top of page

Twitter広告とは?費用やターゲティング、活用事例を徹底解説



「Twitter広告について知りたい」「費用やターゲティング、活用事例を教えてほしい」と悩んでいる方も多いと思います。

本記事では、Twitter広告とは何か、費用やターゲティング、活用事例について解説します。

Twitter広告を活用すれば、認知の拡大や商品の購入に繋げられるかもしれません。

気になる方は、是非参考にしてください。



Twitter広告とは


まずは、Twitter広告について解説します。

Twitter広告は、Twitterのタイムラインや検索結果などに表示できる広告です。


Twitter広告は、通常の投稿と同じように表示されるため、いいねやコメント、リツイートを残すこともできます。

そのため、拡散力が高く、より多くのユーザーに投稿を見てもらうことも可能です。


また、Twitterユーザーの年齢層は、10代~20代が最も多いため、若年層へアプローチできます。

次のテーマでは、Twitter広告の種類について解説していきます。



Twitter広告の種類を紹介


ここでは、Twitter広告の種類を紹介します。

今回紹介する広告は以下のとおりです。

  • プロモツイート

  • プロモアカウント

  • プロモトレンド

  • クイックプロモート

  • ファーストビュー

一つひとつ解説します。


プロモツイート

プロモツイートとは、プロモーションをすることを目的に、ツイートなどを行える広告です。

プロモツイートを活用する目的としては、ユーザーへのリーチや、エンゲージメントの増加が挙げられます。


プロモツイートを利用すると、ツイートの下部に「プロモーション」と書かれたラベルが表示されるようになります。

通常の投稿と同じように表示されるため、ユーザーは「いいね」や「リツイート」などの反応が可能です。


ただし、プロモツイートを利用すると、リツイートされた投稿は削除しても残ってしまいます。

そのため、投稿内容は不適切ではないか確認し、発信することが重要です。


プロモアカウント

プロモアカウントでは、視聴してくれているユーザーにフォローを促すことができる広告です。

プロモアカウントは、タイムラインやユーザー検索などに表示されます。

「フォロー」のボタンを設置できるので、自然に促すことができます。


フォロワーを増やすメリットとして、固定客やファンを獲得できる点です。

ファンを獲得すると、認知の拡大や商品の購買につながるので、プロモアカウントを活用してフォロワーを獲得することをおすすめします。


プロモトレンド

プロモトレンドを活用すると、トレンドリストの最上部に表示することが可能になります。

プロモトレンドの最大の特徴は、インプレッションを集められることです。

新しいサービスを告知したり、キャンペーンなどの紹介を行うと、多くのユーザーに見てもらえます。


ただし、句読点が使えなかったり、文字数制限が20文字までなどの注意点もあるので、気をつけるようにしましょう。

また、費用もかなりかかるので、予算に余裕がある方におすすめの広告です。


クイックプロモート

クイックプロモートは、すでに投稿したツイートを、広告として配信することが可能です。

そのため、広告の準備などが必要ないので、広告出稿の難易度が低いと言えます。

スマートフォンからでも配信できるので、パソコンを持っていない方でも広告の出稿ができますよ。


過去に投稿したツイートの中で、いいね数やリツイート数が多い投稿に、クイックプロモートを使って拡散すると、効果を得られるでしょう。

フォロワー数の獲得や、認知の拡大を目的としている方におすすめです。


ファーストビュー

ファーストビューは、Twitterで行える動画広告のことです。

ユーザーがタイムラインを開いた際に、動画広告が表示されるようになります。

動画の表示は、1番最初にタイムラインを開くときが対象になります。


動画で広告の配信ができるので、文章よりもインパクトを残すことが可能です。

実際に、文章よりも動画の方が情報量を多く伝え、印象に残すことができると分かっています。

ファーストビューの効果を高めるためには、動画の内容や、グラフィックなどの見た目にも気を遣うことが重要です。



Twitter広告のターゲティングについて紹介


ここでは、Twitter広告でできるターゲティングについて紹介します。

Twitter広告では以下のようなターゲティングが可能です。

  • 興味関心:興味関心がありそうなユーザーに絞れる

  • フォロワー・類似ユーザー:共通の興味のあるユーザーや類似のフォロワー

  • イベント:特定のイベントに関するツイートをしたユーザー

  • ツイートエンゲージャー:特定のツイートに反応を示したユーザー

  • キーワード:特定のキーワードを検索したり使用したユーザーに絞る

上記のように、様々なターゲティングが可能です。

上手くターゲティングを行うためには、ユーザーの興味関心の分析は欠かせません。



Twitter広告を選ぶポイントを紹介


ここでは、Twitter広告を選ぶポイントを紹介します。

今回紹介するポイントは以下のとおりです。

  • 自社の特徴や目的を考える

  • 予算と照らし合わせる

  • 長期または短期で考える

一つひとつ解説します。


自社の特徴や目的を考える

1つ目のポイントは、自社の特徴や目的を考えることです。

先程紹介したように、Twitter広告にもいくつか種類があります。

それぞれ、特徴や強みがあり、目的に合ったTwitter広告を選択すると、効果を発揮できます。

例えば、認知拡大を目的とするのであればプロモトレンドやファーストビュー、フォロワー数の増加が目的であればプロモアカウントがおすすめです。

上記のように、各Twitter広告の強みと、自社の特徴を照らし合わせて考えてみましょう。


予算と照らし合わせる

2つ目のポイントは、予算と照らし合わせることです。

Twitter広告の種類によっては、高額になってしまうケースもあります。

そのため、予算と折り合いを付ける必要があります。

予算を参考にしたい方のために、以下で費用について紹介します。


Twitter広告の費用を紹介

まずは、Twitter広告の課金方式と費用を見ていきましょう。

  • クリック課金:1クリックあたり数十円~200円

  • インプレッション課金:1,000インプレッションあたり500円程度

  • 動画再生型課金:1再生あたり5円~20円

  • アプリインストール課金:1インストールあたり200円程度

  • エンゲージメント課金:1エンゲージメント当たり100円程度

続いて、Twitter広告の種類別に紹介します。

  • プロモツイート:エンゲージメントによって変動

  • プロモアカウント:獲得フォロー数によって変動

  • プロモトレンド:最低800万円と高額

  • クイックプロモート:5,000円から可能

  • ファーストビュー:費用は未公表

長期または短期で考える

3つ目のポイントは、長期的に広告を扱うか、短期的に扱うかを考える点です。

Twitter広告によって長期的に考えて配信するものと、短期的に配信するものがあります。

例えば、短期的に効果を発揮したい方は、素早く認知拡大ができるプロモトレンドやプロモツイートがおすすめです。

このように、Twitter広告をどの期間で配信するのかを考えることも重要です。



Twitter広告の活用事例を5つ紹介


ここでは、Twitter広告の活用事例を5つ紹介します。

今回紹介するTwitter広告の活用事例は以下のとおりです。

  • アース製薬

  • 株式会社リクルートジョブズ

  • ブックオフオンライン株式会社

一つひとつ見ていきましょう。


アース製薬

1つ目は、殺虫剤や入浴剤などで有名なメーカーである、アース製薬です。

2018年に、エイプリルフールに広告を配信し、97万インプレッションを獲得しました。

ジョーク製品のために広告費をかけたことが話題となり、多くのインプレッションを獲得するきっかけになりました。


もともと知名度のあるメーカーではありますが、この事例をきっかけに注目した人も多いでしょう。

このように、インプレッションを獲得することで、多くのユーザーに認知してもらうことが可能です。


株式会社リクルートジョブズ

株式会社リクルートジョブズは、バイト探しなどで有名な「タウンワーク」を運営している会社です。

プロモツイートを活用してユーザーへのリーチを行い、多くの注目を集めました。

当時、キャンペーンを行った際には、Twitter以外にもソーシャルメディアで広告を配信しましたが、TwitterのCPAが最も良かったそうです。

このことから、Twitter広告は非常に集客率の高いツールであることが分かります。

プロモツイートを上手く活用すれば、少ない予算で高い効果を得ることが可能であると分かった事例です。


セブン‐イレブンは、コンビニエンスストアチェーン店を運営する会社です。

セブン‐イレブンはデジタル販促を進めることを目的に、Twitter広告を活用しています。

主に、セールの告知やキャンペーンの紹介などをTwitterを用いて行っていました。

2016年には、サラダチキンを起用し、料理動画の紹介を行いました。


その結果、ネットでの売り上げは4倍以上、動画の視聴回数は50万回と、効果を発揮しました。

Twitter広告は動画でも活用できるので、視覚的に伝えたい場合にもおすすめです。


ブックオフコーポレーション株式会社

ブックオフコーポレーション株式会社は、BOOKOFFが運営しているECサイトの会社です。

スマートフォン向けサイトの集客を行うため、2009年からTwitter広告を利用しています。

Twitter広告を利用したことで、1年で集まったフォロワー数が1カ月で集まりました。


成功の要因としては、Twitterの急上昇に載っているコミック系キーワードを設定することで、注目を集めたことが挙げられます。

Twitterのトレンドに注目し、広告を配信することも重要です。



Twitter広告を活用して集客につなげよう

今回は、Twitter広告について解説しました。

Twitter広告を活用することで、フォロワー数の増加や、インプレッションの獲得につながることが分かります。

SNSの中でも、かなり効果を期待できるので、Twitter広告を活用してみてはいかがでしょうか。



Web広告運用でお悩みの方は株式会社プロパゲートにご連絡を


「Web広告を活用して集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。

ホームページ制作会社だからこそ、ホームページやランディングページのご相談も可能で、WEB広告の成果を最大化することができます。

広告運用を含むWEBマーケティングを総合的に相談できるところが弊社の強みです。


自社サービスの集客に特化した広告運用ならプロパゲートにお任せください。





Comments


bottom of page