top of page

ホームページ制作の見積もりを徹底解説!費用相場から選び方まで




ホームページ制作会社の見積もりとは


見積もりの重要性

ホームページ制作を依頼する際、見積もりは非常に重要な役割を果たします。

見積もりは、依頼者が制作会社に対して具体的な要求を伝え、それに対する費用と作業内容を明確にするためのものです。

正確な見積もりを取得することで、予算オーバーを防ぎ、プロジェクトがスムーズに進行することが期待できます。


見積もりの重要性は以下の点に集約されます。


  • 予算管理:見積もりを取得することで、プロジェクトの総費用を把握し、予算内での計画を立てやすくなります。

  • 内容の明確化:見積もりには詳細な作業内容が記載されているため、依頼者と制作会社の間での誤解を防ぐことができます。

  • 比較検討:複数の制作会社から見積もりを取得することで、費用対効果の高い選択が可能になります。


見積もりの基本的な項目

ホームページ制作の見積もりには、様々な項目が含まれます。

これらの項目は、制作の各フェーズに必要な作業とそれにかかる費用を明確にするためのものです。

一般的な見積もり項目には以下のものがあります。


  • ディレクション費:プロジェクト全体の進行を管理するための費用です。プロジェクトマネージャーがクライアントとのやり取りや進捗管理を行います。

  • デザイン費:ホームページの見た目やユーザーインターフェースの設計にかかる費用です。デザインの複雑さやページ数によって費用が変わります。

  • コーディング費:デザインを実際のウェブページとして機能させるための費用です。HTML、CSS、JavaScriptなどを使用して、静的または動的なページを作成します。

  • SEO対策費:検索エンジン最適化(SEO)を行うための費用です。サイトが検索エンジンで上位表示されるように、キーワードの選定やメタデータの最適化を行います。

  • コンテンツ作成費:テキスト、画像、動画などのコンテンツを作成するための費用です。専門のライターやフォトグラファーが必要になる場合もあります。

  • システム開発費:必要な機能やシステムを実装するための費用です。例えば、CMS(コンテンツ管理システム)の導入やカスタマイズ、Eコマース機能の追加などが含まれます。

  • 運用・保守費:サイト公開後の運用やメンテナンスにかかる費用です。定期的なアップデートやトラブルシューティングを行います。


見積もりを細かく確認することで、どの作業にどれだけの費用がかかるのかを理解し、予算管理やプロジェクトの進行をよりスムーズに行うことが可能になります。


見積もりを取得する際の注意点

ホームページ制作会社から見積もりを取得する際には、いくつかの注意点を押さえておくことが重要です。

これにより、トラブルを未然に防ぎ、納得のいく契約を結ぶことができます。


1. 見積もりの詳細を確認する

見積もりには、各作業項目とその費用が具体的に記載されています。

どの作業にどれだけの費用がかかるのかを確認し、不明な点があれば遠慮せずに質問しましょう。

特に、以下の項目については詳細を確認することが重要です。


  • デザイン費やコーディング費の内訳

  • SEO対策費の具体的な内容

  • システム開発費に含まれる機能


2. 追加費用の有無を確認する

見積もりには、基本的な作業費用だけでなく、追加費用が発生する場合もあります。

例えば、ページ数の増加や特殊な機能の追加、デザインの変更などです。

事前に追加費用の発生条件を確認し、予算オーバーを防ぐようにしましょう。


3. 契約内容をしっかり確認する

見積もりが提示された後は、契約書の内容も確認しましょう。

契約書には、納期や支払い条件、サポート内容などが記載されています。

特に重要なポイントは、以下の通りです。


  • プロジェクトのスケジュール

  • 支払いのタイミングと方法

  • 保守・運用サポートの内容と期間


4. 制作会社の実績を確認する

見積もりを依頼する前に、制作会社の実績や評判を調べることも大切です。

過去の制作事例やクライアントの評価を確認することで、その会社が自分のニーズに合ったサービスを提供できるかを判断できます。


5. 複数の見積もりを比較する

複数の制作会社から見積もりを取得し、比較検討することが推奨されます。

価格だけでなく、提案内容や対応の迅速さなども比較し、自分に最適な制作会社を選びましょう。


注意点を押さえた上で見積もりを取得することで、納得のいくホームページ制作を実現できる可能性が高まります。





ホームページ制作の費用相場


費用相場の概要

ホームページ制作の費用は、サイトの規模や機能、デザインの複雑さなどによって大きく変動します。

一般的には、小規模なサイトから大規模なサイトまで、以下のような費用相場が存在します。


  • 小規模サイト:個人ブログや小規模な企業サイトなど、基本的な情報を提供するためのサイト。費用相場は約10万円から30万円程度です。

  • 中規模サイト:中小企業のコーポレートサイトや、コンテンツが豊富なサイト。費用相場は約30万円から100万円程度です。

  • 大規模サイト:大企業のコーポレートサイトやECサイト、大量のデータを扱うポータルサイトなど。費用相場は100万円以上、場合によっては数百万円に達することもあります。


ホームページ制作の費用は、サイトの目的や必要な機能によって異なります。

例えば、ECサイトでは商品管理や決済システムの構築が必要になるため、一般的なコーポレートサイトよりも高額になります。

また、デザインのカスタマイズ度合いや、SEO対策、マーケティング機能の追加なども費用に影響します。


小規模サイトの費用

小規模なホームページ制作の費用は、主に個人ブログや小規模な企業サイトに適用されます。

これらのサイトは、基本的な情報提供や簡単なコンテンツ管理が主な目的であり、比較的低コストで制作することが可能です。

小規模サイトの費用相場について詳しく見ていきましょう。


1. 初期費用

小規模サイトの初期費用は、デザイン、コーディング、SEO対策などの基本的な作業にかかる費用を含みます。

一般的には以下のような項目が含まれます。


  • デザイン費:シンプルなデザインの場合、10万円から20万円程度

  • コーディング費:HTMLやCSSを使用した基本的なコーディングで、5万円から15万円程度

  • SEO対策費:基本的なSEO設定を行う場合、5万円から10万円程度


2. 運用費

ホームページの公開後には、運用や保守にかかる費用が発生します。

小規模サイトの場合、運用費は以下のような項目が含まれます:


  • サーバー費用:月額1,000円から3,000円程度

  • ドメイン費用:年間1,000円から3,000円程度

  • 保守費用:月額5,000円から1万円程度(更新作業やセキュリティ対策を含む)


3. トータルコスト

小規模サイトのトータルコストは、初期費用と年間の運用費を合算した金額になります。

初期費用が約20万円から45万円程度、年間運用費が約12万円から20万円程度と見積もられます。

したがって、1年間のトータルコストは約32万円から65万円程度となります。


小規模サイトは、基本的な機能と情報提供を目的としたサイトが多く、比較的低コストで制作できるため、個人や小規模な企業にとっては最適な選択肢です。


中規模サイトの費用

中規模サイトの制作費用は、小規模サイトよりも複雑で、多機能な内容を持つことが多いため、費用も高くなります。

中小企業のコーポレートサイトや豊富なコンテンツを持つ情報サイトなどがこのカテゴリに含まれます。

中規模サイトの費用相場について詳しく見ていきましょう。


1. 初期費用

中規模サイトの初期費用には、以下のような項目が含まれます。


  • デザイン費:カスタマイズ度が高く、ページ数も多い場合、20万円から50万円程度

  • コーディング費:複数のページにわたるコーディングとレスポンシブデザイン対応で、15万円から30万円程度

  • SEO対策費:より高度なSEO設定と継続的なモニタリングで、10万円から20万円程度

  • コンテンツ作成費:専門のライターによる記事作成やプロのカメラマンによる写真撮影などで、10万円から30万円程度


2. 運用費

中規模サイトの運用費は、定期的なメンテナンスや更新作業、セキュリティ対策が含まれます。

主な運用費用は以下の通りです。


  • サーバー費用:安定したパフォーマンスを確保するため、月額3,000円から5,000円程度

  • ドメイン費用:年間1,000円から3,000円程度

  • 保守費用:定期的な更新作業やトラブル対応で、月額1万円から3万円程度


3. トータルコスト

中規模サイトのトータルコストは、初期費用と年間の運用費を合算した金額になります。

初期費用が約55万円から130万円程度、年間運用費が約18万円から48万円程度と見積もられます。

したがって、1年間のトータルコストは約73万円から178万円程度となります。


中規模サイトは、企業のブランドイメージを強化し、多様なコンテンツを提供するために最適であり、より高度な機能やデザインを必要とするため、相応のコストがかかります。


大規模サイトの費用

大規模サイトの制作費用は、規模や機能の複雑さに応じて高額になります。

大企業のコーポレートサイトや、大量のデータを扱うポータルサイト、ECサイトなどが該当します。

これらのサイトは、高度なデザインや多様な機能を必要とするため、コストも大きく変動します。


1. 初期費用

大規模サイトの初期費用には、以下の項目が含まれます。


  • デザイン費:オリジナルデザインやブランドの一貫性を保つためのデザインで、50万円から100万円程度

  • コーディング費:複雑なコーディング作業やカスタム機能の実装で、30万円から70万円程度

  • SEO対策費:大規模なSEO戦略と継続的なモニタリングで、20万円から50万円程度

  • コンテンツ作成費:多言語対応や専門的なコンテンツ作成で、30万円から100万円程度

  • システム開発費:EC機能やカスタムアプリケーションの開発で、50万円から200万円以上


2. 運用費

大規模サイトの運用費は、定期的なメンテナンスやセキュリティ対策、コンテンツの更新などが含まれます。

主な運用費用は以下の通りです。


  • サーバー費用:高トラフィック対応のサーバーで、月額5,000円から10,000円程度

  • ドメイン費用:年間1,000円から3,000円程度

  • 保守費用:定期的な更新作業やセキュリティパッチ適用で、月額3万円から10万円程度


3. トータルコスト

大規模サイトのトータルコストは、初期費用と年間の運用費を合算した金額になります。

初期費用が約180万円から520万円以上、年間運用費が約48万円から156万円程度と見積もられます。

したがって、1年間のトータルコストは約228万円から676万円以上となります。


大規模サイトは、多くの機能と高いパフォーマンスを必要とするため、高度な技術とリソースが求められます。

そのため、コストも大きくなりますが、企業のブランディングや顧客体験の向上に大きく寄与します。



見積もりを安くする方法


見積書の比較ポイント

ホームページ制作の見積もりを安くするためには、複数の見積書を比較することが重要です。

以下のポイントに注目して比較することで、適正な価格で質の高いサービスを提供してくれる制作会社を見つけることができます。


1. 作業項目の内訳を確認する

見積書には、各作業項目ごとの費用が記載されています。

デザイン費、コーディング費、SEO対策費、コンテンツ作成費など、項目ごとの費用を詳細に確認し、各制作会社の見積もりがどのように構成されているかを把握しましょう。

同じ作業項目でも、会社によって費用が異なる場合があります。


2. サービス内容を確認する

見積書には、提供されるサービスの詳細が記載されています。

例えば、SEO対策がどの程度行われるのか、デザインのカスタマイズ度合い、コンテンツ作成の範囲など、各制作会社が提供するサービス内容を比較しましょう。

サービス内容が充実しているかどうかも重要な判断基準です。


3. 隠れた費用をチェックする

見積書に記載されている費用以外に、追加費用が発生する場合があります。

例えば、デザイン変更費用、機能追加費用、運用・保守費用などです。

これらの費用が見積もりに含まれているかどうかを確認し、後から予算オーバーにならないように注意しましょう。


4. 制作実績を確認する

各制作会社の過去の実績を確認することで、その会社の技術力やデザインのクオリティを把握できます。

ポートフォリオや顧客のレビューを参考にして、信頼できる制作会社を選びましょう。


5. コミュニケーションの質を評価する

見積もりの依頼や打ち合わせの際に、制作会社とのコミュニケーションがスムーズかどうかを評価しましょう。

迅速な対応や明確な説明をしてくれる会社は、プロジェクトの進行もスムーズに行える可能性が高いです。


見積書の比較ポイントを押さえることで、コストパフォーマンスの高いホームページ制作が実現できます。


無駄な費用を削減する方法

ホームページ制作の見積もりを安くするためには、無駄な費用を削減することが重要です。

以下のポイントを考慮することで、予算を抑えながらも質の高いホームページを制作することができます。


1. 明確な要件定義を行う

ホームページ制作において、初期段階での要件定義は非常に重要です。

どのような機能やデザインが必要なのかを明確にすることで、無駄な作業や追加費用を防ぐことができます。

例えば、必要なページ数、デザインの方向性、SEO対策の範囲などを具体的に決めておくと、制作会社とのコミュニケーションがスムーズになり、無駄なコストを削減できます。


2. 標準テンプレートの活用

カスタムデザインや独自機能を求めると費用が高くなりますが、標準テンプレートを活用することでコストを抑えることができます。

多くの制作会社が提供するテンプレートを使用することで、デザイン費やコーディング費を削減できます。

必要に応じてカスタマイズを行うことで、コストパフォーマンスの高いサイトを作成できます。


3. 内部リソースの活用

コンテンツ作成や写真撮影など、一部の作業を自社で行うことでコストを削減できます。

内部リソースを活用して、自社スタッフが対応可能な部分は外注せずに対応することで、全体の費用を抑えることができます。

例えば、テキストコンテンツの執筆や簡単な画像編集などを自社で行うと良いでしょう。


4. 長期的な運用を見据えた契約

短期的なコスト削減だけでなく、長期的な運用コストも考慮した契約を検討することが重要です。

例えば、初期費用を抑えて月額費用を定額にするサブスクリプション型の契約を選ぶことで、初期投資を軽減しつつ、長期的な運用を安定させることができます。

また、運用・保守費用を一括で契約することで、予算の管理がしやすくなります。


5. 相見積もりを取る

複数の制作会社から見積もりを取得することで、費用の比較検討が可能となり、最適なコストで質の高いサービスを提供してくれる会社を選ぶことができます。

見積もりを依頼する際は、具体的な要件を伝え、各社の提案内容や対応の質を比較しましょう。


無駄な費用を削減するための方法を活用することで、コストパフォーマンスの高いホームページ制作を実現することが可能です。


相見積もりの活用法

相見積もりを活用することは、ホームページ制作の費用を抑える有効な手段です。

複数の制作会社から見積もりを取得し、各社の提案内容を比較することで、最適なコストで高品質なサービスを提供してくれる制作会社を選ぶことができます。

以下は、相見積もりを効果的に活用するための具体的な方法です。


1. 同一条件での見積もりを依頼する

相見積もりを行う際には、各制作会社に対して同じ条件で見積もりを依頼することが重要です。

条件が異なると正確な比較ができないため、要件や仕様を統一して依頼しましょう。

例えば、サイトのページ数、デザインのカスタマイズ度、必要な機能などを明確に記載しておきます。


2. 提案内容と価格のバランスを評価する

見積もりを比較する際には、価格だけでなく、提案内容や提供されるサービスの質も評価しましょう。

安価な見積もりでも、サービスの質が低ければ、結果的に追加費用が発生する可能性があります。

各制作会社がどのような提案をしているか、価格に見合った価値が提供されているかを総合的に判断します。


3. コミュニケーションの質を確認する

相見積もりを通じて、各制作会社とのコミュニケーションの質も確認することができます。

迅速な対応や明確な説明をしてくれる会社は、プロジェクトの進行もスムーズに行える可能性が高いです。

初期段階でのコミュニケーションが円滑であれば、後々のトラブルを防ぐことができます。


4. 追加費用の有無を確認する

見積もりには基本的な作業費用が含まれていますが、追加費用が発生する場合もあります。

デザイン変更や機能追加など、予期せぬ費用が発生する可能性があるため、事前に確認しておきましょう。

追加費用が発生する条件やその金額を明確にしておくことが重要です。


5. 制作実績を参考にする

各制作会社の実績を確認し、過去のプロジェクトやクライアントの評価を参考にします。

制作実績やポートフォリオを通じて、会社の技術力やデザインのクオリティを把握することができます。

信頼性の高い制作会社を選ぶことで、安心してプロジェクトを進めることができます。


相見積もりを効果的に活用することで、コストを抑えながらも質の高いホームページ制作を実現できます。

適切な選択をするためには、慎重な比較と評価が不可欠です。





相見積もりの取り方


相見積もりのメリット

相見積もりとは、複数の制作会社から見積もりを取得し、比較検討する方法です。

相見積もりを行うことで、多くのメリットが得られます。以下は、相見積もりの主なメリットです。


1. 価格の透明性を確保できる

複数の見積もりを比較することで、価格の相場を把握しやすくなります。

これにより、適正な価格でサービスを提供してくれる制作会社を見つけることができます。

市場価格に対する理解が深まり、過剰な費用を避けることができます。


2. 提案内容の質を比較できる

各制作会社の提案内容を比較することで、どの会社が最もニーズに合ったサービスを提供しているかを判断することができます。

同じ予算でも、提供されるサービスの質や範囲が異なることがあるため、より良い選択をするためには内容の比較が不可欠です。


3. 交渉力が向上する

相見積もりを行うことで、交渉力が向上します。

複数の見積もりを提示することで、各制作会社に競争意識を持たせ、価格交渉やサービス内容の改善を促すことができます。

これにより、より有利な条件で契約を結ぶことが可能になります。


4. リスクの軽減

複数の見積もりを取得することで、一つの会社に依存するリスクを軽減することができます。

一社に頼ることなく、複数の選択肢を持つことで、トラブルが発生した場合の対応策を柔軟に考えることができます。


5. 最適なパートナー選び

相見積もりを通じて、自分のニーズに最も合った制作会社を見つけることができます。

価格だけでなく、対応の質や提案内容、企業の実績などを総合的に判断し、信頼できるパートナーを選びましょう。


相見積もりを活用することで、コストパフォーマンスの高いホームページ制作を実現し、プロジェクトの成功に近づけることができます。


効果的な相見積もりの手順

相見積もりを効果的に活用するためには、適切な手順を踏むことが重要です。

以下に、相見積もりを成功させるための具体的な手順を紹介します。


1. ニーズの明確化

相見積もりを依頼する前に、自社のニーズを明確にすることが重要です。

サイトの目的や必要な機能、デザインの要望などを具体的にリストアップしましょう。

これにより、各制作会社に同じ情報を提供し、正確な見積もりを取得することができます。


2. 複数の制作会社にコンタクトを取る

少なくとも3社以上の制作会社に見積もりを依頼することをお勧めします。

異なる会社から見積もりを取得することで、価格やサービス内容の比較がしやすくなります。

各社の連絡先を確認し、問い合わせを行いましょう。


3. 見積もり依頼の依頼書を作成する

各制作会社に対して見積もり依頼書を作成し、詳細な要件を伝えます。

依頼書には、以下の情報を含めると良いでしょう。


  • サイトの目的

  • 必要な機能(例:EC機能、予約システム、ブログ機能など)

  • ページ数と各ページの内容

  • デザインの要望(例:ブランドカラー、ロゴの使用など)

  • SEO対策の要件

  • 予算と納期


4. 提案内容と見積もりを比較する

各制作会社から見積もりが届いたら、提案内容と費用を詳細に比較します。

価格だけでなく、提供されるサービスの質や範囲も考慮しましょう。

具体的なポイントとしては、作業項目の内訳、追加費用の有無、納期などがあります。


5. 面談やヒアリングを行う

見積もりを比較した後、気になる制作会社とは面談やヒアリングを行いましょう。

直接会って話すことで、コミュニケーションの質や信頼性を確認することができます。

また、具体的な要望や質問を直接伝えることができるため、見積もりの内容をより詳細に把握できます。


6. 最終決定と契約

比較検討を終えたら、最適な制作会社を選び、契約を結びます。

契約書には、作業内容や費用、納期、追加費用の条件などを明確に記載しましょう。

これにより、プロジェクトがスムーズに進行し、トラブルを防ぐことができます。


効果的な相見積もりの手順を踏むことで、最適な制作会社を選び、コストパフォーマンスの高いホームページ制作を実現することができます。


相見積もりの注意点

相見積もりを効果的に行うためには、いくつかの注意点を押さえておくことが重要です。

これらの注意点を理解することで、見積もり取得のプロセスをスムーズに進めることができます。


1. 明確な要件を提供する

見積もりを依頼する際には、各制作会社に対して明確かつ詳細な要件を提供することが重要です。

要件が曖昧だと、見積もりの精度が低くなり、比較が難しくなります。

具体的な要件をまとめたドキュメントを準備し、各社に提供しましょう。


2. 見積もりの内訳を確認する

見積もりには、各作業項目ごとの費用が記載されています。

内訳を詳細に確認し、何にどれだけの費用がかかるのかを把握しましょう。

特に、追加費用の有無や条件についても確認しておくことが重要です。これにより、予算オーバーを防ぐことができます。


3. 同一条件で比較する

複数の制作会社から見積もりを取得する際には、同一の条件で見積もりを依頼することが必要です。

条件が異なると、正確な比較が難しくなります。

見積もり依頼書に具体的な要件を明記し、各社に同じ情報を提供しましょう。


4. コミュニケーションの質を評価する

見積もりの過程で、各制作会社とのコミュニケーションの質を評価することも重要です。

迅速かつ丁寧な対応をしてくれる会社は、プロジェクトがスムーズに進行する可能性が高いです。

コミュニケーションの質を重視し、信頼できる制作会社を選びましょう。


5. 安すぎる見積もりに注意する

あまりにも安価な見積もりは、サービスの質が低い可能性があります。

見積もりが安すぎる場合は、その理由を確認し、不明点があれば質問しましょう。

安価な見積もりには、後から追加費用が発生するリスクもあります。


6. 納期の確認

見積もりには、納期も明記されているはずです。

納期が現実的かどうかを確認し、プロジェクトのスケジュールに無理がないかを判断しましょう。

納期が明確でない場合は、制作会社に確認することが重要です。


7. 制作実績を確認する

見積もりを依頼する際には、各制作会社の過去の実績も確認しておきましょう。

制作実績を通じて、会社の技術力やデザインのクオリティを把握することができます。

実績が豊富な会社は、安心してプロジェクトを任せることができます。


相見積もりの注意点を押さえることで、見積もり取得のプロセスをスムーズに進め、最適な制作会社を選ぶことが可能です。





まとめ


見積もりを取得するためのステップ

ホームページ制作における見積もりの取得は、プロジェクトの成功にとって非常に重要なプロセスです。

以下のステップに従って、適切な見積もりを取得しましょう。


  1. ニーズと要件の明確化 まず、ホームページの目的や必要な機能、デザインの要望などを明確に定義します。これにより、制作会社に具体的な情報を提供でき、正確な見積もりを取得する基礎が整います。

  2. 複数の制作会社に見積もりを依頼 少なくとも3社以上の制作会社に見積もりを依頼します。同一条件で見積もりを依頼することが重要です。依頼書には、具体的な要件や仕様を詳細に記載しましょう。

  3. 見積もりの比較と評価 各制作会社から提出された見積もりを比較します。価格だけでなく、提案内容やサービスの質、追加費用の有無なども評価します。見積書の内訳を詳細に確認し、何にどれだけの費用がかかるのかを把握しましょう。

  4. 面談やヒアリングの実施 見積もりを比較した後、候補となる制作会社と面談やヒアリングを行います。直接会って話すことで、コミュニケーションの質や信頼性を確認できます。また、具体的な要望や質問を直接伝えることで、見積もりの内容をより詳細に把握できます。

  5. 最終決定と契約の締結 比較検討を終えたら、最適な制作会社を選び、契約を締結します。契約書には、作業内容や費用、納期、追加費用の条件などを明確に記載し、プロジェクトの進行をスムーズにしましょう。


適切な見積もりを取得するためには、計画的かつ慎重なステップが必要です。


適切な見積もりの取得方法

適切な見積もりを取得するための方法を以下にまとめます。


  1. 具体的な依頼書の作成 見積もり依頼書には、サイトの目的、必要な機能、デザインの要望、予算、納期などを詳細に記載します。同一条件で依頼することで、各社の見積もりを正確に比較できます。

  2. コストとサービス内容のバランスを考慮 価格だけでなく、サービスの質や提供される機能、アフターサポートの内容なども考慮して、バランスの取れた選択を行います。

  3. 追加費用の確認 見積もりには基本的な費用が記載されていますが、追加費用が発生する条件も確認します。予期せぬ費用を防ぐために、事前に追加費用の有無や条件を明確にしておきましょう。

  4. コミュニケーションの重視 制作会社とのコミュニケーションがスムーズかどうかを評価します。プロジェクトの進行において、迅速かつ丁寧な対応をしてくれる会社を選ぶことが重要です。

  5. 制作実績と評価の確認 各制作会社の過去の実績やクライアントの評価を確認します。信頼性のある会社を選ぶことで、安心してプロジェクトを進めることができます。


見積もりを取得するための適切な方法を実践することで、予算内で質の高いホームページ制作を実現することができます。



月額制ホームページ制作は株式会社プロパゲートにご連絡を

「月額制ホームページ制作を利用したいけど、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


制作費無料・月々9800円の定額ホームページ。LINEで専属サポート!全国対応!

月5回まで無料で修正可能、追加料金無し。最短2週間で納品可能。年間制作実績1,000社超。

株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行する会社です。

ホームページの制作費用は基本無料。月額9,800円〜で運用も代行します。

ホームページ制作においては取材・撮影・デザイン・文章作りなど、必要な全てをお任せ頂け、全て無料です。

更新も、メール・電話・LINEを頂ければ即対応。制作後のマーケティング運用まで行います。


【URL】

【TEL】

03-6824-7712

【会社所在地】

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目5−6 H¹O 渋谷神南 702

【制作実績】



Comments


bottom of page