Instagramの効果的な投稿方法・ポイントを解説



『Instagramを活用して集客したいけど方法が分からない』『Instagramの効果的な投稿方法を教えてほしい』と悩んでいる方もいると思います。


本記事は、Instagramを活用するメリットや効果的な集客方法がわかり、自社のInstagramを伸ばすことができますよ。

記事の前半ではInstagramで集客するメリットを解説し、後半では効果的な集客をするポイントを紹介します。


それでは見ていきましょう。



Instagramとは



Instagramは写真や動画のコンテンツを投稿・視聴できるSNSです。


巷では「インスタ映え」が一般的に使われるほど、人びとの生活に溶け込んでいますね。

2019年時点で国内だけでも3000万人以上の利用者がいるなど、圧倒的な人気を誇っています。

つまり、より多くの人に認知してもらえる可能性がありますよ。


近年、ショップ機能が実装され、Instagram内で見つけた商品を購入できるようになりました。

そのため、企業のブランディングと売上を同時に行えるようになったのです。


次のテーマでは、Instagramを活用するメリットを解説していきます。



Instagramを使うメリット



それではInstagramを使うメリットを解説していきます。


今回紹介するのは以下の4つです。

  • 無料でプロアカウントを使える

  • 画像を使って視覚的に伝えられる

  • ユーザーと交流しやすい

  • ハッシュタグで見つけてもらえる

一つひとつ解説します。


無料でプロアカウントを使える

1つ目のメリットは無料でプロアカウントを使えることです。

個人アカウントでは利用できない機能を使えるようになります。

具体的には以下の機能が使えますよ。

  • 電話・メールアドレスなどの情報を設置

  • アクセス解析が可能

  • 広告の出稿ができるようになる(有料)

  • ショッピング機能

とくにアクセス解析の利用は集客に役立つので、大きなメリットですね。

アクセス解析をすると「本当にユーザーの求めている投稿をしているか」「方向性は正しいのか」が分かります。

アクセス解析をして、正しく情報を発信し、根強いファンの獲得も狙えますよ。

Instagramで集客をする場合は、プロアカウントに設定しましょう。


画像を使って視覚的に伝えられる

Instagramは画像や動画を用いて、視覚的に伝えられます。

なぜ、画像や動画の方が良いのかというと、人間が受け取る情報の8割は視覚から入るからです。

画像や動画は、情報の「視認性」や「浸透性」が高いこともあり、テキストの約9万倍の早さで処理できると言われています。

Instagramを活用し、ユーザーの視覚に訴えるコンテンツを作成すれば、印象に残り集客ができますよ。

以下のような企業がInstagramを活用し、成功しているので是非参考にしてみてください。


ユーザーと交流しやすい

コメント欄やDMからユーザーと交流しやすいのも、Instagramを使うメリットです。


なぜなら、密なコミュニケーションが取れることはもちろん、質問などに丁寧に対応することで好感度が上がるから。

良い対応をすれば、信頼度も上がり、ファンの獲得も狙えますよ。


コメント欄での対応は、コメントをしたユーザー以外も閲覧できるので、丁寧な対応を常に心がけましょう。


ハッシュタグで見つけてもらえる

ハッシュタグを活用できるのも、Instagramを利用するメリットです。


ハッシュタグは「#」で表記され、タップすると同じハッシュタグを使った投稿が表示されます。


Instagram内では、ハッシュタグが検索キーワードになるので、集客をするためには非常に重要な役割です。

なぜなら、Instagramは画像や動画のコンテンツがメインであるため、言葉での検索難易度が高いと言えます。

そこで、コンテンツに関連したハッシュタグを使うことで、見つけてもらいやすくなるのです。


また、自社商品やサービスをハッシュタグに利用し、ユーザーが広めてくれれば、今以上に広めることもできますよ。



Instagramで効果的な集客をするポイント6つ



ここでは、Instagramで効果的な集客をするポイントを6つ紹介します。

今回紹介する項目は以下のとおりです。

  • 運用の目的を設定する

  • 投稿に統一感を持たせる

  • 位置情報(ジオタグ)の設定

  • リールを活用する

  • Instagram広告を活用する

  • インフルエンサーに紹介してもらう

一つひとつ解説します。


運用の目的を設定する

効果的な集客をするために、運用の目的をはっきりさせましょう。

なぜなら、目的によって狙うべきターゲットや戦略が変わるからです。

例えば以下のような目的を設定します。

  • Instagramから商品を購入してもらいたい

  • アクセス数を増やして認知されたい

  • 店舗に足を運んでもらいたい

上記のように、各々異なって目的に合わせて施策を行います。

目的を設定することで、一貫したコンテンツを発信できるので、運用を始める前に決めておくことをおすすめします。


投稿に統一感を持たせる

投稿に統一感を持たせることも大切ですよ。

Instagramにおける統一性とは、画像や動画のテーマや色使い、雰囲気などから独自の世界観を伝えることです。


統一感を出すと、伝えたいことや強みなどがユーザーに伝わり、フォロワー数やアクセスも上昇します。

実際に、有名な企業などは統一感を出した投稿を日頃からしていますね。


統一感があると「次はどんな投稿をするんだろう」と期待感が増し、魅力的なコンテンツが作れますよ。


位置情報(ジオタグ)の設定

位置情報の設定を行い、信頼感を与えましょう。


位置情報は、個人アカウントでは利用できず、プロアカウントで利用できるようになります。

「位置情報なんて集客に関係するの?」と思うかもしれませんが、信頼性と店舗への集客に効果的です。


位置情報を付けるのは不安かもしれませんが、店舗にお客様を呼び込みたい場合は設定したほうが良いですよ。

ただし、個人のビジネスの場合、自宅などの漏洩には十分に注意しましょう。


リールを活用する

リールとは、30秒以内の短い動画を作成できる機能です。

BGMやテキストを追加して、視覚的にも聴覚的にも楽しめるコンテンツを作成できます。


画像と違い、音声で説明が可能なので、商品やサービスの魅力をより明確に伝えられますよ。


自社のイメージに合わせてリールを作成することで、ユーザーに認識してもらい、集客に効果が現れます。

リールは、ストーリーズ投稿とは異なり、投稿したら削除するまで消えないので、発信する内容や統一感を考える必要があるので注意してください。


Instagram広告を活用する

Instagram広告を活用して集客できます。

Instagram広告を活用するメリットは以下のとおりです。

  • フォロワー以外の人にも知られるようになる

  • 年齢・興味関心・性別などからターゲットを絞り込める

  • 広告っぽさが少なく自然に見える

  • 数百円から広告がうてるので低予算で始められる

フォロワー以外にも見てもらえるので、集客に効果が出る可能性が高くなります。

低予算で始められるため、個人でも活用できますよ。


インフルエンサーに紹介してもらう

インフルエンサーに紹介してもらうのも、集客をするうえで一つの手ですよ。

俗に言う「インフルエンサーマーケティング」ですね。


知名度のあるインフルエンサーに、自社商品を紹介してもらうことで、集客に効果があります。


ただし、案件であることを明記しないと「ステルスマーケティング(ステマ)」と認識され、炎上する可能性もあります。

大きなメリットがある反面、注意も必要です。

インフルエンサーに投稿を依頼する際は、PRであることを投稿内に表記してもらうようにしましょう。


Instagramで集客する際の注意点4つ



最後に、Instagramで集客する際の注意点を4つ紹介します。

今回紹介するのは以下のとおりです。

  • 大量の「いいね」に注意する

  • 投稿に統一感がない

  • フォローバック目的のフォローはしない

  • 広告感を前面に出さない

それでは解説します。


大量の「いいね」に注意する

大量の「いいね」を押すことには注意が必要です。


短時間に大量の「いいね」を押すと、一定期間「いいね」が利用できなくなります。

上限の目安ですが「1日1000件」「1時間100件前後」と言われています。


「いいね」を押しすぎるとInstagramの運営から、スパムアカウントと認定されてしまうので、集客に効果的ではありません。

逆に、ユーザーからも不審に思われてしまいます。


適度な「いいね」を押して、ユーザーとの交流を図りましょう。


投稿に統一感がない

投稿に統一感がないと、コンセプトや魅力が伝わりにくいので注意しましょう。


極端な例ですが、飲食店のアカウントに、電子機器の商品紹介などが投稿されたら違和感がありますよね。

統一感を持たせ、魅力的なコンテンツの作成が重要です。


フォローバック目的のフォローはしない

フォローバック目的のフォローはしないようにしましょう。


なぜなら、集客や売上には繋がらないからです。

一時的にフォロワー数が増加するかもしれませんが、集客や売上には繋がりません。


関連がありそうな人をフォローし、フォローされたら解除するような行為を繰り返すと、不信感を抱かれてしまいます。

そのため、フォローバック目的のフォローは控えましょう。


広告感を前面に出さない

広告を強調しすぎないように注意しましょう。

広告を前面に出す投稿は、ユーザーに好まれない傾向があるからです。


近年、様々な場面で広告を見るようになったため、ユーザーはうんざりしているでしょう。

広告感が出過ぎないようにさりげない内容の投稿を工夫することが大切です。



まとめ

Instagramをビジネスで利用し、集客を行う必要があることが分かったと思います。

最後に、Instagramで効果的な集客をするポイントを振り返っていきましょう。

  • 運用の目的を設定する

  • 投稿に統一感を持たせる

  • 位置情報(ジオタグ)の設定

  • リールを活用する

  • Instagram広告を活用する

  • インフルエンサーに紹介してもらう

Instagramを効果的に運用し、ビジネスの集客や売上に繋げましょう。



Instagramでの集客でお悩みの方は株式会社プロパゲートにご連絡を

「Instagramでどう集客すればいいかわからない。広告や自動運用ツールを使うも、全然集客できない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!

Webマーケティングのプロフェッショナルが最適なプランを提案させて頂きます。



株式会社プロパゲートは中小企業・個人事業主に特化して、Web制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です


Instagramでの集客を結果にコミットする体制でサポートしております。

自社サービスの集客に特化したInstagram運用ならプロパゲートにお任せください。