top of page

Facebookはもう古い?Facebookを使って集客する方法を解説



「Facebookを活用して集客を行いたい」「Facebookで集客する方法やメリットを教えてほしい」と悩んでいる方も多いですよね。

本記事では、Facebookをビジネスに活用し、集客する方法やメリットを解説します。


また、近年新たなSNSが増えており、現在でもFacebookは活用できるのか気になる方も多いと思います。

上記のような悩みも合わせて解説していきますので、気になる方は是非参考にしてください。



Facebookとは


まずは、Facebookとは何かを解説していきます。

Facebookとは、2004年にマークザッカーバーグによって運営が開始されたSNSです。

フェイスブックは他のSNSと異なり、実名登録が基本とされています。

ユーザーの年齢層は、10代~20代が少なく、30代~60代のユーザーが多くいるのが特徴です。

また、Facebookの運営はメタプラットフォームズ(Meta)が運営しています。

メタプラットフォームズは、Instagramも運営しているため、併用することでSNS活用の幅を広げることも可能です。


ビジネスに使うならFacebookページがおすすめ

ビジネスにFacebookを活用する場合は、「Facebookページ」を使うことをおすすめします。

Facebookページは、主に企業やブランドなどの団体が、ユーザーとの交流を図る際に利用されます。

Facebooページを作成することで、管理人の複数設定や、広告の出稿などが可能です。


また、Facebookページであれば、実名登録ではなく、企業名や商品名での登録もできますよ。

Facebookを活用し、より多くのユーザーとの関係を築きたい場合は、Facebookページがおすすめです。



Facebookはもう使われていない?


「Facebookはもうあまり使われていないのでは?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、「ユーザーの減少はあるが今でも十分使われている」と考えられます。

近年は様々なSNSが普及しておりますが、FacebookはInstagramやTwitterに次ぐ人気を現在もキープしています。


また、企業やブランドなどの参入は増えているため、商品やサービスの紹介や、店舗を抱えている方は、Facebookを活用すると良いでしょう。

ユーザーは減少しているものの、まだまだ人気はあることが分かります。



Facebookで集客する方法5つ


ここでは、Facebookで集客する方法を5つ紹介していきます。

Facebookで集客する方法は以下のとおりです。

  • 写真も合わせて投稿する

  • 個人とお店のページを分ける

  • ターゲットを決める

  • コミュニケーションをとる

  • 広告を活用する

一つひとつ解説していきます。


写真も合わせて投稿する

1つ目の方法は、写真も合わせて投稿することです。

写真とSNSの相性でいうとInstagramを思い浮かべるかもしれませんが、Facebookで集客するためにも写真は重要です。

人間は、視覚から取り入れる情報が8割ほどと言われています。

そのため、ユーザーが興味を持つような綺麗な写真や、美味しそうな写真を投稿すると、効果を発揮しやすいのです。

上記の理由から、「お店に行ってみたい」「商品を手に取ってみたい」と思わせる写真の投稿が必要であると分かります。


個人とお店のページを分ける

2つ目の方法は、個人とお店のページを分けることです。

個人とお店のページを分けることで、それぞれのファンや興味を持っているユーザーにアピールできます。

記事の序盤で解説したように、Facebookページでは、企業やブランドなどの内容を扱うと有効的です。

個人のアカウントでは、自分自身の魅力や人間性をアピールできます。

上記のように、それぞれのアカウントの特徴を活かし、より多くのユーザーに認知してもらうことで集客が可能です。


ターゲットを決める

3つ目の方法は、ターゲットを決めることです。

ターゲットを決める理由は、商品やサービスに興味のあるユーザーに情報を届けなければ、認知拡大や購入などの成果に繋がらないからです。

ターゲットを決める場合は、以下のような項目から絞ると良いでしょう。

  • 年齢層

  • 性別

  • 住んでいる地域

  • 職業

  • 趣味

  • 興味関心

例えば、コーヒーショップの宣伝をする場合、「30代から40代の〇〇県在住の女性、毎朝コーヒーを飲んでいる」などのターゲットを決めることも可能です。

このように、ターゲットを決めることで、より明確にアプローチを行いましょう。


コミュニケーションをとる

4つ目は、ユーザーとコミュニケーションを取ることです。

ユーザーとのコミュニケーションを取ることで、吸収すべき意見や、今後の方針、ファンの獲得などが期待できます。

また、改善の声などにも誠実に対応することで、信頼感を得ることも可能です。

しかし、顧客の数が多くなるにつれて、すべてのコメントに対応することは難しいかもしれません。

その場合は、ユーザー同士の会話の場として手を引いたり、ありがたいことにコメントが多くなって返せない旨を伝えることも、一つの対策でしょう。


広告を活用する

5つ目は、広告を活用することです。

Facebookで利用される広告を「Facebook広告」と呼びます。

必須ではありませんが、必要に応じて使うことで集客への効果が期待できます。

広告の費用は、種類によって異なり、自社の相性によって変更する必要があります。

少ない費用で始められるものも多いので、広告を利用したい方は是非活用してみてください。



Facebookで集客するメリット5つ


ここでは、Facebookで集客するメリットを5つ紹介します。

Facebookで集客するメリットは以下のとおりです。

  • 無料で利用できる

  • 長文での投稿が可能

  • リンクを貼れる

  • 拡散機能がある

  • 実名登録で安心感がある

一つひとつ見ていきましょう。


無料で利用できる

1つ目は、無料で利用できることです。

先程紹介したFacebook広告を使わなければ、無料で使うことができます。

個人事業として始めた方や、あまり費用をかけられない場合でも、気軽に始められるのがメリットです。

アカウントの作成も難しくないので、まだ利用していない方は今のうちにアカウントの開設をしておきましょう。


長文での投稿が可能

2つ目は、長文での投稿が可能な点です。

実際どれくらいの差があるのか、他のSNSと比べてみましょう。

  • Twitter:140文字

  • Instagram:2200文字

  • Facebook:60,000文字

このように、他のSNSと比べても、かなり多くの情報を記載できることが分かります。

Facebookは、最大60,000文字まで入力できるので、余程のことがなければ文字数が足りないことはないでしょう。

そのため、商品の宣伝や説明などの長文を必要とする場合、Facebookは有効的と言えます。


リンクを貼れる

3つ目は、リンクを貼れる点です。

Facebookに自社サイトなどのリンクを貼ることで、間接的なSEO効果を期待できます。

Facebookに貼ったリンクから、自社サイトのページに飛ぶことで、検索エンジンの上位表示獲得の可能性もあります。

貼り付けたリンク先がエラーを起こしていると、信頼感が無くなってしまうので注意が必要です。


拡散機能がある

4つ目のメリットは、拡散機能があることです。

ユーザーに向けて良い情報を提供することで、拡散されやすくなります。

Facebookの拡散も他のSNSと同様に、シェアボタンを押せば簡単に拡散することが可能です。

ただし、拡散されることは良いのですが、誤った情報を拡散されてしまうとデメリットが大きいので、発信する情報には十分注意しましょう。


実名登録で安心感がある

5つ目のメリットは、実名登録で安心感があることです。

Facebookの最大の特徴である実名登録おかげで、信頼されるようになります。

他のSNSでは匿名での投稿やコメントが可能なため、なかなか信用できないと思ったことも多いのではないでしょうか。

そのため、より安全な状態で信頼できる情報をユーザーに向けて発信できるのが、Facebookの特徴です。

ユーザーに安心感を与えて、集客を行いたい方はFacebookを活用するといいですよ。


Facebookで集客する際の注意点

ここでは、Facebookで集客する際の注意点を3つ解説します。

Facebookで集客する際の注意点は以下のとおりです。

  • 宣伝ばかりにならないようにする

  • プロフィール欄に注力する

  • コメントなどの返信を早めに行う

一つひとつ見ていきましょう。


宣伝ばかりにならないようにする

集客する際は、自社商品やサービスの宣伝ばかりにならないようにしましょう。

Facebookのユーザー減少の理由として、企業やブランドなどが多く参入したことが挙げられます。

企業などが増えたことにより宣伝が多くなってしまったことも挙げられます。

Facebookを集客の場として活用するのであれば、ユーザーにとって有益である情報を提供することを念頭に置くことが重要です。

宣伝自体が悪いわけではないので、適材適所で宣伝を行いましょう。


プロフィール欄に注力する

プロフィール欄は、自社の第一印象としても重要です。

画像や概要欄などで、情報をを与えることができれば、集客にも良い効果があるでしょう。

例えば、Facebookの個人アカウントであれば自身の画像でも良いですし、Facebookページであれば自社を象徴する画像もおすすめです。

また、これまでの実績や、他サイトのリンクがある場合は貼っておきましょう。


コメントなどの返信を早めに行う

ユーザーから頂いたコメントには、できるだけ早く返信しましょう。

できるだけ早い返信を心がけることで、ユーザーからの信頼を獲得できます。

返信をきっかけに、さらに深いコミュニケーションを取れる可能性もあるので、コメントには誠実に対応しましょう。



Facebookを活用して集客に力を入れよう

ここまで見れば、Facebookでの集客に理解を深めることができたかと思います。

Facebookは、全盛期に比べればユーザーは減少しているものの、現在でも人気のSNSです。

そのため、新規顧客の獲得や認知拡大の効果も望めるでしょう。

是非Facebookを活用して、集客に力を入れてみてください。



Web集客でお悩みの方は株式会社プロパゲートのWeb広告運用をぜひご検討ください


「Web広告を活用して集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。

ホームページ制作会社だからこそ、ホームページやランディングページのご相談も可能で、WEB広告の成果を最大化することができます。

広告運用を含むWEBマーケティングを総合的に相談できるところが弊社の強みです。


自社サービスの集客に特化した広告運用ならプロパゲートにお任せください。



Comments


bottom of page