がかなり高いとされています。

皆さんも、何かを検索した際に一番最初に表示されたサイトを見ることが多いですよね。

一番最初に表示されている記事は、Googleとユーザーから信頼されているのです。


メリット③:継続的に集客ができる

SEOで上位表示できれば、継続的な集客が可能になります。

Web広告は配信を停止するとユーザーに認知される機会が減ってしまいますが、SEOで上位表示できれば集客し続けられます。


しかし、上位表示を維持するためには、日頃からSEO対策を行うことが必要です。

上位表示をするのは大変ですが、評価されれば継続的な集客も可能ですよ。


デメリット①:効果が出るまで時間がかかる

1つ目のデメリットは、効果が出るまでに時間がかかることです。

SEOで検索順位が決まるには以下のような手順を踏むため、集客に効果が出るまで時間がかかります。

  1. クロール

  2. インデックス

  3. ランキング

クロールは「クローラー」と呼ばれるGoogleのロボットが、サイトマップなどを巡回し、情報を収集します。

インデックスは、クローラーが集めた情報をGoogleのデータベースに保存します。

最後に、保存した情報を処理し、ランキング化して検索順位が決まるのです。

この3つの工程は、2か月から3か月かかると言われています。

そのため、今すぐに集客で効果を出したい方は、SEOをおすすめできません。


デメリット②:検索上位に表示されるとは限らない

2つ目のデメリットは、検索上位に表示されるとは限らないことです。

どれだけ納得のいくサイトを作成しても、100%上位表示されることはありません。

なぜなら、評価基準はGoogleのアルゴリズムが決めているため、Googleの社員ですら分からないからです。

ただし、少しでも確率を上げるためには「ユーザーファーストの情報を提供する」ことを意識しましょう。

Googleの掲げる理念として、ユーザーファーストを挙げています。

検索上位に表示されるとは限りませんが、出来る限りユーザーファーストを心がけることが重要です。


デメリット③:アップデートに影響される

3つ目のデメリットは、アップデートに影響されることです。

SEOのアップデートは数年に1度行われることがあり、そのたびに仕様が変わるため順位の変動が行われます。

そのため、昨日まで検索順位が1位だったサイトも、アップデートがあった翌日には圏外に落ちているケースもあるようです。

アップデートに影響されて、集客や認知に影響が出てしまうのはデメリットと言えます。

安定して集客を行いたい方は、Web広告運用がおすすめです。



Web広告のメリットとデメリット3つ


ここでは、Web広告のメリットとデメリットを3つずつ紹介します。

Web広告のメリットは以下のとおりです。

  • ターゲットを細かく決められる

  • 低予算で運用できる

  • 短期間で効果を発揮する

Web広告のデメリットは以下のとおりです。

  • 料金が高くなるケースもある

  • 分析・解析の専門知識が必要

  • 流行の変化が速い

一つひとつ解説します。


メリット①:ターゲットを細かく決められる

Web広告は、ターゲットを細かく設定して決めることが可能です。

具体的には、以下のようなターゲットを設定できます。

  • 年齢

  • 性別

  • 興味・関心

  • 地域

例えば、SNS広告などでは、上記のようなターゲットをもとに、自社のサービスに興味を持ちそうなユーザーに動画を見てもらうことができます。

ターゲットを細かく決めることで、購買意欲のあるユーザーに絞り込めます。

特定のユーザーに向けて、商品やサービスを認知してもらいたい場合は、Web広告の効果を最大限引き出せますよ。


メリット②:低予算で運用できる

2つ目のメリットは、低予算で運用できることです。

Web広告の種類にもよりますが、最安で1円から始めることもできます。

費用がかかる状況も様々で、掲載することで料金が発生するものや、ユーザーがクリックすることで料金が発生する広告もあります。

出費をコントロールし、抑制することで、予算をかけずに集客ができるのが特徴です。


メリット③:短期間で効果を発揮する

Web広告は、短期間で効果を発揮することが可能です。

SEOは対策を行ってから評価されるまでに時間がかかりますが、Web広告は出稿してしまえば効果を発揮できます。

また、ユーザーの心理として、購入意欲の高い人が集まるので、短期間で効果を実感しやすいことにつながっていますね。


デメリット①:料金が高くなるケースもある

Web広告のデメリットは、料金が高くなるケースがあることです。

先程紹介したように費用が安いのも事実ですが、特定のキーワードや広告に関しては、費用が高くなる場合があります。

特にリスティング広告は、近年人気の出ている広告ですので、料金も高騰しています。

競合も増えているので、考えて広告費を使う必要がありますよ。


デメリット②:分析・解析の専門知識が必要

2つ目のデメリットは、分析・解析の専門知識が必要なことです。

初心者の方だと、広告の分析・解析は難易度が高いと言えるでしょう。

Web広告を運用するのであれば、Webマーケティングや広告運用の知識が必須です。

自分の手で運用したいのであれば、セミナーや書籍、YouTubeで知識を習得できますが、多くの時間が必要になります。

予算に余裕があるのであれば、広告運用代行を視野に入れる方が良い選択でしょう。


デメリット③:流行の変化が速い

3つ目のデメリットは、流行の変化が速いことです。

最近の例でいうと、TikTokが普及し、TikTok広告を出稿できるようになりました。

このように、新しい広告が出てきたり、アップデートによって使い方などが変更されるケースもあります。

流行の変化が速いので、置いていかれてしまうと追いつくのは大変です。

常にアップデートの情報などを取り入れ、対応することが重要です。



広告運用サービス「サブスクAd」を紹介


ここでは、弊社の広告運用代行サービス「サブスクAd」を紹介します。

「サブスクAd」では以下の媒体で広告運用の対応をしております。

  • Google

  • Yahoo!

  • YouTube

  • LINE

  • Facebook

  • Instagram

  • Twitter

  • TikTok

通常は数十万円、数百万円の費用が掛かるところを、弊社では月額49,800で対応させていただきます。

最低契約期間は3か月であり、「うちには合わない」「効果が見られない」と判断された場合も広告の停止が可能です。


また、アカウントはお客様のものを使用するため、契約終了後もお使いいただけますので、ご安心ください。

お客様の要望を聞き、最大限サポートさせていただきます。

無料相談も受け付けておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。



自社に合った集客方法を行おう


今回はSEOとWeb広告のメリットとデメリットを紹介しました。

それぞれ特徴があり、サービスや商品によって使い分ける必要があります。

SEOで集客をする方は、長期間の対策が必要ですが、一度上位表示されれば集客に大きな効果を発揮できます。


広告運用は、費用を抑え、早期的に結果を出したい人におすすめです。

弊社では広告運用代行サービスを提供していますので、気になる方は一度ご相談ください。



Web広告運用でお悩みの方は株式会社プロパゲートにご連絡を


「Web広告を活用して集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


Webマーケティングのプロフェッショナルが最適なプランを提案させて頂きます。



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。

ホームページ制作会社だからこそ、ホームページやランディングページのご相談も可能で、WEB広告の成果を最大化することができます。

広告運用を含むWEBマーケティングを総合的に相談できるところが弊社の強みです。


自社サービスの集客に特化した広告運用ならプロパゲートにお任せください。




bottom of page