top of page

Instagram広告制作の完全ガイド!画像からストーリー広告まで



Instagram広告の成功の鍵は、効果的な制作にあり。

本ガイドでは、Instagram広告の種類やその特徴、制作のポイントから、キャッチーなコピーの書き方、広告のパフォーマンスの測定方法、外部サービスや代行の選び方までを徹底解説。

Instagram広告での成功を目指すあなたのための完全ガイドです。


Instagram広告の種類とそれぞれの特徴


Instagramは今やビジネスプロモーションに欠かせないSNSの一つとなりました。

その中でも、Instagram広告は効果的なブランド訴求や商品プロモーションの手段として注目されています。

では、Instagram広告にはどのような種類があり、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。


1. フィード広告

画像広告: 一つの静止画像でメッセージを伝える広告形式です。シンプルでわかりやすく、一瞬で伝えるべきポイントに集中できるのが特徴です。


動画広告: 最大60秒の動画でブランドや商品の特徴を伝えることができる広告形式。動きのあるコンテンツでユーザーの注目を引きつけることができます。


カルーセル広告: 2枚以上の画像や動画をスワイプして閲覧できる形式。複数の商品やメッセージを一つの広告で効果的に伝えることができます。


2. ストーリー広告

画像、動画: ユーザーのストーリー閲覧中に表示される広告。短時間でインパクトのあるメッセージを伝えることが特徴です。


ストーリーズカルーセル広告: ストーリーズ内で複数のカードをスワイプして閲覧する形式。ストーリーの流れに沿って情報を伝えることができます。


3. IGTV広告

長尺の動画コンテンツを配信するIGTV内で表示される広告。深い情報伝達やストーリーテリングに適した形式です。


4. ショッピング広告

商品タグをつけて、ユーザーに直接商品ページへ誘導する広告。ショッピング体験をスムーズにすることができます。





画像、動画、ストーリー広告の制作ポイント


Instagram広告は視覚的な要素が強いため、どのような画像や動画を選択し、どのように配信するかが成果に大きく影響します。

以下に、画像、動画、ストーリー広告それぞれの制作ポイントを詳しく解説します。


1. 画像広告の制作ポイント

高解像度: クリアで鮮明な画像はユーザーの目を引き付けやすく、プロフェッショナルな印象を与えることができます。

シンプルな構図: シンプルでわかりやすい構図を心がけることで、一瞬でメッセージを伝えることができます。

ブランドカラーの活用: ブランドの色を使用することで、認知度の向上やブランドイメージの統一感を出すことができます。


2. 動画広告の制作ポイント

最初の5秒をキャッチーに: 初めの数秒でユーザーの注意を引きつける内容を盛り込むことで、視聴継続率を向上させることができます。

サイレント再生にも対応: サイレント再生でも内容が伝わるよう、テキストやビジュアルを効果的に使用します。

適切な長さの選択: 目的やメッセージに応じて、短めの15秒から長めの60秒までの動画を選択します。


3. ストーリー広告の制作ポイント

縦長のフォーマット: ストーリーはフルスクリーンで表示されるため、9:16の縦長フォーマットに最適化します。

直接的なCTAの活用: 「もっと見る」や「今すぐチェック」など、ユーザーにアクションを促すCTAを明確に配置します。

連続性のある内容: 複数のストーリー広告を連続して配信する場合、ストーリーとしての一貫性や連続性を意識します。



クリエイティブ制作のベストプラクティス


Instagramは視覚中心のプラットフォームであり、その広告制作においてもクリエイティブ性が非常に求められます。効果的なInstagram広告を制作するためのベストプラクティスを以下に紹介します。


1. ターゲットオーディエンスの理解

広告の対象となるオーディエンスを正確に理解することが、クリエイティブ制作の第一歩です。

年齢、性別、趣味、興味など、ターゲットとするユーザーの特性を分析し、それに合わせたコンテンツを制作します。


2. ブランドイメージの一貫性

Instagramのユーザーはブランドや商品の雰囲気を感じ取ることができるような広告に引かれます。

そのため、ブランドの色、フォント、ロゴなどの要素を一貫して使用し、認知度を高めることが重要です。


3. エモーショナルなストーリーテリング

感情に訴えかけるストーリーテリングは、ユーザーの関心を引きつける強力なツールです。

商品やサービスの特徴だけでなく、その背景にあるストーリーや価値を伝えることで、ユーザーとの深いつながりを築きます。


4. 分かりやすいコール・トゥ・アクション (CTA)

ユーザーが広告を見た後にどのようなアクションを取るべきかを明確にすることは、成果を上げるための鍵です。

購入ページへの誘導、詳細情報の閲覧、アプリのダウンロードなど、目的に応じた明確なCTAを配置します。


5. A/Bテストの活用

同じメッセージでも異なるクリエイティブや文言でのA/Bテストを行うことで、どの要素がユーザーにとって魅力的であるかを把握し、最適な広告を制作することができます。


6. トレンドを取り入れる

現在のトレンドや季節のイベントを取り入れた広告は、時宜を得たコンテンツとしてユーザーの関心を引きやすいです。

しかし、トレンドを追うだけでなく、自らのブランドイメージとの調和も忘れずに。




キャッチーなコピーの書き方


Instagram広告のクリエイティブと同じくらい、またはそれ以上に重要なのが、広告のコピーです。

画像や動画が視覚的なインパクトを与えるのに対し、コピーはユーザーの心に訴えかけるメッセージとなります。

以下では、効果的なInstagram広告のコピーを書くためのポイントを解説します。


1. シンプルかつ直接的に

Instagramはスクロール型のプラットフォームで、ユーザーは迅速に情報を消費します。

そのため、長文よりもシンプルで分かりやすいコピーが効果的です。目的やアクションを明確に伝える簡潔な文言を心がけましょう。


2. エモーションを刺激する

ユーザーの感情に訴えかけるようなコピーは、インパクトがあり記憶に残りやすいです。

例えば、「驚きの価格!」や「これを見逃すな!」など、興奮や緊急感を煽るような言葉を使うと良いでしょう。


3. 分かりやすいコール・トゥ・アクション

前のセクションでも触れましたが、ユーザーにどのようなアクションを取ってもらいたいのかを明確にすることが重要です。

例えば、「詳細はこちら」や「今すぐ購入」といった具体的な指示を含めることで、ユーザーの行動を導きます。


4. トーン&マナーの統一

ブランドのトーン&マナーは、広告コピーにも反映させる必要があります。

ブランドの性格や価値観を伝える文言を選ぶことで、ユーザーとの信頼関係を築くことができます。


5. A/Bテストで最適化

最も効果的なコピーを見つけるためには、A/Bテストを利用するのがベストです。異なるコピーでの広告を公開し、どちらがより多くのクリックやコンバージョンをもたらすかを分析します。



広告のパフォーマンスを測定する方法


Instagram広告が投稿され、ターゲット層に露出したら、次はその効果をどのように測定するかが重要となります。

このセクションでは、Instagram広告のパフォーマンスを正確に測定するための方法とポイントについて解説します。


1. Instagram Insightsの利用

Instagram自体が提供しているアナリティクスツール、Instagram Insightsを利用することで、広告のリーチ、インプレッション、エンゲージメント数など、基本的なデータを確認することができます。


2. コンバージョンの追跡

広告の目的が商品の販売やサイトの訪問など、具体的なアクションを求めるものである場合、Facebook広告マネージャーを使用してコンバージョンを追跡します。

これにより、実際に広告がどれだけの売上やリードにつながったかを把握することができます。


3. クリックスルーレート(CTR)の確認

CTRは、広告が表示された回数に対して、ユーザーが広告をクリックした回数の比率を示します。

高いCTRは、広告がターゲット層にとって魅力的であることを示しています。


4. CPA, CPCなどの費用対効果の確認

広告のROIを計算する際には、コストパーアクション、コストパークリックなどの費用対効果をチェックすることが重要です。

これにより、1つのアクションあたりにどれだけの広告費がかかったかを知ることができます。


5. A/Bテストの結果

異なる広告クリエイティブやコピーをテストする際のA/Bテストの結果も、パフォーマンス測定の一部として非常に重要です。

どの広告がベストなのか、定期的にテストを行うことで最適化を進めていきましょう。




広告制作の外部サービスや代行の選び方


Instagram広告の効果を最大化するためには、専門的な知識や技術が求められます。

そのため、多くの企業や個人事業主は広告制作の外部サービスや代行を利用しています。

しかし、選ぶサービスや代行先によって、提供されるサービスの内容やクオリティは大きく異なることも。

このセクションでは、外部サービスや代行の選び方のポイントを解説します。


1. 実績や経験を確認する

外部サービスや代行先を選ぶ際の最も基本的なポイントは、その業者の実績や経験を確認することです。

具体的なクライアントの事例や、過去の広告制作のポートフォリオをチェックしましょう。


2. 予算やコストについて明確に

制作にかかる予算やコストは、事前にしっかりと確認しておくことが必要です。

隠れたコストがないか、追加料金の発生条件などを事前に確認して、後でトラブルにならないようにしましょう。


3. クリエイティブの方向性や提案力

Instagram広告の制作において、クリエイティブの方向性や提案力は非常に重要です。

サービスや代行先が、独自の視点やアイデアで広告制作をサポートしてくれるかどうかを確認しましょう。


4. コミュニケーションの取りやすさ

外部サービスや代行先とのコミュニケーションは、広告制作のプロセスにおいて非常に大切です。

レスポンスの速さや、フィードバックの具体性など、コミュニケーションの質を重視することが必要です。


5. アフターサポートの内容

広告が公開された後のサポート内容も、サービス選びのポイントとなります。

パフォーマンスのモニタリングや、改善提案などのアフターサポートがしっかりと行われるかを確認しましょう。



Web広告運用でお悩みの方株式会社プロパゲートにご連絡を


「Web広告を活用して集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。

ホームページ制作会社だからこそ、ホームページやランディングページのご相談も可能で、WEB広告の成果を最大化することができます。

広告運用を含むWEBマーケティングを総合的に相談できるところが弊社の強みです。


自社サービスの集客に特化した広告運用ならプロパゲートにお任せください。


【URL】

【TEL】

090-3552-3949

【会社所在地】

〒150-0045 東京都渋谷区神泉町20−21 クロスシー渋谷神泉ビル 7F

【制作実績】




Commentaires


bottom of page