top of page

AIを使ったホームページ制作のメリットは?AIを活用したツールを10選紹介



「AIを活用してホームページを制作したい」「AIでホームページを制作できるツールを教えてほしい」と悩んでいる方も多いですよね。本記事では、AIを使ってホームページ制作ができるツールを10選紹介します。AIを活用するメリットとデメリットも解説するので、気になる方は是非参考にしてください。



AIをホームページ制作でどのように活用するか


まずは、AIをホームページ制作でどのように活用するかを解説していきます。


AIがホームページで活用できるのは以下のような場面です。

  • HTMLやCSSなどのコーティング

  • 画像や動画の生成・加工

  • 紹介文などの文章校正

上記のような場面で生成AIを活用できます。


近年、生成AIが活躍していますが、AIを使えばすべてのホームページ制作を任せることができるわけではありません。

ホームページの管理や細かい修正は、人の手で行っていく必要があります。

しかし、AIで補足できる部分を任せることで、よりスピーディーに業務を進めることが可能です。

AIはホームページを制作するための補助的な役割と考えるのが良いでしょう。


ホームページ制作についてさらに詳しく知りたい方はこちらの関連記事もぜひご覧ください。





ホームページ制作でAIを使用するメリット


ここでは、ホームページ制作でAIを活用するメリットを紹介します。

ホームページ制作でAIを活用するメリットは以下のとおりです。

  • 制作時間を短縮できる

  • ユーザーの行動を分析できる

  • ページ構成や原稿を作成できる

  • SEO対策にも対応できる

一つひとつ紹介します。


制作時間を短縮できる

1つ目は、制作時間を短縮できることです。

例えば、ChatGPTを活用した場合、HTMLやCSSのコーティングをAIに任せることが可能です。

「ナビゲーションメニューのHTMLとCSSを作成してください」というように指示すると、コードを提案してくれます。

また、ボタンの配置や色、背景なども指定できるので、内容を付け加える際にも活用できます。

自分の手でコードを書く手間が省けるので、大幅に制作時間を短縮することが可能です。


ユーザーの行動を分析できる

AIのツールで、ユーザーの行動を分析することも可能です。

通常、Googleアナリティクスなどを用いて、自分自身でユーザーの行動を分析しますが、AIを活用して自動で分析できます。

ツールによっては、分析だけではなく改善の提案までサポートしてくれる場合もあります。

AIを活用して解析することで、自分では気付けなかった改善点も分かるかもしれません。


ページ構成や原稿を作成できる

AIでは、ページの構成や、原稿を作成することが可能です。

ChatGPTやBardのようなツールを使えば、指定した内容にテキスト形式で回答してくれます。

例えば、「ホームページ制作会社のFAQを作成してください」と指示すると、基本的なFAQを提示してくれます。

提示された文章を自分で添削し、適切なコンテンツを作成することが可能です。

上記以外にも、ブログ運営などにも、基盤となる文章を作成できます。

しかし、提示された文章をそのまま活用するとオリジナリティが無くなってしまうので、自分の手で必ず修正を付け加えましょう。


SEO対策にも対応できる

AIを活用して、SEO対策も可能です。

しかし、AIのみでSEO対策を完全に行うことは難しいでしょう。

そのため、AIを活用できる場面としては、キーワードの洗い出しや文章の要約、アイデアの要求などです。

SEOでは、高品質でユーザビリティを意識したコンテンツを作成することが重要です。

AIツールのみで上記を満たせるとは限らないので、自分の手で正しいSEO対策ができているかを見極める必要があります。

しかし、膨大な量のキーワードを洗い出すことや文章の要約は、メリットと言えるでしょう。



ホームページ制作でAIを使用するデメリット


ここでは、ホームページ制作会社でAIを使用するデメリットを紹介します。

ホームページ制作会社でAIを使用するデメリットは以下のとおりです。

  • デザインの表現力が劣る

  • 感情を込めることが難しい

  • 差別化が難しい

それでは見ていきましょう。


デザインの表現力が劣る

1つ目は、デザインの表現力が人の手よりも劣ることです。

AIで行うホームページのデザインは典型的なものが多いため、オリジナリティが低くなってしまいます。

また、AIは画像の認識や生成に長けていますが、グラフィックデザインやWebデザインにおいては、デザイナーの判断に任せる必要があります。

結果的に、人の手で表現しなければならないので、デメリットと感じるかもしれません。


感情を込めることが難しい

2つ目は、感情を込めることが難しい点です。

AIは機械なので、人間のように感情を込めることは出来ません。

そのため、デザインや文章にメッセージ性を持たせたくても、AIで行うことはできないのです。

上記のような部分は、人間が制作を行い、0から制作を行う必要があります。


差別化が難しい

3つ目は、差別化が難しい点です。

1つ目のデメリットで少し触れましたが、AIは典型的なデザインや文章を用いるため、競合との差別化が難しいと考えられます。

オリジナリティがないことで、SEOにも評価されない可能性があるので、デメリットと感じられる場面が多くなるかもしれません。

差別化を図るためには、自らの手で計画・実行を行い、オリジナリティを出すことが大切です。





AIを使ったホームページ制作ツール10選


ここでは、AIを使ったホームページ制作ツールを10選紹介します。

今回紹介するツールは以下のとおりです。

  • Wix

  • MEGLASS finder

  • 10Web

  • ChatGPT

  • Notion AI

  • Uizard

  • Midjourney

  • Microsoft Designer

  • Catchy

  • Bard

一つひとつ紹介します。


Wix


1つ目は、Wixです。

Wix ADIという、デザインツールを提供しています。

職種や必要な内容を入力することで、AIが最適なデザインを提供してくれます。

デザインに自信がない方でも、簡単にホームページのデザインを考えられますよ。

デザインだけではなく、モバイル最適化を自動で行ったり、明るさや色の補正なども自動化できます。

AIに任せて、オールラウンドにホームページの制作を行いたい方におすすめです。

Wixについて詳しく知りたい方は「Wixで作ったホームページの事例を紹介!効果最大化のポイントも解説」を参考にしてください。


MEGLASS finder


2つ目は、MEGLASS fingerです。

MEGLASS finderは、インフォネットが提供している、アナリティクスツールです。

設定したページをAIが分析し、改善点の把握を行います。

分析で得た結果をもとに、ウェブサイトの改善を行い、より良いサイト作りに繋げられます。


10Web


3つ目は、10Webです。

10Webでは、ホームページ制作だけではなく、ECサイトもAIの力を借りて作成可能です。

いくつか質問に応えると、回答に基づいてコンテンツと画像を作成します。

ECサイトの作成にも、AIを活用したい方は、10Webがおすすめです。


ChatGPT


4つ目は、ChatGPTです。

ChatGPTをホームページ制作で使う方法としては、「ヘッダーのHTML・CSSを作成してください」のように、コードなどの出力に活用できます。

HTML・CSSのコーティング以外にも、コンテンツの作成や、誤字脱字のチェックにも使用可能です。

すべての作業をChatGPTで完結することは出来ませんが、質問の質と、生成後の自身の力量次第で、上手くホームページを作成できますよ。


Notion AI


5つ目は、Notion AIです。

Notion AIは、主に文章の高品質化に活用できます。

専門用語をわかりやすく変換したり、言葉のニュアンスを変更することも可能です。

テキストの執筆に困っている方や、文章を分かりやすく伝えたい方におすすめです。


Uizard


6つ目は、Uizardです。

Uizardは、AIを用いたUIデザインツールです。

ターゲットとするデバイスや、プロジェクトの内容、キーワードなどを入力すると、ホームページのデザインを生成してくれます。

デザインの基盤をAIに任せたい方におすすめです。


Midjourney


7つ目は、Midjourneyです。

Midjourneyは、画像生成AIであり、入力したテキストから画像を生成してくれます。

Midjourneyでは、リアリティのある美しい画像やイラストを生成できます。

生成AIでアートの要素が強い画像を作成したい方は、Midjourneyがおすすめです。


Microsoft Designer


8つ目は、Microsoft Designerです。

Microsoft Designerは、大手ソフトウェア会社であるマイクロソフト社が提供している、AIデザインサービスです。

「水色を背景にしたホームページ」といった、端的な内容でもイメージの候補を出力してくれます。

日本語対応していますが、英語で入力したほうが正しく出力されやすいので、出来るだけ英語を用いると良いでしょう。


Catchy


9つ目は、Catchyです。

Catchyは、AIを用いたライティングツールです。

広告文やコンテンツ、資料作成までAIが文章を考えます。

企業のホームページにも導入されており、実績も十分です。

自分のライティングに自信のない方は、Catchyに任せるのも良いでしょう。


Bard


最後はBardです。

Bardは、Googleが提供している会話型人工知能です。

例えば、「お問い合わせフォームのHTMLとCSSを作成してください」と送信すると、シンプルなお問い合わせフォームのコードを教えてくれます。

基本的に使い方はChatGPTに近いです。

日本のサービスはまだ試験運転となっていますが、しっかりと回答をしてくれます。





クオリティを重視するならプロへの依頼がおすすめ

ここまで、AIを活用したホームページ制作のメリット・デメリットと、ツールを見てきました。

AIの進化は凄まじいですが、まだまだ単体でホームページ制作ができる状況ではないことが分かります。

そのため、クオリティを重視するのであれば、プロに依頼するのがおすすめです。

株式会社プロパゲートは、オリジナルデザインでSEO対策、スマホ最適化などを含めて月額9,800円でホームページ制作に対応しています。

抜群のコストパフォーマンスでお客様をサポートしていきます。

無料相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。



プロにホームページ制作を依頼するなら株式会社プロパゲート

「ホームページ制作を利用したいけど、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


制作費無料・月々9800円の定額ホームページ。LINEで専属サポート!全国対応!

月5回まで無料で修正可能、追加料金無し。最短2週間で納品可能。年間制作実績1,000社超。

株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行する会社です。

ホームページの制作費用は基本無料。月額9,800円〜で運用も代行します。

ホームページ制作においては取材・撮影・デザイン・文章作りなど、必要な全てをお任せ頂け、全て無料です。

更新も、メール・電話・LINEを頂ければ即対応。制作後のマーケティング運用まで行います。


【URL】

【TEL】

03-6824-7712

【会社所在地】

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目5−6 H¹O 渋谷神南 702

【制作実績】



Comments


bottom of page