top of page

BASEサイトおすすめ9選【2022年版】

更新日:2023年5月22日




いざ、ECサイトを作ろうとしてもデザインが決まらないことってよくありますよね、、

『BASE』ではおしゃれなテンプレートが用意されており、テンプレート通りでもおしゃれなサイトを作ることが出来ます。

ただ、テンプレートだと個性が出にくいという欠点もあります。 個性を出すことにより、競合に差をつけリピーターを増やすことが出来ます。 特にBASEでは、HTML編集によりデザインの拡張性が非常に高いのでHPの機能を持ったサイトの作成も可能になります。

この記事では、そんな個性が出ているサイトを紹介します。 他のサイトでは紹介していないようなサイトも紹介しているので、是非最後まで見て下さい。

■『BASE』で作られたサイトの見分け方

Google Chrome等のブラウザでサイトを開くと、タブの左端にアイコンが表示されます。

これはfavicon(ファビコン)と言い、ブラウザのタブ以外にもブックマーク項目の画像にも使われています。


「favicon(ファビコン)」は、お気に入り(favorite)で表示されるアイコン(icon)という意味で、favorite iconを短縮して「favicon(ファビコン)」と呼ぶようになったのが名前の由来とされています。


『BASE』で作成されたECサイトは、ファビコンが『BASE』のロゴの図形になっています。ちなみに、『STORES』の場合は家のロゴになります。



ただし、『BASE』で作成されたサイト全てにこのファビコンが付くわけではありません。

以下のAppsを使用している場合はこのファビコンは表示されず、オリジナルのアイコンを付けることが出来ます。(Appsに関しては次の記事を参照)


■『BASE』のサイトを検索する方法

『BASE』で作られたサイトをキーワードで検索したい場合は、google検索で「site:*.thebase.in」を入力して検索する方法や個人ショップ検索サイトなどがありますが、一番おすすめの方法はスマホのアプリで検索することです。

※アプリに関してはこちらをご確認下さい


下図はアプリにて「靴下」を検索した場合の画面キャプチャです。

商品・ショップともに検索することができ、ここで気になったサイトをPC上で確認することが一番おすすめの検索方法になります。


■おすすめサイト10選

『BASE』の良い特徴として、デザインの拡張性が高いことが挙げられます。

PC/スマホのTOPの違いを見ながら、おすすめのサイトを紹介します!


① LIROSA



「美しさに限界はない」をコンセプトに生まれた、新宿のスキンケア化粧品のオンラインストアです。

全体のトーンを白に統一し、TOPに動画を持ってくることでブランドの雰囲気を伝えています。制作会社に1から作ってもらうものと遜色がない位に綺麗に作られています。透明感のあるモノの良さを伝えたい時に参考になるサイトです。


② youange



You + Angel = youange」をコンセプトに生まれた、スキンケア化粧品のオンラインストアです。

①のサイトと似ているものの、ターゲットは①とは全く異なっています。①はキレイ系、②は可愛い系といったターゲットを狙っており、パッケージからサイトの色味まで全て合わせて作られています。どんな人に買ってもらいたいかを明確にすることが、ショップを開くための第一歩です。




イラストレーターのろるらりさんのグッズ販売になります。

レトロなテイストの商品が多く、それに合わせたシンプルな構成となっています。商品を全面に持ってくる場合は、商品画像を際立たせるために背景までこだわって商品を撮ることが、この構成のポイントとなっています。個性的なアイテムやレトロなアイテムを扱う場合は参考になると思います。


④ Dahlia



大人可愛いがモットーの海外セレクトショップのサイトです。

画面が右半分のみスクロールする形で、カテゴリ毎に左半分の画像が変わる形になっています。

宣材写真等を撮ったのであれば、このような使い方をしても面白いですね!




全て手彫りの一点物の消しゴムはんこ屋「こじまのはんこや」のサイトです。

このサイトの面白いところはTOP画面にカーソルを合わせた時に、ボタンが出てきてそれをクリックすると次のページに移ります。このようにちょっとした面白さをサイト上に入れると、ユーザーの印象に残りやすくリピート率が上がるようになっています。


⑥ vebet



"身につける人の個性を照らし 長く使えるタイムレス・シーズンレスな ジュエリー" をコンセプトに生まれたジュエリーのサイトです。

情報がきれいにまとめられており、Instagramのフィードを入れるなど工夫もされています。全体的に白の印象がありますが、写真には影がかかっておりアイテムを強調して見せています。写真と撮り方は参考になるものが多いので、アクセサリーや小物系でショップを考えている人は参考になると思います。




韓国ソウル発socks appeal(ソックスアピール)の公式オンラインショップです。

⑦のショップとよく似た構成となっていますが、色の使い方が全く異なるので対比してみると分かりやすいかなと思います。どちらにも良さが有り、ターゲットによってどちらの配色を参考にするか決めれば良いサイトが出来ると思います。(デザインの50%は色で決まるので)


⑧ polkaporte



神奈川県鎌倉市に菓子工房を構えている焼菓子通販専門店polka porte (ポルカポルト)のサイトです。

とにかくお菓子が可愛く見えるように、写真を丸抜きにしたり、「人気」「新商品」のタグ情報を可愛いイラストにしたり等、細かい箇所までこだわっている良いサイトだと思います。




オリジナルのMYヘラを作ることが出来る「MYヘラSHOP」のサイトです。

細かいアニメーションやスクリーンエフェクトなど見ていて面白い仕掛けがあり、見てない飽きないです。全体のクオリティも非常に高く、BASEの中でもトップクラスの仕上がりになっていると思います。


参考になるサイトはあったでしょうか??

商品を買いたいと思わせるサイトが、良いサイトの条件だと私は考えています。

少しでも参考になれば幸いです。


本格的なECサイト構築ならShopifyもおすすめ

BASEはテンプレートで手軽にECサイトを制作できることが魅力ですが、今後のビジネス拡大を見据えて、本格的なECサイト構築をするならShopifyがおすすめです。


Shopifyをおすすめする理由は以下5点です。

  1. カスタマイズ性: Shopifyのデザインテンプレートは高いカスタマイズ性を持ち、自分のブランドイメージに合わせたデザインを作成できます。これに対して、BASEはその手軽さからカスタマイズ性はやや限定的です。

  2. 機能性と拡張性: Shopifyは豊富な機能とアプリを利用して自由に機能を追加できます。SEO設定やSNS連携なども充実しています。これに対し、BASEも必要な基本機能は提供していますが、Shopifyほどの拡張性はありません。

  3. グローバル対応: Shopifyは多言語対応やグローバルな支払いゲートウェイの統合が可能で、海外への展開を考える場合には強い味方になります。一方、BASEは主に日本国内のユーザーを対象にしているため、海外展開はやや難しいかもしれません。

  4. スケーラビリティ: Shopifyはビジネスの規模に関わらず、ビジネスの成長に合わせてサービスを拡大・縮小することが可能です。BASEは小規模から中規模のECサイトに向いていますが、大規模なECサイトを運営する際にはShopifyの方が適している場合があります。

  5. 24時間365日のカスタマーサポート: Shopifyは24時間365日のカスタマーサポートを提供していて、問題が発生した際の対応が迅速です。一方、BASEのサポートは平日のみで、深夜や週末の対応は限定的です。

以上の点から、Shopifyはカスタマイズ性、拡張性、SEO対策、グローバル展開の可能性、そしてスケーラビリティに優れていると言えます。

今後のビジネス拡大を見据えると、Shopifyは非常に魅力的な選択肢となっています。



ShopifyでのECサイト制作でお悩みの方は株式会社プロパゲートにご連絡を

「ECサイトを出して売上を拡大させたい。ECサイトの制作を全てお任せしたい。費用はなるべく抑えてサイト制作したい。」


その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!

弊社のECサイト制作は、追加費用ナシの49,8万円(一括)で制作~商品登録まで全てお任せ!


ShopifyでのECサイトの運営に必要なものが全て揃っています。

「価値が伝わるデザイン」「1~100まで万全のサポート」を使命に、あなたのオンラインでの販路開拓を支援。

ECサイト制作のプロフェッショナルが最適なECサイトを提案させて頂きます。



Comments


bottom of page