top of page

2024年最新!Google広告の推奨画像サイズと最適化のポイント




Google広告の画像サイズとは


Google広告の種類と特徴

Google広告には多くの種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。

主な広告の種類は以下の通りです。


  • Googleディスプレイ広告:ウェブサイトやアプリの広告スペースに表示される画像広告です。さまざまなサイズがあり、テキストと画像の組み合わせで視覚的に訴求します。

  • Google検索広告:Google検索結果ページに表示されるテキスト広告です。一部では画像オプションも利用可能で、視認性を高めることができます。

  • ファインドキャンペーン広告:YouTubeホームフィードやGoogle Discoverなどに表示される広告で、フィード形式のためユーザーの目に留まりやすいです。

  • アプリインストール広告:アプリのインストールを促進するための広告で、Google PlayやYouTube、Gmailなど多岐にわたるプラットフォームで表示されます。


これらの広告形式は、ターゲットユーザーに効果的にアプローチするための手段として活用されます。

それぞれの広告形式には最適な画像サイズが存在し、正しいサイズを使用することで広告の効果を最大化することが可能です。


Googleディスプレイ広告では、例えば以下のサイズが一般的に推奨されています。


  • 300×250px

  • 728×90px

  • 160×600px

  • 320×50px

  • 300×600px


これらのサイズを用いることで、Googleディスプレイネットワーク上の95%以上の広告枠をカバーできます。


画像サイズの重要性

Google広告で適切な画像サイズを使用することは、広告のパフォーマンスを向上させるために非常に重要です。

適切なサイズの画像を使用することで、以下のようなメリットがあります。


  • 視認性の向上:正しい画像サイズを使用することで、広告がより鮮明に表示され、ユーザーの目に留まりやすくなります。これにより、クリック率(CTR)が向上する可能性が高まります。

  • 広告品質の維持:画像のアスペクト比や解像度が適切でない場合、画像が歪んだり、ぼやけたりすることがあります。これにより、広告の信頼性やプロフェッショナリズムが損なわれる可能性があります。

  • 広告の適応力の向上:Googleのレスポンシブディスプレイ広告などでは、異なるサイズの画像を用意することで、さまざまな広告スペースに適応しやすくなります。これにより、より多くの広告枠に表示される可能性が高まります。

  • ユーザー体験の向上:高品質で適切なサイズの画像を使用することで、ユーザーにとって見やすく、魅力的な広告を提供できます。これにより、広告のエンゲージメント率が向上します。


適切な画像サイズを使用するためには、Googleが推奨するサイズガイドラインに従うことが重要です。

例えば、Googleディスプレイ広告では以下のようなサイズが推奨されています。


  • 300×250ピクセル

  • 728×90ピクセル

  • 160×600ピクセル

  • 320×50ピクセル

  • 300×600ピクセル


これらのサイズを準備することで、Googleディスプレイネットワーク上のほとんどの広告枠に対応でき、広告の表示機会を最大化することができます。





Googleディスプレイ広告の推奨画像サイズ


レスポンシブディスプレイ広告

レスポンシブディスプレイ広告は、広告の表示されるスペースに応じて自動的にレイアウトが調整されるため、非常に柔軟性があります。

このタイプの広告に適用される画像サイズの推奨は以下の通りです。


  • 横長画像:推奨サイズは1200×628ピクセルで、最小サイズは600×314ピクセルです。アスペクト比は1.91:1が標準です。

  • スクエア画像:推奨サイズは1200×1200ピクセルで、最小サイズは300×300ピクセルです。アスペクト比は1:1です。


また、レスポンシブディスプレイ広告に使用されるロゴの推奨サイズも以下の通りです。


  • 横長ロゴ:推奨サイズは1200×300ピクセルで、最小サイズは512×128ピクセルです。アスペクト比は4:1です。

  • スクエアロゴ:推奨サイズは1200×1200ピクセルで、最小サイズは128×128ピクセルです。アスペクト比は1:1です。


静的ディスプレイ広告

静的ディスプレイ広告は、特定の固定サイズで表示されるため、広告を表示する場所に合わせた正確なサイズを使用する必要があります。

一般的な静的ディスプレイ広告のサイズは以下の通りです。


  • 300×250ピクセル:このサイズは、多くの広告スペースに適応する汎用的なサイズです。

  • 728×90ピクセル:このサイズは、特にヘッダー部分に表示されるバナー広告としてよく使われます。

  • 160×600ピクセル:このサイズは、サイドバーに表示されるスカイスクレイパー広告として使用されます。

  • 320×50ピクセル:このサイズは、モバイルデバイスのフッターやヘッダーに表示される広告として最適です。

  • 300×600ピクセル:このサイズは、大きめの広告スペースに対応するため、よりインパクトのある表示が可能です。


これらのサイズを適切に準備することで、Googleディスプレイネットワーク上の大部分の広告枠に対応でき、広告の表示回数を最大化することができます。



その他のGoogle広告の画像サイズ


Google検索広告

Google検索広告は通常、テキスト形式で表示されますが、画像オプションを追加することも可能です。

画像オプションを利用することで、テキスト広告に視覚的な要素を加え、より目立たせることができます。

以下のサイズが推奨されます。


  • 横長画像:推奨サイズは1200×628ピクセルで、最小サイズは600×314ピクセルです。アスペクト比は1.91:1です。

  • スクエア画像:推奨サイズは1200×1200ピクセルで、最小サイズは300×300ピクセルです。アスペクト比は1:1です。


ファインドキャンペーン広告

ファインドキャンペーン広告は、YouTubeのホームフィードやGoogle Discover、Gmailなどに表示されるフィード形式の広告です。

これらの広告も複数の画像サイズに対応しています。


  • 横長画像:推奨サイズは1200×628ピクセルで、最小サイズは600×314ピクセルです。アスペクト比は1.91:1です。

  • スクエア画像:推奨サイズは1200×1200ピクセルで、最小サイズは300×300ピクセルです。アスペクト比は1:1です。

  • 縦長画像:推奨サイズは960×1200ピクセルで、最小サイズは480×600ピクセルです。アスペクト比は4:5です。


アプリインストール広告

アプリインストール広告は、アプリのインストールを促進するためにGoogle Play、YouTube、Gmailなどに表示される広告です。

以下のサイズが推奨されます。


  • 1:1画像:推奨サイズは1200×1200ピクセルで、最小サイズは200×200ピクセルです。

  • 1.91:1画像:推奨サイズは1200×628ピクセルで、最小サイズは600×314ピクセルです。

  • 4:5画像:推奨サイズは1200×1500ピクセルで、最小サイズは320×400ピクセルです。


これらの画像サイズを適切に設定することで、広告の表示品質を向上させ、ユーザーのクリック率やコンバージョン率を最大化することができます。





画像入稿時の注意点とベストプラクティス


画像の解像度とファイルサイズ

Google広告に画像を入稿する際には、解像度とファイルサイズに注意することが重要です。

以下のポイントを押さえておきましょう。


  • 解像度:画像の解像度が低いと、表示時にぼやけて見えてしまうことがあります。推奨される解像度の画像を使用することで、広告の見栄えを保つことができます。例えば、1200×628ピクセルや1200×1200ピクセルの画像は高解像度で、視認性が高いです。

  • ファイルサイズ:Google広告の画像ファイルサイズの上限は150KBです。このサイズを超えると、画像の読み込みが遅くなり、ユーザー体験に悪影響を及ぼす可能性があります。ファイルサイズを最適化するためには、圧縮ツールを使用することが推奨されます。


効果的な画像作成のポイント

広告の効果を最大化するためには、画像の品質だけでなく、内容やデザインにも注意を払う必要があります。

以下のポイントを参考に、効果的な広告画像を作成しましょう。


  • 視覚的な一貫性:広告キャンペーン全体で統一感のあるデザインを保つことが重要です。ブランドカラーやロゴ、フォントなどを一貫して使用することで、ブランド認知を高めることができます。

  • シンプルで明確なメッセージ:広告画像は視覚的に訴える力が強いですが、シンプルかつ明確なメッセージを伝えることが重要です。文字数を絞り、視覚的に目立つ要素を取り入れることで、ユーザーの関心を引くことができます。

  • コールトゥアクション(CTA):広告画像には明確な行動喚起(CTA)を含めることが効果的です。例えば、「今すぐ購入」や「詳細を見る」といったCTAボタンを配置することで、ユーザーが次のステップを踏みやすくなります。

  • 適切なアスペクト比の使用:広告の表示場所に応じて、適切なアスペクト比の画像を使用することが重要です。横長、縦長、スクエアの画像をバランスよく使用することで、広告の表示機会を最大化することができます。


これらのポイントを押さえて画像を作成することで、広告の視認性とエンゲージメント率を高めることができます。





まとめ


画像サイズの最適化で広告効果を最大化

Google広告で使用する画像サイズを最適化することは、広告効果を最大化するために欠かせない要素です。

適切なサイズの画像を使用することで、広告の視認性が向上し、クリック率(CTR)やコンバージョン率(CVR)が上がる可能性があります。

各広告形式に適した画像サイズを把握し、効果的に活用することが重要です。


ディスプレイ広告では、300×250ピクセル、728×90ピクセル、160×600ピクセル、320×50ピクセル、300×600ピクセルなどが推奨されます。

レスポンシブディスプレイ広告には、横長画像(1200×628ピクセル)、スクエア画像(1200×1200ピクセル)、縦長画像(960×1200ピクセル)が適しています。

Google検索広告やファインドキャンペーン広告、アプリインストール広告も、それぞれの形式に応じた最適なサイズを使用することで、広告の効果を高めることができます。


今後の動向と最新情報のチェック

Google広告の規定や推奨される画像サイズは、技術の進歩やユーザーのニーズに応じて変化することがあります。

最新のガイドラインやベストプラクティスを定期的に確認し、広告戦略を更新することが重要です。


  • 公式ヘルプセンター:Google広告の公式ヘルプセンターには、最新の画像サイズガイドラインや広告作成に関する詳細情報が掲載されています。

  • 業界ブログやニュースサイト:広告運用に関する最新情報やトレンドを把握するために、業界ブログやニュースサイトを定期的にチェックすることも有益です。


広告の視認性とエンゲージメントを向上させるために、画像サイズの最適化は不可欠です。

適切なサイズと解像度の画像を使用し、広告の表示品質を保つことで、ユーザーにとって魅力的な広告を提供できます。

これにより、広告効果を最大化し、ビジネスの成長に貢献することができます。



月額制ホームページ制作は株式会社プロパゲートにご連絡を

「月額制ホームページ制作を利用したいけど、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


制作費無料・月々9800円の定額ホームページ。LINEで専属サポート!全国対応!

月5回まで無料で修正可能、追加料金無し。最短2週間で納品可能。年間制作実績1,000社超。

株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行する会社です。

ホームページの制作費用は基本無料。月額9,800円〜で運用も代行します。

ホームページ制作においては取材・撮影・デザイン・文章作りなど、必要な全てをお任せ頂け、全て無料です。

更新も、メール・電話・LINEを頂ければ即対応。制作後のマーケティング運用まで行います。


【URL】

【TEL】

03-6824-7712

【会社所在地】

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目5−6 H¹O 渋谷神南 702

【制作実績】



Comments


bottom of page