top of page

起業する際のホームページ制作方法徹底比較!メリット・デメリットも紹介

更新日:2023年8月10日



「起業する際のホームページ制作方法について知りたい」「起業する際にホームページは必要なのか教えてほしい」と悩んでいる方も多いですよね。

本記事では、起業する際のホームページ制作方法や、メリット・デメリットなどを解説します。


初めて起業する方は、ホームページの必要性や、制作方法について知らないことも多いと思います。

本記事を参考に、ホームページ制作方法を比較してください。



起業する際にホームページは必要?


ここでは、起業する際にホームページは必要か解説していきます。


結論からいうと、必須ではありませんが、ビジネスを伸ばすためには持っておくと良いでしょう。

必須ではない理由としては、ビジネスの特徴によって相性の良いプラットフォームは異なるからです。

しかし、ホームページを作成し運用することで、ユーザーに多くの情報を届けられるようになります。


また、業種によっては資料請求や契約の申し込みなど、利益につながる可能性もあるので、ホームページを作成することをおすすめします。



起業する際のホームページ制作方法を比較


ここでは、起業する際のホームページ制作方法を比較していきます。

今回紹介するホームページ制作方法は以下のとおりです。

  • サブスク型ホームページ制作でプロに依頼する

  • 一括型でプロに依頼する

  • 個人で活動している方に依頼する

  • 自分でホームページを制作する

一つひとつ見ていきましょう。


サブスク型ホームページ制作でプロに依頼する

1つ目は、サブスク型ホームページ制作で、プロに依頼することです。

サブスク型ホームページ制作とは、料金を支払うことでホームページを制作してもらい、一定期間利用できるサービスです。

最近では、映画やドラマ、音楽などのサブスクリプションサービスが増えていますね。

サブスク型ホームページ制作では、初期費用を安く抑えつつ、ホームページ制作をプロに任せることが可能です。


しかし、サブスク型ホームページ制作では、設定できる機能が限られたり、契約終了後はホームページが使えなくなるケースもあります。

上記の内容から、初期費用を抑え、一時的に利用する方にはおすすめですが、長期的に運用し自分のホームページを運用したい方には向いていないでしょう。


一括型でプロに依頼する

2つ目は、一括型でプロに依頼する方法です。

ここでのプロは、制作会社に属することを指します。


サブスク型ホームページ制作とは異なり、初期費用も含め、一括でホームページを購入する方法です。

一括型で依頼することで、プロが作成したホームページを自分のものとして運用することができます。

サブスク型ホームページ制作に比べ、多くの機能をつけられることやページ数を増やすことができ、より多くの情報を掲載可能です。


しかし、数十万程度の費用がかかってしまうので、起業をしたい方にとっては厳しいかもしれません。

そのため、予算に余裕があり、自分のホームページを持ちたい方におすすめです。


個人で活動している方に依頼する

3つ目は、個人で活動している方に依頼する方法です。

個人の方でも、制作会社などで勤務していた経験などを活かし、ホームページを作成してくれる方が多く存在します。

また、費用も比較的抑えることが可能なので、起業する方にとっては嬉しいですよね。


個人で活動する方と繋がる方法としては、「ココナラ」や「クラウドワークス」などのサービスを活用すると良いでしょう。

ただし、自社と相性の良い方を探すことが難しいのがデメリットです。

コミュニケーションをしっかりと取り、お互いの信頼関係を築き上げることが重要です。


自分でホームページを作成する

4つ目は、自分でホームページを作成する方法です。

自分でホームページを作るのは、今まで紹介してきた方法の中で最も難易度が高いと言えるでしょう。


CMSを用いてホームページを作る際は、費用を抑えられますが、勉強時間と作成時間に多くの労力を割かなければなりません。

ノーコードという、プログラミング言語を使わずにホームページを作るツールもあります。

「自分でプログラムを組むのは不安がある」という方は、ノーコードツールを活用すると良いでしょう。





プロに制作を依頼するメリット・デメリット

ここでは、ホームページ制作をプロに依頼するメリットを紹介します。

プロに依頼するメリットは以下のとおりです。

  • メリット①:セキュリティが強く安心できる

  • メリット②:高いクオリティで制作してくれる

  • メリット③:アフターフォローが充実している

  • メリット④:自分の業務に集中できる

  • デメリット①:費用がかかる

  • デメリット②:運用までに時間がかかる場合もある

1つ1つ見ていきましょう。


メリット①:セキュリティが強く安心できる

1つ目は、セキュリティが強く安心できることです。

ホームページ制作を専門に行っているプロは、セキュリティ面に強い方も多く、安心して任せることができます。

ホームページの運営においてセキュリティは重要です。

セキュリティが弱いホームページだと、情報の漏洩やシステムの障害など、問題が発生する可能性があります。

Webサイトの運営が停止したり、利益が減少するなどの問題も発生するので、セキュリティ面は重要です。


メリット②:高いクオリティで制作してくれる

2つ目は、高いクオリティで制作してくれることです。

プロの方々は、制作技術に加え、Webマーケティングにも精通している人も多く、高いクオリティで制作してくれます。

例えば、これまで培ってきた実績や傾向を踏まえ、適切なデザインや構成を考えてくれます。

近年は、スマートフォンの普及により、モバイルユーザビリティが非常に重要です。

プロに任せることで、モバイルユーザビリティを意識したクオリティの高いホームページを制作してくれます。


メリット③:アフターフォローが充実している

3つ目のメリットは、アフターフォローが充実していることです。

起業した方にとっては、ホームページを制作後の運用も不安ですよね。

アフターフォローが充実している場合は、制作だけでなく、運用のサポートも充実しているので安心です。

制作会社のホームページなどでアフターフォローについて確認できます。

依頼する前に確認しておきましょう。


メリット④:自分の業務に集中できる

メリット4つ目は、自分の業務に集中できることです。

ホームページ制作をプロの方に任せておけば、その他の業務に集中して取り組むことができます。

仮に自分自身でホームページ制作を行っていると、その他の業務にもなかなか手を付けられませんよね。

そうなると、結果を出すのも時間がかかってしまい、集中力も分散してしまいます。

そのため、ホームページ制作をプロに任せて、自分自身の業務に集中できるのはメリットと言えます。


デメリット①:費用がかかる

1つ目のデメリットは、費用がかかることです。

プロに任せるため、数十万円以上の予算を確保しておく必要があります。

起業したばかりの方にとって、数十万円の予算を確保するのは、難しい場合もありますよね。

上記のような悩みを持つ方は、サブスク型ホームページ制作を活用する手を活用するのがおすすめです。

プロにホームページを作成してもらいつつ、費用を数万円程度に抑えることが可能になります。


デメリット②:運用までに時間がかかる場合もある

デメリット2つ目は、運用までに時間がかかる場合もあることです。

制作から運用まで時間がかかる理由としては、自分以外の制作やサポートなどに時間がかかっていることが考えられます。

制作会社のプロに任せることで安心感を得られます。

しかし、制作・公開まで時間がかかる場合があるので、スピード感を持ちたい方は自作を視野に入れると良いでしょう。



個人で制作するメリット・デメリットを紹介

ここでは、個人でホームページ制作をするメリット・デメリットを紹介します。

個人で制作するメリット・デメリットは以下のとおりです。

  • メリット①:費用を抑えられる

  • メリット②:自分のアイデアを反映できる

  • デメリット①:時間と手間がかかる

  • デメリット②:トラブルの対処が難しい

それでは見ていきましょう。


メリット①:費用を抑えられる

1つ目のメリットは、費用を抑えられることです。

ホームページ制作を依頼すると、数十万かかる場合がありますが、個人でCMSを使う場合は、ドメイン代とサーバー代などの数万円があれば始められます。

また、デザインや機能の変更などに追加費用も掛かりません。

起業したばかりで費用を抑えたい場合は、自作を視野に入れるのも良いでしょう。


メリット②:自分のアイデアを反映できる

2つ目のメリットは、自分のアイデアを反映できることです。

すべて自分の手で作るため、細かい部分まで自分のアイデアを反映できます。

制作会社のプロに依頼すると、細部まで自分のアイデアを伝え、制作してもらうことは難しいでしょう。

細部までこだわり、自分の納得のいくホームページを作りたい方は、個人で作成するのをおすすめします。


デメリット①:時間と手間がかかる

1つ目のデメリットは、時間と手間がかかることです。

自分で制作するためには、プログラミング言語を学ぶ必要があります。

1人で行うと、手間もかかるのでデメリットになってしまいます。

プログラミング言語を学ぶのが難しい方は、Wixなどのノーコードツールを活用すると良いですよ。


デメリット②:トラブルの対処が難しい

デメリット2つ目は、トラブルの対処が難しいことです。

ホームページは定期的な更新やシステムの保守が重要になります。

しかし、知識がないとできないので、対処は難しくなるでしょう。

ホームページのトラブルはリスクになるので、トラブルの対処ができないのはデメリットです。





ホームページ制作はプロに任せよう

ここまで、プロに任せる方法と、個人で作成する方法を見てきました。

結論からいうと、ホームページ制作はプロに任せるのがおすすめです。

また、起業したい方は初期費用を抑えられる、サブスク型ホームページ制作の選択も視野に入れるといいですよ。


最後に株式会社プロパゲートについて紹介させていただきます。

株式会社プロパゲートでは、月9,800円から、ホームページ制作を始められます。

プロがホームページを制作し、専属のスタッフが1名付き、サポートさせていただきます。

無料相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。


ホームページ制作でお悩みの方は株式会社プロパゲートご連絡を

「ホームページを作りたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


制作費無料・月々9800円の定額ホームページ。LINEで専属サポート!全国対応!

月5回まで無料で修正可能、追加料金無し。最短2週間で納品可能。年間制作実績1,000社超。

株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行する会社です。

ホームページの制作費用は基本無料。月額9,800円〜で運用も代行します。

ホームページ制作においては取材・撮影・デザイン・文章作りなど、必要な全てをお任せ頂け、全て無料です。

更新も、メール・電話・LINEを頂ければ即対応。制作後のマーケティング運用まで行います。


【URL】

【TEL】

090-3552-3949

【会社所在地】

〒150-0045 東京都渋谷区神泉町20−21 クロスシー渋谷神泉ビル 7F

【制作実績】



bottom of page