Googleアナリティクス初心者がするべき設定と分析するポイントを紹介



『Googleアナリティクスを使い始めたばかりでよくわからない』『初心者は何をすればいいか教えてほしい』と悩む方もいると思います。


本記事を読めば、見るべきポイントや初期設定が分かり、Googleアナリティクスを使いこなせるようになりますよ。

記事の前半ではGoogleアナリティクスとは何か、登録方法を紹介し、後半では見るべきポイントや初期設定についてお話します。


それでは見ていきましょう。



Googleアナリティクスとは?



Googleアナリティクスとは、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。

無料で使用することができ、個人から企業サイトまで幅広く導入しています。

有料版もありますが、無料版でも十分高性能ですよ。


サイト運営に必須のツールなので、サイト運営初心者の方も導入しましょう。

次のテーマでは、Googleアナリティクスで何ができるのかを解説します。


Googleアナリティクスは何ができる?

Googleアナリティクスでできることを紹介します。

大まかにいうと、Googleアナリティクスはあなたのサイトのデータを集計するツールです。

もっと細かくすると、以下のようなことができます。

  • どんなユーザーが訪れたか分かる

  • どのページがよく見られているか分かる

  • Webサイトの成果が確認できる

上記のように、様々なデータを確認できます。

Googleアナリティクスで得たデータをもとに分析を行い、サイトの改善に役立てましょう。



Googleアナリティクスの登録方法



Googleアナリティクスがどのようなものか分かったところで、登録方法を紹介していきます。

Googleアナリティクスの登録方法は以下のとおりです。

  • Googleアカウントを取得

  • Googleアナリティクスに登録

  • トラッキングコードを取得・埋め込み

それでは解説していきます。


Googleアカウントを登録

Googleアカウントを取得するために登録を行いましょう。


Googleのトップページから「ログイン」をクリックします。



「ログイン」をクリックすると案内が出てくるので、案内に沿って進めていきましょう。

アカウントの登録が済んだら、Googleアナリティクスの登録に進みます。


次のテーマでGoogleアナリティクスの登録を解説します。


Googleアナリティクスに登録

それでは、Googleアナリティクスの登録を行いましょう。


Googleアナリティクスのページに移動し、登録を進めます。



「測定を開始」を押して次のページに進みます。



続いて「アカウント名」の入力です。

ここには好きな名前をつけてください。

例えば、サービス名や個人名、サイトの名前です。

一目でわかるようにしておくと覚えやすいですよ。



「アカウントのデータ共有設定」をします。

上記画像のように「Googleのプロダクトやサービス」「ベンチマーク」「テクニカルサポート」「アカウントスペシャリスト」の4つがあります。


任意で外してもOKですが、4つすべてにチェックをいれても大丈夫ですよ。



次に、プロパティの設定を行います。


「プロパティ名」には好きな名前を入力し、「レポートのタイムゾーン」「通貨」は画像を参考にしてください。

「次へ」をクリックして進みます。



次に、ビジネス情報を入力します。

当てはまるものを選択し、「次へ」をクリックすると以下の表示が出てきます。



「日本」を選択し、チェックを入れて「同意する」で決定します。



上記の画像になれば完了です。


トラッキングコードを取得・埋め込み

トラッキングコードとは、サイトに埋め込む計測コードのことで、訪問した人の情報などを得られます。

トラッキングコードを設置すると、正確な情報を得ることができるので、しっかりと設置しましょう。



Webストリームの詳細を表示します。



タグの実装手順を開くと、トラッキングコードが表示されます。



ピンクの枠の部分をコピーし、サイトのHTML編集画面の「<head>要素」の直後に貼れば設置完了です。



Googleアナリティクスで見るべきポイント



初心者向けに、アクセス解析をする際に見るべきポイントを紹介します。

見るべきポイントは以下のとおりです。

  • 訪問ユーザー

  • 集客レポート

  • 行動

  • コンバージョン

  • リアルタイム(優先度:低)

一つひとつ解説します。


訪問ユーザー

Googleアナリティクスでの「ユーザーサマリー」で訪問したユーザー情報を取得します。

具体的には以下のとおりです。

  • ユーザー

  • 新規ユーザー

  • セッション

  • ユーザーあたりのセッション数

  • ページビュー数

  • ページ/セッション

  • 平均セッション時間

  • 直帰率

各項目でユーザーの動きを計測し、可視化できるのが強みです。

データを解析すれば、あなたのサイトの弱みが分かり、改善につなげられますよ。


集客レポート

集客レポートでは、どのチャネルからあなたのサイトに流入しているかを確認できます。

チャネルとは流入経路のことで、Webサイトや広告、SNSなどが代表的です。

具体的には、下記の指標のデータが表示されます。

  • Organic:検索エンジンからの自然流入

  • Social:Twitter、InstagramなどのSNSからの流入

  • Referral:直接URLを入力や、ブックマーク

  • PaidSearch:リスティング広告などからの流入

  • Display:ディスプレイ広告などからの流入

上記から、どのチャネルであなたのサイトにたどり着いたのかが分かります。。

割合でデータが表示されるので、比較して改善できますよ。


行動

行動サマリーでは以下の項目を見れます。

  • ページビュー数

  • ページ別訪問数

  • 平均ページ滞在時間

  • 直帰率

  • 離脱率

行動サマリーでは、ユーザーがどのような行動をとったのかがデータで分かりますよ。

例を挙げると、離脱率が高いページは、ユーザーのニーズに合っていない可能性があることが分かります。

改善によってサイトのコンバージョンに影響するので、しっかり分析するようにしましょう。


コンバージョン

コンバージョンとは、サイト運営者が目標とする成果を達成することです。

コンバージョンでは、問い合わせ数や成約数を確認できます。

例えば、商品の購入などですね。

上記以外にも、コンバージョンの経路から途中離脱しているかも計測出来ます。

目標設定ができ、サイトの方針を定められる機能もありますよ。


リアルタイム(優先度:低)

リアルタイムでは、Googleアナリティクスを開いている時点で、何人があなたのサイトを見ているかを確認できます。

優先度は低いですが、Googleアナリティクスの設定時に、計測が出来ているか確認できるので、リアルタイムも見ておきましょう。



Googleアナリティクス初心者が最初にしておく設定



ここでは、初心者の方が最初にしておくべき設定を紹介します。

初心者の方がしておくべき設定は以下のとおりです。

  • 自分のアクセスを除外する

  • 目標を設定する

  • 権限の共有

一つひとつ解説します。


自分のアクセスを除外する

自分のアクセスを除外すると、より正確なデータを測定できます。

なぜなら、ユーザーの訪問数のみを計測できるからです。

今回は、IPアドレスを使ってアクセスの除外を行います。

サーバー監視/ネットワーク監視サービスを使用してIPアドレスを取得します。

IPアドレスを取得したら、Googleアナリティクスの管理画面に進み、「ビュー」の「フィルター」を選択します。



次にフィルタの追加を行います。

手順は以下のとおりです。

  1. 「新しいフィルタを作成」を選択

  2. 「フィルタ名」を入力:好きな名前でOK

  3. 「フィルタの種類」を「カスタム」に設定

  4. 「フィルタフィールド」は「IPアドレス」に

  5. 「フィルタパターン」に除外したいIPアドレスを入力



保存をクリックすれば完了です。


目標を設定する

初心者の方はGoogleアナリティクスで目標設定しましょう。

目標を設定すると、ゴールが明確になるからです。

手順は、以下で画像を使いながら解説します。



「管理」から「目標」を選択します。



「新しい目標」をクリックします。



「目標設定」の「カスタム」を選択します。



「名前」と「タイプ」を任意で設定し、「続行」しましょう。



今回は滞在時間の設定なので、時間を選択します。

「保存」をして完了です。


権限の共有

組織でデータの共有をする場合に備えて、権限の共有を設定しましょう。

設定の手順は以下のとおりです。



管理画面から「アカウントのアクセス管理」を選択します。



右上の「+」を押して進みます。



追加したい人のメールアドレスと役割を設定し、右上の「追加」を押せば完了です。



初心者によくあるGoogleアナリティクスの悩み



最後に、初心者によくあるGoogleアナリティクスの悩みを解決していきます。

今回は以下の3つの悩みを解決します。

  • ほかの解析ツールと数値が違う場合はどっちが正しい?

  • Googleアナリティクスの注意点は?

  • データの計測がうまくいかない

それでは見ていきましょう。


他の解析ツールと数値が違う場合はどっちが正しい?

結論からいうと、どちらのツールも正しいです。

ツールのシステムや仕様によって、計測結果が異なることがあります。

解決策としては、1つのツールを使うことがおすすめです。

1つに絞ると惑わされることもなくなるので、明確にアクセス解析ができますよ。


Googleアナリティクスの注意点は?

トラッキングコードの設置には注意しましょう。

設置しないと、正確なデータを取得することができないからです。

初心者の方だと、正確に設置できていないケースもあるので、注意が必要ですね。


データの計測がうまくいかない

考えられるケースは以下のようなものがあります。

  • トラッキングコードの設置に失敗している

  • アクセスを除外してしまっている

上記2つは初心者の方がやってしまいがちなミスなので、今一度確認してみるといいですよ。



初心者でもGoogleアナリティクスを使ってみよう

ここまで読めば、初心者の方でもGoogleアナリティクスで何ができるのか理解できたと思います。


Googleアナリティクスを使えば、アクセスの推移を分析し、サイトの改善に努めることができます。

あなたのサイトをより良いものにするためにも、Googleアナリティクスを導入しましょう。



ホームページ制作でお悩みの方は

株式会社プロパゲートにご連絡を

「ホームページを作りたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!

Web制作のプロフェッショナルが最適なプランを提案させて頂きます。


株式会社プロパゲートは中小企業・個人事業主に特化して、Web制作&運用代行する会社です。ホームページの制作費用は基本無料。月額9,800円〜で運用も代行します。ホームページ制作においては取材・撮影・デザイン・文章作りなど、必要な全てをお任せ頂け、全て無料と、中小企業や個人事業主にやさしい契約内容です。更新も、メール・電話・LINEを頂ければ即対応。制作後のマーケティング運用まで行います。


【URL】

https://www.propagateinc.com/

【TEL】

090-3552-3949

【会社所在地】

〒150-0045 東京都渋谷区神泉町20−21 クロスシー渋谷神泉ビル 7F

【制作実績】

https://www.propagateinc.com/activities