TikTok広告の特徴とは?他のSNSとの違いも解説



「TikTok広告を始めたいけど詳しくない」「他のSNSとの違いを教えてほしい」と考えている方も多いですよね。

本記事では、TikTok広告の特徴や、他のSNSとの違いを、初心者向けに解説します。


記事の前半で、TikTok広告や特徴について解説し、後半ではTikTok広告を要するメリットなどを紹介します。

これからTikTok広告を使いたい方、詳しくなりたい方は是非参考にしてください。



Tiktok広告とは


TikTok広告とは、TikTok内のコンテンツとして出稿できる広告です。

通常の広告のように、画像やテキストでコンテンツを作るだけでなく、BGMなどを付けて作成します。


よりクリエイティブな内容であれば、1つの動画コンテンツとして認識されるため、最後まで広告を見てくれる可能性も高くなりますよ。

下記からは、TikTok広告の種類を解説します。


インフィード広告

一つ目はインフィード広告を紹介します。

インフィード広告は、通常の投稿の間に表示できる広告です。


おすすめのフィードに表示される広告であり、通常の投稿のように「いいね」や「コメント」もできますよ。

上記のように、通常の投稿のように溶け込めるので、自然に広告が閲覧されるのが特徴です。

その分、ユーザーの目を引くクリエイティブなコンテンツ作成が必須になります。


起動画面型広告

起動画面型広告は、TikTokアプリを開いた際に表示される広告です。

起動画面型広告を使うと、表示回数の上昇や認知に効果が期待できます。

なぜなら、広告枠が1日1枠であり、多くのユーザーの目に留まるからです。


しかし、狭き枠であるため、広告費は高くなる傾向があります。

予算に余裕があり、多くのユーザーに興味を持ってほしい方におすすめです。


ハッシュタグチャレンジ広告

ハッシュタグチャレンジ広告は、「#」を活用してユーザーを巻き込みながら運用する広告です。

多くのユーザーがチャレンジに参加すれば、商品やサービスの拡散が見込めます。


広告費は高額で、スタンダードな広告でも1,500万円ほどなので、予算は多く見積もる必要があるでしょう。

ハッシュタグを用いて「バズらせる」技量が必要です。



TikTokと他のSNSとの違いを解説


ここでは、TikTok広告の特徴を3つ紹介します。

紹介する項目は以下のとおりです。

  • 「広告」らしさが薄い

  • 短時間で興味を持たせられる

  • 広告がコンテンツとなる

それでは、一つひとつ解説します。


「広告」らしさが薄い

TikTok広告の特徴は、「広告」らしさが薄いことです。

「広告らしさが薄いってどうゆうこと?」と思う方もいますよね。


例えば、画像やテキスト、バナーなどの広告は、一目で「これは広告だな」と分かると思います。

一方でTikTok広告は、動画にBGMをつけたり、インフルエンサーを活用し、通常の投稿に溶け込めるのです。

このことから、「広告」らしさが薄いと言えます。


近年、広告を見かける機会が増え、ユーザーは広告に対して良い印象を抱いていません。

そのため、TikTok広告のように、広告っぽさをなくすことが重要です。


時間で興味を持たせられる

TikTok広告は、短時間でユーザーに興味を持たせられる特徴があります。

TikTokのコンテンツは、開始2秒で興味を持たせることが重要です。


なぜなら「面白くない」「これは広告だ」と認識されると、すぐにスクロールされてしまうからですね。

短時間で興味を持たせるには、BGMや動画作成にこだわりつつ、一般的なTikTok動画を作る感覚を持ちましょう。


広告がコンテンツとなる

TikTok広告の特徴は、広告自体がコンテンツとなる点です。

自社サービスの紹介でも、通常の投稿のように作成できます。


クオリティが高く、ユーザーの興味を惹ける内容であれば、認知拡大や商品・サービスの購入の可能性も高くなりますよ。

また、広告でも「バズる」ことができれば、さらに多くのユーザーに認知されます。

そのためには、ユーザーが求めているコンテンツを作成することが重要です。



TikTok広告を利用するメリット


ここでは、TikTok広告を利用するメリットを解説します。

TikTok広告を利用するメリットは以下のとおりです。

  • 動画で効果的な訴求ができる

  • 精密なターゲティングができる

  • 他のSNSと連携できる

  • ユーザー数が多い

一つひとつ解説していきます。


動画で効果的な訴求ができる

TikTok広告を利用するメリットは、動画で効果的な訴求ができることです。

動画で発信すると、テキストや画像よりもインパクトを残し、ユーザーの印象に残ります。


実際に、アメリカ国立訓練研究所が発表したもので、動画コンテンツは記事コンテンツの2倍記憶に残ると言われています。


他のSNSと比べても、動画を投稿できるTikTokは、記憶に残りますね。

このことから、Tiktokの特徴である「動画で訴求」は、広告を出稿する際も効果的ですよ。


精密なターゲティングができる

TikTok広告は精密なターゲティングが可能で、商品やサービスに関連した興味を持つユーザーに、動画で訴求を行えます。

例えば以下のようなターゲティングです。

  • 性別

  • 年齢

  • 興味関心

  • ユーザーの行動

上記以外にも様々な項目を選択し、精密なターゲティングが可能です。

ターゲティングを行うことで、サービスに興味を持ちそうなユーザーに絞って訴求ができますよ。


他のSNSと連携できる

TikTokを利用するメリットとして、他のSNSと連携できることが挙げられます。

他のSNSと連携することで、商品やサービスのさらなる認知や拡大を期待できるからです。


例えば、TikTokで作成した動画を、TwitterやInstagramなどでシェアできます。


このように、他のSNSと連携することで、より多くの人へサービスや商品の魅力を伝えられますよ。

連携方法も簡単なので、今のうちに連携しておきましょう。


ユーザー数が多い

ユーザー数が多いことも、TikTok広告を使うメリットです。

ユーザー数が多ければ、商品やサービスに興味を持つ可能性も高まります。


TikTokの国内ユーザー数は、月間で1000万人近いアクティブユーザーが利用しています。


TikTok利用目的は「暇つぶし」や「なんとなく見ている」という意見も多いです。

そのため、ふと目に留まった時にインパクトを残し、興味を持ってくれるようなコンテンツを作ることが重要ですよ。



TikTok広告を作成する時のポイント4つ


ここではTikTok広告を作成するポイントを4つ紹介します。

  • 人気のBGMや曲を使う

  • 端的で分かりやすい説明をする

  • 広告っぽさを薄くする

  • ターゲティングをしっかり行う

一つひとつ解説します。


人気のBGMや曲を使う

ポイント一つ目は、人気のBGMや曲を使うことです。

なぜなら、数秒で興味を持たせることができるからですね。


ただし、原曲をそのまま使うことは著作権で禁止されています。

人気のBGMや曲を使用したい場合は、カバーをしたり、自身で演奏するなどの工夫が必要です。


著作権を守りつつ、興味を持ってもらえるコンテンツ作りを行いましょう。


端的で分かりやすい説明をする

商品やサービスの紹介をする際は、端的にわかりやすい説明を心がけましょう。

難しい言葉や、説明の順序が複雑だと、次の動画に飛ばされてしまう可能性があるからです。


TikTokは、短い時間の中でユーザーの心をつかむ必要があります。

分かりやすい説明を心がけて、コンテンツの作成を行いましょう。


広告っぽさを薄くする

広告っぽさを薄くすることも、TikTok広告を作成する際のポイントです。

なぜなら、TikTok広告は一般の投稿と一緒に流れるからですね。

広告っぽさを薄くすることで、「いいね」や「コメント」もしやすいですし、通常の投稿のように楽しんでもらえます。


なぜ、広告っぽさを薄くすることが重要なのかというと、近年は広告が溢れており、ユーザーは広告を見るのに飽きてしまっているからです。

そのため、広告を「広告のように見せない」コンテンツ作りが重要になります。


TikTokを作成する際は、広告っぽさを薄くして、ユーザーを退屈させないコンテンツ作りを行いましょう。


ターゲティングをしっかり行う

TikTok広告を作成する際は、ターゲティングをしっかり行うことがポイントです。

ターゲティングをしっかり行うことで、ユーザーの興味関心に合わせたコンテンツを作成できますよ。

ただし、ユーザーを絞り込みすぎないことも重要です。


ユーザーを絞り込みすぎると、最適な表示がされなくなってしまいます。

ターゲティングの塩梅は、編集画面の推定オーディエンス数から確認でき「普通」と表示されていれば問題ありません。


正しいターゲティングを行い、多くのユーザーに見てもらえるコンテンツを作りましょう。



TikTokと他のSNSを有効活用しよう

ここまで見れば、Tiktok広告の特徴や他のSNSとの違いを理解できたと思います。

Tiktok広告を有効活用することで、商品やサービスなどの認知や販売が期待できますよ。


最後に、Tiktok広告を作成する際のポイントを振り返っていきましょう。

  • 人気のBGMや曲を使う

  • 端的で分かりやすい説明をする

  • 広告っぽさを薄くする

  • ターゲティングをしっかり行う

Tiktokには、BGMなどに著作権が存在するので、違反しないように注意しながら運用しましょう。



TikTokの広告運用でお悩みの方は株式会社プロパゲートにご連絡を


「TikTokで集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


Webマーケティングのプロフェッショナルが最適なプランを提案させて頂きます。



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。


TIkTok動画に関する「全て」を一気通貫でサポートしております。

自社サービスの集客に特化したTikTok広告運用ならプロパゲートにお任せください。