top of page

TikTok広告をマスター!TikTok広告ガイドライン完全解説




TikTok広告ポリシーとガイドラインの基本的な概要


TikTok広告をマスターする第一歩は、その広告ポリシーとガイドラインを理解することから始まります。

このセクションでは、TikTok広告の基本的なガイドラインを完全解説し、広告運用代行サービスを検討している企業や個人事業主が避けるべき落とし穴と、成功に導くための推奨事項に焦点を当てます。


TikTok広告の基本ポリシー

TikTokは、そのプラットフォーム上で提供される広告に関して、厳格なガイドラインを設けています。

これらのガイドラインは、ユーザー体験を守り、安全でポジティブなコンテンツを促進することを目的としています。

広告ポリシーは主に、適法性、誠実性、安全性に関するルールをカバーしており、広告主はこれらの基準を満たす必要があります。


適法性

すべての広告コンテンツは、配信される国や地域の法律や規制に準拠している必要があります。

これには、特定の製品やサービスに関する法的制限や年齢制限が含まれる場合があります。


誠実性

広告主は、誤解を招く表現や不正確な情報を避け、透明性をもって製品やサービスを宣伝する必要があります。

虚偽の主張や誤解を招く可能性のあるコンテンツは厳しく禁止されています。


安全性

TikTokは、ユーザーが安全にプラットフォームを利用できる環境を重視しています。

そのため、暴力的、攻撃的、または差別的な内容を含む広告は許可されていません。


広告コンテンツの禁止事項

TikTokの広告ポリシーでは、特定の製品やサービスの宣伝が禁止されています。

これには、たばこ製品、薬物、武器、成人向けコンテンツなどが含まれます。

また、ユーザーに害を与える可能性のある不適切なコンテンツも禁止されています。


推奨事項

成功した広告キャンペーンを実施するためには、TikTokのガイドラインに従いながら、クリエイティブでユニークなアプローチを取ることが推奨されます。

ユーザーの関心を引き、エンゲージメントを促進するためには、ターゲットオーディエンスの好みや興味に合わせたコンテンツを作成することが重要です。


弊社の広告運用代行サービスでは、これらのガイドラインを厳守しながら、お客様のビジネス目標を達成するための効果的な広告戦略を提供しています。

専門知識と豊富な経験を活かし、ガイドラインに準拠した広告コンテンツの制作から運用、最適化までを一手に担います。





広告コンテンツに関する禁止事項と推奨事項


TikTok広告を成功させるためには、効果的な広告コンテンツを作成することが重要ですが、それと同時にTikTokの広告ポリシーとガイドラインを理解し、遵守することが必須です。

このセクションでは、広告コンテンツに関する禁止事項と推奨事項に焦点を当て、TikTok広告でより高い成果を出すための指針を提供します。


禁止事項

・不適切なコンテンツ: 性的に露骨、暴力的、または差別的な内容は厳しく禁止されています。これは、ユーザーの安全を守るTikTokの基本方針に基づくものです。

・虚偽の主張: 製品やサービスに関する虚偽または誇大な主張をする広告は受け入れられません。透明性と誠実さが求められます。

・知的財産の侵害: 他者の著作権、商標、その他の知的財産権を侵害する広告は禁止されています。


推奨事項

・クリアなメッセージング: ユーザーが一目で理解できるような明確で簡潔なメッセージを心がけてください。TikTokは短時間で情報を伝えるプラットフォームです。

・魅力的なビジュアル: 目を引くビジュアルや動画を使用して、視聴者の注意を引きつけましょう。創造的でユニークなコンテンツが、より多くのエンゲージメントを生み出します。

・適切なCTA: ユーザーに何をしてほしいのかを明確に伝えるコールトゥアクション(CTA)を設定してください。例えば「今すぐ購入」「もっと詳しく知る」などがあります。


ガイドラインを遵守するためのヒント

・ポリシーの定期的な確認: TikTokの広告ポリシーは更新されることがあるため、定期的に最新の情報を確認し、遵守しているかどうかをチェックしましょう。

・事前検証を利用する: 不確実な場合は、TikTokに広告コンテンツを事前に検証してもらうことも可能です。これにより、公開後の問題を避けることができます。

・クリエイティビティと規範のバランス: ガイドラインを守りつつも、クリエイティブなアプローチを忘れないようにしましょう。規則内で最大限に創造性を発揮することが成功の鍵です。


TikTok広告のガイドラインを理解し遵守することは、ブランドの信頼性を保ち、ユーザーにポジティブな印象を与えるために不可欠です。

これらの基準を遵守することで、TikTok上での広告活動を最大限に活用し、目標達成につなげることができるでしょう。



ガイドライン違反を避けるためのチェックリスト


TikTok広告キャンペーンを立ち上げる際、ガイドライン違反を避けることはキャンペーンの成功に直結します。

以下のチェックリストは、広告がTikTokのポリシーに準拠していることを確認するためのガイドとなります。


1. コンテンツの適切性

不適切なコンテンツが含まれていないか:暴力的、性的、差別的な表現や、薬物使用を助長する内容がないことを確認します。

誤解を招く情報の排除:事実に基づかない情報や誇大広告が含まれていないことを確認します。


2. ターゲット設定

適切な年齢層にターゲットを設定:製品やサービスに応じて、適切な年齢層をターゲットに設定しています。

地域制限の遵守:法律や規制によって特定の地域で禁止されている商品やサービスを対象外にしています。


3. 著作権と商標

著作権侵害のないコンテンツ:他者の著作物を無断で使用していないことを確認します。

商標権の尊重:他者の商標を不正に使用していないことを確認します。


4. 広告フォーマットと技術要件

推奨されるビデオフォーマットの使用:TikTokが推奨するビデオフォーマット、解像度、長さに準拠していることを確認します。

適切なCTAの使用:ユーザーを適切なアクションに導くためのクリアなコールトゥアクションが含まれていることを確認します。


5. 透明性と誠実さ

透明性のある広告主表示:広告主が明確に表示され、ユーザーが広告内容を理解しやすい形式になっていることを確認します。

製品やサービスの正確な説明:誤解を招かない、正確で誠実な製品やサービスの説明がなされていることを確認します。


このチェックリストを使用することで、広告がTikTokのガイドラインを遵守しているかを効率的に確認し、問題がある場合は事前に修正することが可能です。

ガイドラインに準拠した広告コンテンツを作成することは、長期的な広告キャンペーンの成功に繋がり、TikTok内でのブランドの信頼性を高めます。





クリエイティブな広告を作成しながらルールを守るコツ


TikTok広告で成功を収めるためには、創造性を発揮しつつもプラットフォームのガイドライン内で動く必要があります。

以下に、クリエイティブな広告を作成しながらルールを守るためのコツを紹介します。


1. ターゲットオーディエンスを深く理解する

・研究:ターゲットオーディエンスの好み、行動パターン、TikTokでの活動時間などを徹底的に研究します。

・パーソナライズ:この情報を用いて、視聴者に共感や関心を喚起するパーソナライズされたコンテンツを作成します。


2. トレンドを活用する

・トレンドの追跡:TikTokのトレンドやバイラルになっているトピックを常にチェックし、それらを自分の広告戦略に取り入れます。

・適応性:しかし、トレンドを利用する際は、ブランドのイメージやメッセージングと一致していることを確認します。


3. 創造性を発揮する

・ユニークなアイデア:他とは異なるユニークなアプローチを考え、実行に移します。これにより、広告は視聴者の記憶に残りやすくなります。

・ストーリーテリング:製品やサービスのストーリーを語ることで、視聴者との感情的なつながりを築きます。


4. ガイドラインに準拠したコンテンツ作成

・明確なメッセージ:広告メッセージは明確で、誤解の余地がないようにします。

・適切な表現:プラットフォームのガイドラインに沿った、適切な言葉遣いや画像を使用します。


5. 効果的なビジュアルとオーディオ

・視覚的魅力:鮮やかな色使い、興味を引くビジュアル、動きのあるエフェクトを使って、視聴者の注意を引きつけます。

・オーディオの活用:TikTokは音楽やサウンドエフェクトが非常に重要なプラットフォームです。適切なオーディオを選択し、広告の雰囲気やメッセージを強化します。


6. テストと最適化

・A/Bテスト:異なるクリエイティブバージョンで広告をテストし、最もパフォーマンスが良いものを見つけ出します。

・データに基づく調整:キャンペーンのデータを分析し、改善点を見つけて適応します。


これらのコツを実践することで、TikTokのガイドラインを遵守しながらも、目を引くクリエイティブな広告を作成することが可能です。

創造性とルールのバランスを取りながら、ブランドのメッセージを効果的に伝えましょう。





ガイドラインを守りながら成果を出す!弊社サービス「SPARK BUZZ」


TikTok広告の世界では、ガイドラインを遵守しつつも目立つ成果を出すことが求められます。

弊社の広告運用代行サービスは、このバランスをどのように実現しているのでしょうか?以下にその秘訣を紹介します。


1. 綿密なガイドライン研究と更新の追跡

・最新の情報に基づく運用:弊社では、TikTokの広告ポリシーとガイドラインを常に最新の状態で把握しています。

変更があれば迅速に対応し、クライアントの広告キャンペーンが常にルール内で運用されるよう努めます。


2. クリエイティブチームとの連携

・創造性と規則のバランス:クリエイティブチームは、ガイドラインを守りながらも、目を引く広告を制作するために、常に革新的なアイデアを考案しています。このプロセスには、マーケティングチームとの綿密な連携が含まれます。


3. リスク管理と事前チェック

・ガイドライン違反の回避:提案された広告コンテンツは、公開前に複数のチェックポイントを通過します。これにより、ガイドライン違反のリスクを最小限に抑え、承認プロセスの遅延や広告の取り下げを防ぎます。


4. サポート

・クライアントの理解促進:弊社では、クライアントがTikTok広告のガイドラインを理解し、自らのキャンペーンに適用できるよう、サポートを提供しています。これにより、クライアント自身もルールに従った広告制作の重要性を理解し、実践できるようになります。


5. 成果指向の戦略

・効果的なターゲティングと最適化:ガイドラインを守りながらも、効果的なターゲティングと広告の最適化によって、高いROIを実現します。これは、広告運用の各ステップで得られたデータを基に、継続的な改善を行うことによって達成されます。


6. カスタマイズされたレポーティング

・透明性と成果の報告:クライアントに対して、運用の透明性を確保し、定期的なレポートを提供します。これにより、ガイドラインを守った上でのキャンペーンの成果を明確に示し、今後の戦略のための貴重な洞察を提供します。


弊社の広告運用代行サービスは、TikTokのガイドラインを厳守しながらも、クライアントに最大の成果をもたらすために、これらの原則に基づいて運用されています。

クリエイティビティと規則をバランスよく組み合わせることで、TikTok上でのブランドの成功を実現します。



TikTokの広告運用でお悩みの方株式会社プロパゲートにご連絡を


「TikTokで集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


企画/動画編集/広告運用まで一気通貫でサポート。

1動画当たりの再生回数10万回を保証させて頂きます。

ただの運用ではなく、結果にコミットするTikTok運用をご提案します。



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。


500社以上の集客支援をしてきた自社の強みを活かし、一つの動画で価値を伝えきる企画設計・動画編集・キャスティングを実行させて頂きます。

月間300件以上の問い合わせ(1件あたり1,059円)実績や、再生数300万など実績多数。


自社サービスの集客に特化したTikTok広告運用ならプロパゲートにお任せください。


【URL】

【TEL】

03-6824-7712

【会社所在地】

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目5−6 H¹O 渋谷神南 702

【取り組み実績】



Comments


bottom of page