【初心者向け】Googleサーチコンソールの設定方法・使い方を解説



「Googleサーチコンソールを初めて使うから心配」「初心者におすすめの使い方を教えてほしい」と悩んでいる方も多いですよね。

本記事では、Googleサーチコンソール初心者に向けて、設定方法や基礎知識、機能などを解説します。


記事の前半で、Googleサーチコンソールとは何か解説し、後半では使い方や初心者によくある悩みを解決します。

Googleサーチコンソール初心者の方は、是非参考にしてください。



Googleサーチコンソールとは



Googleサーチコンソールは、Googleが提供しているツールであり、サイトのパフォーマンスを解析できます。

具体的には、以下のような項目です。

  • クリック数

  • 表示回数

  • 平均掲載順位

Googleサーチコンソールを使うことで、どれくらいクリックされているのか、なぜクリックされていないのかなどが分かります。

Googleサーチコンソールで得た情報を、サイトの改善に活用すると、SEOにも良い影響が出てきますよ。

次のテーマでは、Googleサーチコンソールの設定方法を紹介します。



Googleサーチコンソールの設定方法



ここでは、Googleサーチコンソールの設定方法を紹介します。

紹介する手順は以下のとおりです。

  • Googleアカウントを取得する

  • Googleサーチコンソールにログインする

  • サイトドメインを登録する

それでは、順を追って説明します。


1.Googleアカウントを取得する

まずはGoogleアカウントを取得します。

なぜ、Googleアカウントを取得するのかというと、Googleサーチコンソールのログインに必須だからです。



最初にGoogleのサイトに飛んで、アカウントの作成を行います。

画面右上の「アカウントを作成する」をクリックします。

次に、氏名や登録するメールアドレス、パスワードを入力すれば完了です。

初心者の方でも簡単に登録できるので、今のうちに取得しましょう。


2.Googleサーチコンソールにログインする


Googleアカウントの取得が完了したら、Googleサーチコンソールのログインに移ります。


Googleサーチコンソールにはこちらから飛べます。

「管理を開始」をクリックし、次に進みます。

Googleアカウントを取得していれば、ドメインの登録へスムーズに進めるので、まだ取得していない方は先程の紹介を参考にしてください。


3.サイトドメインを登録する

次に、サイトドメインを登録します。



今回は、比較的簡単にできる「URLプレフィックス」を使う方法を解説します。



上記画像の赤枠で囲んだ部分に、あなたが運営しているサイトのURLを添付します。

URLの入力が完了したら「続行」をクリックしてください。



上記の画像の画面になれば完了です。

これでGoogleサーチコンソールへのログインが可能になります。

次のテーマでは、Googleサーチコンソールの基礎知識を見ていきましょう。



Googleサーチコンソールの機能を7つ解説



ここでは、Googleサーチコンソールの機能を7つ紹介します。

今回紹介するのは以下の機能です。

  • 検索パフォーマンス

  • URL検索

  • モバイルユーザビリティ

  • インデックス登録

  • サイトマップ

  • リンク

  • メッセージ

一つひとつ解説します。


検索パフォーマンス

検索パフォーマンスとは、Google検索でのアクセス解析ができる機能です。

具体的にいうと「どんなキーワードで検索されて訪れているか」「どのページにアクセスが集まっているか」などが分かります。

検索パフォーマンスで得た情報から、アクセス数が伸びていないページの改善や、伸びているサイトを今以上に成長させることができますよ。


検索パフォーマンスでは以下の項目ができます。

  • 合計クリック数

  • 合計表示回数

  • 平均CTR

  • 平均掲載順位

URL検索

サーチコンソールのURL検索では、特定のページがインデックスされているか、モバイルユーザビリティになっているかを確認できます。

例えば「https://〇〇.com/sample/」というページを検索にかけ、インデックスされているかなどが分かりますよ。


URL検索では、インデックスの申請もできるので、まだ登録されていない場合は申請を行いましょう。

申請は簡単なので、初心者の方でもインデックス登録が行えますよ。


また、モバイルユーザビリティがエラーになっている方は、ページの改善が必要です。

このように、サイトの改善やインデックスに関わる項目を確認できます。


モバイルユーザビリティ

モバイルユーザビリティとは「スマートフォンでページを見る際に適切であるか」のことです。

ここでいう「適切」は以下のようなことを指します。

  • 文字の大きさが小さすぎないか又は大きすぎないか

  • フォントは見やすいか

  • 画像の幅は正しいか

上記の様な項目が定説でないと、モバイルユーザビリティではないと認識されないケースがあります。


インデックス登録

Googleサーチコンソールには、インデックス登録を申請できる機能が備わっています。

インデックスは、GoogleなどのWeb上にページが掲載されることです。


インデックスされないと、ユーザーにあなたの記事が届くことはないので、非常に重要なポイントです。

Googleサーチコンソールでは、ワンクリックでインデックス登録の申請ができますよ。

エラーがある場合は「モバイルユーザビリティではありません」などの警告をしてくれるので、初心者でも改善に努められます。


サイトマップ

サイトマップとは、クローラーが巡回しやすくなるように作成するものです。

クローラーとは、サイトのページをGoogleのデータベースに保存するロボットで、世界中のサイトを見て回ります。

つまり、サイトマップを作成するとクローラーに発見されやすくなるのです。


リンク

リンクは、外部リンクや内部リンクの詳細を確認できます。

外部リンクとは、他サイトにあなたのページリンクが添付されることで、通称「被リンク」と呼ばれています。

内部リンクとは、あなたのサイト内で記事から記事へつなげるリンクです。

とくに被リンクはSEOに効果があるので、他のサイトに添付してもらえるようなサイト作りを心がけましょう。


メッセージ

メッセージでは、サーチコンソールが検知した警告や、お知らせなどが届きます。

とくに、インデックス登録できていないことや、モバイルユーザビリティの通知が多く届くでしょう。

メッセージが来ていた際は、エラーが起こっている可能性があるので、しっかり確認することをおすすめします。



初心者向けにGoogleサーチコンソールの使い方を解説



ここでは、初心者向けにGoogleサーチコンソールの使い方を解説します。

今回紹介するのは以下のとおりです。

  • クリック数や表示回数を確認する

  • インデックスしたいページを申請する

  • URL検索でページの状態を確認する

  • 「Webに関する主な指標」で表示速度を見る

初心者の方でもわかるように、簡単に説明していきます。

それでは見ていきましょう。


クリック数や表示回数を確認する

まずは、クリック数や表示回数を確認しましょう。

クリック数や表示回数は、検索パフォーマンスで確認できます。

例えば、クリック数が少ないにもかかわらず、表示回数が多ければ、クリックされるページを作る必要がありますよね。


サイト改善に必要なデータが備わっているので、初心者の方もクリック数や表示回数の確認はしっかり行いましょう。


インデックスしたいページを申請する

初心者の方でもインデックスしたいページの申請を行いましょう。

方法は簡単で、URL検索にインデックスしたいページのURLを入力し「インデックス登録をリクエスト」をクリックするだけです。


先程も解説した通り、インデックスをしないとWeb上にページが登録されないので、インデックスのリクエストはできるだけ行いましょう。


URL検索でページの状態を確認する

続いて、URL検索でページの確認をしましょう。

URL検索では以下のようなことができます。

  • インデックス登録ができているかの確認

  • インデックス登録のリクエスト

  • モバイルユーザビリティのチェック

初心者の方でも、URL検索を見ればページに問題があるかを一目で確認できますよ。

問題が見つかったら、どこに問題があるのかを確認し、ページの改善に努めましょう。


「Webに関する主な指標」で表示速度を見る

「Webに関する主な指標」で表示速度を見てみましょう。

表示速度は初心者の方でも見ておくべき項目ですよ。

なぜなら、表示速度はSEOにおいて重要だからです。


表示速度が遅いと、離脱率が高くなる原因となり、SEOで良い評価を得られなくなってしまいます。

表示速度を見て、遅い場合は改善を行うようにしましょう。



初心者によくあるサーチコンソールの悩みを解決



ここでは、初心者によくあるサーチコンソールの悩みを解決します。

今回解決する悩みは以下のとおりです。

  • Googleアナリティクスとの違いは?

  • なぜサイト運営にGoogleサーチコンソールが必要なの?

  • サーチコンソールは無料で使える?

それでは見ていきます。


Googleアナリティクスとの違いは?

Googleアナリティクスはユーザーの動向に対し解析し、Googleサーチコンソールはウェブサイトに問題がないか確認したり、キーボードについて管理を行います。

それぞれ違う項目のデータを得られるので、どちらのツールもサイト運営に欠かせません。


なぜサイト運営にGoogleサーチコンソールが必要なの?

もちろん必ず必要というわけではありません。

なぜなら、Googleサーチコンソールで情報を得るだけでは、効果は発揮しないからです。


しかし、Googleサーチコンソールを活用すれば、サイトの問題点が分かり、改善につなげられます。

サイトの問題点を見つける点においては、Googleサーチコンソールが適しているので、サイト運営に必要と言えます。


Googleサーチコンソールは無料で使える?

Googleサーチコンソールは無料で使えます。

有料版もありますが、初心者の方や個人で運営するサイトは、無料版でも十分ですよ。


初心者もGoogleサーチコンソールを活用しよう

ここまで見れば、初心者の方がGoogleサーチコンソールを活用する方法が分かったと思います。


Googleサーチコンソールを活用すると、サイトの問題点を見つけ、改善に繋げられますよ。

本記事で紹介した「Googleサーチコンソールの使い方」を見返して、サイトの改善をしてみましょう。


ホームページ制作でお悩みの方は株式会社プロパゲートにご連絡を

「ホームページを作りたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!

Web制作のプロフェッショナルが最適なプランを提案させて頂きます。


株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行する会社です。ホームページの制作費用は基本無料。月額9,800円〜で運用も代行します。ホームページ制作においては取材・撮影・デザイン・文章作りなど、必要な全てをお任せ頂け、全て無料です。契約期間に制限もありません。更新も、メール・電話・LINEを頂ければ即対応。制作後のマーケティング運用まで行います。


【URL】

https://www.propagateinc.com/

【TEL】

090-3552-3949

【会社所在地】

〒150-0045 東京都渋谷区神泉町20−21 クロスシー渋谷神泉ビル 7F

【制作実績】

https://www.propagateinc.com/activities