top of page

サイトの更新頻度をあげるとSEOに影響はある?メリットやポイントを解説



「サイトの更新頻度はSEOに影響があるのか知りたい」「方法やポイントがあれば教えてほしい」と悩んでいる方も多いですよね。


本記事では、サイトの更新頻度がSEOに影響があるのかどうかについて、詳しく解説していきます。

記事の前半ではSEOや更新頻度の関係性について解説し、後半では更新する際のポイントなどを紹介します。

サイト運営でSEOの更新頻度の影響について知りたい方は、是非参考にしてください。



SEOとは何か


まずは、SEOとは何かを解説します。

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では検索エンジン最適化と呼ばれています。

Googleなどの検索エンジンで上位表示するために、キーワード設定やユーザーニーズを満たす施策が「SEO対策」です。

SEO対策は主に、以下2つの対策で成り立っています。

  • SEO内部対策:キーワード選定やユーザーニーズを満たすコンテンツなどの施策

  • SEO外部対策:SNSや他サイトからの被リンク

SEO対策を行うことで、検索上位を狙うことが可能です。

検索上位を獲得すると、認知拡大やサイトへの集客、商品・サービスの購入につながる可能性も高くなります。

サイトの運営をする際は、SEO対策をしっかりと行いましょう。



更新頻度とSEOの関係性について解説


ここでは、更新頻度とSEOの関係性について解説します。

結論からいうと、更新頻度はSEOに直接的な関係はありません。

更新頻度よりも、コンテンツの質を高めることが、SEOにとって重要です。

そのため「毎日記事を更新したから検索上位に上がるだろう」と思っていても、コンテンツの質が低ければ上位表示は難しいでしょう。

質の低いコンテンツを量産してしまうと、サイトの信頼感やGoogleからの評価も低くなってしまいます。

サイト運営の際は、ユーザーの悩みを解決することを第一に運営すると、SEOで良い評価を得られます。



更新頻度を上げるメリット

ここでは、更新頻度を上げるメリットを解説します。

SEOに直接的な影響はありませんが、メリットはいくつか存在します。

更新頻度を上げるメリットは以下のとおりです。

  • 最新の情報を公開できる

  • ユーザーからの信頼を得られる

それでは見ていきましょう。


最新の情報を公開できる

1つ目は、最新の情報を公開できる点です。

更新頻度が高いので、最新の情報を随時公開できます。

ニュースサイトや、エンタメサイトなど、最新の情報が随時更新されるケースで、大きな効果を発揮します。

また、更新頻度が高いことで、Googleのクローラーに見つけてもらいやすくなります。

クローラーとは、サイトを巡回し、Googleデータベースに情報を保存するロボットです。

更新頻度が高いことで、クローラーが巡回してくれる回数が多くなり、更新内容をGoogleにいち早く認識してもらえます。

最新の情報を更新するためには、サーチコンソールからリクエストを行う方法もあります。

Googleサーチコンソールに関しては、「Googleサーチコンソールとは?基礎知識や悩みを解消」で解説しているので、是非参考にしてください。


ユーザーからの信頼を得られる

更新頻度を上げるメリット2つ目は、ユーザーからの信頼を得られることです。

新しい情報を更新すると「このサイトはしっかりと稼働している」「新しい情報が欲しい場合はこのサイトを見ればいい」と思ってもらえます。

上記のように思ってもらえると、リピートしてサイトに訪問してくれる可能性が高くなり、訪問数の増加にもつながります。

また、リピートしてくれるユーザーは、目的のコンテンツ以外にも興味を示し、回遊率が高くなる傾向があります。

そのため、新しいコンテンツを作成するとともに、ユーザーの興味関心・悩みを解決するコンテンツの作成が重要です。



更新頻度より意識するべきポイントを紹介



ここでは、更新頻度より意識するべきポイントを解説します。

意識するべきポイントは以下のとおりです。

  • コンテンツの質を高める

  • 定期的にリライトを行う

  • サイトマップを設置する

  • 作成したコンテンツを見直す

  • 「E-A-T」を意識する

  • 適切なキーワードの選定

一つひとつ解説します。


コンテンツの質を高める

序盤でも解説しましたが、コンテンツの質を高めることが、サイトの運営において最も重要です。

その理由としては、Googleはユーザーの利便性を考えることが重要であると言っているからです。

Googleが掲げる10の真実」の第1項目である「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」では以下のように書かれています。

”Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。「以下略」(引用:Googleが掲げる10の真実)”

上記のように、Googleはユーザーの利便性を第一に考えていることが分かります。

つまり、Googleの検索エンジンに掲載する場合、Googleの考えに沿ったサイトの運営が重要になります。

そのため、ユーザーの利便性を考えるのであれば、質の高いコンテンツを作ることが大切です。


定期的にリライトを行う

定期的にリライトを行うことも重要です。

リライトとは、過去に書いた記事のタイトルや文章などを加筆修正することを指します。

検索順位が思ったより伸びなかったり、最新の情報に更新したほうが良い場合にリライトを行います。

何年も前の記事をずっと掲載しているサイトよりも、定期的にリライトを行い最新の情報を提供するサイトの方が信頼できますよね。

ただし、語尾や接続詞などを足したり、一部分を変更するだけでは効果が表れません。

Googleが提唱する評価基準に沿ってリライトを進めることで、SEOの評価は上がっていきます。

Googleのアルゴリズムは定期的にアップデートされており、数か月に1回のペースで仕様が変わります。

そのため、リライトを行う際はアップデート内容を確認し、Googleのアルゴリズムの評価基準を理解することが大切です。


サイトマップを作成する

3つ目は、サイトマップを作成することです。

サイトマップとは、訳すと「サイトの地図」であり、サイトを訪れるユーザーやクローラーに、サイトのページを伝えるためのファイルです。

サイトマップにはユーザーに伝えるための「HTMLサイトマップ」と、クローラーなどの検索エンジンに伝える「XMLサイトマップ」の2種類があります。

HTMLサイトマップを設置すると、サイト内のコンテンツをカテゴリーに分けて表示できます。

より分かりやすく表示できるため、ユーザビリティの向上が期待できます。

XMLサイトマップは、コンテンツの情報やサイトの構造を検索エンジンに、適切かつ迅速に伝えるためのファイルです。

XMLサイトマップの設置により、クローラーの巡回を促すことができ、検索流入が期待できます。

ただし、必ずしも必要な対策ではありません。

「内部リンクが少ない」「始めたばかりで被リンクが少ない」「サイトのページ数が多い」などに該当する方におすすめです。


作成したコンテンツを見直す

4つ目は、作成したコンテンツを見直すことです。

コンテンツを作成した後、見直す時間を設けると、ミスを発見して改善が可能です。

問題点をそのままにして公開してしまうと、検索エンジンやユーザーからの評価が下がってしまう可能性があります。

とくに、余計な部分を削ることが重要です。

例えば、重複表現や誤字・脱字などに注意しましょう。

「闇雲に文字数を増やせば検索上位に表示される」という考えがあるかもしれません。

しかし、実際はユーザーの利便性を欠く行為になるため、コンテンツを見直し、添削することが重要です。

上記のような理由から、コンテンツを作成したら、一度見直すことをおすすめします。


「E-A-T」を意識する

5つ目は、E-A-Tを意識することです。

SEOでは「E-A-T」と呼ばれる基準が大事であると考えられています。

E-A-Tの内容は以下のとおりです。

  • E:Expertise(専門性)

  • A:Authoritativeness(権威性)

  • T:Trustworthiness(信頼性)

専門性

専門性は、運営するサイトが何かしらの専門知識を有していることです。

例えば、Webマーケティングを立ち上げたばかりの企業より、10年以上運営しているWebマーケティング企業にのサイトの方が専門性は高くなります。

専門知識を持った者がコンテンツを作成することがポイントです。


権威性

権威性は、専門性の延長線上であると考えると分かりやすいですよ。

例えば、「プログラミングについて聞くなら○○さん」「料理について聞くなら△△さん」も権威性であると言えます。

特定のジャンルに精通している事が重要です。


信頼性

最後に、信頼性はサイトやコンテンツが信頼できるかを指します。

コンテンツの著名の明記や、プロフィール欄の設置など、サイトの基本情報を掲載することも信頼性につながります。

ユーザーに安心してサイトを活用してもらうことを考え、信頼性を確保しましょう。


適切なキーワードの選定

記事コンテンツの作成において、キーワードの選定は非常に重要です。

なぜかというと、キーワードの選定を間違ってしまうと、本来見て欲しいユーザーに届かなくなってしまうからです。

例えば、Web制作事業であれば、「Web制作 代理店」「Web制作 おすすめ」などのキーワードを選定する必要があります。

検索エンジンを用いてキーワード検索するユーザーは、購入や申し込みなどのコンバージョン率が高いと言われています。

そのため、狙ったユーザーに届けるためのキーワード選定は重要です。



更新頻度を保ちつつ質の高いコンテンツを作ろう

更新頻度はSEOに直接的な関係はありませんが、ユーザーへの信頼性の確保が可能です。

SEO対策を行いたいのであれば、ユーザーの悩みを解決する質の高いコンテンツ作成を行いましょう。

Googleが掲げる10の真実は、SEOにおいて重要なので、しっかりと読み込むことをおすすめします。



ホームページでお悩みの方は株式会社プロパゲートご連絡を

「ホームページを作りたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


制作費無料・月々9800円の定額ホームページ。LINEで専属サポート!全国対応!

月5回まで無料で修正可能、追加料金無し。最短2週間で納品可能。年間制作実績1,000社超。

株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行する会社です。

ホームページの制作費用は基本無料。月額9,800円〜で運用も代行します。

ホームページ制作においては取材・撮影・デザイン・文章作りなど、必要な全てをお任せ頂け、全て無料です。

更新も、メール・電話・LINEを頂ければ即対応。制作後のマーケティング運用まで行います。


【URL】

【TEL】

090-3552-3949

【会社所在地】

〒150-0045 東京都渋谷区神泉町20−21 クロスシー渋谷神泉ビル 7F

【制作実績】



Comments


bottom of page