top of page

Google広告リマーケティングの完全ガイド|効果的な設定方法と最適化ポイント




Google広告リマーケティングとは


リマーケティングの定義と概要

リマーケティングとは、既に自社のウェブサイトを訪れたユーザーに対して再度アプローチを行う広告手法です。

この手法は、訪問者が再びサイトに戻ってきてコンバージョン(購入や問い合わせなど)を達成する可能性を高めることを目的としています。


リマーケティング広告の仕組みは、まず訪問者のデータを収集することから始まります。

サイトに訪れたユーザーに対して、特定のタグ(リマーケティングタグ)を埋め込むことで、その後も追跡が可能になります。

このタグによって、ユーザーがどのページを訪問したか、どのような行動を取ったかを記録し、その情報を基に広告を配信します。


リマーケティングは、訪問者の行動履歴を基にした広告配信が可能なため、通常の広告に比べて高い効果を期待できます。

特に、購買意欲の高いユーザーを対象にすることで、広告費用対効果を最大化することができます。


リマーケティングとリターゲティングの違い

リマーケティングとリターゲティングは、基本的には同じ手法を指す用語ですが、使用される広告プラットフォームによって呼び方が異なります。


リマーケティングは主にGoogle広告で使用される用語です。

Google広告では、ユーザーが一度訪れたウェブサイトに再度訪問してもらうための広告をリマーケティング広告と呼びます。


リターゲティングはYahoo!やFacebook広告などで使用される用語です。

これらのプラットフォームでも、同様に一度訪問したユーザーに対して再度アプローチを行う広告手法をリターゲティング広告と呼びます。


どちらの用語も、ユーザーが特定のウェブサイトを訪問した際にクッキーを使用してそのユーザーを追跡し、後にそのユーザーが他のウェブサイトを閲覧しているときに関連する広告を表示することを指します。

この手法により、広告主は興味を持ったユーザーに対してよりパーソナライズされた広告を配信することができ、コンバージョン率の向上を目指すことができます。


Google広告リマーケティングの種類

Google広告リマーケティングには、いくつかの種類があり、それぞれ異なるユーザーに対して効果的にアプローチする方法を提供します。


標準リマーケティング

標準リマーケティングは、自社のウェブサイトを訪問したユーザーに対して広告を表示する方法です。

ユーザーが他のサイトを閲覧しているときに、バナー広告などを通じて再度アプローチします。


動的リマーケティング

動的リマーケティングでは、ユーザーの行動に基づいて自動的にカスタマイズされた広告を表示します。

たとえば、特定の商品ページを閲覧したユーザーに対して、その商品や関連商品を広告として表示することができます。


検索広告リマーケティング

検索広告リマーケティングは、過去に自社サイトを訪問したユーザーがGoogle検索を行った際に、再度広告を表示する方法です。

これにより、ユーザーが再度検索を行う際に自社を思い出しやすくなります。


動画リマーケティング

YouTubeなどの動画プラットフォームで、自社の動画やチャンネルを訪れたユーザーに対して広告を表示します。

これにより、動画を視聴したユーザーに対して関連性の高い広告を提供できます。


アプリリマーケティング

自社のアプリを使用したユーザーに対して広告を表示します。

アプリ内で特定の行動を取ったユーザーや、アプリを一定期間利用していないユーザーに再度アプローチすることが可能です。


これらのリマーケティング手法を組み合わせることで、さまざまなユーザーに対して効果的に再アプローチすることができ、コンバージョン率を向上させることができます。





Google広告リマーケティングの設定方法


タグの取得と設置方法

リマーケティングを行うための最初のステップは、Google広告のタグを取得し、自社のウェブサイトに設置することです。


Google広告アカウントにログイン

まず、Google広告のアカウントにログインします。

ログイン後、右上の「ツールと設定」メニューをクリックし、「オーディエンスマネージャー」を選択します。


タグの取得

「オーディエンスマネージャー」内で、「Google広告タグ」を選択し、「詳細」ボタンをクリックします。

ここで「タグの取得」を選び、タグのコードをコピーします。


タグの設置

取得したタグをウェブサイトのすべてのページに設置します。

具体的には、HTMLファイルの</head>タグの直前にこのコードを貼り付けます。

もし、HTMLファイルの編集が難しい場合は、ウェブ担当者や開発チームに依頼しましょう。


タグの確認

タグが正しく設置されているかを確認するために、再び「オーディエンスマネージャー」に戻り、「Google広告タグ」の「詳細」をクリックします。

「オーディエンスソースは、過去24時間アクティブです」と表示されていれば、タグが正常に機能しています。


タグの設置が完了すれば、次に進み、リマーケティングリストの作成を行います。

このリストに基づいて、訪問者に対する広告配信が可能となります。


リマーケティングリストの作成

リマーケティングリストを作成することで、特定の行動を取ったユーザーに対して再度アプローチすることが可能になります。

以下の手順でリストを作成しましょう。


オーディエンスマネージャーにアクセス

Google広告のアカウントにログイン後、再度「ツールと設定」メニューから「オーディエンスマネージャー」を選択します。


リマーケティングリストの作成開始

オーディエンスマネージャー内で、「オーディエンス」を選択し、青いプラスマークのアイコン「オーディエンスを作成」をクリックします。


オーディエンス名の設定

リストの名前を「サイト訪問者◯月」などのわかりやすい名前に設定します。

これにより、後でリストを管理しやすくなります。


リストメンバーの選択

「広告主様のデータ」セクションでリマーケティング対象を選択します。

一般的には「選択したデータ」を選びますが、カスタムセグメントや興味・関心といった詳細な設定も可能です。


ユーザー属性の指定

必要に応じて、性別や年齢などのユーザー属性でリストを絞り込むこともできます。

これにより、特定のターゲット層に対して効率的に広告を配信することが可能です。


リストの保存

すべての設定が完了したら、左下にある「保存」ボタンをクリックしてリストを保存します。

これでリマーケティングリストが作成されました。


キャンペーンへの紐付け

作成したリストを使用するためには、広告キャンペーンに紐付ける必要があります。

「オーディエンスマネージャー」でリストを選択し、「次に追加」→「キャンペーン」の順にクリックします。

キャンペーン名を選択し、ターゲット設定でリストを追加します。


これで、リマーケティングリストが広告キャンペーンに適用され、特定の行動を取ったユーザーに対して効果的に広告を配信する準備が整います。


キャンペーンへの紐付け方法

リマーケティングリストの作成が完了したら、次はそのリストを実際の広告キャンペーンに紐付けて、ターゲットユーザーに広告を配信します。


オーディエンスマネージャーにアクセス

再度Google広告の「オーディエンスマネージャー」にアクセスします。

ここでは、先ほど作成したリマーケティングリストを見つけます。


リストの選択

「オーディエンスマネージャー」内で、リマーケティングリストを選択し、リスト名の右側にある縦3点のメニューをクリックします。


キャンペーンに追加

メニューから「次に追加」→「キャンペーン」の順にクリックします。

これにより、リストをどのキャンペーンに適用するかを選択する画面が表示されます。


キャンペーンの選択

リマーケティングリストを適用するキャンペーン名を選択し、「ターゲット設定」をクリックします。

このステップでは、リストを複数のキャンペーンや広告グループに適用することも可能です。


ターゲティング設定の完了

選択したキャンペーンの設定画面で、「オーディエンスセグメントを追加」を選び、先ほど作成したリマーケティングリストを追加します。

これで、そのキャンペーンでは指定したリマーケティングリストに基づいて広告が配信されるようになります。


設定の確認

最後に、設定内容を確認します。

すべてが正しく設定されていることを確認したら、「保存」ボタンをクリックして設定を完了します。

これでリマーケティングキャンペーンの準備が整いました。


リマーケティングリストをキャンペーンに適用することで、過去にサイトを訪問したユーザーに対して再度アプローチが可能となり、コンバージョン率の向上を目指すことができます。



リマーケティングの効果を高めるポイント


有効期間ごとの入札単価設定

有効期間ごとの入札単価設定は、リマーケティング広告の効果を最大化するための重要な手法の一つです。

有効期間とは、ユーザーがウェブサイトを訪問してからリマーケティングリストに登録される日数のことを指します。

この期間を適切に設定することで、広告のパフォーマンスを向上させることができます。


有効期間の設定

リマーケティングリストの有効期間を設定する際には、ユーザーの購買意欲や関心度を考慮します。

一般的には、有効期間が短いほどコンバージョン率が高く、長くなるほどコンバージョン率が低くなります。


短期間のユーザーに高い入札単価を設定

ウェブサイト訪問からの有効期間が短いユーザーは、購買意欲が高いと考えられます。

これらのユーザーに対しては、高い入札単価を設定し、優先的に広告を表示することで効果的にコンバージョンを狙います。


長期間のユーザーに低い入札単価を設定

一方で、有効期間が長いユーザーに対しては、低い入札単価を設定します。

これにより、予算を効率的に使用しながら、依然として再訪の可能性があるユーザーに対して広告を配信することができます。


有効期間のテストと調整

有効期間の設定は一度決めたら終わりではなく、定期的にテストと調整を行うことが重要です。

異なる有効期間を設定し、そのパフォーマンスを比較することで、最適な設定を見つけることができます。


このように、有効期間ごとの入札単価設定を行うことで、リマーケティング広告の費用対効果を高めることが可能になります。


ページ階層の深度による入札単価の変更

ページ階層の深度による入札単価の変更は、ユーザーの関心度に基づいて広告効果を最大化するための重要な戦略です。

ウェブサイトの階層が深いページを訪問したユーザーほど、自社の商品やサービスへの関心が高いと考えられます。

以下のポイントを参考に、ページ階層に応じた入札単価の設定方法を解説します。


トップページと詳細ページの区別

ウェブサイトのトップページを訪問したユーザーと、詳細な商品ページや問い合わせページを訪問したユーザーを区別します。

トップページは一般的な情報を提供していることが多く、訪問者の関心度は比較的低い場合が多いです。

一方、詳細ページや問い合わせページを訪問したユーザーは、購買意欲が高いと考えられます。


詳細ページ訪問者への高い入札単価設定

商品ページやサービスページ、問い合わせフォームなど、ウェブサイトの階層が深いページを訪問したユーザーに対しては、高い入札単価を設定します。

これにより、購買意欲の高いユーザーに対して積極的にアプローチし、コンバージョン率の向上を図ります。


トップページ訪問者への低い入札単価設定

トップページや一般的な情報ページを訪問したユーザーに対しては、低い入札単価を設定します。

これにより、予算を効率的に使用し、購買意欲の低いユーザーに対しては過剰な費用をかけずに済みます。


ページ階層に応じたリストの作成

Google広告では、訪問ページのURLに基づいてリマーケティングリストを作成できます。

例えば、問い合わせページや商品詳細ページなど、特定のページを訪問したユーザーをリスト化し、それぞれに適した入札単価を設定することが可能です。


定期的なパフォーマンスの見直し

ページ階層に基づく入札単価設定は、一度設定して終わりではなく、定期的にパフォーマンスを見直し、必要に応じて調整を行います。

これにより、常に最適な入札単価を維持し、広告効果を最大化します。


このように、ページ階層の深度による入札単価の変更を行うことで、ユーザーの関心度に応じた効果的なリマーケティング広告を展開することができます。


バナー広告のデザインの見直し

バナー広告のデザインは、リマーケティングの成功において非常に重要な要素です。

効果的なデザインは、ユーザーの目を引き、再訪を促す力を持っています。

以下に、バナー広告のデザインを見直すためのポイントを紹介します。


ブランドの一貫性を保つ

バナー広告には、企業のロゴやカラー、フォントなどのブランド要素を一貫して使用することが重要です。

これにより、ユーザーが広告を見たときにすぐに企業を認識しやすくなり、信頼感が生まれます。


メインメッセージの強調

広告のメインメッセージやキャッチコピーは、ユーザーの目に留まりやすい位置に配置し、わかりやすく大きなフォントで表示します。

これにより、ユーザーに伝えたいメッセージが確実に伝わります。


視覚的な魅力を高める

高品質な画像やグラフィックを使用し、視覚的に魅力的なデザインを心がけます。

色彩やレイアウトにも工夫を凝らし、ユーザーの視線を自然に誘導するデザインを作成します。


行動を促すボタン(CTA)の配置

広告には必ず行動を促すボタン(Call To Action、CTA)を配置します。

「詳細はこちら」「今すぐ購入」「無料トライアル」など、具体的なアクションを示すボタンを目立つ場所に配置し、クリックを促します。


アニメーションや動きの追加

アニメーションや動きを追加することで、静止画よりもユーザーの注意を引きやすくなります。

ただし、過度なアニメーションは逆効果になることもあるため、適度な範囲で使用することがポイントです。


レスポンシブデザインの採用

バナー広告は、ユーザーがどのデバイスからアクセスしても最適に表示されるように、レスポンシブデザインを採用します。

これにより、スマートフォンやタブレット、PCなど、さまざまなデバイスに対応した広告を配信できます。


A/Bテストの実施

異なるデザインのバナー広告を作成し、A/Bテストを行います。

どのデザインが最も効果的かを比較し、パフォーマンスが高いデザインを採用することで、継続的に広告の効果を改善していきます。


効果的なバナー広告のデザインは、ユーザーの注意を引き、クリック率やコンバージョン率を向上させるために不可欠です。





成功事例とベストプラクティス


コンバージョン率を高める工夫

リマーケティングの成功事例には、いくつかの共通した工夫があります。

これらを参考にすることで、リマーケティング広告のコンバージョン率を高めることができます。


既にコンバージョンしたユーザーの除外

リマーケティング広告を配信する際、既にコンバージョンに至ったユーザーを除外することが重要です。

例えば、会員登録を完了したユーザーや購入済みのユーザーに対して広告を表示し続けることは効果的ではありません。

リマーケティングリストを作成する際に、コンバージョン済みのユーザーを除外リストに追加することで、広告費を効率的に使用できます。


カスタマイズされた広告の表示

動的リマーケティングを活用し、ユーザーが閲覧した商品やサービスに基づいてカスタマイズされた広告を表示します。

これにより、ユーザーにとって関連性の高い広告を表示することができ、クリック率やコンバージョン率を向上させることが可能です。


複数の広告フォーマットを利用する

バナー広告だけでなく、テキスト広告や動画広告、ネイティブ広告など、複数の広告フォーマットを利用することで、ユーザーに対するアプローチの幅を広げることができます。

これにより、ユーザーの興味を引きやすくなり、広告の効果を高めることができます。


オーディエンスのセグメント化

ユーザーの行動や興味に基づいてオーディエンスを細かくセグメント化し、それぞれに最適な広告を配信します。

例えば、サイト訪問後すぐに離脱したユーザーには一般的な再訪促進広告を、商品ページまで訪問したユーザーには購入を促す具体的な広告を配信するなど、ユーザーの行動に応じたアプローチを行います。


頻度キャップの設定

リマーケティング広告の表示頻度を適切に設定し、ユーザーに対する広告の過剰な表示を防ぎます。

頻度キャップを設定することで、ユーザーが広告に対して嫌悪感を抱かず、広告の効果を持続させることができます。


これらの工夫を取り入れることで、リマーケティング広告のコンバージョン率を効果的に向上させることができます。


リスト作成の最適化

リスト作成の最適化は、リマーケティング広告の効果を最大化するための重要な要素です。

適切にセグメント化されたリストを作成することで、ターゲットユーザーに対して最適な広告を配信できます。


セグメントごとのリスト作成

ユーザーの行動や属性に基づいて、リマーケティングリストを細かくセグメント化します。

例えば、サイト全体を訪問したユーザー、特定の商品ページを閲覧したユーザー、カートに商品を追加したが購入に至らなかったユーザーなど、それぞれ異なるリストを作成します。

これにより、各セグメントに対して最適な広告メッセージを届けることが可能になります。


コンバージョンユーザーの除外リスト作成

既にコンバージョンに至ったユーザーをリストから除外することが重要です。

これにより、広告費を節約しつつ、未コンバージョンのユーザーに対して集中して広告を配信できます。

例えば、会員登録完了ページや購入完了ページを訪れたユーザーを除外リストに追加します。


動的リストの活用

動的リマーケティングリストを活用し、ユーザーの行動に応じて自動的にリストを更新します。

例えば、特定の商品を閲覧したユーザーが再度その商品や関連商品を表示する広告を受け取るように設定します。

これにより、ユーザーに関連性の高い広告をタイムリーに配信できます。


リストの有効期間の設定

リストの有効期間を適切に設定します。一般的には、短期間のリストは高いコンバージョン率を期待できるため、高い入札単価を設定します。

一方で、長期間のリストは低いコンバージョン率を見込むため、低い入札単価を設定します。

これにより、予算を効率的に使用することができます。


リストのパフォーマンスのモニタリング

リストのパフォーマンスを定期的にモニタリングし、効果の高いリストと低いリストを見極めます。

効果の低いリストは改善を行い、効果の高いリストはさらに強化します。

例えば、特定のリストが高いコンバージョン率を示した場合、そのリストに対する入札単価を調整して、さらに効果を高めます。


適切なリスト作成と管理を行うことで、リマーケティング広告の効果を最大限に引き出すことができます。


詳細ページ訪問ユーザーのターゲティング

詳細ページ訪問ユーザーのターゲティングは、リマーケティングの成功において非常に効果的な方法です。

特に、商品の詳細ページやサービスページを訪れたユーザーは、購買意欲が高いことが多いため、これらのユーザーに対して適切なアプローチを行うことで、コンバージョン率を大幅に向上させることができます。


詳細ページ訪問ユーザーのリスト作成

ウェブサイトの詳細ページ(例えば、商品ページやサービス紹介ページ)を訪れたユーザーを対象に、リマーケティングリストを作成します。

このリストは、Google広告の「オーディエンスマネージャー」から設定できます。

特定のページのURLを指定して、そこを訪問したユーザーをリスト化します。


カスタマイズされた広告の配信

詳細ページを訪問したユーザーには、彼らが興味を持った商品やサービスに関連する広告を配信します。

例えば、特定の商品ページを訪れたユーザーには、その商品や関連商品に関する広告を表示することが効果的です。

動的リマーケティングを利用すると、ユーザーの行動に基づいて自動的にカスタマイズされた広告を表示することができます。


高い入札単価の設定

詳細ページを訪問したユーザーは購買意欲が高いため、これらのユーザーに対しては高い入札単価を設定します。

これにより、他の広告主と競合しても優先的に広告を表示できるようになります。

コンバージョン率が高いユーザーに対して積極的にアプローチすることで、広告費用対効果を最大化することができます。


パーソナライズされたメッセージの使用

広告において、ユーザーの興味や行動に基づいたパーソナライズされたメッセージを使用します。

例えば、「あなたが最近閲覧した商品がさらにお得に!」や「再度ご検討ください!」などのメッセージを添えることで、ユーザーの関心を引き、再訪を促すことができます。


頻度キャップの設定

広告の表示頻度を管理するために頻度キャップを設定します。

これにより、ユーザーに対する広告の表示回数を制限し、過剰な広告表示によるユーザーの離脱を防ぎます。

適切な頻度で広告を表示することで、ユーザーに嫌悪感を抱かせることなく効果的なリマーケティングを行うことができます。


詳細ページ訪問ユーザーをターゲティングすることで、購買意欲の高いユーザーに対して効果的にアプローチし、コンバージョン率を向上させることができます。





まとめ


リマーケティングの重要性

リマーケティングは、既存の訪問者に再度アプローチすることで、コンバージョン率を向上させる強力な手法です。

既に自社に関心を示したユーザーに対して広告を配信することで、新規ユーザーに比べて高い効果を期待できます。

以下に、リマーケティングの重要なポイントをまとめます。


高いコンバージョン率

既にウェブサイトを訪問したユーザーは、自社の製品やサービスに一定の興味を持っているため、コンバージョン率が高くなる傾向があります。

リマーケティングによって、これらのユーザーを再度ターゲットにすることで、効率的にコンバージョンを促進することができます。


コストパフォーマンスの向上

リマーケティングは、興味を持っているユーザーに対してピンポイントで広告を配信するため、広告費用対効果が高くなります。

特に限られた広告予算を最大限に活用するために、リマーケティングは非常に有効です。


ブランド認知の強化

繰り返し広告を表示することで、ユーザーにブランドを強く印象付けることができます。

リマーケティングによって、ブランド認知を高め、ユーザーが再訪する可能性を高めることができます。


今後の展望と対策

リマーケティングの効果を最大化するためには、継続的な最適化と新しい技術の導入が必要です。

以下に、今後の展望と対策を紹介します。


機械学習とAIの活用

Google広告のAI機能を活用することで、リマーケティング広告の配信精度をさらに高めることができます。

AIはユーザーの行動パターンを学習し、最適なタイミングで広告を配信することが可能です。


パーソナライゼーションの強化

ユーザーの興味や行動に基づいたパーソナライズされた広告を配信することで、より効果的にユーザーの関心を引くことができます。

動的リマーケティングやカスタムオーディエンスの活用が効果的です。


新しい広告フォーマットの導入

動画広告やインタラクティブ広告など、新しい広告フォーマットを積極的に導入することで、ユーザーのエンゲージメントを高めることができます。

特に、モバイルユーザーに対する広告配信は重要です。


定期的なデータ分析と改善

広告キャンペーンのデータを定期的に分析し、効果を測定することが重要です。

効果の高い戦略を継続し、効果の低い戦略を改善することで、リマーケティングの効果を持続的に高めることができます。


リマーケティングは、ユーザーの購買意欲を引き出し、コンバージョンを促進するために非常に有効な手法です。

継続的な最適化と新しい技術の導入によって、その効果を最大限に引き出すことができます。



Web広告運用でお悩みの方株式会社プロパゲートにご連絡を


「Web広告を活用して集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。

ホームページ制作会社だからこそ、ホームページやランディングページのご相談も可能で、WEB広告の成果を最大化することができます。

広告運用を含むWEBマーケティングを総合的に相談できるところが弊社の強みです。


自社サービスの集客に特化した広告運用ならプロパゲートにお任せください。


【URL】

【TEL】

03-6824-7712

【会社所在地】

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目5−6 H¹O 渋谷神南 702

【制作実績】


Comments


bottom of page