top of page

TikTok広告運用がSNS集客で最も効果的な3つの理由



「これからTikTok広告の運用を始めたい」「なぜTikTok広告がSNS集客で最も効果があるのか知りたい」と悩んでいる方も多いですよね。


本記事では、これからTikTok広告の運用を始める方に向けて、TikTok広告とは何か、なぜ効果があるのかを解説します。

記事の前半では、TikTokについて詳しく紹介し、後半ではSNS集客に効果的な理由やおすすめの代理店を紹介します。

今後、TikTok広告に力を入れ、自社のビジネスなどに活用したい方は、是非本記事を参考にしてください。



TikTokとは


まずは、TikTokについて理解を深めるために、TikTokとは何かを見ていきましょう。

TikTokは、15秒~60秒の短い動画を作成し、投稿ができるプラットフォームです。


中国の「ByteDance」が運営し、2018年には世界ダウンロード数1位、日本国内のユーザー数は2021年時点で1500万人を超えています。


ここまで人気の理由は、参入障壁が低いことや、短い尺でスムーズに動画を視聴できる点であると考えられます。

企業や個人でも簡単に動画の編集ができ、初めての投稿でも多くのユーザーに見てもらえる可能性があるのが特徴です。


また、おすすめ動画で動画が流れてくるため、ユーザーの特性に合った動画が流れてきます。


上記のような理由から、TikTokは人気のSNSと言えますね。



TikTok広告とは

TikTok広告とは、TikTok内で出稿できる広告のことです。


TikTokのコンテンツとして広告を出稿できるので、BGMなどを付けることもできます。

主に以下の3つの広告が使用されています。

  • インフィード広告

  • 起動画面型広告

  • ハッシュタグチャレンジ広告

次のテーマでは、Tiktok広告の特徴について、より詳しく解説します。



TikTok広告の審査における注意点3つ


「TikTok広告の審査が不安」「審査にちゃんと通るかな」と悩んでいる方も多いですよね。

ここでは、TikTok広告の審査における注意点を3つ解説します。

  • 誇張表現などを避ける

  • 動画や画像の品質を維持する

  • Webサイトを正常に保つ

一つひとつ解説します。


誇張表現などを避ける

できるだけ、誇張表現やユーザーが誤解してしまう表現は避けるようにしましょう。

誇張表現とは、大げさな表現をすることですね。

Web広告でよくある表現の例を挙げると、以下のようなものです。

  • このサプリを1週間飲めば必ず痩せます

  • この化粧品は世界一

  • このアプリを使えば何もしなくても稼ぐことができる

上記のように、根拠や証明がなく、達成できるか分からないのに表現すると、審査に通らない可能性があります。

そのため、誇張表現でユーザーの誤解を招く表現は避けるようにしましょう。


動画や画像の品質を維持する

動画や画像の品質を維持しましょう。

画像の解像度が低くぼやけていたり、動画の音質が悪いと、審査に影響を及ぼす可能性があります。

そのため、動画や画像を用いる場合は、解像度などを意識して投稿しましょう。

画像であれば、Web上のツールで解像度を上げることも可能ですよ。


リンク先のWebサイトを正常に保つ

リンク先のWebサイトを正常に保ちましょう。

リンク先のWebサイトがエラーを起こしていたり、モバイル対応していない場合は、審査に落ちやすくなる可能性があります。

TikTokだけではなく、Webサイトも正常に保つようにしましょう。



TikTok広告の特徴を3つ紹介


ここでは、TikTok広告の特徴を3つ紹介します。

TikTok広告の特徴は以下のとおりです。

  • 「広告」らしさが薄い

  • 短時間で興味を持たせられる

  • 広告がコンテンツとなる

一つひとつ紹介します。


「広告」らしさが薄い

一つ目の特徴は、「広告」らしさが薄いことです。

バナー広告や、テキストの広告などと違い、一つのコンテンツとして広告を出稿できるので、広告特有の胡散臭さが少なく感じられます。


広告っぽさが強すぎると、ユーザーは良い印象を持ちません。

その背景には、近年SNSや動画配信サイト、Webサイト、街中など、世の中は広告にあふれていることが挙げられます。


そのため、ユーザーは広告に対して胡散臭い印象を持ち始めているのです。

その点、TikTok広告は、通常のコンテンツのように作成できるので、広告の色を抑えられます。


短時間で興味を持たせられる

TikTok広告の特徴2つ目は、短時間でユーザーに興味を持たせられることです。

TikTokのコンテンツは、開始2秒で興味を持たせられるかで、その後も視聴されるかが決まると言われています。

なぜなら「この動画は面白くない」「これは広告だ」と認識されると、すぐにスクロールされてしまうからですね。


短時間で興味を持たせるには、広告を前面に押し出すのではなく、BGMや動画作成にこだわりつつ、一般的なTikTok動画を作る感覚を持ちましょう。


広告がコンテンツとなる

3つ目は、広告がコンテンツとなることです。

先程も少し触れましたが、TikTok広告は通常のコンテンツのように出稿できます。

しかし、その分以下のような点に注意する必要があります。

  • 広告を前面に押し出すと視聴されない

  • 通常のコンテンツに溶け込まなければならない

  • 他のコンテンツに負けないクオリティを維持する必要がある

広告っぽさをなくしつつ、他の投稿に負けないクオリティを維持する必要があります。

難しいですが、クリアできればユーザーを満足させる広告が完成しますよ。



Tiktok広告運用がSNS集客で最も効果的な理由3つ


ここでは、TikTok広告がSNS集客で最も効果的な理由を3つ紹介します。

理由は以下のとおりです。

  • 「SPARK BUZZ」で効果を出せる

  • インスタントページでCV最大化を図れる

  • インプレッション単価が安い

それでは解説します。


「SPARK BUZZ」で効果を出せる

一つ目の理由は、弊社のサービスである「SPARK BUZZ」を活用して、効果を出せることです。

SPARK BUZZでは、企画から広告運用まで、弊社の担当者が一貫してサポートいたします。

500以上の企業や個人をサポートしてきたノウハウと、自社アカウントをCPA1500円以下で運用している経験をもとに最適な運用代行を提供します。


弊社のSPARK BUZZを利用することで、TikTok広告で効果を発揮し、今まで以上にSNSからの集客を可能にします。

SPARK BUZZを利用して、商品やサービスを多くのユーザーに認知させ、ビジネスを拡散させましょう。

SPARK BUZZの価格や、詳細については、後ほど詳しく解説します。


インスタントページでCV最大化を図れる

2つ目は、インスタントページでCVの最大化を図れることです。

TikTokは、広告の強化が実装されており、インスタントページの活用が主流となっています。

インスタントページとは、簡易LPを作成できる機能です。


動画にリンクを貼り、LPに誘導することで、CVの最大化を図ります。

TikTokのインスタントページの魅力は、オリジナリティのあるページを作成できる点です。


「LPなんて作ったことない、オリジナリティを出せない」と悩む方も多いですよね。

TikTokのインスタントページは、あらかじめテンプレートが用意されているので、少し手を加えるだけでオリジナリティあるページを作成できますよ。


ユーザーの興味を惹ければ、インスタントページでCVの最大化も十分達成できます。


インプレッション単価が安い

3つ目の理由は、インプレッション単価が安いことです。

インプレッション単価とは、広告に使用される測定値であり、「CPM」とも呼ばれています。

ユーザーに1000回表示されるごとに、一定の料金が発生します。


TikTok広告においては、インプレッション単価が安く、低額から効果的な広告を出稿することが可能です。

TikTok広告のインプレッション単価は、100円~1000円であり、予算に合わせて使用できます。

とにかくユーザーの目に留まり、興味を持ってもらう手として効果的と言えますね。



おすすめのTikTok広告代理店を5社紹介


「TikTok広告を使ったSNS集客で効果を得たい」「でも自分でやれる自信がない」と悩む方もいると思います。

そんな悩みを解決するために、おすすめのTikTok広告代理店を5社紹介します。

今回紹介する企業は以下のとおりです。

  • 株式会社プロパゲート

  • 株式会社ベクトル

  • 株式会社Union

  • 株式会社N.D.Promotion

  • 株式会社デジマール

それでは紹介します。


株式会社プロパゲート

まずは、弊社を紹介させていただきます。

先程も触れましたが、「SPARK BUZZ」というサービスで、お客様のTikTok広告運用をサポートいたします。

SPARK BUZZの詳細は以下のとおりです。

プラン

料金

詳細

SPARK BUZZ

​249,800円~

・PR動画の目標/KPIの設定

・動画の企画/コンテンツ設定

・動画原稿の設定

・動画編集

・広告運用代行(1カ月)

・レポーティング作成

SPARK BUZZ TIKTOKER+

349,800円~

・PR動画の目標/KPIの設定

・動画の企画/コンテンツ設定

・動画原稿の設定

・TikTokerのキャスティング

・動画編集

・広告運用代行(1カ月)

・レポーティング作成

自社アカウントで培ったノウハウをもとにサポートいたしますので、是非一度ご相談ください。



株式会社ベクトル

続いて、株式会社ベクトルを紹介します。

株式会社ベクトルは、Web広告などのマーケティングやPR事業のノウハウをもとに、TikTok広告のサポートを行う企業です。


TikTok For Business Award 2020で優秀代理店「ブランド部門・ブロンズ賞」を獲得するなど、優秀な実績を残しています。

安心と信頼感を求めている方は、株式会社ベクトルがおすすめです。

最後に、特徴や実績を記載します。

実績

TikTokと広告パートナー契約を締結

TikTok For Business Award 2020 優秀代理店:ブランド部門・ブロンズ賞

費用

月額3万円+インフルエンサーが報酬単価決定

特徴

企画のディレクションやインフルエンサーを活用したマーケティング経験が豊富

URL

株式会社Union

株式会社Unionは、SNSマーケティングや、リスティング広告などに尽力している企業です。

株式会社UnionのTikTok広告運用代行は担当者が2人付くため、安心感のある手厚いサポートが受けられます。

実績

Google・Yahoo正規代理店

費用

33万円+手数料(広告運用のみ。制作は別料金で可能)

特徴

担当者が2名ついてくれるので安心感がある。

また、毎日レポートを提供するので細かな進捗が分かる。

URL

株式会社N.D.Promotion

株式会社N.D.Promotionは、モデルマネジメントを行っている企業であり、インフルエンサーを活用したTikTok広告を得意としています。


インフルエンサーと、TikTokのハッシュタグ広告は相性がいいと言えます。

インフルエンサーを起用したTikTok広告の配信を検討している方は、株式会社N.D.Promotionがおすすめです。

実績

CMや映画出演のタレント多数所属

費用

要問合せ

特徴

インフルエンサーを起用したハッシュタグチャレンジ広告が得意

URL

株式会社デジマール

株式会社デジマールは、マーケティング支援を得意とする代理店です。

株式会社デジマールは、TikTok以外の運用も得意としています。

TikTokは、他のSNSと連携することも可能なのです。

そのため、すでにTikTok以外のSNSを運用している方とも相性がいいと言えます。

実績

医療やクラウドファンディングの企業の広告運用を担当

費用

アカウント初期構築5万+月額広告費20%(広告運用のみ。制作は別料金で可能)

特徴

TikTok広告以外のSNSやWeb広告の運用を提供し、幅広い知識と経験がある。

URL


TikTok広告運用を開始して集客に効果を出そう

本記事を読めば、なぜTikTok広告運用が集客に効果があるのかを理解できたと思います。

TikTokの需要は、今後もさらに伸びていくと予想されるので、集客への効果はかなり期待して良いでしょう。

弊社の「SPARK BUZZ」に興味を持った方は、是非一度ご相談ください。



TikTokの広告運用でお悩みの方は株式会社プロパゲートにご連絡を


「TikTokで集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


Webマーケティングのプロフェッショナルが最適なプランを提案させて頂きます。



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。


TIkTok動画に関する「全て」を一気通貫でサポートしております。

自社サービスの集客に特化したTikTok広告運用ならプロパゲートにお任せください。




bottom of page