top of page

【2024年最新版】TikTok広告のターゲティングや入札方法、おすすめの代理店を紹介

更新日:2月8日



「TikTok広告について詳しく教えてほしい」「ターゲティングなどの設定方法についても解説してほしい」と悩んでいる方も多いですよね。


本記事では、TikTok広告のターゲティングや入札方法などを解説していきます。


また、弊社が提供するサービス「SPARK BUZZ」も、記事の後半で紹介します。

TikTok広告の活用方法を詳しく知りたい方は、是非参考にしてください。



TikTok広告とは


TikTokは、中国のByteDance社が提供する、動画投稿プラットフォームです。

TikTok広告とは、TikTok内のコンテンツとして出稿できる広告で、個人・企業ともに認知拡大や購買への誘導に活用できます。


TikTok広告は、通常の広告のように、画像やテキストで作るだけでなく、BGMなどの編集をして作成します。

よりクリエイティブであれば、1つの動画コンテンツとして認識されるため、最後まで広告を見てくれる可能性も高くなりますよ。


下記からは、TikTok広告の種類を解説します。


インフィード広告

一つ目はインフィード広告を紹介します。

インフィード広告は、通常の投稿の間に表示できる広告です。

おすすめのフィードに表示される広告であり、通常の投稿のように「いいね」や「コメント」もできますよ。

もちろん、シェアすることも可能なので、より多くのユーザーに見てもらえます。


上記のように、通常の投稿のように溶け込めるので、自然に広告が閲覧されるのが特徴です。

そのため、広告にあまり良い印象を持っていないユーザーにも、アプローチが可能ですよ。

その分、ユーザーの目を引くクリエイティブなコンテンツ作成が必須になります。


起動画面型広告

起動画面型広告は、TikTokアプリを開いた際に表示される広告です。

起動画面型広告を使うことで、表示回数が多くなり、認知拡大に期待できます。

なぜなら、広告枠が1日1枠であり、画面を起動した際に必ず表示されるので、多くのユーザーの目に留まるからです。

しかし、1日1枠と限られているため、広告費は高くなる傾向があります。


予算に余裕があり、多くのユーザーに興味を持ってほしい方におすすめです。


ハッシュタグチャレンジ広告

ハッシュタグチャレンジ広告は、「#」を活用してユーザーを巻き込みながら運用する広告です。

ユーザーも参加できるので、実際に商品やサービスを手に取って、体験してもらいながら宣伝も可能になります。

例を挙げると、コカ・コーラは「#リボンでありがとうチャレンジ」を実施し、成功を収めました。


多くのユーザーがチャレンジに参加すれば、商品やサービスの拡散が見込めます。

広告費は高額で、スタンダードな広告でも1,500万円ほどなので、予算は多く見積もる必要があるでしょう。

ハッシュタグを用いて「バズらせる」技量が必要です。



TikTok広告で可能なターゲティング


ここでは、TikTok広告で可能なターゲティングについて解説します。

今回紹介するターゲティングは以下のとおりです。

  • デモグラフィック

  • 興味関心

  • デバイス

一つひとつ紹介します。


デモグラフィック

デモグラフィックでは、ユーザーの属性を見ることが可能です。

デモグラフィックを活用することで、以下の項目を確認できます。

  • 性別:男性・女性・無制限

  • 年齢:13~17歳・18~24歳・25~34歳・35~44歳・45~54歳・55歳以上・無制限

  • 地域・住所:国・都道府県

  • 言語:アプリの設定に基づく

上記のような項目から、デモグラフィックのターゲティングが可能です。

年齢においては「若者」と一括りにしても、17歳と18歳では異なるターゲットとなります。

正確にターゲティングを行い、アプローチをかけることもできますよ。


興味関心

興味関心では、TikTokのユーザーがどのような動画を好んで見ているのかをターゲティングすることが可能です。

興味関心の中でも「ビジネス」「ゲーム」「ペット」などのカテゴリーに分かれており、カテゴリーに関連する興味を持つユーザーに広告が配信されます。

カテゴリーを1つ選択すると、それに関連するカテゴリーの選択も可能です。

例えば、「ゲーム」のカテゴリーを選択すると「ゲーム機器」「オンラインゲーム」なども、含まれるようになります。

「オンラインゲーム」のような下位カテゴリーだけを選択することもできますよ。

ユーザーの興味関心も見つつ、カテゴリーの選択を行いましょう。


デバイス

デバイスでは、ユーザーのOSや、通信環境などからターゲティングが可能です。

具体的には以下のように設定ができます。

  • 通信環境:Wi-Fi・2G・3G・4G・5G・無制限から1つ以上選択可能

  • システムバージョン:IOS(バージョン指定可)・Android・無制限から選択可能

  • デバイスのキャリア:日本に限っては、au・docomo・Softbankから選択可能

  • デバイスのモデル:iPhone11など、機種を指定してターゲティングできる


TikTok広告で選択できる入札方法4つ


ここでは、TikTok広告で選択できる入札方法を4つ紹介します。

今回紹介するのは以下のとおりです。

  • インプレッション型課金

  • 再生型課金

  • 期間契約型

  • クリック単価型

それでは見ていきましょう。


インプレッション型課金

1つ目は、インプレッション型課金について解説します。

インプレッション型課金とは、インプレッション数によって支払う料金が異なる方法です。

インプレッションは、広告が表示された回数のことを指します。

インプレッション課金を利用すると、起動画面広告などに活用され、より多くのユーザーに見てもらうことが可能です。

金額は「広告が〇〇回表示されたら△△円」のように、表示回数によって異なります。

TikTokユーザーに見てもらえる機会を増やしたい方におすすめです。


再生型課金

2つ目は、再生型課金です。

再生型課金では、動画が一定時間再生されることで料金が発生します。

そのため、TikTokユーザーがスキップをすると、料金は発生しません。

動画に興味のあるユーザーに、しっかりとアプローチをできるのが再生型課金の特徴です。

デメリットとしては、動画制作に時間とコストがかかってしまうことですね。

広告を見てくれたユーザーにしっかりと訴求をしたい方に、再生型課金はおすすめです。


期間契約型

3つ目は、期間契約型です。

期間契約型では、契約期間内に広告が出稿されます。

費用も表示回数などに左右されるのではなく、契約期間によって一定の費用が掛かります。

ハッシュタグチャレンジ広告やインフィード広告など、長期的に活用する際に使われている印象です。

ただし、費用が高いというデメリットがあります。

数か月で100万円から1000万円かかるなど、かなり高額になります。

効果は大きいですが、費用がかかってしまうので、予算を確保できる状態の方におすすめです。


クリック単価型

4つ目は、クリック単価型の紹介です。

クリック型なので、ユーザーがクリックしない限り費用は発生しません。

そのため、無駄な出費を抑えられるというメリットがあります。

1クリックあたり、数十円から100円程度とされています。

一見すると、とても安く感じられるかもしれません。

しかし、クリックされる回数が多いアカウントであれば、費用が必要以上に多くなってしまう可能性があります。

上記の理由から、自身のアカウントのクリック率をしっかりと把握するようにしましょう。



TikTok広告運用のポイント


ここでは、TikTok広告運用のポイントを解説します。

  • ターゲットを絞りすぎない

  • 定期的に改善を行う

  • ユーザーの共感を得る動画を作成する

一つひとつ解説します。


ターゲットを絞りすぎない

1つ目のポイントは、ターゲットを絞りすぎないことです。

なぜかというと、ターゲットを絞りすぎてしまうと、配信できる範囲が狭まってしまうからです。

実際は商品やサービスに興味があるのに、ターゲットを絞りすぎたせいで動画が届かない可能性もあります。

とくに、ターゲティングを始めたばかりの場合は、すこし範囲を広くしてターゲットを絞りましょう。


定期的に改善を行う

2つ目のポイントは、定期的に改善を行うことです。

TikTok広告では、ユーザーの行動や興味関心をデータとして見ることができます。

そのデータをもとに、どこが足りていないのか、改善するべきはどこなのかを見つけることもできます。

動画の方向性などをデータから解析し、改善を行うことで、よりユーザーへのアプローチをかけることが可能です。

定期的に改善を行い、アカウントを更に良くしましょう。


ユーザーの共感を得る動画を作成する

3つ目は、ユーザーの共感を得る動画を作成することです。

なぜなら、ユーザーの心をつかむことで、長期的に動画を見てもらえる可能性が高まります。

例えば、商品の「かわいさ」や「便利さ」を的確に伝えることで、興味を持ってくれるケースも多くあります。

そうすることで、商品やサービスを使ってくれる機会が増えたり、シェアされる機会も増えていきます。

そのため、ユーザーの共感を得ることは重要です。



TikTok広告運用代行サービス「SPARK BUZZ」の紹介

ここでは、弊社のTikTok広告運用代行サービス「SPARK BUZZ」を紹介いたします。

ikTok広告の運用代行を行っており、低価格で企画からTikTokerのキャスティング、クリエイティブ制作などを担当しております。

実際に、「SPARK BUZZ」を利用した方の実績は以下のとおりです。

企業/インフルエンサー

成果

・再生数:300万

・いいね数:2.5万

・保存数:1071

・カートへのCPA:85円

・再生数:47万

・いいね数:1.4万

・保存数:1542

人材派遣会社の求職者獲得

・自社モデルを活用し、CM動画を企画

・1CPA1500円以下で集客

・他SNSと比較しても費用対効果抜群

更に詳しく知りたい方は、「TikTok広告運用で本気でおススメできるサービス『SPARKBUZZ』」の記事を読んでみるといいですよ。

無料相談も受け付けておりますので、TikTok広告運用で悩む企業・個人の方々は、お気軽にご連絡ください。




TikTokの広告運用でお悩みの方株式会社プロパゲートにご連絡を


「TikTokで集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


企画/動画編集/広告運用まで一気通貫でサポート。

1動画当たりの再生回数10万回を保証させて頂きます。

ただの運用ではなく、結果にコミットするTikTok運用をご提案します。



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。


500社以上の集客支援をしてきた自社の強みを活かし、一つの動画で価値を伝えきる企画設計・動画編集・キャスティングを実行させて頂きます。

月間300件以上の問い合わせ(1件あたり1,059円)実績や、再生数300万など実績多数。


自社サービスの集客に特化したTikTok広告運用ならプロパゲートにお任せください。


【URL】

【TEL】

03-6824-7712

【会社所在地】

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目5−6 H¹O 渋谷神南 702

【制作実績】



コメント


bottom of page