top of page

TikTokのクリエイティブ制作について解説!TikTok広告の効果を最大化する方法

更新日:2023年5月2日



「TikTokでのクリエイティブ制作について教えてほしい」「TikTok広告で効果を出したい」と悩んでいる方も多いですよね。


本記事では、TikTok広告とは何か、クリエイティブ制作とは何かを解説していきます。

その他、入稿規定やクリエイティブ制作のポイント、注意点なども紹介します。


TikTok広告でのクリエイティブ制作について詳しくなりたい方は、是非参考にしてください。



TikTokとは


TikTok広告は、一般的な投稿のように、動画コンテンツを発信できる広告です。

例えば、Web広告・バナー広告は、テキストや画像で発信しますが、TikTok広告では音楽を流したりクリエイターなどを登場させることもできます。

最近は、いたる所に広告があるため、ユーザーは広告に対してあまり良い印象を持っていません。


そのため、できるだけ広告っぽさをなくす必要があります。

TikTok広告であれば、通常の投稿と同じように見せることができるので、広告っぽさをなくし、ユーザーの不満を減らすことが可能です。


このように、通常の投稿と同じように見えることから、自然に自社のアピールを行うことが可能です。

以下からは、TikTok広告の種類を紹介します。


インフィード広告

1つ目はインフィード広告です。

インフィード広告は、通常の投稿の間に表示できる広告を指します。

おすすめのフィードに表示される広告で、通常の投稿のように「いいね」や「コメント」などの評価も行えます。

シェアすることも可能なので、拡散してより多くのユーザーに見てもらえます。


上記のように、通常の投稿のように溶け込めるので、自然に広告が閲覧されるのが特徴です。

そのため、広告にあまり良い印象を持っていないユーザーにも、アプローチが可能ですよ。

その分、ユーザーの目を引くクリエイティブなコンテンツ作成が必須になります。


起動画面型広告

起動画面型広告は、TikTokアプリを開いた際に表示される広告です。

起動画面型広告を使うことで、表示回数が多くなり、認知拡大に期待できます。

なぜなら、広告枠が1日1枠であり、画面を起動した際に必ず表示されるので、多くのユーザーの目に留まるからです。


しかし、1日1枠と限られているため、広告費は高くなる傾向があります。

予算に余裕があり、多くのユーザーに興味を持ってほしい方におすすめです。


ハッシュタグチャレンジ広告

ハッシュタグチャレンジ広告は、「#」を利用してユーザーを巻き込みながら運用できる広告です。

ユーザーも参加できるので、実際に商品やサービスを手に取り、体験してもらいながら宣伝も可能になります。

例を挙げると、コカ・コーラが「#リボンでありがとうチャレンジ」を実施し、成功を収めました。


多くのユーザーがチャレンジに参加することで、商品やサービスの拡散が見込めます。

広告費は高額で、スタンダードな広告でも1,500万円ほどなので、予算は多く見積もる必要があるでしょう。

ハッシュタグを用いて「バズらせる」技量が必要です。



TikTokを利用するメリット


ここでは、TikTokを利用するメリットについて紹介します。

TikTokを利用するメリットは以下のとおりです。

  • 動画で効果的な訴求ができる

  • 精密なターゲティングができる

  • 初心者でもクリエイティブ制作ができる

一つひとつ解説します。


動画で効果的な訴求ができる

1つ目のメリットは、動画で効果的な訴求ができることです。

動画での発信は、画像やテキストに比べて印象に残りやすいと言われています。

アメリカ国立訓練研究所は、動画コンテンツは記事コンテンツの2倍記憶に残ると発表しています。

そのため、TikTokで発信することで、よりユーザーの記憶に残すことが可能です。


精密なターゲティングができる

2つ目のメリットは、精密なターゲティングが可能なことです。

TikTok広告を使うと、以下のようなターゲティングができます。

  • 性別

  • 年齢

  • 興味関心

  • ユーザーの行動

上記以外にも、ターゲットを設定することが可能です。

精密なターゲティングで、ユーザーを絞って狙うこともできますよ。


初心者でもクリエイティブ制作ができる

3つ目のメリットは、初心者でもクリエイティブ制作ができる点です。

TikTokでは、曲やスタンプ、フォントなどのテンプレートが用意されています。

テンプレートを活用することで、初心者でもクオリティの高いクリエイティブ制作が可能です。



TikTok広告の入稿規定を紹介


ここでは、TikTok広告の入稿規定を紹介します。

TikTokは、動画配信アプリですので、動画広告の入稿規定が該当します。

TikTokの動画広告の入稿規定は以下のとおりです。

  • 動画の解像度(px):540×960以上・640×640以上・960×540以上

  • ファイル形式:mp4/mov/mpeg/3gp/avi

  • 動画の長さ:5秒~60秒

  • 広告説明文:半角で1~100文字、又は全角で1~50文字

  • ファイルサイズ:500MB以上

  • ビットレート:516 kbps 以上

  • ブランド名:半角で2~20字または全角で1~10字

入稿規定を守り、適正なサイズでの動画投稿を行いましょう。



TikTokのクリエイティブ制作のポイント


ここでは、TikTokのクリエイティブ制作のポイントを紹介します。

TikTokのクリエイティブ制作のポイントは以下のとおりです。

  • 広告感をなくしてなじませる

  • 語りかけるように話す

  • クリエイターを活用する

一つひとつ解説します。


広告感をなくしてなじませる

1つ目のポイントは、広告感をなくしてなじませることです。

TikTok広告は、一般の投稿と同じように、おすすめ動画などに配信されます。

そのため、広告感をなくして、一般の投稿のように見せることが重要です。

最初から商品やサービスの紹介を強引に行ってしまうと、広告感が強くなってしまいます。

まずは、ユーザーが知りたい情報を考え、発信し「広告ではなさそう」と思ってもらうことが重要です。


語りかけるように話す

2つ目のポイントは、ユーザーに語りかけるように話すことです。

皆さんも、商品紹介の動画などで、語りかけるような口調で話されると、興味を持ってしまう経験があるのではないでしょうか。

例えば、「10代から20代の女性のあなた」や「ちょっと聞いてほしい、、、」などですね。

上記のように「自分に該当するのでは?」とユーザーに思わせることで、コンテンツに興味を持ってもらえます。

実際に、TikTokの調査でも語りかける動画は、通常の動画に比べてコンバージョン率が良いことが分かっています。

そのため、クリエイティブ制作にする際は、語り口調を取り入れるのがおすすめです。


クリエイターを活用する

3つ目のポイントは、クリエイターを活用することです。

クリエイターは、動画内に登場する人物を指します。

クリエイターを登場させることで、コンバージョン率や視聴率が向上することが証明されています。

クリエイターの登場と合わせて、先程紹介した語りかけるように話すことで、さらなるコンバージョンや視聴数が期待できます。

これからクリエイティブ制作を行う方は、ぜひクリエイターを参加させてみてください。



TikTokのクリエイティブ制作の注意点


ここでは、TikTokのクリエイティブ制作の注意点を紹介します。

TikTokのクリエイティブ制作の注意点は以下のとおりです。

  • BGMをつけるようにする

  • 予算内に収められるか考える

  • 縦型画面で配信出来ているか確認する

一つひとつ解説します。


BGMをつけるようにする

TikTokのクリエイティブ制作をする際は、BGMをつけるようにしましょう。

無音の状態よりも、BGMをつけたほうが再生率が高く、多くのユーザーに見てもらうことが可能です。

その中でも、アップテンポのBGMは再生率が高いことがデータから分かっています。

ただし、なんでもアップテンポにするのではなく、商品・サービスの雰囲気や、企業にマッチしたBGMを選択するようにしましょう。


予算内に収められるか考える

2つ目の注意点は、予算内に収められているかどうかです。

TikTok広告を出稿するためには、費用が掛かります。

中には月額料金や1000クリックされると数千円などの広告もあり、費用が積み重なるケースもあります。

クリック型単価と呼ばれるものは、知名度が上がり、クリックされる回数が多いほど費用も掛かるので、注意が必要です。

また、クリエイティブ制作を委託する場合は、費用も多くなってしまうので、予算管理は徹底しておきましょう。


縦型画面で配信出来ているか確認する

3つ目の注意点は、縦型画面で配信出来ているかどうかです。

TikTokの投稿は、基本的に縦型画面での配信を行います。

なぜかというと、大半のユーザーがスマートフォンでTikTokを視聴しており、効果が出やすいからです。

TikTok For Businessで紹介されているデータでは、横型の動画と比べて、縦型のほうが視聴率やエンゲージメント率が圧倒的に高いことが分かっています。

そのため、クリエイティブ制作を行い、動画を投稿する際は、縦型画面で配信出来ているかをチェックしましょう。



TikTok広告運用代行サービス「SPARK BUZZ」の紹介

最後に、弊社のTikTok広告運用代行サービス「SPARK BUZZ」の紹介です。

TikTok広告の運用代行を行っており、低価格で企画からTikTokerのキャスティング、クリエイティブ制作などを担当しております。


実際に、「SPARK BUZZ」を利用した方の実績は以下のとおりです。

企業/インフルエンサー

成果

・再生数:300万

・いいね数:2.5万

・保存数:1071

・カートへのCPA:85円

・再生数:47万

・いいね数:1.4万

・保存数:1542

人材派遣会社の求職者獲得

・自社モデルを活用し、CM動画を企画

・1CPA1500円以下で集客

・他SNSと比較しても費用対効果抜群

さらに詳しく知りたい方は、「TikTok広告運用で本気でおススメできるサービス『SPARKBUZZ』」の記事を読んでみるといいですよ。

無料相談も受け付けておりますので、TikTok広告運用で悩む企業・個人の方々は、お気軽にご連絡ください。




TikTokの広告運用でお悩みの方株式会社プロパゲートにご連絡を


「TikTokで集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


企画/動画編集/広告運用まで一気通貫でサポート。

1動画当たりの再生回数10万回を保証させて頂きます。

ただの運用ではなく、結果にコミットするTikTok運用をご提案します。



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。


500社以上の集客支援をしてきた自社の強みを活かし、一つの動画で価値を伝えきる企画設計・動画編集・キャスティングを実行させて頂きます。

月間300件以上の問い合わせ(1件あたり1,059円)実績や、再生数300万など実績多数。


自社サービスの集客に特化したTikTok広告運用ならプロパゲートにお任せください。




Comentários


bottom of page