top of page

Google広告キャンペーンの秘訣:効果的な広告文のポイント




Google広告とは?


Google広告の基本

Google広告は、Googleの検索結果や関連サイトに表示される広告を通じて、企業がターゲットオーディエンスにリーチするためのオンライン広告プラットフォームです。

Google広告を使用することで、企業は検索連動型広告、ディスプレイ広告、動画広告、ショッピング広告など、様々な広告フォーマットを活用して、効果的にマーケティング活動を展開することができます。


主な特徴として、広告主は広告をクリックされた際にのみ料金が発生する「クリック課金」や、広告が表示されるごとに料金が発生する「インプレッション課金」を選択することができます。

また、詳細なターゲティングオプションを設定することで、年齢、性別、居住地域、興味関心など、特定のユーザー層に対してピンポイントで広告を配信することが可能です。


Google広告は、広告効果をリアルタイムで測定・分析できるため、広告キャンペーンのパフォーマンスを定量的に把握し、PDCAサイクルを回して広告の改善を行うことができます。

これにより、広告主は効率的に広告予算を運用し、高いROIを達成することが可能です。


広告文の役割

広告文は、Google広告の成功において極めて重要な要素です。

広告文の主な役割は、ユーザーの注意を引き、クリックを促すことです。

広告文が魅力的であれば、ユーザーは広告をクリックし、広告主のウェブサイトに訪れる可能性が高まります。


効果的な広告文は、次の3つの要素を含む必要があります。


  • 明確で具体的な提案:ユーザーに対して具体的なメリットや価値を伝えることが重要です。例えば、特定の製品の割引や限定キャンペーンなど、具体的なオファーを提示することで、ユーザーの興味を引きます。

  • 関連性の高いキーワードの使用:ユーザーが検索するキーワードを広告文に含めることで、検索意図にマッチした広告と認識されやすくなります。これにより、クリック率(CTR)が向上し、広告の品質スコアも高まります。

  • 強力な行動喚起(CTA):広告文の最後には、ユーザーに具体的な行動を促すフレーズを入れましょう。例えば、「今すぐ購入」、「無料で試す」、「詳細はこちら」など、明確な指示を含めることで、ユーザーの次のアクションを促進します。


広告文が効果的であれば、クリック率が向上し、コンバージョン率も上がります。

逆に、広告文が魅力的でない場合、ユーザーの関心を引けず、広告の効果が低下する可能性があります。

そのため、広告文の作成と改善は、Google広告の運用において非常に重要なプロセスです。


Google広告のメリットとデメリット

Google広告のメリット

  • 広範なリーチ:Googleは世界最大の検索エンジンであり、毎日何億もの検索クエリが行われています。 このため、Google広告を利用することで、膨大な数の潜在顧客にリーチすることが可能です。

  • ターゲティングの柔軟性:Google広告は、ターゲティングオプションが非常に豊富です。年齢、性別、地域、興味、検索履歴など、様々な条件でユーザーを絞り込むことができるため、広告を見てもらいたいターゲットにピンポイントでリーチできます。

  • 費用対効果の高さ:クリック課金制(CPC)やインプレッション課金制(CPM)など、広告主の予算や目的に応じて柔軟に費用を設定できるため、効率的に広告費用を運用することができます。また、広告効果をリアルタイムで分析し、改善を図ることができるため、高いROI(投資対効果)を実現しやすいです。


Google広告のデメリット

  • 競争の激しさ:Google広告は多くの企業が利用しているため、特に人気のあるキーワードや業種では競争が激化し、広告の表示順位を上げるために高額な入札が必要になることがあります。このため、広告費用が高騰するリスクがあります。

  • ユーザーの広告疲れ:インターネットユーザーは多くの広告に触れているため、広告に対する耐性が強くなっています。その結果、広告をスキップされたり、無視されたりする可能性が高まります。また、広告と関連性の低い内容が表示されると、ユーザーにネガティブな印象を与えるリスクもあります。

  • 初期設定の難しさ:Google広告を効果的に運用するためには、広告の設定やターゲティング、キーワード選定などの専門知識が必要です。特に初心者にとっては、最初の設定や運用が難しく感じられることがあります。そのため、適切な知識や経験を持つ専門家のサポートが必要になる場合があります。





効果的な広告文の作り方


広告文の基本要素

効果的な広告文を作成するためには、以下の基本要素をしっかりと押さえておくことが重要です。


1. 魅力的な見出し

広告文の中で最も目立つ部分であり、ユーザーの注意を引くために重要な役割を果たします。

見出しには、ユーザーが興味を持つようなキーワードやフレーズを盛り込みましょう。

見出しが魅力的であれば、ユーザーが広告をクリックする可能性が高まります。


2. 説明文

見出しに続く説明文では、商品のメリットや特長を具体的に伝えることが重要です。

説明文は簡潔かつ分かりやすく、ユーザーが知りたい情報を的確に提供する必要があります。

また、ここでもキーワードを効果的に使用し、検索エンジンの評価を高めることが求められます。


3. 行動喚起(CTA)

広告文の最後には、ユーザーに具体的な行動を促すフレーズを含めましょう。

例えば、「今すぐ購入」、「無料で試す」、「詳細はこちら」など、明確な指示を与えることで、ユーザーの次のアクションを促進します。

CTAが明確であれば、コンバージョン率の向上が期待できます。


4. キーワードの配置

広告文には、ユーザーが検索する可能性の高いキーワードを自然に盛り込むことが重要です。

これにより、広告文が検索結果に表示されやすくなり、クリック率が向上します。

また、キーワードを適切に配置することで、広告の関連性が高まり、品質スコアの向上にもつながります。


5. 信頼性のある情報

広告文には、具体的で信頼性のある情報を盛り込みましょう。

具体的な数字やデータを示すことで、ユーザーの信頼を得ることができます。

例えば、「顧客満足度98%」、「100万本突破」などの具体的な実績を記載することで、広告の信頼性を高めることができます。


これらの基本要素を効果的に組み合わせることで、ユーザーの興味を引き、クリック率やコンバージョン率の向上を図ることができます。


キーワードの選定と配置

1. キーワードの選定

キーワードの選定は、Google広告の成功において最も重要なステップの一つです。

適切なキーワードを選ぶことで、ターゲットオーディエンスに効果的にリーチし、広告のパフォーマンスを最大化することができます。

以下は、キーワードを選定する際のポイントです。


  • 関連性の高いキーワード:自社の製品やサービスに関連するキーワードを選びましょう。ユーザーが検索する際に使う可能性の高い単語やフレーズをリストアップし、その中から選定します。

  • 具体的なキーワード:一般的なキーワードよりも具体的なキーワードを選ぶことで、よりターゲットに近いユーザーにリーチできます。例えば、「ダイエット」よりも「短期間 ダイエット サプリ」の方が具体的で、購買意欲の高いユーザーにリーチしやすくなります。

  • キーワードプランナーの活用:Googleのキーワードプランナーを利用して、関連キーワードの検索ボリュームや競合状況を確認しましょう。これにより、効果的なキーワード戦略を立てることができます。


2. キーワードの配置

選定したキーワードを広告文に適切に配置することも重要です。

キーワードの配置は、広告の関連性を高め、品質スコアを向上させる要因となります。

以下のポイントを参考にしてください。


  • 見出しにキーワードを含める:広告文の見出しには、ターゲットキーワードを含めることが推奨されます。これにより、ユーザーが検索結果を見たときに、広告が自分の検索意図に合致していると感じやすくなります。

  • 説明文にもキーワードを盛り込む:見出しだけでなく、説明文にも自然な形でキーワードを盛り込みましょう。過剰なキーワードの使用は避け、自然な文章の中で適切に配置することが大切です。

  • 複数のキーワードをバランスよく配置:複数の関連キーワードを広告文全体にバランスよく配置することで、さまざまな検索クエリに対して広告が表示されやすくなります。


キーワードの選定と配置を適切に行うことで、広告のクリック率やコンバージョン率が向上し、広告キャンペーンの成功に寄与します。


具体的な数字とメリットを強調

1. 具体的な数字を活用する

広告文に具体的な数字を含めることで、ユーザーに対する信頼性と説得力を高めることができます。

数字は具体的でわかりやすいため、ユーザーが広告の内容を瞬時に理解しやすくなります。

以下のポイントを参考に、広告文に効果的に数字を取り入れましょう。


  • 割引率や価格:例えば、「今なら20%オフ」、「初回限定500円」など、具体的な割引率や価格を示すことで、ユーザーにとってのメリットを明確に伝えることができます。

  • 実績や成果:例えば、「100万ダウンロード突破」、「顧客満足度98%」など、実績や成果を示す数字を含めることで、広告の信頼性を高めることができます。


2. メリットを明確に伝える

広告文には、ユーザーにとっての具体的なメリットを強調することが重要です。

ユーザーが広告をクリックし、次のアクションを起こすためには、提供される商品やサービスのメリットを理解する必要があります。

以下のポイントを参考に、広告文にメリットを効果的に盛り込みましょう。


  • ユーザーの問題解決:例えば、「短期間で結果が出るダイエットサプリ」、「忙しいビジネスマンに最適なタイムマネジメントツール」など、ユーザーが抱える問題を解決する具体的なメリットを伝えることが大切です。

  • 時間や手間の削減:例えば、「たった5分で完了」、「ワンクリックで簡単に注文」など、ユーザーが時間や手間を省けることを強調することで、広告の魅力を高めることができます。


3. 強力な行動喚起(CTA)

具体的な数字やメリットを伝えた後は、ユーザーに対する行動喚起(CTA)を明確に示しましょう。

CTAは、ユーザーが次に取るべきアクションを具体的に指示するフレーズです。

強力なCTAを含めることで、コンバージョン率を向上させることができます。


  • 今すぐ行動を促す:例えば、「今すぐ購入」、「無料で試す」、「詳細はこちら」など、緊急性を持たせることで、ユーザーの行動を促進します。


具体的な数字とメリットを強調することで、広告文の信頼性と説得力を高め、ユーザーの興味を引き、クリック率やコンバージョン率を向上させることができます。



広告文の改善ポイント


広告文とランディングページの一致

広告文とランディングページ(LP)の一致は、広告のパフォーマンスを最大化するための重要な要素です。

広告文がユーザーの期待に応え、クリック後に表示されるLPの内容と一致しているかどうかが、ユーザー体験に大きな影響を与えます。

以下のポイントを押さえて、広告文とLPの整合性を確保しましょう。


1. 一貫したメッセージ

広告文で訴求した内容がLPでもしっかりと反映されていることが重要です。

例えば、広告文で「50%オフセール」を訴求している場合、LPでもそのセール情報を目立つ位置に配置し、一貫したメッセージを提供します。

広告文とLPの内容が一致していることで、ユーザーは混乱せず、スムーズに次のステップへ進むことができます。


2. ユーザーの期待に応える

広告文でユーザーに約束した内容やメリットを、LPで具体的に説明し、ユーザーの期待に応えましょう。

例えば、広告文で「簡単3ステップで登録」と謳っている場合、LPでもその簡単な登録プロセスを明示する必要があります。

これにより、ユーザーは広告をクリックした後に期待外れになることなく、満足度が高まります。


3. ビジュアルとデザインの統一

広告文とLPのビジュアルやデザインを統一することで、ユーザーは広告からLPへと自然に移行できます。

例えば、広告に使用した画像やカラーリングをLPでも使用することで、視覚的な一貫性を保ちます。

これにより、ユーザーは同じブランド体験を感じることができ、信頼感が向上します。


4. 明確な行動喚起(CTA)

広告文で提示したCTAを、LPでもわかりやすく配置しましょう。

例えば、広告文で「今すぐ購入」をCTAにしている場合、LPでも同じフレーズをボタンやリンクに使用し、ユーザーが次に取るべきアクションを明確に示します。

CTAの一貫性を保つことで、ユーザーは迷わずに行動できます。


広告文とLPの内容を一致させることで、ユーザー体験が向上し、広告の効果が最大化されます。

これにより、クリック率やコンバージョン率の向上が期待できます。


テストと最適化の重要性

広告文のテストと最適化は、Google広告キャンペーンの成功において不可欠なプロセスです。

広告文が効果的であるかどうかを検証し、継続的に改善を図ることで、広告のパフォーマンスを最大化できます。

以下に、テストと最適化の重要性について説明します。


1. テストの重要性

広告文の効果を測定するためには、A/Bテスト(スプリットテスト)を行うことが効果的です。

A/Bテストでは、2つ以上のバリエーションの広告文を作成し、どちらがより高いパフォーマンスを示すかを比較します。

具体的には、以下のような要素をテストすることができます。


  • 見出しの異なるバリエーション:異なるフレーズやキーワードを使用して、どちらがより高いクリック率(CTR)を達成するかを確認します。

  • 説明文の異なるバリエーション:商品の特徴やメリットの表現を変えて、どちらがより多くのコンバージョンを獲得できるかを検証します。

  • CTA(行動喚起)の異なるバリエーション:異なるCTAを試して、どちらがユーザーにとってより魅力的かを評価します。


テストを継続的に行うことで、最も効果的な広告文を見つけ出し、広告キャンペーンの成果を最大化することができます。


2. 最適化のプロセス

テストの結果をもとに、広告文の最適化を行います。

最適化のプロセスには、以下のステップが含まれます。


  • データ分析:テスト結果を詳細に分析し、どのバリエーションが最も効果的であったかを確認します。クリック率、コンバージョン率、コストパフォーマンスなどの指標を用いて評価します。

  • 勝者の選定:最も効果的な広告文バリエーションを選定し、今後のキャンペーンで使用します。

  • 新しいテストの実施:最適化は一度で終わりではなく、継続的に行うことが重要です。新しいアイデアやバリエーションを取り入れ、定期的にテストを繰り返すことで、広告文のパフォーマンスをさらに向上させます。


最適化を継続的に行うことで、広告キャンペーンの効果を持続的に高めることができます。


3. 広告運用の改善

テストと最適化の結果を反映させることで、広告運用全体の改善につながります。

効果的な広告文を継続的に使用することで、クリック率やコンバージョン率の向上が期待でき、最終的には広告費用対効果(ROI)も向上します。


広告文のテストと最適化は、広告キャンペーンの成功に欠かせない重要なプロセスです。


広告表示オプションの活用

広告表示オプションは、Google広告のパフォーマンスを向上させるために非常に効果的なツールです。

広告表示オプションを活用することで、広告の視認性を高め、クリック率やコンバージョン率の向上を図ることができます。

以下に、広告表示オプションの活用方法について説明します。


1. 広告表示オプションの種類

Google広告には、様々な表示オプションがあります。

以下は代表的な広告表示オプションです。


  • サイトリンクオプション:複数のリンクを広告に追加し、ユーザーが特定のページに直接アクセスできるようにします。例えば、特定の商品ページやキャンペーンページに誘導するリンクを追加することで、ユーザーの利便性を向上させます。

  • コールアウトオプション:広告に追加のテキストを表示し、商品やサービスの特長を強調します。例えば、「24時間対応」、「送料無料」などの特長をアピールすることができます。

  • 構造化スニペットオプション:広告にカテゴリごとの情報を表示します。例えば、「サービス: 家事代行、掃除、料理」など、提供するサービスのリストを表示することができます。

  • 電話番号表示オプション:電話番号を広告に表示し、ユーザーが直接電話をかけられるようにします。特に、モバイルユーザーにとって便利な機能です。

  • 住所表示オプション:店舗の住所を広告に表示し、ユーザーが店舗に訪れる際の利便性を高めます。


2. 広告表示オプションの効果

広告表示オプションを活用することで、以下のような効果が期待できます。


  • クリック率の向上:広告表示オプションを追加することで、広告の情報量が増え、ユーザーの興味を引く可能性が高まります。これにより、クリック率が向上します。

  • コンバージョン率の向上:ユーザーが必要な情報にすぐにアクセスできるため、コンバージョン率も向上します。例えば、サイトリンクオプションを利用して特定の製品ページに直接誘導することで、購入率が上がる可能性があります。

  • 広告の品質スコアの向上:広告表示オプションを適切に設定することで、広告の品質スコアが向上し、広告の表示順位が高くなります。これにより、広告の視認性が向上し、より多くのユーザーにリーチすることができます。


3. 広告表示オプションの設定

広告表示オプションの設定は簡単で、Google広告の管理画面から行えます。

以下の手順で設定を行います。


  1. Google広告の管理画面にログインし、広告キャンペーンを選択します。

  2. 「広告表示オプション」タブをクリックし、追加したい表示オプションを選びます。

  3. 必要な情報を入力し、保存します。例えば、サイトリンクオプションの場合、リンク先URLとリンクテキストを入力します。


広告表示オプションを活用することで、広告のパフォーマンスを向上させ、より多くのユーザーにリーチすることができます。





よくあるミスと対策


誇大表現を避ける

誇大表現を避けることは、広告文を作成する際に非常に重要です。

誇大表現を使用すると、ユーザーに不信感を与え、最悪の場合、広告の掲載が禁止されるリスクもあります。

以下に、誇大表現を避けるためのポイントを紹介します。


1. 具体的な事実に基づく情報を提供する

広告文には、具体的で正確な情報を含めることが重要です。

例えば、「日本一」や「世界最高」などの表現は避け、実際のデータや実績に基づいた情報を提供しましょう。

例えば、「顧客満足度98%」や「100万個以上販売」など、具体的な数字を用いると信頼性が高まります。


2. 誇張やあいまいな表現を避ける

誇張したり、あいまいな表現を使わないように注意しましょう。

例えば、「絶対に効果がある」や「すべての人に最適」などの表現は避けるべきです。

代わりに、「多くのユーザーが効果を実感」や「この条件に該当する方におすすめ」など、条件や前提を明確にした表現を使いましょう。


3. 法的規制を遵守する

広告文は法的規制に従う必要があります。

例えば、日本では薬機法や景品表示法など、広告内容に関する規制があります。

これらの法律に違反すると、罰則を受ける可能性があります。

広告文を作成する際には、これらの法規制を確認し、違反しないように注意しましょう。


4. ユーザーの信頼を大切にする

誇大表現を避けることで、ユーザーの信頼を得ることができます。

広告文が誇張されていると、ユーザーは企業や製品に対する信頼を失う可能性があります。

逆に、正確で誠実な情報を提供することで、ユーザーの信頼を築き、長期的な関係を構築することができます。


誇大表現を避け、正確で具体的な情報を提供することで、ユーザーの信頼を得ることができます。

これにより、広告の効果が向上し、企業のブランドイメージも向上します。


ターゲットの絞り込み

ターゲットの絞り込みは、広告キャンペーンの成功において非常に重要な要素です。

ターゲットを適切に絞り込むことで、広告の効果を最大化し、無駄なクリックを減らすことができます。

以下に、ターゲットの絞り込みに関するポイントを紹介します。


1. ターゲットの明確化

広告キャンペーンを開始する前に、ターゲットオーディエンスを明確に定義することが重要です。

ターゲットオーディエンスを明確にするためには、以下の要素を考慮します。


  • デモグラフィック情報:年齢、性別、居住地域、職業などの基本情報を把握します。これにより、広告を特定のユーザー層に向けて配信することができます。

  • 興味・関心:ターゲットオーディエンスの興味や関心を理解し、それに基づいた広告を作成します。例えば、スポーツに興味があるユーザーには、スポーツ関連の商品やサービスの広告が効果的です。


購買行動:過去の購買履歴や検索履歴を分析し、購買意欲の高いユーザーにリーチすることが重要です。

これにより、コンバージョン率を高めることができます。


2. キーワードの選定とマッチタイプの設定

ターゲットを絞り込むためには、適切なキーワードの選定とマッチタイプの設定が重要です。

以下のポイントを参考にしてください。


  • 関連性の高いキーワード:自社の製品やサービスに関連するキーワードを選定し、ユーザーが検索する可能性の高いキーワードをリストアップします。

  • マッチタイプの設定:キーワードのマッチタイプを設定することで、広告が表示される条件をコントロールできます。例えば、「完全一致」を設定すると、選定したキーワードと完全に一致する検索クエリにのみ広告が表示されるため、無駄なクリックを減らすことができます。


3. 広告のパーソナライズ

ターゲットオーディエンスに応じた広告文を作成することも重要です。

以下のポイントを参考に、広告文をパーソナライズしましょう。


  • ユーザーのニーズに応える:ターゲットオーディエンスのニーズに応える広告文を作成します。例えば、「忙しいビジネスマン向けの時間管理ツール」など、具体的なターゲット層に訴求する広告文を作成します。

  • 地域ごとのカスタマイズ:地域に応じた広告文を作成し、特定の地域のユーザーにリーチします。例えば、「東京都内限定のサービス」など、地域特化型の広告文を作成することで、地域のニーズに応えることができます。


4. 定期的なデータ分析と改善

ターゲットの絞り込みが適切かどうかを判断するために、定期的にデータを分析し、広告キャンペーンを改善することが重要です。

クリック率、コンバージョン率、広告費用対効果などの指標を用いて、広告のパフォーマンスを評価し、必要に応じてターゲット設定を見直しましょう。


ターゲットを適切に絞り込むことで、広告の効果を最大化し、無駄な広告費用を削減することができます。


広告ポリシーの遵守

広告ポリシーの遵守は、Google広告を運用する上で非常に重要です。

広告ポリシーに違反すると、広告が表示されなくなるだけでなく、アカウントが停止されるリスクもあります。

以下に、広告ポリシーを遵守するためのポイントを紹介します。


1. 広告ポリシーの理解

Google広告には、広告内容に関するさまざまなポリシーがあります。

これらのポリシーを理解し、遵守することが重要です。以下の点に注意しましょう。


  • 禁止されたコンテンツ:偽造品、危険な製品、詐欺的な行為など、Google広告では禁止されているコンテンツがあります。これらのコンテンツを広告に含めないように注意しましょう。

  • 禁止された行為:クリックベイト、データ収集の誤用、マルウェアの配布などの行為も禁止されています。広告運用においては、これらの行為を避ける必要があります。


2. 広告内容の透明性

広告内容は透明で、ユーザーに対して正確でなければなりません。

以下のポイントを守りましょう。


  • 誇大表現の禁止:広告文に誇大な表現や虚偽の情報を含めないようにします。ユーザーに誤解を与える内容は避けるべきです。

  • 適切な情報提供:広告文には、提供する商品やサービスの詳細を正確に記載します。例えば、「最安値保証」などの表現を使用する場合は、その保証の根拠を明確に説明する必要があります。


3. 法律と規制の遵守

広告内容は、関連する法律や規制に従う必要があります。以下の法律に特に注意しましょう。


  • 薬機法:医薬品や健康食品の広告は、薬機法に従う必要があります。効果を誇張する表現や、医学的な効果を暗示する表現は避けましょう。

  • 景品表示法:景品表示法は、不当な表示や過大な景品提供を禁止しています。広告文において、事実と異なる内容や過大な宣伝を避けることが求められます。


4. 広告審査のプロセス

Google広告では、広告が掲載される前に審査が行われます。

以下の点に注意して、広告がスムーズに審査を通過するようにしましょう。


  • 広告の事前チェック:広告を作成する際には、事前にポリシーを確認し、広告内容がポリシーに違反していないかチェックします。

  • 修正と再提出:審査で広告が拒否された場合は、指摘された内容を修正し、再提出します。迅速に対応することで、広告の掲載遅延を最小限に抑えることができます。


広告ポリシーを遵守することで、広告が適切に表示され、アカウントの安全を確保できます。





まとめ


Google広告の効果を最大化するためには、広告文の作成と改善が非常に重要です。

本記事では、効果的な広告文の作り方や、よくあるミスとその対策について詳しく解説しました。

以下に、主要なポイントをまとめます。


1. Google広告の基本と広告文の役割

Google広告は、広範なリーチとターゲティングの柔軟性を提供しますが、競争の激しさやユーザーの広告疲れといったデメリットもあります。

広告文は、ユーザーの注意を引き、クリックを促すために重要な役割を果たします。


2. 効果的な広告文の作り方

広告文の基本要素として、魅力的な見出し、具体的な説明文、強力な行動喚起(CTA)、関連性の高いキーワードの配置が重要です。

具体的な数字やメリットを強調することで、ユーザーに対する信頼性と説得力を高めることができます。


3. 広告文の改善ポイント

広告文とランディングページの一致、広告文のテストと最適化、広告表示オプションの活用が重要です。

これらの要素を最適化することで、広告の効果を最大化し、クリック率やコンバージョン率の向上を図ることができます。


4. よくあるミスと対策

誇大表現を避け、具体的な事実に基づく情報を提供することが重要です。

また、ターゲットの絞り込みや広告ポリシーの遵守も欠かせません。

これにより、ユーザーの信頼を得て、広告のパフォーマンスを向上させることができます。


効果的な広告文の作成と改善は、Google広告キャンペーンの成功に欠かせない要素です。

今後も定期的に広告文のテストと最適化を行い、広告のパフォーマンスを継続的に向上させることが重要です。

これにより、広告費用対効果(ROI)を最大化し、ビジネスの成長を支援することができます。



月額制ホームページ制作は株式会社プロパゲートにご連絡を

「月額制ホームページ制作を利用したいけど、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


制作費無料・月々9800円の定額ホームページ。LINEで専属サポート!全国対応!

月5回まで無料で修正可能、追加料金無し。最短2週間で納品可能。年間制作実績1,000社超。

株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行する会社です。

ホームページの制作費用は基本無料。月額9,800円〜で運用も代行します。

ホームページ制作においては取材・撮影・デザイン・文章作りなど、必要な全てをお任せ頂け、全て無料です。

更新も、メール・電話・LINEを頂ければ即対応。制作後のマーケティング運用まで行います。


【URL】

【TEL】

03-6824-7712

【会社所在地】

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目5−6 H¹O 渋谷神南 702

【制作実績】



Comments


bottom of page