Googleサーチコンソールとは?基礎知識や悩みを解消



「Googleサーチコンソールってなに?」「Googleサーチコンソールは何ができるの?」と悩んでいる方も多いと思いですよね。


本記事では、上記のような悩みを持った方に向けて、Googleサーチコンソールとはなにか、何ができるのかを解説します。

記事の前半でGoogleサーチコンソールとは何か解説し、後半では設定方法やよくある悩みを解消します。

Googleサーチコンソールについて知りたい方は、是非参考にしてください。



Googleサーチコンソールとは



Googleサーチコンソールとは、Googleが提供している、サイトパフォーマンスを解析するツールです。

具体的には、クリック率や、表示回数、平均掲載順位などを確認できます。


Googleサーチコンソールで得た情報を分析し、サイトの改善をするとSEOに影響が現れますよ。

Googleサーチコンソールは無料で使えますし、Googleアカウントを所持していれば個人でも利用できます。

SEOサイトでSEO対策をするのであれば、企業・個人問わず必須のツールです。


次に、Googleサーチコンソールは何ができるのか解説します。



Googleサーチコンソールは何ができる?



ここでは、Googleサーチコンソールは何ができるのか解説します。

具体的には以下のとおりです。

  • 検索キーワードのデータが分かる

  • ウェブサイトの問題が分かる

  • インデックス登録のリクエスト

それでは見ていきましょう。


検索キーワードのデータが分かる

Googleサーチコンソールは、検索キーワードのデータが分かります。

あなたのページはどのようなキーワードで検索されたのか、どのくらいクリックされているのかが分かり、サイトの改善に活用できますよ。


ユーザーの動向を数値で視認できるので、ウェブサイトの運用では必須のツールです。


ウェブサイトの問題が分かる

Googleサーチコンソールでは、ウェブサイトの問題点が分かります。

なぜ問題点を知る必要があるのかというと、問題点から改善するポイントを見つけ、ウェブサイトをより良くできるからです。


Googleサーチコンソールでは以下のような問題点が分かります。

  • 記事がインデックスされていない

  • モバイルフレンドリーになっていない

モバイルフレンドリーとは、スマートフォンで記事を閲覧するユーザーが見やすい構成になっている状態です。

インデックスに関しては、次のテーマで解説します。


インデックス登録のリクエスト

インデックスとは「ウェブページが検索エンジンに登録されること」です。


インデックスの仕組みは、「クローラー」と呼ばれるロボットがウェブページを巡回・分析し、Googleのデータベースに保存します。

つまり、インデックスされないと検索エンジンには表示されません。

Googleサーチコンソールでは、書いた記事がインデックスされているか確認できます。


同時に、モバイルフレンドリーになっているかの確認もできるので、重要なポイントです。

また、Googleサーチコンソールでは「インデックス登録のリクエスト」もできますよ。



Googleサーチコンソールの設定方法



それでは、Googleサーチコンソールの設定方法を解説します。

手順は以下のとおりです。

  1. Googleアカウントの作成

  2. Googleサーチコンソールにログイン

  3. サイトドメインを登録

一つひとつ解説します。


1.Googleアカウントの作成

Googleサーチコンソールを利用するためには、Googleアカウントの作成が必須になります。

まだGoogleアカウントを作成していない方は、ここで作成しましょう。


すでにアカウントを所持している方は、次のステップに進んでOKです。

まずは、Googleアカウントのサイトに移動します。



移動したら、右上の「アカウントを作成する」をクリックします。

そのあとは「氏名」「登録するGmailアドレス」「パスワード」などを入力します。

簡単にできるので、今すぐ登録しましょう。


2.Googleサーチコンソールにログイン


Googleアカウントを取得したら、Googleサーチコンソールにログインします。


上記の画像の「今すぐ開始」をクリックし、次に進みます。


3.サイトドメインを登録

続いて、サイトドメインを登録します。



今回は「URLプレフィックス」を利用する方法を紹介します。



上記画像の赤枠部分に、自身のサイトURLを入力してください。

URLを入力したら「続行」をクリックし、次に進みます。



上記の画像になれば確認がされています。

「プロパティに移動」をクリックすると、データを見れる画面に移動します。

ここまでできればGoogleサーチコンソールへのログインは完了です。

次のテーマでは、Googleサーチコンソールの基礎知識を解説します。



Googleサーチコンソールの基礎知識を解説



Googleサーチコンソールをさらに理解するために、基礎知識を解説します。

少々多いですが、紹介するのは以下のとおりです。

  • 検索パフォーマンス

  • URL検索

  • モバイルユーザビリティ

  • インデックス登録

  • サイトマップ

  • リンク

  • メッセージ

それでは解説します。


検索パフォーマンス

検索パフォーマンスは、ユーザーが検索したキーワードを確認できます。

検索パフォーマンスには「検索結果」があり、以下のデータを確認できますよ。

  • 合計クリック数

  • 合計表示回数

  • 平均CTR

  • 平均掲載順位

それぞれの数値が高いほど、良いサイトであると言えるでしょう。

サイト全体のデータと、個別のデータを表示できるので、どのページを改善すれば良いのか分かります。


URL検索

URL検索は、サイト全体ではなく、個別のページを確認する際に使います。

例えば「インデックス登録ができているか」「モバイルユーザビリティは問題ないか」などの確認です。


URL検索で得た情報は、記事のリライトに活用できます。

上手くリライトすれば、集客にも良い成果を出すことができますよ。


モバイルユーザビリティ

先程、少しだけ紹介した「モバイルフレンドリー」の確認ができます。

モバイルフレンドリーとは、スマートフォンで見る方のユーザビリティに長けていることです。


なぜ、モバイルフレンドリーなサイトを作らなければならないのかというと、パソコンよりもスマートフォンで検索する人が多いからですね。

「フォントは小さすぎないか」「画像の幅は正しいのか」など、スマートフォンで見る際に不便ではないかをチェックできます。


インデックス登録

インデックス登録は、ウェブサイトをクローラーに発見してもらい、Googleのデータベースに保存することです。


Googleサーチコンソールからインデックス登録のリクエストを行うことで、正確にクローラーが発見できます。

また、インデックス登録のリクエストを行った際に、エラーが出るケースがあるので、改善点が分かるのも重要なポイントです。


サイトマップ

サイトマップとは、クローラーの巡回を促す効果が期待できるファイルです。

サイトマップを作成しておけば、インデックスの速度が上がったり、クローラーの巡りが良くなり、SEOへの効果が現れますよ。

サーチコンソールからも送信できるので、まだ設定していない方は、サイトマップの作成をおすすめします。


リンク

リンクでは、被リンクや内部リンクの数を確認できます。

被リンクとは、外部のサイトから、あなたのサイトへ設置されたリンクです。

内部リンクとは、自身のサイト内で記事から記事へつなげるリンクを指します。

とくに、被リンクはSEOに大きな影響があるので、リンク欄は確認しておきましょう。


メッセージ

メッセージは、サーチコンソールが検知した問題点を、通知してくれる機能です。

頻繁に問題が起きる場合は、修正が必要かもしれません。



Googleサーチコンソールに関するよくある質問



ここでは、サーチコンソールに関するよくある質問に答えていきます。

今回は以下の質問に答えます。

  • Googleアナリティクスと何が違うの?

  • Googleサーチコンソール自体はSEOに関係ある?

  • インデックス登録のリクエストは必ずするべき?

  • サイトマップの送信は必須?

それでは見ていきましょう。


Googleアナリティクスと何が違うの?

Googleサーチコンソールは、クリック数や表示回数、平均CTRなど検索パフォーマンスが分かるツールです。

一方で、Googleアナリティクスは、ユーザーの流入経路や利用端末などの、ユーザーの行動を把握できるツールになります。


Googleサーチコンソールがユーザーの行動を把握できないように、Googleアナリティクスでは検索パフォーマンスを把握することは出来ません。

それぞれのツールに特徴があり、できることとできないことがあります。


Googleサーチコンソール自体はSEOに関係ある?

結論からいうと、Googleサーチコンソール自体がSEOに影響することはありません。

あくまで、検索パフォーマンスを解析するツールです。

ただし、Googleサーチコンソールで得た情報をサイトの改善に活用すれば、SEOへの効果は期待できますよ。


インデックス登録のリクエストは必ずするべき?

インデックス登録のリクエストは「必ず」する必要はありませんよ。

インデックス登録のリクエストを行ったとしても、サイト上位に表示されるスピードが速くなるわけではありません。

Googleサーチコンソールのエラーで「インデックスされていません」と表示された場合に、リクエストするのがいいですよ。


サイトマップの送信は必要?

結論からいうと、必ず送信する必要はありませんが、サイトマップを作成すると有益な結果が得られます。

Googleのサポートでも、上記のようなことが書かれているからです。

詳しくは、Google検索セントラルの「サイトマップについて」を参考にしてください。



Googleサーチコンソールでサイトの管理を徹底しよう

ここまで見れば、Googleサーチコンソールについて理解できたと思います。

Googleサーチコンソールを使えば、サイトの問題点が分かり、見つかった問題を改善し、SEOに効果が現れますよ。

設定も簡単なので、今日から実践してみましょう。



ホームページ制作でお悩みの方は株式会社プロパゲートにご連絡を

「ホームページを作りたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!

Web制作のプロフェッショナルが最適なプランを提案させて頂きます。


株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行する会社です。ホームページの制作費用は基本無料。月額9,800円〜で運用も代行します。ホームページ制作においては取材・撮影・デザイン・文章作りなど、必要な全てをお任せ頂け、全て無料です。契約期間に制限もありません。更新も、メール・電話・LINEを頂ければ即対応。制作後のマーケティング運用まで行います。


【URL】

https://www.propagateinc.com/

【TEL】

090-3552-3949

【会社所在地】

〒150-0045 東京都渋谷区神泉町20−21 クロスシー渋谷神泉ビル 7F

【制作実績】

https://www.propagateinc.com/activities