top of page

サブスク型ホームページ制作でのテンプレートの選定と活用法




サブスク型ホームページ制作とは


サブスク型ホームページ制作の概要

サブスク型ホームページ制作サービスは、近年特に注目を集めているウェブサイト制作のアプローチです。

このモデルでは、顧客は初期費用を大幅に削減し、または全く支払わずにホームページを立ち上げることが可能です。

代わりに、月額または年間契約を通じてサービス提供者に支払いを行います。

この方式の最大の利点は、低予算でもプロフェッショナルなウェブサイトを速やかに立ち上げられる点にあります​​。


サブスク型サービスの提供者は通常、テンプレートベースのデザインを数多く提供しており、顧客はこれらのテンプレートから選択して、独自のコンテンツやブランド要素を加えることで、オリジナルのウェブサイトを構築できます。

一部のサービスでは、よりカスタマイズ性の高いオプションも提供されていますが、これらは追加費用が発生する場合があります。


また、サブスク型ホームページ制作サービスを利用するもう一つのメリットは、定期的なメンテナンスやセキュリティの更新をサービス提供者が担う点です。

これにより、技術的な知識がないビジネスオーナーやマーケティング担当者でも、ウェブサイトを効果的に運用し続けることができます​​。


しかし、このモデルにはいくつかのデメリットもあります。

特に、デザインや機能の面で制限が多いこと、契約を解除した際にウェブサイトをそのまま保持できない場合があること、長期にわたってサービスを利用すると総コストが高くなる可能性があることが挙げられます​。


サブスク型ホームページ制作サービスは、特にスタートアップや小規模ビジネス、または迅速にオンラインプレゼンスを構築したい企業にとって魅力的な選択肢です。

しかし、サービスを選択する際には、短期的な利便性と長期的なコストや柔軟性のバランスを慎重に検討することが重要です。


テンプレートを使用するメリットとデメリット

サブスクホームページ制作の際にテンプレートを使用することは、多くのビジネスオーナーにとって魅力的な選択肢です。

テンプレートを利用することで、時間やコストを削減しつつ、プロフェッショナルなウェブサイトを構築することが可能になります。

しかし、このアプローチにはメリットだけでなくデメリットも存在します​。


メリット

・コストの削減

テンプレートを使用する最大の利点は、カスタムデザインに比べてコストを大幅に削減できることです。特に、スタートアップや小規模ビジネスにとっては、このコストパフォーマンスは大きな魅力となります。


・ホームページ作成スキルが不要

テンプレートを使用すれば、HTMLやCSSなどの専門的なコーディングスキルがなくても、直感的な操作でウェブサイトを構築できます。これにより、技術的な背景がない人でも簡単にウェブサイトを開設できるようになります。


・迅速なウェブサイト立ち上げ

テンプレートを活用することで、ウェブサイトの開設が迅速に行えます。デザインがあらかじめ用意されているため、コンテンツを追加するだけでサイトを公開できるのです。


デメリット

・デザインの差別化が難しい

テンプレートは多くのユーザーに利用されるため、ウェブサイトが似通ったデザインになりがちです。これにより、他の競合から差別化を図ることが難しくなる可能性があります。

・機能制限

テンプレートには、使用できる機能やカスタマイズの自由度に制限がある場合が多いです。高度な機能や独自のデザインが必要な場合、テンプレートの範囲を超える必要があります。

・クレジット表記の削除に費用がかかる

多くの無料テンプレートでは、ウェブサイトのフッターにテンプレート提供元のクレジット表記が必要です。これを削除するには追加料金が発生することがあります。


テンプレートを使用する際は、これらのメリットとデメリットを十分に考慮し、ビジネスのニーズに最適な選択をすることが重要です。

特にブランドイメージを大事にしたい企業は、テンプレートの制限を理解し、場合によってはカスタムデザインへの投資も検討すべきでしょう。





サブスク型ホームページ制作のメリット


初期費用の削減

サブスク型ホームページ制作サービスを選択する最大の理由の一つは、間違いなく初期費用の削減にあります。

従来のウェブサイト制作では、デザインや開発にかかる費用、さらにはサーバーの設定や保守など、立ち上げ初期段階で多額の投資が必要となる場合が一般的です。

これに対し、サブスク型サービスでは、これらの初期費用を大幅に抑えることが可能です。


サブスク型サービスの多くは、月額固定料金でサイトの構築から運用、メンテナンスまでをカバーしています。

初期費用が抑えられる主な理由は、開発にかかる時間とリソースの削減、そしてテンプレートや既存のフレームワークの活用によるものです。

これにより、特に資金調達が限られているスタートアップ企業や、予算を抑えて素早くマーケットに参入したい中小企業にとって、非常に魅力的なオプションとなっています​ 。


さらに、サブスク型サービスでは、ウェブサイトの立ち上げだけでなく、定期的なアップデートやセキュリティ対策などの継続的な管理もサービスプロバイダが担当します。

これにより、ウェブサイトの品質を維持しながらも、内部リソースを他の重要な業務に集中させることができます。


初期費用の削減は、特に資金の制約が大きな課題となっている企業にとって、サブスク型ホームページ制作サービスを選択する決定的な理由となるでしょう。

低コストでのスタートに加え、運用費用の予測可能性が高まることは、事業計画を立てやすくする重要な要素です。


専門知識が不要であること

サブスク型ホームページ制作サービスのもう一つの大きなメリットは、専門知識が不要であることです。

ウェブサイトを一から作成する場合、HTML、CSS、JavaScriptなどのプログラミング言語や、SEO(検索エンジン最適化)、UX(ユーザーエクスペリエンス)デザインに関する知識が必要となります。

しかし、サブスク型サービスでは、これらの専門知識がなくても、直感的な操作やテンプレートを用いてプロフェッショナルなウェブサイトを構築できるようになっています​​。


テンプレートベースのデザインとドラッグ&ドロップのインターフェースを提供することで、ユーザーは技術的な背景がない場合でも、簡単にウェブサイトのレイアウトを調整し、コンテンツを追加することができます。

さらに、多くのサブスク型サービスでは、SEO対策が施されたテンプレートを用意しており、検索エンジンでの可視性も考慮されています​。


サブスク型サービスの提供するサポート体制も、専門知識がないユーザーにとっては大きな利点です。

問題が発生した際には、サービスプロバイダーのカスタマーサポートに相談できるため、技術的な問題に直面しても迅速に解決することが可能です。

また、定期的なアップデートやセキュリティ対策が自動で行われるため、ウェブサイトの維持管理に関する知識や作業が不要となります​。


専門知識が不要であることは、特に非技術者やリソースが限られている中小企業にとって、サブスク型ホームページ制作サービスを魅力的な選択肢にしています。

簡単に、かつ効率的にオンラインプレゼンスを確立できることは、デジタル時代におけるビジネス成功の重要な鍵となるでしょう。


メンテナンスと運用の委託可能性

サブスク型ホームページ制作サービスを利用するもう一つの重要なメリットは、メンテナンスと運用の委託可能性です。

ウェブサイトの運営には、定期的な更新、セキュリティ対策、トラブルシューティングなど、継続的な管理作業が必要となります。

これらの作業は専門的な知識を要し、また時間もかかります。しかし、サブスク型サービスでは、これらの作業をサービス提供者が代行してくれるため、企業はウェブサイトの運営に関わる負担を大幅に軽減できます。


メンテナンスサービスの包括性

サブスク型サービスでは、ウェブサイトのセキュリティ更新やバグ修正など、技術的なメンテナンスが定期的に実施されます。

これにより、ウェブサイトが常に最新の状態を保ち、セキュリティリスクに対しても強固な防御を維持することができます。

また、ウェブ技術の進化に伴う新機能の追加や性能改善も、サービスプロバイダーによって行われるため、ウェブサイトを常に最先端の状態に保つことが可能です​。


運用サポートの利点

サブスク型ホームページ制作サービスを利用することで、コンテンツの更新や新規ページの追加など、ウェブサイトの日々の運用に関する作業もサービス提供者に委託することができます。

これにより、企業は自社のリソースを他の重要な業務に集中させることができ、効率的なビジネス運営を実現することが可能になります。

さらに、専門的なウェブマーケティングやSEO対策の支援を受けることで、ウェブサイトのパフォーマンスを最大化し、オンラインでのビジネス成果を向上させることも可能です。


サブスク型ホームページ制作サービスを利用することで得られるメンテナンスと運用の委託可能性は、特にリソースや専門知識が限られている中小企業にとって大きなメリットとなります。

このようなサービスを活用することで、企業はウェブサイトの品質とセキュリティを維持しつつ、ビジネスの核心に集中することができるようになります。



テンプレートを活用する際の注意点


デザインの差別化の難しさ

サブスク型ホームページ制作サービスの使用における大きな課題の一つは、デザインの差別化の難しさです。

テンプレートを基にしたウェブサイト構築は時間とコストを削減する大きなメリットがありますが、その反面で、他の多くのウェブサイトと見た目が似てしまいがちというデメリットも存在します​ ​。


差別化の難しさの理由

・テンプレートの共通使用

サブスク型サービスで提供されるテンプレートは、多数のユーザーによって使用されます。これにより、異なるビジネスやブランドであっても、ウェブサイトの基本的な構造やデザインが似通ってしまう可能性があります。


・カスタマイズの制限

多くのサブスクサービスでは、テンプレートのカスタマイズ範囲には限界があります。特定のフォントの使用や色のカスタマイズは可能ですが、レイアウトやデザインの根本的な変更は困難な場合が多いです。これにより、ブランド固有のアイデンティティを表現することが難しくなります。


差別化を図るための方法

デザインの差別化を図るためには、以下のようなアプローチが有効です。


・カスタマイズ機能の最大活用

利用可能なカスタマイズオプションを最大限に活用して、ブランド色を反映させる、独自のフォントを使用するなど、他とは異なるデザイン要素を取り入れることが重要です。


・プロのデザイナーとの協力

テンプレートの基本的な枠組みを使用しつつ、プロのデザイナーによるカスタムデザインの要素を追加することで、独自性のあるウェブサイトを構築することも一つの方法です。


・コンテンツで差別化を図る

デザインだけでなく、コンテンツの質や独自性に注力することも、ウェブサイトを際立たせる効果的な手段です。高品質でユニークな記事、写真、ビデオなどを通じて、訪問者に新鮮な体験を提供しましょう。


デザインの差別化は、競争が激しいオンラインの世界において、ブランドを際立たせる上で非常に重要です。

テンプレートベースのサブスク型サービスを利用する際は、これらのポイントを踏まえ、工夫を凝らして差別化を図ることが推奨されます。


機能制限の存在

サブスク型ホームページ制作サービスを利用する際のもう一つの懸念点は、機能制限の存在です。テンプレートやプラットフォームに依存するサービスでは、利用できる機能が予め定められており、特定のニーズや要望に対応できない場合があります​。


機能制限に関する具体的な問題点

・カスタマイズの限界

サブスク型サービスでは、デザインのカスタマイズが可能でも、ウェブサイトの構造や機能を根本から変更することは困難です。

例えば、特定のユーザーインタラクションを実現したい場合や、独自のデータベースを統合したい場合など、複雑な機能を実装することが難しくなります。


・拡張性の問題

ビジネスが成長し、ウェブサイトにより高度な機能やカスタマイズが必要になった場合、サブスク型サービスの機能制限によって対応が難しくなることがあります。このような場合、プラットフォームを移行する必要が生じる可能性があり、それには追加の時間とコストがかかります。


機能制限を克服するためのアプローチ

・プラグインやアドオンの活用

一部のサブスク型サービスでは、追加のプラグインやアドオンを通じて機能を拡張できます。これらを活用することで、特定の機能制限を克服し、ニーズに合わせたカスタマイズを実現できる場合があります。


・APIの利用

提供されているAPIを利用して、外部サービスやアプリケーションとウェブサイトを連携させることで、機能を拡張する方法もあります。これにより、サブスク型サービスの基本的な枠組み内で、より柔軟な機能実装が可能になる場合があります。


・カスタム開発の検討

最終的には、ビジネスの成長と共に機能制限に直面した場合、カスタム開発への移行を検討することが必要になるかもしれません。初期投資は増えますが、長期的なビジネスの拡大とニーズに合わせた柔軟なウェブサイト運営が可能になります。


機能制限はサブスク型ホームページ制作サービスの選択を考える際に重要な検討点の一つです。

ビジネスの現在のニーズだけでなく、将来的な成長と拡張を見越した上で、サービスの選定を行うことが重要です。


クレジット表記とその削除費用

サブスク型ホームページ制作サービスや無料テンプレートを利用する際によくある問題の一つが、クレジット表記とその削除に関わる費用です。

多くの無料または低コストのウェブサイトテンプレートでは、ページのフッターにサービス提供者の名前やロゴが「Powered by」の形式で表示されます。

このクレジット表記は、テンプレートの利用条件の一部として設定されており、ウェブサイトのプロフェッショナルなイメージに影響を与えることがあります。


クレジット表記の削除費用

クレジット表記の削除は、多くの場合、追加料金が発生します。

サービスプロバイダーによっては、クレジット表記を削除するためのオプションを提供しており、その費用は数千円から数万円に及ぶことがあります。

この費用は、サービスの種類や契約条件によって異なりますが、ビジネスオーナーは自身のウェブサイトにおけるブランドの一貫性を維持するために、このオプションの利用を検討する場合があります​。


考慮すべきポイント

・プロフェッショナリズム

自社のウェブサイトからサービス提供者のクレジット表記を削除することは、ビジネスのプロフェッショナリズムを高め、訪問者に対してより信頼性のある印象を与えることができます。


・ブランディングの統一

クレジット表記を削除することで、ブランドイメージの統一性を保ち、ウェブサイト上で自社のビジュアルアイデンティティを完全にコントロールすることが可能になります。


・コスト対効果

ただし、クレジット表記の削除費用とビジネスに与える影響を天秤にかけ、投資の価値があるかどうかを慎重に検討する必要があります。特にスタートアップや小規模ビジネスの場合、限られた予算を最も効果的に使用する方法を考えることが重要です。


クレジット表記とその削除に関わる費用は、サブスク型ホームページ制作サービスを選択する際の重要な検討事項の一つです。

自社のブランド戦略と予算を総合的に考慮し、最適な決定を下すことが求められます。





ホームページ制作方法の選択


個人で制作するメリットとデメリット

ウェブサイトを個人で制作することは、サブスク型ホームページ制作サービスや制作会社を利用する代わりに選ぶことができる方法です。

このアプローチは、特定のメリットとデメリットを持ちます。


メリット

・完全なカスタマイズ性: 個人でウェブサイトを制作する最大の利点は、デザインや機能を完全にコントロールできることです。自分のニーズやビジョンに合わせて、サイトを細部までカスタマイズすることが可能になります。

・コスト削減: 初期段階で専門の制作会社を雇わなければ、特に外注費用を節約することができます。無料または低コストのウェブ開発ツールを利用することで、予算内でウェブサイトを構築できる可能性があります。

・スキルの向上: 自らウェブサイトを構築する過程で、HTML、CSS、JavaScriptなどのウェブ開発言語や、ウェブデザイン、SEOなどの重要なスキルを学ぶことができます。


デメリット

・時間と労力の要求: ウェブサイトの設計、開発、テスト、保守は時間がかかるプロセスであり、特にウェブ開発の経験が少ない場合、この作業には相当な労力が必要です。

・技術的な挑戦: カスタマイズ性が高い分、技術的な問題に直面する可能性も高くなります。特にセキュリティ対策やバックエンドの設定など、専門知識を要する領域で困難が生じることがあります。

・プロフェッショナリズムの欠如: プロのウェブデザイナーやデベロッパーの技術を持たない場合、自作のウェブサイトがプロフェッショナルな品質に欠けることがあります。これは、訪問者の第一印象やブランドイメージに影響を与える可能性があります。


ウェブサイトを個人で制作するか、サブスク型サービスや専門の制作会社を利用するかは、個々のニーズ、スキル、予算に大きく依存します。

個人での制作が最適な選択肢となる場合もあれば、特定のプロジェクトやビジネス目標を達成するためにプロフェッショナルなサポートを求める方が良い場合もあります。


制作会社に依頼するメリットとデメリット

ウェブサイトを制作会社に依頼することは、特にビジネスオーナーや個人事業主にとって一般的な選択肢です。

このアプローチは、独自の一連のメリットとデメリットを提供します。


メリット

・プロフェッショナルなデザインと機能: 制作会社にウェブサイトの開発を依頼する最大のメリットは、その専門知識と経験です。プロのデザイナーとデベロッパーは、現代的でユーザーフレンドリー、かつ機能的なウェブサイトを構築できます。これにより、訪問者に良い第一印象を与え、高いユーザーエンゲージメントを促進することができます。

・カスタマイズの柔軟性: 専門の制作会社では、クライアントの特定のニーズや要望に基づいて、完全にカスタマイズされたウェブサイトを構築できます。これには、特殊な機能や独自のデザイン要素の統合が含まれます。

・時間の節約と効率の向上: 制作会社にウェブサイトの開発を委託することで、ビジネスオーナーは自身のコアビジネスに集中することができます。プロジェクト管理と開発プロセスは制作会社が行うため、プロジェクトの進行に伴う時間的、精神的な負担が軽減されます。


デメリット

・高いコスト: プロフェッショナルなウェブサイト制作サービスの主な欠点は、そのコストです。カスタムデザインや特別な機能を備えたウェブサイトは、特に初期投資として高額な費用がかかることがあります。

・コミュニケーションの課題: 制作会社との間でのコミュニケーション不足や誤解が、プロジェクトの遅延や期待と異なる結果をもたらす可能性があります。要件やビジョンの正確な伝達は、成功への鍵となります。

・コントロールの低下: 自分自身でウェブサイトを制作する場合に比べ、制作会社に依頼するとプロジェクトに対するコントロールが低下することがあります。プロセスの各段階で意思決定に参加することは可能ですが、実際の開発作業は外部のチームに依存することになります。


ウェブサイトを制作会社に依頼するかどうかの決定は、ビジネスの目標、予算、およびプロジェクトのスコープに基づいて行う必要があります。

高いカスタマイズ性とプロフェッショナリズムを求める場合は、専門の制作会社を利用することが最適な選択かもしれませんが、コストとプロジェクト管理の側面を考慮することが重要です。





まとめ


サブスクホームページ制作の選び方

サブスクホームページ制作サービスは、ビジネスのオンラインプレゼンスを効率的に構築し、維持するための便利な選択肢を提供します。

しかし、利用するサービスを選ぶ際には、いくつかの重要な要素を考慮する必要があります。

適切なサービスを選択することで、予算内で最大限の価値を得ることができます。


1. ニーズと目標の明確化

・目的の特定: ウェブサイトを通じて達成したい目標を明確にします。リード獲得、ブランド認知度の向上、オンライン販売の促進など、具体的な目標を設定しましょう。

・必要機能のリストアップ: ウェブサイトで必要とする機能や特性をリストアップします。ブログ機能、Eコマース機能、多言語対応など、ビジネスの要件に合わせた機能が提供されているか確認しましょう。


2. サービスの比較検討

・料金プランの確認: 各サービスの料金プランを比較し、予算に合ったオプションを選びます。初期費用、月額費用、追加機能の料金など、コストに関する全ての要素を検討しましょう。

・デザインテンプレートの質と多様性: 利用可能なデザインテンプレートの質と種類を確認します。ビジネスのブランドイメージに適合する高品質なテンプレートが豊富に用意されているか確認しましょう。

・カスタマイズの柔軟性: テンプレートのカスタマイズ範囲や、特定の機能の追加が可能かどうかを確認します。将来的にビジネスが拡大した際の拡張性も考慮することが重要です。


3. サポートと保守

・カスタマーサポート: 問題が発生した際に頼れるカスタマーサポートの質を確認します。サポートの対応時間、連絡方法、言語サポートなどを確認しましょう。

・メンテナンスとアップデート: サービスが定期的なメンテナンスやアップデートを提供しているか確認します。セキュリティ対策や機能更新など、ウェブサイトの品質を維持するためのサポート体制が整っているかが重要です。


4. レビューと評判

・ユーザーレビューの確認: 既存のユーザーのレビューや評価を確認し、サービスの実際のパフォーマンスや満足度を把握します。特に問題となっている点や高く評価されている点を確認しましょう。

サブスクホームページ制作サービスを選択する際には、これらの要素を総合的に検討し、ビジネスのニーズに最も合致するサービスを選ぶことが重要です。適切なサービスを選択することで、効果的なオンラインプレゼンスの構築と維持が可能になります。


最適なテンプレートの選定方法

サブスクホームページ制作サービスを使用する際、適切なテンプレートを選択することはウェブサイトの成功において重要な要素です。

以下に、最適なテンプレートを選定するためのステップを紹介します。


1. ブランドイメージと一致させる

・ブランドのアイデンティティ: ブランドの色、ロゴ、フォントスタイルなどのビジュアル要素を反映できるテンプレートを選びましょう。ウェブサイトはブランドのオンライン上の顔となるため、ブランドイメージに合致するデザインが必要です。

・ビジュアルスタイル: 現代的、伝統的、プロフェッショナル、クリエイティブなど、求めるビジュアルスタイルにマッチするテンプレートを選択します。


2. 必要な機能と互換性を確認

・必要な機能: ウェブサイトで実現したい機能(Eコマース、ブログ、ギャラリーなど)をリストアップし、それらをサポートするテンプレートを選びましょう。

・拡張性: 事業の成長や変化に伴い、将来的に必要となる機能を追加できる柔軟性があるテンプレートを選択します。


3. ユーザーエクスペリエンスを優先する

・ナビゲーション: 訪問者が求める情報を簡単に見つけられる直感的なナビゲーションを持つテンプレートを選びましょう。

・レスポンシブデザイン: モバイルユーザーも含め、すべての訪問者に適したユーザーエクスペリエンスを提供するレスポンシブデザインのテンプレートを選択します。


4. SEOとの互換性を確認

・SEOフレンドリー: 検索エンジンでの可視性を高めるため、SEOフレンドリーな構造を持つテンプレートを選びます。メタタグのカスタマイズや、速度最適化が施されたテンプレートが望ましいです。


5. レビューと評価を参考にする

・ユーザーレビュー: 他のユーザーのレビューや評価を参考にして、テンプレートの実際のパフォーマンスや問題点を確認します。

・デモサイト: 可能であれば、テンプレートのデモサイトを確認して、実際の見た目や動作をチェックしましょう。


最適なテンプレートを選定することは、目的に合った効果的なウェブサイトを構築するための第一歩です。

これらのステップを踏むことで、ビジネスのニーズに最も適したテンプレートを選択することができます。



月額制ホームページ制作は株式会社プロパゲートにご連絡を

「月額制ホームページ制作を利用したいけど、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


制作費無料・月々9800円の定額ホームページ。LINEで専属サポート!全国対応!

月5回まで無料で修正可能、追加料金無し。最短2週間で納品可能。年間制作実績1,000社超。

株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行する会社です。

ホームページの制作費用は基本無料。月額9,800円〜で運用も代行します。

ホームページ制作においては取材・撮影・デザイン・文章作りなど、必要な全てをお任せ頂け、全て無料です。

更新も、メール・電話・LINEを頂ければ即対応。制作後のマーケティング運用まで行います。


【URL】

【TEL】

03-6824-7712

【会社所在地】

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目5−6 H¹O 渋谷神南 702

【制作実績】



Comments


bottom of page