top of page

TikTokのインフルエンサーマーケティングとは?メリット・デメリットや成功事例も紹介!

更新日:2023年5月2日



「インフルエンサーを活用したTikTokマーケティングを行いたい」「メリットやデメリットを教えてほしい」と悩んでいる方も多いですよね。

本記事では、TikTokでのインフルエンサーマーケティングを行いたい方に向けて、メリットやデメリット、成功するポイントなどを解説します。


昨今は、TikTokでのインフルエンサーの活動が活発になっています。

インフルエンサーマーケティングが気になる方は、是非参考にしてください。



TikTokとは


まずは、TikTokとは何かを紹介します。

TikTokは、中国のByteDanceが運営する動画投稿プラットフォームです。

2016年にリリースされました。


世界中で人気のアプリであり、2021年に世界でのダウンロード数が30億を超えました。

15秒から60秒の短い動画で、視聴側も投稿側も気軽に利用できるため、世界中で利用されています。

音楽に合わせて踊ったり歌うような、個人での活動が主流でしたが、最近では企業の参入も増えており、広告活動にも使われています。



インフルエンサーマーケティングについて解説


ここでは、インフルエンサーマーケティングについて解説します。

インフルエンサーマーケティングとは、主にSNSなどで知名度や影響力を持つ「インフルエンサー」に、自社商品やサービスを紹介してもらい、認知拡大や購買を促す戦略です。

インフルエンサーに紹介してもらうことで、今まで認知してもらえなかったユーザーにも、自社商品の魅力が伝わるようになります。


最近では、TikTok出身のインフルエンサーがテレビ出演する機会も増えました。

また、インフルエンサーは消費者の目線に近いので、より純粋な意見をユーザーに伝えることが可能です。


TikTokのようなSNSマーケティングの市場は年々拡大しており、インフルエンサーマーケティングの需要も、今後さらに伸びていくと考えられます。



インフルエンサーマーケティングのメリット


ここでは、インフルエンサーマーケティングのメリットを紹介します。

インフルエンサーマーケティングのメリットは以下のとおりです。

  • 様々なマーケティング施策を行える

  • 商品の購買につなげやすい

  • 広告っぽさが少ない

  • 目的に合わせたターゲティングができる

一つひとつ解説します。


様々なマーケティング施策を行える

インフルエンサーマーケティングは、様々な施策に対応できます。

例えば、以下のような施策です。

  • アンバサダー:長期的な契約を結び、広告塔として発信してもらう

  • 商品監修:商品の企画監修などのコラボを行う

  • ライブコマース:ライブ配信で商品・サービスの紹介を行う

  • ギフティング:商品を使ってもらい、体験談をSNSに投稿してもらう

自社の商品やサービスの特徴とインフルエンサーの相性を考え、どの施策が最も効果をさせるのかを考えるのが重要です。

例えば、TikTokのインフルエンサーにギフティングしてもらい、商品の魅力を短く簡潔に伝えてもらうこともできますね。

様々なマーケティングを実行できるのは、インフルエンサーマーケティングを行うメリットと言えるでしょう。


商品の購買につなげやすい

2つ目のメリットは、商品の購買につなげやすいことです。

なぜ購買につなげやすいのかというと、インフルエンサーは消費者目線で話をしてくれますし、SNSから商品購入のURLを貼れるからですね。

例えば、化粧品のレビューをしてもらい、TikTok動画の概要欄に商品の購入のURLを張り付けて誘導すれば、購買につなげやすくなります。


皆さんも、買いたい商品があっても、レビューや口コミが気になって、なかなか購入できない経験があるのではないでしょうか。

インフルエンサーを活用すれば、上記のような消費者の悩みを解消し、購買される可能性も上がりますよ。


広告っぽさが少ない

3つ目のメリットは、広告っぽさが少ないことです。

なぜなら、インフルエンサーとしての信頼があり、企業ではなく個人の言葉で伝えるので、広告らしさが少なくなります。


なぜ広告らしさを少なくした方が良いのかというと、近年いたるところに広告が使われるようになり、ユーザーは広告に対してあまり良い印象を抱いていません。

その結果、いかにも広告と分かるようなコンテンツだと、ユーザーは違う投稿を見に行ってしまいます。

そのため、広告っぽさが少ないことはメリットと言えるでしょう。


目的に合わせたターゲティングができる

4つ目のメリットは、目的に合わせたターゲティングができることです。

TikTokのユーザーには、幅広い年齢や、所在地、趣味趣向があります。

それに応じて、起用するインフルエンサーも合わせることで、目的に合わせたターゲティングが可能です。


例えば、若い女性向けのメイク商品を10代や20代に購入してもらいたいのであれば、10代から20代で若い世代から人気のあるインフルエンサーを起用すると、効果を発揮しやすいですよね。

上記のように、目的に合わせてターゲティングできるのは、インフルエンサーマーケティングのメリットです。



インフルエンサーマーケティングのデメリット


ここでは、インフルエンサーマーケティングのデメリットを紹介します。

今回紹介するデメリットは以下の3つです。

  • 炎上する可能性がある

  • インフルエンサーの選定が難しい

  • 良好な関係を築けない場合もある

一つひとつ解説します。


炎上する可能性がある

1つ目のデメリットは、炎上する可能性があることです。

とくに、ステマによる炎上リスクが高いと言えます。

ステマとは「ステルスマーケティング」の略語で、消費者に広告や宣伝ということを伝えずに、紹介者が見つけたように装って紹介する手法です。

消費者を騙す形での商品紹介になってしまい、景品表示法などの法律に違反する可能性もあるので注意が必要です。

ステマが発覚することで、以下のような問題が発生します。

  • 売上や収益に損害が出る

  • 競合会社に負けてしまう

  • 築き上げた信頼を失う

上記のように、会社の信頼や売り上げに、大きなダメージを負う可能性もあります。

ステマでの炎上を防ぐためには、情報共有をしっかり行い、企業から協賛を受けていることを発言・明記することを徹底しましょう。


インフルエンサーの選定が難しい

2つ目のデメリットは、インフルエンサーの選定が難しいことです。

インフルエンサーマーケティングにおいて、インフルエンサーの選定は最重要と言っても過言ではありません。

インフルエンサーの選定をミスがないように行うためには、以下の要素を視野に入れると良いでしょう。

  • 自社の商品やサービスとインフルエンサーの相性はいいか

  • 過去の投稿で不適切なものはないか

  • フォロワーやいいね数、コメントなどでの対応は良いか

  • インフルエンサーのフォロワーと自社の商品はマッチしているか

インフルエンサーの選定は、インフルエンサーマーケティングにおいて非常に重要です。

上記のような確認事項を決め、最善の選択を行いましょう。


良好な関係を気づけない場合もある

3つ目のデメリットは、良好な関係を築けない場合もあることです。

インフルエンサーと良好な関係を築けないと、契約内容の変更だったり、PRに影響が出てしまう可能性もあります。

対策としては、選定の段階でインフルエンサーの下調べを丁寧に行うことと、情報共有をしっかりと行うことです。

自社の雰囲気と合いそうなインフルエンサーを選択し、コミュニケーションを取ることで良好な関係を築ける可能性は高まります。

まずは、一度会話を挟み、お互いにメリットがあるかを見極めましょう。



インフルエンサーマーケティングで成功するポイント


ここでは、インフルエンサーマーケティングで成功するポイントを紹介します。

インフルエンサーマーケティングで成功するポイントは以下のとおりです。

  • 商品・サービスとの相性を見極める

  • ユーザーも参加できる企画を準備する

それでは見ていきましょう。


商品・サービスとの相性を見極める

商品・サービスとインフルエンサーとの相性を見極めることは、成功へのポイントです。

TikTokでの活動内容と、自社商品・サービスの内容に乖離があると、関心の高いターゲットに届けられません。

例えば、自社商品が女性向けの健康グッズなのに、インフルエンサーは筋トレを紹介する男性を起用したら、本当に届けたい人に見られませんよね。

極端な例ですが、上記のようなミスをすると、ターゲットを絞ることができません。

そのため、商品・サービスとインフルエンサーとの相性はしっかり見極めましょう。


ユーザーも参加できる企画を準備する

ユーザーも参加できる企画を準備しましょう。

TikTokは、ユーザー参加型であるハッシュタグチャレンジなどがあります。

ユーザーにも参加してもらうことで、ただ動画を見るだけではなく、企画を楽しんでもらうことも成功するポイントです。

そのため、ユーザーも参加できる企画は重要になります。



インフルエンサーマーケティングの活用事例を紹介


ここでは、TikTokのインフルエンサーマーケティングの活用事例を紹介します。

今回紹介するのは以下のとおりです。

  • キレイモ

  • ペプシ

それでは見ていきましょう。


キレイモ

キレイモは脱毛サロンであり、渡辺直美さんを起用したマーケティングで話題となりました。

渡辺直美さんは20代から30代からの支持率が圧倒的に高く、多くのユーザーにキレイモの存在が知れ渡りました。

最終的に2万以上のいいねを獲得し、インフルエンサーマーケティングは成功となりました。


ペプシ

炭酸飲料のペプシも、インフルエンサーマーケティングで成功を収めています。

ペプシは、TikTokでダンス動画と芸能人を起用し、総再生回数は1000万回を超えました。

このマーケティングが成功したのは、ユーザーもダンス動画を撮影し、TikTokに投稿したことで多くのユーザーの目に留まったからです。

ユーザーが参加したことにより、自然に拡散される形で成功を収めました。



「SPARK BUZZ」と利用者の声の紹介

弊社の「SPARK BUZZ」を紹介いたします。

「SPARK BUZZ」では、TikTok広告の運用代行を行っており、低価格で企画からTikTokerのキャスティングまで、担当させていただきます。


実際に、「SPARK BUZZ」を利用した方の実績は以下のとおりです。


企業/インフルエンサー

成果

・再生数:300万

・いいね数:2.5万

・保存数:1071

・カートへのCPA:85円

・再生数:47万

・いいね数:1.4万

・保存数:1542

更に詳しく知りたい方は、「TikTok広告運用で本気でおススメできるサービス『SPARKBUZZ』」の記事を読んでみるといいですよ。

無料相談も受け付けておりますので、TikTok広告運用で悩む企業・個人の方々は、お気軽にご連絡ください。




TikTokの広告運用でお悩みの方株式会社プロパゲートにご連絡を


「TikTokで集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


企画/動画編集/広告運用まで一気通貫でサポート。

1動画当たりの再生回数10万回を保証させて頂きます。

ただの運用ではなく、結果にコミットするTikTok運用をご提案します。



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。


500社以上の集客支援をしてきた自社の強みを活かし、一つの動画で価値を伝えきる企画設計・動画編集・キャスティングを実行させて頂きます。

月間300件以上の問い合わせ(1件あたり1,059円)実績や、再生数300万など実績多数。


自社サービスの集客に特化したTikTok広告運用ならプロパゲートにお任せください。




Comments


bottom of page