top of page

2024年最新版!Instagramストーリーズ広告の成功戦略とは?




Instagramストーリーズ広告とは


特徴と利点

Instagramストーリーズ広告は、特に日本の市場で非常に人気があります。

ユーザーの約70%が日々ストーリーズを利用しており、これにより広告主には大きな機会が与えられています。


特徴

・フルスクリーン表示: ストーリーズ広告はスマートフォンの画面をフルに使った表示が可能で、ユーザーの注意を引きやすいです。この大画面表示は、ユーザーがコンテンツに集中しやすい環境を作り出します​。

・24時間表示: 通常のストーリーズと同様に、広告も24時間で消える設定ですが、この短期間の存在が緊急感を促し、ユーザーの行動を促進する効果があります。

・自動再生とサウンドオン: ストーリーズ広告は自動再生され、多くの場合、サウンドもオンになっています。これにより、視覚だけでなく聴覚を通じても訴求することが可能です。


利点

・高いエンゲージメント率: ストーリーズは日常的に多くのユーザーに利用されており、広告が挿入されることで自然な流れの中で消費者との接点を持つことができます。これは、高いエンゲージメントを生み出す傾向があります。

・ターゲット指定の精度: Facebookの広告システムを利用するため、年齢、興味、行動など多岐にわたるターゲット層を細かく指定することができます。これにより、広告の無駄を減らし、ROI(投資対効果)を最大化することが可能です​。

・直接的なコンバージョンへの誘導: スワイプアップ機能を用いることで、ユーザーを直接ランディングページへ導くことができます。この一連の流れはアプリ内で完結するため、ユーザーのアクションへの障壁が低くなります。


これらの特徴と利点は、Instagramストーリーズ広告がなぜ多くの企業にとって魅力的な選択肢であるのかを強調しています。

特に、視覚的に訴求力が高く、ユーザーの興味を引きつけやすいこの広告形式は、ブランド認知度の向上や、直接的な売上げの促進に寄与しています。


広告の種類とフォーマット

Instagramストーリーズ広告は、その柔軟性と多様性により、さまざまなブランドや製品に適応することができます。

主に以下の四種類のフォーマットが利用されています。


画像広告

単一の静止画を使用する最もシンプルなタイプです。

画像広告はユーザーがストーリーズを閲覧している間に表示され、最大5秒間スクリーンに留まります。

シンプルだが、強力なビジュアルでユーザーの注意を引きつけることができます​​。


動画広告

動画広告は最大15秒の動画を使用し、ストーリーズとして自然に流れるように設計されています。

動画はユーザーに対してよりダイナミックな体験を提供し、より深いストーリーテリングや製品紹介が可能です。

10秒以上の動画は自動的に分割されて配信されるため、内容の編集には注意が必要です​。


カルーセル広告

複数の画像や動画を組み合わせて一連のストーリーを展開することができるフォーマットです。

ユーザーが左右にスワイプすることで、複数のコンテンツを閲覧でき、情報量が多いキャンペーンや製品ラインナップの紹介に適しています。


コレクション広告

このタイプの広告では、複数の製品を一度に展示し、ユーザーが直接商品を見て選ぶことができるように設計されています。

特にeコマースサイトでの使用が推奨され、購入への直接的な導線を提供します。


各広告形式には独自の利点があり、適切な選択はキャンペーンの目的とターゲットオーディエンスによって異なります。

例えば、単純な製品紹介には画像広告が適していますが、ストーリー性を重視するキャンペーンでは動画やカルーセルが効果的です。

また、各広告にはクリエイティブの要素が重要となり、視覚的魅力とメッセージの明確さが求められます。





ストーリーズ広告の設定と出稿方法


Facebook広告マネージャーを使った設定

Facebook広告マネージャーは、Instagramストーリーズ広告を含むすべてのFacebookおよびInstagram広告の中央管理ツールです。

このプラットフォームを利用して広告キャンペーンの作成、管理、最適化を行うことができます。

以下に、Facebook広告マネージャーを使用したInstagramストーリーズ広告の設定方法を詳しく解説します。


広告アカウントの設定

まず、Facebook広告マネージャーにログインし、広告アカウントが設定されていることを確認します。

アカウントがない場合は新しく作成する必要があります。

これにはFacebookページが必須となるため、事前にページの設定も完了させておくことが重要です。


キャンペーンの作成

広告マネージャーのダッシュボードから「キャンペーンを作成」を選択し、広告の目的を設定します。

Instagramストーリーズ広告の場合、目的として「ブランド認知度向上」「リーチ拡大」「トラフィック」「コンバージョン」などが一般的です。

目的に応じてFacebookのアルゴリズムが最適な広告配信を行うようになります。


広告セットの設定

キャンペーンの目的を選んだ後、広告セットを設定します。

この段階で、ターゲットとなるオーディエンス、予算、スケジュールを詳細に設定します。オーディエンスの設定では、年齢、性別、地域、興味・関心などの詳細なパラメータを指定できます。

また、広告の予算と配信スケジュールもこの段階で決定します​。


広告のフォーマット選択

広告セットを設定した後、具体的な広告のフォーマットを選択します。

Instagramストーリーズ用には、「画像」「動画」「カルーセル」などが選べます。

フォーマットを選んだら、実際の広告クリエイティブをアップロードし、テキストやコールトゥアクションボタンを設定します​。


広告のレビューと公開

全ての設定が完了したら、広告をレビューし、問題がなければ「公開」ボタンをクリックして広告を配信開始します。

Facebook広告マネージャーでは、キャンペーンのパフォーマンスをリアルタイムで追跡し、必要に応じて調整を行うことができます​。


キャンペーンの目的と選択肢

Instagram広告を設定する際にFacebook広告マネージャーで最も重要なステップの一つが、キャンペーンの目的を選択することです。

適切な目的を選択することで、広告のパフォーマンスが向上し、投資対効果を最大化することができます。

以下に主なキャンペーン目的とその特徴を紹介します​。


1. ブランド認知度向上

この目的は、ブランドや製品の認知を広げたい場合に選択します。

広告の配信は、ブランドや製品を知らない可能性のある広範なオーディエンスに向けられます。

目標は視認性と認知の拡大です。


2. リーチ

リーチ目的は、広告をできるだけ多くの人に見せることを目指します。

特定の地域やデモグラフィックに可能な限り広くアプローチしたい場合に適しています。

これは特定のイベントやプロモーションの告知に有効です。


3. トラフィック

サイトへの訪問者数を増やすことが目的です。

この選択肢は、ブログの記事への訪問を増やす、オンラインストアにトラフィックを送る、または特定のランディングページにユーザーを誘導することに焦点を当てています。


4. コンバージョン

コンバージョン目的は、具体的な行動(購入、サインアップ、フォームの送信など)を促すことを目的としています。

これは、製品購入やサービスの登録を直接促進したいと考えているビジネスに最適です。


5. アプリのインストール

アプリプロモーションを目的とした広告キャンペーンで、目的はアプリのダウンロード数を増やすことです。

アプリ開発者やモバイルゲームのプロモーションに適しています。


6. ビデオの再生数

動画コンテンツの視聴を促進することを目的としています。

新しい製品のデモビデオや企業のブランドビデオを多くのユーザーに視聴してもらいたい場合に有効です。


7. リード獲得

この目的は、潜在顧客の連絡先情報を収集することに焦点を当てています。

リード獲得フォームを通じて、購読登録、情報請求、試用申込みなどのリードを生成することが可能です。


これらの目的から適切なものを選択し、ターゲットオーディエンスのニーズと行動に基づいてキャンペーンを設計することが重要です。

目的が明確であればあるほど、Facebookのアルゴリズムも効率的に適切なオーディエンスに広告を配信することができ、望む結果を得やすくなります。


広告のターゲティング

Facebook広告マネージャーを使用したInstagramストーリーズ広告のターゲティングは、キャンペーンの成功に直結する重要な要素です。

適切なターゲティングによって、広告の効果を最大限に引き出し、投資対効果を高めることができます。

ここでは、効果的なターゲティングの方法をいくつか紹介します​。


地理的ターゲティング

広告を表示する地理的な場所を指定します。

これにより、特定の都市、国、地域に住むユーザーにのみ広告を表示することが可能です。

また、地理的ターゲティングを利用して、店舗の近くにいる人々にプロモーションを行うローカルキャンペーンも展開できます。


デモグラフィックに基づくターゲティング

年齢、性別、結婚状況、職業など、ユーザーの基本的な属性情報を基にターゲティングを行います。

これにより、製品やサービスが最も響く可能性のある特定のセグメントに焦点を当てることができます。


興味・関心に基づくターゲティング

ユーザーの興味や関心事を基にターゲティングを行う方法です。

Facebookが持つ膨大なデータを活用して、特定の趣味や活動、好きなブランドに関連する人々に広告を表示します。

この方法は、製品やサービスの関連性を高め、エンゲージメントを促進するのに効果的です。


行動ベースのターゲティング

ユーザーの過去のオンライン行動を基に広告を表示します。

これには、過去に訪れたウェブサイト、利用したアプリ、購入履歴などが含まれます。

このタイプのターゲティングは、特に購入意欲が高いユーザーに直接アプローチする場合に有効です。


カスタムオーディエンス

既存の顧客リストやメールリストを使用して、その人たちをターゲットに広告を配信する方法です。

このアプローチは、既存顧客との関係を深め、リピート購入を促すのに特に有効です。


ルックアライクオーディエンス

成功しているカスタムオーディエンスの特性を基に、似たような特性を持つ新たな潜在顧客を見つけ出す方法です。

これにより、効率的に新規顧客を獲得することが可能になります。



成功するストーリーズ広告のポイント


効果的なクリエイティブの作り方

Instagramストーリーズ広告のクリエイティブを効果的に作るためには、視覚的な魅力とメッセージの明確性が重要です。

以下に、効果的な広告クリエイティブを作成するためのポイントをまとめました。


1. 強いビジュアルを使用する

ストーリーズは全画面表示されるため、鮮明で目を引くビジュアルが非常に効果的です。

ユーザーの注意を引きつけるために、高品質の画像や動画を使用しましょう。

色使いや画像のコンポジションにもこだわり、視覚的な印象を強くすることが重要です。


2. 短くてインパクトのあるメッセージ

ストーリーズ広告は通常、ユーザーが素早くスクロールするため、メッセージは短くしてインパクトを持たせる必要があります。

直接的で簡潔なコピーを心がけ、ユーザーにすぐに理解してもらえる内容にしましょう。


3. 動きを取り入れる

静止画よりも動画の方がユーザーの注意を引きやすいことが多いです。

動画を使用する場合は、動きが多いものや、視覚的な変化を用いて興味を引くようにしましょう。

また、動画は10秒未満が理想的で、必要に応じて自動的に分割されます。


4. コールトゥアクション(CTA)を明確にする

広告の目的を明確にし、ユーザーに何をして欲しいかをはっきりと示しましょう。

例えば、「今すぐ購入」や「もっと詳しく」など、行動を促す明確なフレーズを使用します。

ストーリーズ広告のスワイプアップ機能を活用して、直接ランディングページへ誘導することが効果的です​。


5. テストと最適化

複数のバージョンを作成してA/Bテストを行い、どのクリエイティブが最も高いパフォーマンスを示すかを確認しましょう。

成功した要素を分析して、今後のキャンペーンに活かすことが重要です。


ユーザーの注意を引くデザイン

Instagramストーリーズ広告でユーザーの注意を引くためのデザインは、視覚的魅力だけでなく、インタラクティブ性を考慮することも重要です。

以下に、効果的なデザイン要素をまとめて紹介します。


1. 鮮やかな色彩の使用

色は感情や行動に直接影響を与えるため、鮮やかで目を引く色彩を使用することで、ユーザーの注意を引きやすくなります。

特にブランドカラーを活用することで、視覚的な一貫性も保ちつつ、認識しやすくなります。


2. ダイナミックなビジュアル効果

動画やアニメーションを使用することで、静止画にはない動きとエネルギーを広告に加えることができます。

特にストーリーズはフルスクリーンで表示されるため、動的な要素は非常に効果的です。

シンプルなアニメーションでも、視覚的な興味を引き出すことが可能です。


3. 明確で読みやすいテキスト

広告にテキストを使用する場合は、読みやすさを確保することが重要です。

大きなフォントを使用し、テキストの量は最小限に抑えることで、メッセージを簡潔に伝えます。

また、視覚的な障害にならないように、テキストの背景にはコントラストを利用してください。


4. インタラクティブな要素

ストーリーズ広告では、ユーザーが直接的に反応できるインタラクティブな要素を取り入れることができます。

例えば、スワイプアップを促す矢印やアニメーション、クイズやポーリングなど、ユーザーの参加を促す機能を追加すると、エンゲージメントが向上します。


5. 合致する音楽やサウンドエフェクト

広告に音楽やサウンドエフェクトを取り入れることで、感情的な反応を引き出しやすくなります。

特にストーリーズはサウンドオンで視聴されることが多いため、視覚だけでなく聴覚にも訴えることが重要です。


予算と配信スケジュールの管理

Instagramストーリーズ広告の成功には、予算の適切な設定と効果的な配信スケジュールの管理が不可欠です。

これらを適切に管理することで、キャンペーンの効率を最大限に高めることができます。


予算の設定

予算を設定する際は、目的と期待する結果を明確にすることが重要です。

Facebook広告マネージャーでは、日予算と総予算のどちらかを選択できます。


・日予算: 毎日一定の金額を広告に使用します。これは、長期間にわたるキャンペーンに適しており、一定の視認性を保ちたい場合に有効です。

・総予算: 広告キャンペーン全体の期間で使用する総金額を設定します。短期間のキャンペーンや特定のイベント向けの広告で効果的です。


予算は、ターゲットの広さ、キャンペーンの期間、及び目的に基づいて適切に設定する必要があります。

初めは少ない予算でテストし、効果が見られる項目に予算を重点的に配分することが推奨されます。


配信スケジュールの管理

配信スケジュールは、広告がどの時間帯にどのくらいの頻度で表示されるかを決定します。

これはターゲットオーディエンスのオンライン行動を考慮して設定すると良いでしょう。


・即時配信: 広告をすぐに開始し、予算が尽きるまで連続して配信します。これは迅速な結果が求められる場合に適しています。

・スケジュール配信: 広告を特定の日付と時間に設定することができます。例えば、週末や特定の時間帯にユーザーの活動が高まることが予想される場合、その時間帯に合わせて広告を配信することが可能です。


効果的なスケジュール戦略には、ターゲットオーディエンスのライフスタイルや消費パターンの理解が不可欠です。

さらに、キャンペーンの反応を見ながら柔軟に調整することが、予算の効率的な使用につながります。





ストーリーズ広告の事例と効果


国内外の成功事例

Instagramストーリーズ広告は世界中の多くのブランドによって効果的に活用されています。

以下では、国内外の成功事例をいくつか紹介し、どのような戦略が成功につながったのかを探ります。


国内事例:ファッションブランドのキャンペーン

ある日本のファッションブランドは、新しい秋のコレクションを宣伝するためにInstagramストーリーズ広告を使用しました。

彼らはターゲットとなる若年層に向けて、インフルエンサーと協力して短い動画広告を作成しました。

これにより、ブランドの認知度が大幅に向上し、キャンペーン期間中のウェブサイトへの訪問者数が前月比で50%増加しました。


海外事例:大手自動車メーカーの製品発表

アメリカの大手自動車メーカーは、新型車の発表をInstagramストーリーズで行い、特に技術愛好家と若年層のドライバーをターゲットにしました。

彼らは製品の特徴と利点を強調する一連の動画を投稿し、視聴者にリンクをスワイプしてさらに詳細を読むよう促しました。

この戦略により、キャンペーン初日に10万人以上がランディングページを訪れ、予約注文数が予想を大幅に上回りました。


インタラクティブキャンペーンの成功例

ヨーロッパのある観光局は、地域の魅力を紹介するためにインタラクティブなストーリーズ広告を利用しました。

ユーザーがストーリー内で選択をすることで異なる観光スポットの情報が表示される仕組みで、これによりユーザーの参加とエンゲージメントが促進されました。

このキャンペーンは観光地への関心と訪問者数の両方を増加させる結果となりました。


事例から学ぶポイント

国内外の成功事例を通じて、Instagramストーリーズ広告の効果を最大化するための重要なポイントを見ていきましょう。


ターゲットオーディエンスの理解

成功する広告キャンペーンの基本は、ターゲットオーディエンスを深く理解することです。

顧客の興味、行動、デモグラフィック情報を分析することで、よりパーソナライズされたメッセージングとクリエイティブを設計できます。

これにより、エンゲージメントを高め、広告のリコール値を向上させることができます​​。


クリエイティブの魅力

広告のビジュアルとメッセージは、ユーザーの注意を引き付けるために鍵となります。

インパクトのあるビジュアル、魅力的な動画、簡潔で意味のあるコピーを使用することで、ユーザーの興味を引き、アクションを促すことが可能です。

特に動画広告は、ストーリー形式で情報を展開することで、ユーザーの感情に訴えかける効果があります。


インタラクティブな要素の組み込み

インタラクティブな要素は、ユーザーの参加を促し、エンゲージメントを深めるための効果的な手法です。

例えば、ポーリングやクイズなどのインタラクティブ要素を広告に取り入れることで、ユーザーの興味を持続させることができます。

また、スワイプアップのような直接的なアクションを促すCTAも、コンバージョン率を高めるために重要です。


継続的なテストと最適化

どんなに計画が完璧でも、実際のユーザーの反応を見ることが何よりも重要です。

A/Bテストを活用して異なるクリエイティブやコピー、ターゲティング戦略を試し、最も効果的な要素を見つけ出しましょう。

データを基にキャンペーンを継続的に最適化することで、パフォーマンスを最大限に引き出すことが可能です。





まとめ


ストーリーズ広告を活用するメリット

Instagramストーリーズ広告は、多くの企業にとって強力なマーケティングツールとなっています。

以下に、ストーリーズ広告を活用する主なメリットを挙げます。


1. 高いエンゲージメント率

Instagramストーリーズは、ユーザーが日常的に頻繁にチェックする機能です。

そのため、ストーリーズ広告は非常に高いエンゲージメント率を誇ります。

特にフルスクリーンフォーマットは、他の広告形式と比較して目立ちやすく、ユーザーの注意を引きやすいです。


2. 直接的なコンバージョンの促進

ストーリーズ広告は「スワイプアップ」機能を利用して、ユーザーを直接ランディングページや商品ページに導くことができます。

この直接的なアクション促進は、コンバージョン率の向上に直結します。


3. ターゲットオーディエンスの精密な設定

Facebookの広告システムを利用するため、非常に精密なターゲット設定が可能です。

興味・関心、地域、デモグラフィックなど、細かい指定ができるため、広告の効果を最大限に引き出すことができます。


4. ブランディングと認知度向上

ビジュアルに強い影響力があるInstagramは、ブランディングや認知度向上に非常に効果的です。

ストーリーズ広告を通じてブランドストーリーや価値を効果的に伝えることができ、ユーザーとの感情的なつながりを築くことが可能です。


5. 柔軟な予算設定と広告評価

Instagramストーリーズ広告は、予算の柔軟性があり、小規模なビジネスでも利用しやすいです。

また、リアルタイムでのパフォーマンス測定が可能であり、キャンペーンの効果を即座に評価し、最適化することができます。


これらのメリットは、Instagramストーリーズ広告がマーケティングキャンペーンにおいてどのように価値を提供できるかを示しています。


今後の展望とチャレンジ

Instagramストーリーズ広告は、デジタルマーケティングの世界で急速に成長していますが、今後も多くの機会と同時にいくつかのチャレンジが予想されます。

以下に、将来的な展望と直面する可能性のある課題を概説します。


展望

・拡張現実(AR)技術の統合: InstagramはARフィルターを積極的に導入しており、今後はストーリーズ広告においてもこれが一層活用されることが予想されます。これにより、ユーザーとのインタラクションがよりリッチでエンゲージングなものになります。


・AIによるパーソナライズの進化: AI技術の進化により、広告のパーソナライゼーションがさらに進むことが期待されます。AIがユーザーの行動を学習し、最も関連性の高い広告を提供することで、エンゲージメントの最大化を図ることができるようになります。


・インタラクティブ広告の更なる進化: ユーザーが広告内で直接商品を購入できる「ショッピング機能」の拡充や、より多様なインタラクティブ要素が追加されることで、広告の体験がより豊かになることが予想されます。


チャレンジ

・プライバシー規制の強化: データプライバシーに対する規制が世界中で強化されているため、ターゲティングの精度が影響を受ける可能性があります。企業はプライバシーを尊重しつつ、効果的な広告戦略を維持する方法を模索する必要があります。


・広告飽和の問題: ユーザーのストーリーズ使用時間に対して広告の数が増えすぎると、ユーザー体験が低下し、広告の無視やブロックが増える可能性があります。これに対しては、より創造的でユーザーの興味を引く広告を設計する必要があります​。


・ROIの測定の困難さ: ソーシャルメディアの広告効果の測定は依然として課題であり、特にブランディング関連の広告効果を正確に測定するのは難しいです。測定ツールと方法の改善が求められます。


これらの展望とチャレンジを理解し、適応していくことが、Instagramストーリーズ広告を成功させるための鍵となります。



Web広告運用でお悩みの方株式会社プロパゲートにご連絡を


「Web広告を活用して集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。

ホームページ制作会社だからこそ、ホームページやランディングページのご相談も可能で、WEB広告の成果を最大化することができます。

広告運用を含むWEBマーケティングを総合的に相談できるところが弊社の強みです。


自社サービスの集客に特化した広告運用ならプロパゲートにお任せください。


【URL】

【TEL】

03-6824-7712

【会社所在地】

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目5−6 H¹O 渋谷神南 702

【制作実績】




Comments


bottom of page