top of page

TikTok広告の分析方法を解説!見るべき指標やおすすめツールを紹介



「TikTok広告の分析を行いたいけど分からないことが多い」「初心者でもわかるように教えてほしい」と悩んでいる方も多いですよね。


本記事は、TikTok広告の分析方法を初心者向けに解説します。

記事の前半では、TikTokや分析する目的について解説し、後半では分析するうえで重要な指標などを紹介します。

TikTokを用いて、商品やサービスの認知を拡大させたい方は、是非参考にしてください。



TikTokとは


まずは、TikTokとは何かを見ていきましょう。


TikTokは、中国のByteDanceが運営する、動画投稿プラットフォームです。

世界中で人気のアプリであり、2021年には世界でのダウンロード数が30億を超えたというニュースもありました。

ショート動画をメインとしたことで、視聴側も投稿側も気軽に利用できることから、世界中で利用されるようになりました。


もともと、音楽に合わせて踊ったり、個人活動向けのものでしたが、最近では企業の参入により、広告活動の場としても活用されています。



TikTok広告とは


TikTok広告は、通常の投稿のように、コンテンツを発信できる広告です。


Web広告やバナー広告は、テキストや画像のみですが、TikTok広告なら音楽をつけたり人物を登場させることもできます。


昨今は、いたる所に広告があるため、広告に対してユーザーはあまり良い印象を持っていません。

しかし、TikTok広告であれば、通常の投稿と同じように見せることができるので「また広告か。次の動画を見よう。」と思われることを減らせます。

通常の投稿と同じように見えることから、自然に自社のアピールを行うことが可能です。



TikTok広告を使うメリット


ここでは、TikTok広告を使うメリットを見ていきましょう。

  • 動画で訴求ができる

  • 精密なターゲティングが可能

  • 他のSNSと連携できる

一つひとつ解説します。


動画で訴求ができる

TikTok広告を利用するメリット1つ目は、ショート動画で訴求ができることです。

動画で発信すると、テキストや画像よりも強く印象を残せるので、ユーザーの興味関心を惹くことができます。

過去にアメリカ国立訓練研究所という研究機関が発表したもので、動画コンテンツは記事コンテンツの2倍記憶に残ると発表されています。

テキストを用いたSNSと比べても、動画で情報を得られるTikTokは、記憶に残りますよね。


また、TikTokはショート動画という15秒~60秒の短い間で見れるため、ユーザーを飽きさせない特徴があります。

そのため、TikTok自体の平均視聴時間も長く「つい動画を見進めてしまう」という方は、かなり多いようです。


このことから、Tiktokの特徴である「動画で訴求」は、広告を出稿する際も効果的ですよ。


精密なターゲティングができる

TikTok広告は精密なターゲティングが可能です。

商品やサービスに興味を持ちそうなユーザーに絞って、動画を発信することもできます。

ターゲティング項目は以下のようなものがあります。

  • 性別

  • 年齢

  • 興味関心

  • ユーザーの行動

上記以外にも、項目を選択し、精密なターゲティングが可能です。

ターゲティングを行うことで、興味がありそうなユーザーを絞り、コンバージョンにつなげることもできます。


他のSNSと連携できる

TikTokを利用するメリット3つ目は、他のSNSと連携できることです。

他のSNSにも拡散力の強いものは多々あり、連携することでより多くの人に自社のコンテンツを届けることが可能になります。


例えば、TikTokで作成した動画を、TwitterやInstagramなどでシェアできます。

このように、他のSNSと連携することで、より多くの人へサービスや商品の魅力を伝えられますよ。


現在は、複数のSNSを利用している人も多くなっています。

連携方法も簡単なので、今のうちに連携しておきましょう。



TikTok広告を分析する目的


ここでは、TikTok広告を分析する目的を紹介します。

目的を定めずにがむしゃらにやっても、なかなか結果に結びつけることができないでしょう。

TikTok広告を分析する目的は、主に2つです。

  • 視聴者のニーズを把握するため

  • コンテンツの問題点を見つけるため

それぞれ解説します。


視聴者のニーズを把握するため

1つ目は、視聴者のニーズを把握するためです。

なぜかというと、視聴者のニーズを把握しなければ、多くのユーザーに見てもらえるコンテンツを作れないからですね。


例えば、数学の勉強方法について発信するアカウントを運営してるとしましょう。

しかし、いきなり筋力トレーニングの体育系動画を発信し始めたら、いままでの方針とは全く異なり、いつもより見てくれるユーザーも少なくなります。


本来、このアカウントの視聴者のニーズは、高校数学が苦手で難しいから解決したいと思っているはずです。

分析を行うことで、失敗例のようなニーズの履き違えを防ぐことが可能になります。

このような理由から、分析を行い、視聴者のニーズを把握するようにしましょう。


コンテンツの問題を見つけるため

2つ目の目的は、コンテンツの問題を見つけるためです。

分析をすることで、コンテンツがなかなか見てもらえていないことや、ターゲティングにミスが生じていることを見つけることもあります。


問題を解決せずにそのままにしておくと、アカウントの運営にも響いてしまうかもしれません。

TikTok広告を分析して、問題を解明し、解決することが重要です。



TikTok広告を分析するうえで重要な指標


ここでは、TikTok広告を分析するうえで重要な指標を紹介します。

重要な指標は以下のとおりです。

  • 視聴者の所在地・地域

  • フォロワー数

  • 平均視聴時間

  • 視聴回数

一つひとつ解説します。


視聴者の所在地・地域

視聴者の所在地を確認することは、運用をするうえで重要です。

とくに、実店舗を所有しているかたは、視聴者の所在地を確認したほうが良いでしょう。

視聴者の所在地を把握することで、ユーザーの好みに合わせたコンテンツを配信し、実店舗に誘導することが可能です。


仮にフォロワー数や視聴回数が多くても、実店舗の近くに住んでいるユーザーが少なければ、訪れる人数はなかなか増えませんよね。

そのため、実店舗を持っている方は、視聴者の所在地に着目して、アカウントの運営を行うことをおすすめします。


フォロワー数

フォロワー数に着目することも重要です。

フォロワーは、いわばあなたのアカウントのファンです。

フォロワー数が多いと、TikTokのアルゴリズムが、人気のアカウントであると察知し、おすすめ動画に表示されることもあります。


このように、フォロワー数が一定数いることで、商品の購買や認知拡大に良い影響を与えられます。

商品やサービスの認知拡大に力を入れたい方は、フォロワー数に着目して運営しましょう。


平均視聴時間

平均視聴時間からも、ユーザーのニーズを把握することが可能です。

また、平均視聴時間が長いと、おすすめ動画に表示されやすくなるメリットもあります。


おすすめ動画に表示されると、より多くのユーザーに見てもらえるので、さらに平均視聴時間も長くなりますよ。

長く視聴してもらうには、ユーザーの興味を理解して、有益なコンテンツを作成することが重要です。


視聴回数

視聴回数を見ることで、どんなコンテンツがユーザーに見られているかを確認できます。

視聴回数を見れば、どの動画が再生されているのか、または見てもらえていないのかが分かります。

視聴回数の少ない動画は、ユーザーのニーズと合っていないので、対策を練りましょう。



TikTokの分析方法を目的別に紹介


ここでは、TikTokの分析方法を目的別に紹介します。

アカウントを運営する目的によって、分析する方法も変わってきます。

正しい方向に分析を行い、TikTokを最大限に活かしましょう。

先程紹介した指標をもとに、紹介していきます。


商品・サービスの認知を拡大させたい

商品・サービスの認知を拡大させたい方は、平均視聴時間と視聴回数を意識して分析しましょう。


平均視聴時間が長ければ長いほど、あなたのコンテンツに興味関心を持っているということです。

なぜ視聴時間が伸びたのか、そして伸びなかった理由は何なのかを把握して、改善しましょう。


また、視聴回数が多いほど、多くのユーザーの目に届いていることになります。

視聴回数が多いということは、しっかりユーザーのニーズを理解し、良いコンテンツを届けられているということです。


平均視聴時間と視聴回数を伸ばすためには、自社コンテンツの強みを理解し、ユーザーの興味に合わせた動画の発信を心がけましょう。

視聴時間と視聴回数が伸びれば、フォロワー数も増えていき、商品・サービスの認知拡大につながりますよ。


実店舗から購買してもらいたい

実店舗から購買してもらい方は、ユーザーの所在地・地域を意識して分析しましょう。

例えば、東京の23区外にお店を持っているとします。

しかし、TikTokで動画を見てくれるユーザーは、海外の人だったり、東京以外の人が多い場合、実店舗に足を運ぶことは難しいですよね。

そのため、所在地・地域の分析は非常に重要です。


TikTok広告では、ターゲティングが可能であり、実店舗付近のユーザーに絞って、広告の配信が可能です。

ユーザーの所在地・地域を分析し、実店舗に来てもらえるように広告・コンテンツの配信を行いましょう。



分析が難しい場合は依頼するのもおすすめ

ここまで、TikTok広告の分析について紹介しました。

しかし、専門的な内容もあり、分析が難しいと感じる方もいますよね。

そんな方は、運用代行会社に依頼するのもおすすめです。


弊社では、「SPARK BUZZ」というTikTok広告運用代行サービスを提供しております。

弊社のアカウントを運営し、自社集客に力を入れたことで経験とノウハウを積みました。


「SPARK BUZZ」については「TikTok広告運用で本気でおススメできるサービス『SPARKBUZZ』」で解説しています。

サービス内容や料金、依頼するメリットについて詳しく知りたい方は、是非参考にしてください。

お客様のTikTok広告運用を最大限サポートさせていただきます。


無料相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。




TikTokの広告運用でお悩みの方は株式会社プロパゲートにご連絡を


「TikTokで集客をしたいけど何をすればよいか分からない、どこが良いかよく分からない。」

その場合は、株式会社プロパゲートへお声がけください。全国どこでも対応可能です!


Webマーケティングのプロフェッショナルが最適なプランを提案させて頂きます。



株式会社プロパゲートはWeb制作&運用代行及びwebマーケティング支援を事業展開する会社です。


TIkTok動画に関する「全て」を一気通貫でサポートしております。

自社サービスの集客に特化したTikTok広告運用ならプロパゲートにお任せください。




bottom of page