TikTok広告の成功事例と成功するポイントを解説!



「TikTok広告を始めたいけど本当に成功するか不安」「実際に成功した事例を教えて欲しい」と悩んでいる方も多いですよね。


本記事では、TikTok広告の成功事例を徹底解説していきます。

記事の前半では、TikTokやTikTok広告について解説し、後半では、TikTok広告を利用するメリットと成功事例を紹介します。


最後まで読めば、TikTok広告の成功事例のポイントを把握し、自社のTikTok広告運用に活かせますよ。

TikTok広告を効果的に運用したい方は、是非参考にして下さい。



TikTokとは


TikTokとは、15秒~60秒の短い動画を投稿できるプラットフォームです。

中国の企業である「ByteDance」という会社が運営しています。


世界中で人気のアプリであり、2018年にはダウンロード数1位を記録するなどの功績を残しています。


TikTokの特徴は、BGMや加工を施して、一般ユーザーでも簡単に動画を投稿できる点です。

TwitterやInstagramとは違ったSNSを楽しめますよ。



TikTok広告について解説


ここでは、TikTok広告について解説します。

TikTok広告とは、TikTok内で出稿できる広告です。

例えば、以下のような広告を出稿できます。

  • 起動画面型広告

  • インフィード広告

  • ハッシュタグチャレンジ広告

アカウントの特徴に合わせた広告運用を行うことで、新規ユーザーの獲得や、商品・サービスの購買につながります。



TikTok広告を利用するメリット


ここでは、TikTok広告を利用するメリットを紹介します。

TikTok広告を利用するメリットは以下のとおりです。

  • 動画で効果的な訴求ができる

  • 精密なターゲティングが可能

  • 他のSNSと連携できる

それでは解説します。


動画で効果的な訴求ができる

TikTok広告を利用するメリットは、動画で効果的な訴求ができることです。

画像やテキストよりも、動画の方が印象に残ると言われています。


アメリカの国立訓練研究所が発表したもので、動画コンテンツは画像の2倍印象が残ると証明されました。

つまり、ウェブ上のバナー広告や画像の広告よりも、動画の広告の方が印象に残りやすいということです。


TikTok広告を活用すれば、ユーザーが興味を持ち、印象に残る広告を作成できますよ。


精密なターゲティングができる

TikTok広告を利用するメリット2つ目は、精密なターゲティングができることです。

ターゲティングとは、様々な層の顧客から、一定の顧客に絞り込んで商品やサービスを提供する市場を選択します

TikTok広告では、以下のようなターゲティングができますよ。

  • 性別

  • 年齢

  • 興味関心

  • ユーザーの行動

上記は一部ですが、他にも様々なターゲティングが可能です。

精密なターゲティングを行うことで、商品やサービスに興味がありそうなユーザーに絞って、マーケティングができますよ。



TikTok広告の成功事例を8つ紹介


ここでは、TikTok広告の成功事例を8つ紹介し、徹底解説します。

今回紹介する成功事例は、以下のとおりです。

  • 株式会社プロパゲート

  • 株式会社ユニクロ

  • 株式会社ローソン

  • サントリー食品インターナショナル株式会社

  • コカ・コーラ

  • 江崎グリコ株式会社

  • キレイモ

  • ロート製薬

一つひとつ紹介します。


株式会社プロパゲート


まずは、弊社を紹介させていただきます。

弊社では以下の企業を担当し、成果を挙げています。

企業 / インフルエンサー

成果

TAREYA クロワッサン餃子 

ハシダ(大阪グルメ×簡単グルメ)

再生数:300万

いいね数:2.5万

保存数:1071

カートへのCPA:85円 

池袋の風 出世サワー

大食い女子ひとみん

再生数:47万

いいね数:1.4万

保存数:1542

上記のように、TikTokを通じて、成果を挙げております。


1動画当たりの再生回数10万回を保証させて頂きます。

ただの運用ではなく、結果にコミットするTikTok広告運用をご提案します。

500社以上の集客支援をしてきた自社の強みを活かし、一つの動画で価値を伝えきる企画設計・動画編集・キャスティングを実行させて頂きます。


TikTok広告の運用は、株式会社プロパゲートにお任せください。


株式会社ユニクロ

ユニクロは、日本の代表的なファストファッションブランドです。

ユニクロは、「UTme!」というオリジナルTシャツを作成できるスマートフォンアプリを活用し、TikTokとコラボするプロジェクトを行いました。


TikTokオリジナルロゴをTシャツにプリントするなど、オリジナルのシャツを作成できます。


その他、日本・アメリカ・フランス・台湾で「#UTPlayYourWorld」を開催するなど、世界的にも成功したTikTok運営です。

#UTPlayYourWorld」は、ユニクロの商品を着るのが条件であり、5名がグランプリに選出されます。

このように、ユーザーも巻き込むことで、多くのユーザーが参加してくれますよ。


株式会社ローソン

ローソンはハッシュタグチャレンジ広告を用いた「#いつでもLチキチャレンジ」で話題となりました。

ローソンはLチキのBGMを提供し、指の形を「L」にして踊る投稿を促し、ユーザーを巻き込みました。


このチャレンジが、若者を中心に話題となり、結果的に多くのユーザーが参加しています。

ローソンのハッシュタグチャレンジから、若者をターゲットにした広告が非常に有効的であることが分かりますね。


サントリー食品インターナショナル株式会社

次にサントリー食品インターナショナルを紹介します。

サントリーは「クラフトボスTEAシリーズ」で、クリエイティブコンテストを開催しました。


コンテスト開催したことにより、800件近いイラストや自撮り、アニメーションなどの作品が集まり、賑わいを見せました。

他のSNSにはできない、TikTokならではの広告の出稿により、売上や認知の拡大に繋げられますね。


コカ・コーラ

有名な飲料メーカーであるコカ・コーラも、TikTok広告を活用したプロモーションを行っています。

販売促進を目的に「#リボンでありがとうチャレンジ」を実施しました。

コカ・コーラを買ったことがある方は、帯を引っ張るとリボンの形になるコカ・コーラを見たことがあるのではないでしょうか。


#リボンでありがとうチャレンジ」は、ハッシュタグをつけてリボンボトルの投稿をすると、抽選でクオカードがもらえるイベントです。

#リボンでありがとうチャレンジ」に参加するためには、コカ・コーラの購入が必須条件なので、購買の促進にも繋がっています。

ハッシュタグを用いつつ、特典をつけることで多くのユーザーを巻き込めることが分かりますね。


江崎グリコ株式会社

ポッキー&プリッツの日を盛り上げるために、ハッシュタグチャレンジを活用して「ポッキー何本分体操」を実施しました。

本チャレンジは、11月6日~11月11日まで行われましたが、5日間で2万3000本以上の動画が投稿されるなど、非常に人気のチャレンジです。


「ポッキー何本分体操」の成功要因は、キャッチーなBGMと、ユーザーが楽しめる編集や振付だと考えられます。

TikTok広告を出稿する際は、ユーザーが楽しめる内容を考えることが大切ですね。


キレイモ

人気脱毛サロンのキレイモは「#キレイモいいね割チャレンジ」を実施し、参加人数約8万人、視聴回数は2億回以上を達成しました。

#キレイモいいねチャレンジ」以外にも、「#指ハートチャレンジ」のキャンペーンを行っています。

#指ハートチャレンジ」では、タレントの渡辺直美さんを起用し、広告を配信しました。


人気のタレントを起用することで、より多くのユーザーに興味を持ってもらえる機会になります。


インフルエンサーを起用したTikTok運営が得意な代理店を知りたい方は「【2022最新】TikTok広告代理店10社を徹底比較」を参考にしてください。


ロート製薬

化粧品で有名なロート製薬もTikTokの運用に成功しています。

ロート製薬は、TikTok広告っぽさを薄くし、ユーザーが親しみやすい投稿を心がけたことで、「いいね」が1000以上の動画を安定して量産しています。


また、広告以外にも、商品の使い方を簡単に説明する動画や、社員アンケートの結果を動画にしているのが特徴です。

ユーザーの知りたい情報をしっかり伝えて、信頼を勝ち取っています。



TikTok広告で成功するポイント3つ


成功事例を見たところで、TikTok広告で成功するポイントを3つにまとめます。

TikTok広告で成功するポイントは以下のとおりです。

  • 広告っぽさを薄くする

  • ユーザーを巻き込んだチャレンジの実施

  • ユーザーの疑問や悩みを解決する

それでは見ていきましょう。


広告っぽさを薄くする

1つ目は、広告っぽさを薄くすることです。

あまりにも広告の色が強すぎると、ユーザーは動画に興味を持ってくれません。


なぜなら、SNSやウェブ上に広告があふれており、あまり良い印象を抱いていないからです。

TikTok広告で成功する為には、広告っぽさを薄くし、通常の投稿に溶けこむことが大切ですよ。


ユーザーを巻き込んだチャレンジの実施

ユーザーを巻き込んだチャレンジを実施した企業は、成功している印象です。

例えば、「ポッキー何本分体操」のユーザー参加型のチャレンジや、コカ・コーラの「#リボンでありがとうチャレンジ」などですね。

コカ・コーラの「#リボンでありがとうチャレンジ」は、参加と合わせてクオカードの抽選もあるので、よりユーザーにとって魅力的なチャレンジになります。


ユーザーも一緒に楽しめるTikTok広告を配信しましょう。


ユーザーの疑問や悩みを解決する

ユーザーの疑問や悩みを解決する投稿も、成功しやすい傾向にあります。

例えば、ロート製薬のように、商品の使い方や、アンケートに回答するなどです。


ユーザーが知りたいと思っている情報に、信頼ある企業が回答すれば視聴回数や商品の購入につながる可能性は高まります。



成功事例を参考に効果的なTikTok広告を運用しよう

ここまで見れば、TikTok広告の成功事例が、どのような形で運用していたのか分かったと思います。

TikTok広告で大切なのは、ユーザーのことを一番に考えてコンテンツの作成をすることです。


今後も、TikTokの需要は高まると考えられるので、新規の顧客を獲得したい方は、TikTokの運用を始めることをおすすめします。



TikTokの広告運用でお悩みの方は株式会社プロパゲートにご連絡を


「TikTokで集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


Webマーケティングのプロフェッショナルが最適なプランを提案させて頂きます。



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。


TIkTok動画に関する「全て」を一気通貫でサポートしております。

自社サービスの集客に特化したTikTok広告運用ならプロパゲートにお任せください。